メニューを開く
アスタリフト;

【必見】拭き取り化粧水の魅力!使い方&選び方&おすすめ10選

拭き取り化粧水
「拭き取り化粧水」は、つるんとしたなめらかな肌を目指したい方におすすめのスキンケアアイテムです。

でも、「拭き取り化粧水ってどんなものを選んだらいいの?」「どうやって使ったらいいの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、拭き取り化粧水についての疑問を解決していただくために、拭き取り化粧水の使い方から選び方、おすすめの拭き取り化粧水までご紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.拭き取り化粧水について

1-1.拭き取り化粧水とは

拭き取り化粧水2拭き取り化粧水とは、文字通り、肌を拭き取るようにして使用する化粧水のことを指します。

拭き取り化粧水を使うことで、クレンジングや洗顔で落としきれなかったメイクや毛穴の汚れ、古い角質などを取り除くことが期待できます。

また、クレンジングクリームやマッサージクリームを使用した後、肌に残った油分を拭き取るために使われるものや、軽めのメイクを落とすことができるものもあるようです。

拭き取り化粧水は、洗顔後の肌に使用するものが多く、いつものスキンケアに手軽にプラスできる点も魅力です。

1-2.「化粧水」と「拭き取り化粧水」の違い

一般的な「化粧水」と「拭き取り化粧水」は、それぞれ主な目的が異なります。

「化粧水」は、肌に水分を補給してうるおいを保持するために使用するアイテムなので、主な目的は「保湿すること」です。

そのため、ほとんどの化粧水の中には、肌の角質層でしっかりとうるおいを保持できるように保湿成分が含まれています。

また、商品によっては、美白(※1)成分やエイジングケア(※2)成分など、肌悩みに合った成分が配合されています。
※1 日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐこと   ※2 年齢に応じた肌にうるおいを与えるお手入れのこと

一方、「拭き取り化粧水」は前章でもお伝えしたように、肌に残った汚れや古い角質を取り除くアイテムなので、「不要なものを落とすこと」が目的と考えられます。

配合成分も一般的な化粧水とは異なり、肌をやわらげたり、肌を整えたりするための成分が含まれているのです。

もちろん、保湿成分が全く含まれていないわけではありませんが、肌に十分なうるおいを与えることは少し難しいでしょう。

そのため、「拭き取り化粧水」を使用した後には、「化粧水」も使用して肌にうるおいを与えることが大切です。

2.拭き取り化粧水はこんな方におすすめ!

拭き取り化粧水3拭き取り化粧水は、次のような肌悩みをお持ちの方におすすめです!

■肌のごわつき・ざらつきが気になる方
■肌が硬く感じる方
■スキンケアアイテムの肌なじみが悪いと感じている方

このようなお悩みがある方は、古い角質がスムーズに剥がれずに肌表面に蓄積されてしまっている可能性が高いので、拭き取り化粧水でのお手入れをおすすめします。

拭き取り化粧水を使用して、肌にとって不要な汚れや角質を落とし、肌をなめらかに整えましょう。

3.おすすめ拭き取り化粧水10選

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい拭き取り化粧水をご紹介します。

拭き取り化粧水は、商品によっては拭き取り化粧水以外の役割を兼ね備えているものや、肌質に合わせて数種類のタイプが展開されているものなどもあります。

そのため、自分の肌にとって必要なお手入れができるものを選ぶことが大切です。

今回は、手に取りやすいものからリッチなものまで、幅広い価格帯の商品を選んでみました。

拭き取り化粧水を選ぶ際は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

資生堂 &フェイス アートメソッド クリアリングウオーター EX

&FACE
内容量:150ml
価格:5,000円(+税)
メーカー:資生堂

【肌らぶ編集部コメント】
肌をやわらげながら整える、拭き取り化粧水です。
不要な肌表面の角質や余分な皮脂を、拭き取ることでしっかり落とすだけでなく、次に使用する化粧品のなじみをよくすることも期待できます。
美容液のようなとろっとしたやわらかいテクスチャーが特徴的です。

別売りのピューリファイングクロスEX(900円+税)と一緒に使うのがおすすめです。

資生堂 公式ホームページはこちら

シャネル ル ブラン プレローション

CHANEL ふき取り化粧水
内容量:150ml
価格:6,200円(+税)
メーカー:シャネル

【肌らぶ編集部コメント】
不要な角質をおだやかに取り除き、肌をすこやかに保つ拭き取り化粧水です。
次に使用する化粧品がなじみやすくなるように肌を整えます。
ややとろみのあるテクスチャーですが、すっきりとした使用感です。

シャネル 公式ホームページはこちら

ジュランツ セルコンディショニングローション

ジュランツ 拭き取り化粧水
内容量:150ml
価格:6,000円(+税)
メーカー:ジュランツ

【肌らぶ編集部コメント】
拭き取り化粧水に加えて、導入化粧水としての役割も兼ね備えた化粧水です。
肌をやわらげ、キメの整ったなめらかな肌にします。
上品でさわやかなライトブルーの色が印象的ですね。

ジュランツ 公式ホームページはこちら

クリニーク クラリファイングローション2

クリニーク 拭き取り化粧水
内容量:200ml
価格:3,400円(+税)
メーカー:クリニーク

【肌らぶ編集部コメント】
角質のお手入れに着目してつくられた、拭き取り化粧水です。
肌表面をなめらかに整え、すこやかに保ちます。

手軽にお試しできる100mlサイズ(2,500円+税)、お得な400mlサイズ(5,600円+税)もあります。
また、クラリファイングローションは全6種類あり、自分の肌に合わせたお手入れが可能です。

クリニーク 公式ホームページはこちら

NARS NARSskin マルチアクション ハイドレイティングトナー

NARSskin 拭き取り化粧水
内容量:200ml
価格:3,800円(+税)
メーカー:NARS

【肌らぶ編集部コメント】
肌表面の古い角質をおだやかに取り除く、拭き取り化粧水です。
肌をなめらかにして、すこやかに保ちます。
パラベンフリー、オイルフリー、アルコールフリー。

NARS 公式ホームページはこちら

ポール&ジョー ボーテ リフレッシング スキン トーナー

PAUL&JOE 拭き取り化粧水
内容量:200ml
価格:4,000円(+税)
メーカー:ポール&ジョー ボーテ

【肌らぶ編集部コメント】
さっぱりとしてつるんとした感触の肌に整える拭き取り化粧水です。
余分な角質を取り除くだけでなく、みずみずしく肌にうるおいを与えます。
エレガントでかわいらしいパッケージも魅力的です。

ポール&ジョー ボーテ 公式ホームページはこちら

DHC 薬用スキンリフレッシュ【医薬部外品】

DHC 拭き取り化粧水
内容量:100ml
価格:2,762円(+税)
メーカー:DHC

【肌らぶ編集部コメント】
ややとろみのあるテクスチャーが特徴的な拭き取り化粧水です。
使うほど、なめらかな肌に整えます。

DHC 公式ホームページはこちら

資生堂 オイデルミン(N)

オイデルミン 拭き取り化粧水
内容量:200ml
価格:500円(+税)
メーカー:資生堂

【肌らぶ編集部コメント】
今から140年以上前に資生堂が初めて発売した化粧品である、ロングセラーの拭き取り化粧水です。
素肌の汚れを落とし、なめらかに整えます。
ワンコインで購入できてしまうプチプライスも魅力ですね。

資生堂 公式ホームページはこちら

明色美顔水 薬用化粧水【医薬部外品】

美顔水 拭き取り化粧水
内容量:80ml
価格:700円(+税)
メーカー:明色

【肌らぶ編集部コメント】
明治18年に発売され、長い間愛され続ける薬用拭き取り化粧水です。
スーッとするさわやかな使用感で、肌をさっぱりと拭き取りたい方におすすめです。

明色 公式ホームページはこちら

AHA クレンジングリサーチ クリア ローション

クレンジングリサーチ 拭き取り化粧水
内容量:145ml
価格:1,000円(+税)
メーカー:BCL

【肌らぶ編集部コメント】
素肌をリニューアルさせるようなイメージの拭き取り化粧水です。
古い角質や黒ずみなどの汚れを拭き取り、肌をやわらげて整えます。
みずみずしいテクスチャーで、すっきりした使用感が特徴的です。

BCL 公式ホームページはこちら

4.拭き取り化粧水の使い方

ここでは、一般的な拭き取り化粧水の使い方についてご紹介します。

詳しい使い方については、5.拭き取り化粧水を使用する際の4つのお手入れポイントでお伝えします。

【使い方】
①丁寧に洗顔をする
洗顔 拭き取り化粧水
②拭き取り化粧水をコットンにたっぷり含ませる
コットン 拭き取り化粧水
③肌のごわつき・ざらつきなどが気になる部分を中心に拭き取る
※目の周りや口の周りは、皮膚が薄く繊細な部分のため、拭き取り化粧水の使用は避けてください。
コットン 拭き取り化粧水
④保湿のお手入れをする
保湿 拭き取り化粧水

5.拭き取り化粧水を使用する際の4つのお手入れポイント

拭き取り化粧水をスキンケアに取り入れる場合は、以下の4つのポイントを守ってお手入れをしましょう!

■肌の状態が良くないときは使用しない

肌の不調 拭き取り化粧水肌が荒れていたり、とても乾燥していたりする場合、拭き取り化粧水の使用はできるだけ避けましょう。

拭き取り化粧水は、古い角質や肌表面の汚れなどをきれいにするためのものなので、デリケートに傾きやすい肌状態には負担がかかることがあるからです。

肌に負担がかかることで、新たな肌悩みを引き起こしてしまうことも考えられます。

どうしても使いたい場合は、肌荒れや乾燥している部分を避けて、ざらつきやごわつきなどが気になる部分にのみ使用してみてください。

■必ずコットンに含ませて使用する

拭き取り化粧水6拭き取り化粧水を使用する際は、必ずコットンを使いましょう。

拭き取り化粧水は、肌を拭き取るように使うことで本来の役割を果たすため、手でなじませるようにつけてもほとんど意味がありません。

一般的な化粧水は、手でつけてもコットンでつけても問題ないものが多いですが、拭き取り化粧水の場合は、コットンもセットで用意して使用するようにしましょう。

また、商品によって使用量の目安は異なりますが、拭き取り化粧水の使用量が少ないと、肌とコットンの間に摩擦が起こりやすくなり、肌にダメージが加わりやすくなってしまいます。

そのため、拭き取り化粧水はコットンの一部分(肌に触れる部分)がひたひたになるくらい、少し多めを意識して取るようにしましょう。

■やさしくなでるように拭き取る

拭き取り化粧水5拭き取り化粧水は、肌表面をやさしくなでるようにして使いましょう。

しっかり汚れを取りたいからと、力を入れすぎたりこすったりしてしまうと、肌表面とコットンの間に摩擦が起こって、肌を傷つけてしまうことがあります。

拭き取り化粧水は、やさしく拭き取るだけでも十分商品の良さを実感できるアイテムだといわれているため、むやみに力を加えて肌に負担をかけないようにしましょう。

コットンをしっかりと肌に密着させることがポイントです。

■拭き取り化粧水の使用後はしっかり保湿する

拭き取り化粧水4拭き取り化粧水を使った後は、必ずたっぷりとうるおいを与えて、保湿のお手入れを行いましょう。

拭き取り化粧水を使用して、古い角質や汚れなどの余分なものが取り除かれた肌は、化粧水や美容液、乳液等のアイテムが肌(角質層)に浸透しやすくなっています。

そのため、拭き取り化粧水使用後は、保湿をしっかりと行って肌を整えることができるベストタイミングなのです。

また、拭き取り化粧水を使用すると、肌表面に蓄積されていた古い角質が取り除かれることで肌が一時的に薄くなると考えられます。

保湿のお手入れだけでなく、肌を保護するために紫外線対策も十分に行うことをおすすめします。

6.まとめ

拭き取り化粧水の使い方や選び方、おすすめ商品までをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

拭き取り化粧水は、肌をなめらかに整えることのできる、とても素敵なアイテムです!

ぜひ、普段のお手入れに拭き取り化粧水をプラスして、むき卵のようなつるんとした肌を目指してみてくださいね。

この記事は2016年10月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る