メニューを開く
提供:株式会社decencia

【必見】ほうれい線化粧品おすすめ10選!ほうれい線化粧品ランキング

ほうれい線 化粧品

「気になる口元のほうれい線。何か良い化粧品が欲しいけど、どれが良いんだろう?」と感じたことはありませんか?

ほうれい線には種類があり、種類によっては対策方法やお手入れ方法が異なります。

そこで今回は、化粧品会社で勤務経験のある肌らぶ編集部員が本気でおすすめしたい、ほうれい線化粧品10選をランキング形式でご紹介します。

併せて、日常の中でできるお手入れポイントやトレーニングもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.ほうれい線の種類と原因

ほうれい線には、大きく分けて【浅いタイプ (表皮性)】と【深いタイプ (真皮性)】の2種類が存在します。

効率よくケアをするためにも自分がどちらのタイプかを初めに確認しましょう。

1-1.浅いほうれい線(表皮性のしわ)の種類と原因

f8b40a40aca177f8a244e8ba70eb25dd_s浅いほうれい線は「肌表面の乾燥」と「むくみ」が主な原因といわれています。

浅いほうれい線は、年齢に関係なく20代でもできる可能性があるのですが、日頃の保湿ケアで対策することが可能です。

そのまま放置をしてしまうと肌の老化を加速させてしまい、深いほうれい線を招く原因のひとつにもなるので、気になったらすぐに対策することが大切です。

<浅いほうれい線の原因>

■肌表面の乾燥

浅いほうれい線は、紫外線の影響や空気の乾燥により、肌表面(角層内)の水分が失われることでキメが乱れ、柔軟性がなくなることでできてしまうといわれています。

■むくみ

ほうれい線02「むくみ」は、本来スムーズに流れるはずの水分などが、冷えや塩分の取りすぎで、顔に溜まってしまうことで起きるとされています。

顔に不要な水分や老廃物がたまると、その重力に負けて肌が下にたるんでしまい、口元と頰の境目ができてほうれい線となってしまうのです。

1-2.深いほうれい線(真皮性のしわ)の種類と原因

ほうれい線深いほうれい線は肌の老化現象のひとつで、加齢による「コラーゲン・エラスチン繊維の減少と劣化」そして「筋肉の衰え」によるたるみが主な原因です。

深いほうれい線は、日頃のケアである程度まで対策する事はできますが、完全消すことは難しいとされています。

<深いほうれい線の原因>

■「コラーゲン・エラスチンの減少と劣化」によるたるみ

ほうれい線03ハリや弾力をキープするコラーゲン・エラスチンは、加齢(紫外線や肌の老化)によって全体量が減ってしまうといわれています。

コラーゲン・エラスチンの全体量が減ると、肌はハリや弾力を維持できなくなり、皮膚がたるんでしまいます。

さらに、コラーゲンとエラスチンが劣化すると、ピンと張っていたものが古いゴムのように弱くなり、重力によって皮膚がたるんでしまうのです。

■筋肉の衰えによるたるみ

肌は筋力によっても支えられていますが、年齢を重ねると共に筋肉が衰えると重力に負けてしまい皮膚がたるんでしまいます。

2.ほうれい線が気になる方におすすめ|化粧品ランキングTOP10

ここでは、浅いほうれい線が気になる方に肌らぶ編集部がおすすめしたいほうれい線化粧品をランキング形式でご紹介します。

今回は、エイジングケア※に着目しているブランドの中から、肌にうるおいを与える保湿成分「セラミド」や「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」と肌にハリを与えるエイジングケア※成分が配合されているものを選びました。

1位POLA サインズショット【医薬部外品】

POLA

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
目元、口元等の繰り返し動く部分にピタッと密着する部分用美容液です。

POLA(ポーラ)独自のオリジナル複合保湿成分「サインズコアリキッド」を含む、濃厚なクリーム状のテクスチャー。
ほうれい線などの気になる部分に密着して柔軟なうるおいのベールをつくりながら、美容・保湿成分を肌のすみずみ(角層)まで浸透させて、うるおいに満ちたなめらかな肌へ導きます。

ほうれい線が気になり始める20代後半~30代の方におすすめしたい逸品です。

>>POLA公式販売サイトはこちら

2位アヤナス エッセンス コンセントレート

アヤナスエッセンス

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
肌なじみの良い保湿成分ヒト型セラミド「セラミド2」をナノ化して配合することで、肌のすみずみまでうるおいが浸透※角層まで

さらに、ハリを与えるオリジナル整肌成分「CVアルギネート」を配合することで、乾燥による小じわを目立たなくします。
コクのあるテクスチャーと、肌なじみの良さが特徴の濃密美容液です。

現在、美容液の他、化粧水、クリームが入った10日分のトライアルセットが初回限定で1,371円(税抜、送料無料)でお試しできます。

30日間の全額返金保証もあるため、手に取りやすくなっています。※2016年10月時点での情報です。

>>アヤナス公式販売サイトはこちら

3位ドクターソワ モイスト リフト プリュスセラム

dokuta-sowa

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
肌にハリを与える成分「レチノール」の他に、保湿成分「ヒアルロン酸」「コラーゲン」も配合した美容液です。肌にたっぷりのうるおいとハリを与えながら、乾燥を防ぎます。

日中の乾燥によるしわやたるみ、年齢サインが気になる方におすすめです。

>>ドクターソワ公式販売サイトはこちら

4位アスタリフト ジェリーアクアリスタ

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
保湿成分「セラミド」がたっぷりと配合された保湿と年齢に応じたうるおいのお手入れができる美容液です。

みずみずしさとツヤを与えるうるおい成分が、角層のすみずみまでなめらかなうるおいとハリを与えます。

>>アスタリフト公式販売サイトはこちら

5位資生堂エリクシール レチノバイタルクリーム

SHOHIN_PL_C1_012701_L

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
目元・口元の乾燥が気になる肌にハリを与える薬用部分用美容液です。

コクのあるリッチな感触で、湧き上がるようなハリ感を肌にもたらします。
ハリを与える成分「レチノール」、保湿成分「スーパーヒアルロン酸」などを配合。

気になる部分にしっかりとなじみ、うるおいを与えます。

 >>資生堂公式販売サイトはこちら

6位JULLANTS (ジュランツ)ウルトラセラムⅡ【医薬部外品】

うるとら

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
肌にハリを与える成分「レチノール」と共に、保湿成分「EGF」「FGF」「IGF」「セラミド」などを複数配合した美容液です。

肌にうるおいと柔軟性を与え、キメの整ったなめらかな肌へ。肌なじみのよいテクスチャーも魅力です。

>>ジュランツ公式販売サイトはこちら

7位資生堂 アイ アンド リップコントア Rクリーム

SHOHIN_PL_C5_029901_L

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
目もと口もとなどの年齢が表れやすい場所に、ピンと張った弾むようなハリを与えるクリームです。

動きのあるデリケートな部分にもぴったりフィットして、日中の乾燥からもしっかり保護します。

>>資生堂公式販売サイトはこちら

8位LUCE(ルーチェ)プレミアムリペアエッセンス

LUGE

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
保湿成分「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」等を配合した、保湿にこだわる全顔用のオールインワン美容液です。

肌全体のうるおいを保ちながら、ほうれい線以外の部分の保湿もできるので、乾燥で悩んでいる方や、忙しくて手軽にセルフケアを行いたい方におすすめです。

>>ルーチェ公式販売サイトはこちら

9位ディアフルラン

diafullrun

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
しわやたるみなどの年齢サインが気になる方におすすめの、ほうれい線の乾燥対策化粧品です。

保湿成分として「jヒアルロン酸」や「グリコシルトレハロース」を配合。肌にうるおいとハリを与えます。

>>ディアフルラン公式販売サイトはこちら

10位ビーグレン レチノA

5a_QusomeRetinoA_jti

◆肌らぶ編集部 口コミ◆
保湿成分「スクワラン」やハリを与える成分「レチノール」を配合した美容液です。

気になる部分にしっかりと密着し、うるおいとハリを与えます。日中の乾燥対策としてもおすすめです。

>>ビーグレン公式販売サイトはこちら

3.ほうれい線が気になる方へ|化粧品の選び方

shutterstock_403775278

ここでは、ほうれい線が気になる方へおすすめしたい、化粧品を選ぶ際のポイントをご説明します。

3-1.保湿成分が配合されたものを選ぶ

d8f9b94e2f501999c6b3acae97f0856b_sほうれい線対策ができる化粧品を選ぶ際、まずは「保湿成分」がしっかりと配合されているものを選びましょう。
保湿成分の中でもおすすめなのは、肌とのなじみも良い「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「リピジュア」「スクワラン」「スフィンゴ脂質」などです。

保水に優れているといわれる「セラミド」は、「ヒト型セラミド・非ヒト型セラミド・疑似物質」の3種類に分けられますが、保湿を重視するのであれば、ヒト型セラミドが配合されているものを選びましょう。

ヒト型セラミドは成分表記の際、必ずセラミドの後に1、2と数字やアルファベットが記載されていますので、そこで見極めることができます。

3-2.ハリを与える成分が配合されたものを選ぶ

口元 しわ_エイジングケアほうれい線対策ができる化粧品を選ぶ際のポイント2つ目は、「肌にハリを与える成分」が配合されているものを選ぶことです。

たとえば、整肌成分「ビタミンC誘導体」「レチノール」「ナイアシン」「EGF」などが配合された化粧品は、肌にハリを与えてくれることから美容通にも人気です。

一方で、肌にハリを与える成分は、まれに刺激を感じてしまう方もいるので、初めて使用する場合はパッチテストなどを行い肌に合うか確認することをおすすめします。

4.浅い&深いほうれい線|日常での予防対策について

4-1.保湿ケアをする

化粧品

ほうれい線を日常の中で予防・対策するためにも、保湿ケアは欠かせません。

保湿といってもさまざまな方法がありますが、大切なのは、不足しがちなうるおいをしっかりと与えつつ、日中の乾燥から肌を守ることです。

保湿を重視した化粧品を使用し、ハンドプレスで肌にしっかりと保湿成分をなじませましょう。

また日中も、化粧直しの際にメイクの上から使用することのできる美容液ミストなどを使用したり、デスクの周りに加湿器を置くなどして乾燥対策することをおすすめします。

4-2.冷え対策をする

「冷えは万病の元」といわれるように、身体が冷えると顔を含めた全体のめぐりが悪くなるので老廃物がたまりやすくなります。

身体は普段から冷やさないように意識をしながら、軽い運動やストレッチで身体のめぐりをよくしていきましょう。

また、毎日の入浴(湯船に浸かる行為)は、体を芯から温めて汗をかくことができるため、血行を良くすることが期待できます。できるだけ習慣化するのがおすすめです。

「むくみ」におすすめ!舌回しエクササイズ

ほうれい線_エクササイズ01

①口を閉じた状態で、舌を左回りに歯に沿うようにしてゆっくりと20回まわします。

同じように、舌を右回りに歯を沿うようにしてゆっくりと20回まわします。

③これを1日3セット行いましょう。

4-3.日焼け対策をする

日焼け止め SPF紫外線は、肌を日焼けさせるだけでなく、最終的には肌のハリや弾力にダメージを与え、乾燥させてしまうと言われています。

ほうれい線を誘発・悪化させないためにも、日焼け止めは意識して年中欠かさずに塗るようにしましょう。

また、日焼け止めの数値(SPF/PA)は、高ければ良いというわけではなく自身のライフスタイルに合わせた日焼け止めを使用することが大切です。

日常生活であればSPF~30、PA++くらいでも問題ありません。

日焼け止めに関しての詳細はこちらの記事をご参照ください。

4-4.筋力をつける

ほうれい線の原因である筋力の低下を食い止めて強化するには、【ペットボトルエクササイズ】がおすすめです。

口周りの筋力を鍛えていきましょう。

<ペットボトルエクササイズ> ペットボトルをくわえた女性

①500mlサイズのペットボトルに少量の水を入れます。(100ml程度)

②ペットボトルを口にくわえて持ち上げ、10秒キープします。 ③これを3回繰り返して1セットとし、朝晩1セットずつ行います。※あごに痛みのある方は控えましょう。

<アイテムを使ったエクササイズ>
口周りの筋肉だけでなく、顔全体の表情筋を鍛えて引き締めたい人には、顔用の機器がおすすめです。

FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ) PAO

口でくわえて、左右についたウェイトを上下に揺らすことで、楽しく顔の筋トレができる人気の顔用トレーニングアイテムです。

ほうれい線の原因となる衰えた顔の筋肉を、効率的に鍛えることができます。

表情筋を鍛える働きかけが高いので、ほうれい線だけでなくフェイスラインの引き締めにもよいでしょう。

>>PAO公式販売サイトはこちら

5.深いほうれい線を完全に解消したい方|治療法について

おしり ぶつぶつ 病院

「浅いほうれい線」は日頃の保湿ケアで対策することも可能ですが、「深いほうれい線」は化粧品で完全に消すことができません。

できてしまった「深いほうれい線」が気になる方は、美容皮膚科で、費用のことも併せて専門医に相談してみましょう。

美容クリニックでの、ほうれい線の主な治療方法は次の通りです。

5-1.ヒアルロン酸注射

柔らかいゼリー状の物質を皮膚のほうれい線のシワ部分に注入し、たるみ部分を持ち上げふっくらさせることで、ほうれい線を目立たなくさせる施術です。

効果の持続は約半年~1年間で1回の費用は5万~10万程度といわれています。

5-2.レーザー治療

レーザーを照射することによって皮膚を活性化してコラーゲンの生成を促す施術です。

レーザー治療は自分自身の皮膚を活性化していくので仕上がりが非常に自然で、皮膚そのものが若くなったように質感が変わります。

数回の通院が必要ではありますが効果は年単位で続きます。金額はレーザーの種類によって異なります。

6.まとめ

shutterstock_66708694ほうれい線には種類があり、原因やお手入れ方法も異なります。

まずは自分自身のほうれい線を理解し、そのうえで、美しく年を重ねて行くための適切なセルフケアを実践しましょう!

※この記事は2016年10月3日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る