メニューを開く

夏におすすめの化粧水3つ!インナードライを防ぐ快適お手入れ

夏 化粧水「夏におすすめの化粧水が知りたいな」「夏はどんな化粧水を選んだらいいの?」とお悩みではありませんか。

夏は高温多湿なので自宅でのスキンケアに手を抜きがちなシーズンだと言われていますが、肌にとって実はとても過酷な状態にさらされています。

エアコンなどによる乾燥なども、侮れません。

今回は、夏の肌にぴったりなおすすめ化粧水や、おすすめのお手入れ方法についてご紹介します。


1.夏に使う化粧水の選び方

ここでは、夏のセルフスキンケアを心地よく楽しめる化粧水の選び方を、3つご紹介します。

1−1.保湿を重視する

保湿 化粧水夏も保湿を重視したお手入れをしましょう。

代表的な保湿成分には、ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸・セラミドなどがあります。

これらの保湿成分を意識して、化粧水を選んでみるのも1つの方法です。

夏の肌は、一見うるおっているような感覚に陥りやすい傾向にあります。

しかし夏は紫外線を浴びる機会も多かったり、エアコンの影響で湿度が低い環境で過ごしたりすることから、肌の水分量をキープすることは難しいものです。

また、夏の過酷な環境によってキメが乱れたり、肌のザラつきや毛穴も目立ちやすくなると言われています。

そのため、保湿成分の配合された化粧水で、うるおいを与えてあげることが大切です。

1−2.好きな使い心地の化粧水を選ぶ

夏の化粧水は、自分の好きな使い心地のものを選びましょう。

丁寧に行いたい毎日のセルフスキンケアも、夏のような暑いシーズンは、化粧水のベタつきなど使い心地が気になるものですね。

毎日のお手入れを楽しく続けるためには、自分の好みのテクスチャーや香りであることもポイントでしょう。

夏はお風呂上がりにもすぐに汗をかいてしまい、肌のベタつきなどが気になりやすいものです。

そのため、さらりとしたテクスチャーの化粧水や、さっぱりした使い心地の化粧水もおすすめです。

美白(※日やけによるシミ・そばかすを防ぐ)を意識したお手入れをしたい方は、化粧水にプラスして自分の肌悩みに合った美容液やクリームを使うと良いでしょう。

1−3.収れん化粧水を使う

夏になってから皮脂や汗が気になる方は、お手入れの際に収れん化粧水を使うのもおすすめです。

収れん化粧水は肌を引き締めながら保湿し、過剰な皮脂や肌のベタつきを気になりにくくしてくれるといわれています。

さっぱりした化粧水も、夏はより心地よく感じられるでしょう。

2.肌らぶ編集部が選ぶ!夏におすすめの化粧水3選

ここでは肌らぶ編集部が選ぶ、夏におすすめの化粧水を3つご紹介します。

今回は、肌の角質層までうるおいを与え乾燥を防ぐ、夏の肌に気持ちよくお手入れできる化粧水選びました。

ブルークレール ローズエステリッチローション

ローズエステリッチローション容量:150mL
価格:5,000円(税抜)
トライアルセット:926 円(税抜)

【保湿成分】

セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタ、ローズマリーなど

【肌らぶ編集部コメント】
肌にうるおいを与えることと、肌をひきしめる役割を兼ね添えた、夏にぴったりの化粧水です。
ラインで使える、1週間のトライアルセットもあります。
トライアルセットでは、美容液・化粧水・美容保湿クリーム・フェイシャルオイル・UV下地クリーム・ファンデーションパウダー・顔&ボディ用オイル化粧石けん・バームクリームがセットになっています。
夏の肌調子に合わせて、化粧水を変えてみたいなとお考えの方にもおすすめです。

公式HPはこちら(オレンジ)

エトヴォス 薬用アクネVCローション(医薬部外品)

ETVOS 薬用アクネVCローション容量:150mL
価格:3,800円(税抜)
トライアルセット:1,900円(税抜)

【保湿成分】

セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸など

【肌らぶ編集部コメント】
夏のシーズンになると、皮脂やキメの乱れなどが気になる!という方に、おすすめの化粧水です。
有用成分ビタミンC誘導体(VCエチル)を配合。肌をすこやかに保ち、なめらかに整えます。
ニキビや肌荒れなど、肌がデリケートに傾きやすい方でも使いやすいでしょう。
また、オイルフリーで、さっぱりとした使い心地です。
化粧水による、べたつきが気になりがちな夏にぴったりのスキンケアアイテムでしょう。

公式HPはこちら(オレンジ)

オルビス アクアフォースローション

オルビス アクアフォースローション容量:180mL
価格:1,496円(税抜)
トライアルセット: 1,200円(税抜)

【保湿成分】

アミノ酸、加水分解クラゲエキスなど

【肌らぶ編集部コメント】
乾燥しがちな部分はしっかり保湿したいけど、ベタつき感はイヤという方にぴったりの化粧水です。
皮膚の水分と油分を補いながら、すこやかな肌をキープします。
さらりとしたテクスチャーの化粧水で、肌がゴクゴクと飲みほすような使い心地が魅力的です。
洗顔料・化粧水・保湿液がセットになったトライアルセットもあります。約3週間分お試しできるので、トライアルセットから使ってみるのもいいですね。

公式HPはこちら(オレンジ)

3.夏の化粧水の魅力を実感するためのお手入れポイント

ここでは、夏の化粧水の魅力を実感するための、お手入れポイントを3つご紹介します。

3−1.丁寧な洗顔をする

丁寧な洗顔をする 

洗顔をするときは、肌をいたわる丁寧な洗顔をしましょう。

夏の肌は、さまざまな影響を受けやすい環境にあるので、うるおいを奪いすぎないように、こすらず優しい力加減で丁寧に洗うことが大切です。

泡立てネットなどで洗顔料をしっかり泡立てて、泡をクッションにするようなイメージで洗うとよいでしょう。

また、帰宅後は、なるべく早く洗顔をして、汗や皮脂がついている時間を減らすような意識をするとよいでしょう。

時間が経つと皮脂が酸化したり、汗などの汚れによって気になる肌悩みに繋がってしまうこともあるとされています。

丁寧に洗顔をして、肌が清潔な状態にしてから化粧水を塗布していきましょう。

3−2.化粧水は洗顔後、時間を空けずに塗布する

化粧水は洗顔後、なるべく時間を空けずに塗布することが大切です。

洗顔後は皮脂も洗い流されている状態なので、肌の乾燥を防ぐためにもできるだけ早く化粧水で保湿のお手入れをしましょう。

洗顔が終わったら、すぐに化粧水をつけられるように準備しておくとよいですね。

清潔で肌が柔らいでいる洗顔後に塗布すると化粧水が肌になじみやすく、その後に使う美容液や乳液などの使い心地もよくなるといわれています。

3−3.化粧水は正しい量で使う

化粧品は、メーカーが推奨している使用量や使用方法を守って、正しく使いましょう。

化粧品には、一般的にその魅力を実感するために各メーカーがおすすめする「使用料の目安」がパッケージ等に記載されています。

使用量の目安は、化粧品が角質層全体にしっかりとうるおいを与えるための量なので、推奨されている量通り使いましょう。

その上で、肌のコンディションに合わせて量を調整することをおすすめします。

4.まとめ

今回は、夏におすすめの化粧水やお手入れのポイントについてご紹介しました。

夏は 、肌にとってさまざまな影響を受けやすい時期ですが、そのときの肌に合ったお手入れ方法や、快適なスキンケアアイテムを使ってすこやかで魅力的な肌を保ちたいものですね。

自分に合った化粧水をみつけて、楽しく夏の肌のお手入れをしてみてはいかがでしょうか。

この記事は2017年5月15日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る