メニューを開く
2017年9月14日 更新

20代・30代におすすめ!美白*美容液15選|選び方・使い方

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐこと
美白美容液 20代 30代 20代・30代の皆さんは、美白を意識したスキンケアをしていますか?

「毎日のお手入れに美白美容液を取り入れたいけれど、数あるアイテムの中から何を選んだらよいか迷ってしまう…。」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、日々美容と向き合う肌らぶ編集部が20代・30代の美白美容液選びやおすすめアイテムについてご紹介します。

20代前半、20代後半、30代に分けてそれぞれ詳しくご紹介します。また、美白美容液の使い方についてもお伝えするので、あわせてぜひ参考にしてください!




1. 【20代・30代】年代別|美白*美容液の選び方

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
美白美容液 20代 30代ここでは、「20代前半」「20代後半」「30代」の年代別に、一般的な肌状態と取り入れたい美白のお手入れについてご紹介します。

1-1. 20代前半|美白美容液の選び方

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方20代前半はメイクアイテムに興味津々なお年頃ではないでしょうか?

また、海やバーベキューなどのレジャーで、紫外線を浴びる機会が多いかもしれません。

肌にベタつきを感じやすいのに、実は肌内部が乾燥している「インナードライ状態」の方が多いともいわれる年代です。

20代前半で意識したいのは、UV対策をしっかりと行って、できるだけ「シミ予備軍」ができないように予防することです。

しっかりと継続して使用できる価格帯の美白美容液を取り入れるとよいでしょう。

1-2. 20代後半|美白美容液の選び方

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方「25歳はお肌の曲がり角」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

20代の半ばになると、これまでに感じたことがない肌の変化を少しずつ感じやすくなるといわれています。

目の下辺りに、乾燥による小じわができやすくなったり、うっすらシミが現れ始めたり、顔色がどんよりとくすんでいるような気がしたりと、人によって悩みはさまざま。

美白美容液の中には、美白のお手入れにプラスして保湿や肌荒れ、キメの乱れなど気になる肌悩みにアプローチするものもあります。

美白成分にプラスして、気になる肌状態をお手入れできる美白美容液を選びましょう。

1-3. 30代~|美白美容液の選び方

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方30代は、これまで何となく気になっていたシミや小じわなどのエイジングサインが、本格的に現れ始める時期と考えられています。

特に、肌の水分量・油分量はどちらもそれまでと比較して減少しやすいといわれています。

そのため、肌にたっぷりのうるおいとハリ、ツヤを与えてくれる美白美容液がおすすめです。

2. 【基本編】美白*美容液を選ぶポイント

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
美白美容液 20代 30代 選び方 使い方ここでは、美白美容液の選び方について基本のポイントを2つお伝えします。

「美白美容液は高価なイメージで、なかなか手が出しづらい・・。」と感じている方も、ポイントを押さえて選べば”予算内”で”自分の肌に合ったもの”ときっと出会えるので、ぜひ参考にしてみてください。

選び方①:美白成分を確認する

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方美白美容液を選ぶときに大切なのは、美白成分が配合されているものを選ぶことです。

美白美容液のパッケージや公式インターネットページで「全成分表示」を確認し、美白成分の記載を確認してみましょう。
以下は美白成分の一例です。

【美白成分の一例】
・ビタミンC誘導体
・カモミラET
・トラネキサム酸
・アルブチン
・エラグ酸
・ルシノール
・コウジ酸
・プラセンタエキス
・リノール酸
・4MSK(4‐メトキシサリチル酸カリウム塩)  等

選び方②:保湿成分を確認する

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方美白成分をチェックするときに、併せて保湿成分を確認することをおすすめします。

保湿成分が配合されていると、角質層のすみずみまでうるおいを与えられ、肌をすこやかに保つことが期待できます。

美白成分と同様に、美容液の成分表示などで一度確認してみましょう。

【保湿成分の一例】
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・グリセリン 等

3. 【20代・30代】年代別おすすめ美白*美容液

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

ここでは、肌らぶ編集部が20代・30代の方におすすめしたい、美白美容液をご紹介します。
前章と同様に、「20代前半」「20代後半」「30代」に分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

3-1. 20代前半|肌らぶ編集部おすすめ美白美容液

今回は、美白有効成分が配合された、税抜3,000円以内で購入可能な薬用美白美容液の中から選びました。

アクアレーベル シミ対策美容液【医薬部外品】

アクアレーベル(美白美容液 20代 30代)販売会社:資生堂ジャパン株式会社
内容量:45ml
価格:2,100円(税抜)

肌をうるおいで満たし、シミ・そばかすを防ぐ薬用美白*美容液です。美白有効成分として「m-トラネキサム酸」、整肌サポート成分として「ヒアルロン酸」「リピジュア®」(ともに保湿成分)を配合。みずみずしい感触で、肌を整えます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

無印良品 敏感肌用薬用美白美容液(新)【医薬部外品】

無印良品 敏感肌用薬用美白美容液(美白美容液 20代 30代)販売会社:株式会社良品計画
内容量:50ml
価格:1,296円(税抜)

さらっとしたテクスチャーでみずみずしく肌にうるおいを与え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ薬用美白*美容液です。美白有効成分「ビタミンC誘導体」配合。無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー。
*メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

オルビス ホワイトニングエッセンス【医薬部外品】

オルビス ホワイトニングエッセンス(美白美容液 20代 30代)販売会社:オルビス株式会社
内容量:25ml
価格:2,800円(税抜)

シミが根付く前に予防する、サラサラとしたテクスチャーの薬用美白*美容液です。美白有効成分として「ビタミンC誘導体」を配合。詰め替え用が2,296円(税抜)で販売されています。無香料・無着色・オイルフリー。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

3-2. 20代後半|肌らぶ編集部おすすめ美白美容液

今回は、美白有効成分が配合されていて、2サイズ以上展開されている薬用美白美容液の中から選びました。

HAKU メラノフォーカス3D【医薬部外品】

HAKUメラノフォーカス3D(美白美容液 20代 30代)販売会社:資生堂ジャパン株式会社
内容量:45g/30g
価格:10,000円(税抜)/7,000円(税抜)

クリームのようなコクのあるテクスチャーが肌にぴたっと密着し、シミを防ぐ薬用美白*美容液です。美白有効成分「4MSK」「m-トラネキサム酸」配合。しっとりとしたうるおいのある肌に導きます。45gサイズのみ、レフィルが9,700円(税抜)で販売されています。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

白澄 XX 美白美容液【医薬部外品】

白澄 美白美容液(美白美容液 20代 30代)販売会社:株式会社コーセー
内容量:40g/60g
価格:5,000円(税抜)/6,500円(税抜)※肌らぶ編集部調べ

なめらかな使用感で肌によくなじみ、シミ・そばかすを防ぐ薬用美白*美容液です。美白有効成分「コウジ酸」や保湿成分「月見草エキス」「牡丹エキス」「百合エキス」「ヒアルロン酸」等を配合。肌にうるおいを与えてキメを整え、乾燥を防ぎます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX【医薬部外品】

トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX(美白美容液 20代 30代)販売会社:第一三共ヘルスケア株式会社
内容量:30g/50g
価格:4,500円(税抜)/6,300円(税抜)

メラニンの生成を抑えて肌のうるおいを保つ、薬用美白*美容液です。美白有効成分「トラネキサム酸」配合。伸びがよく、ベタつきのない心地よい使用感で肌を整えます。無香料・無着色。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

3-3. 30代|肌らぶ編集部おすすめ美白美容液

今回は、美白有効成分が配合されていて、レフィル・詰め替えが販売されている薬用美白美容液の中から選びました。

アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト【医薬部外品】

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルト(美白美容液 20代 30代)販売会社:株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー
内容量:30ml
価格:7,000円(税抜)レフィル:6,500円(税抜)

赤色のさらっとしたテクスチャーが印象的な、薬用美白*美容液です。美白有効成分「ビタミンC誘導体」配合。みずみずしく伸びやかなつけ心地で、角質層のすみずみまで浸透し、うるおいで満たします。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

ホワイトショット CX【医薬部外品】

ホワイトショットCX(美白美容液 20代 30代)販売会社:株式会社ポーラ
内容量:25ml
価格:15,000円(税抜)レフィル:14,000円(税抜)

みずみずしく軽やかなつけ心地で、シミを防ぐ薬用美白*美容液です。ポーラオリジナルの複合成分「ルシノール®EX」(美白有効成分+保湿成分)を配合。リピーターさんに向けて、ラージサイズ(50ml)のレフィルが25,000円(税抜)で販売されています。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

コスメデコルテ ホワイトロジスト ブライトエクスプレス【医薬部外品】

ホワイトロジスト ブライトエクスプレス(美白美容液 20代 30代)販売会社:株式会社コーセー
内容量:40ml
価格:15,000円(税抜)レフィル:14,500円(税抜)

なめらかなテクスチャーが心地よく肌になじみ、シミを防ぐ薬用美白*美容液です。美白有効成分「コウジ酸」や独自複合成分「ブライトイコライザー**」を配合。素早く角質層まで浸透してうるおいを与え、肌を整えます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
**スイカズラエキス・サフランエキス・ゼニアオイエキス・タイムエキス(1)・濃グリセリン(すべて保湿成分)

公式HPはこちら

4. 【20代・30代】敏感肌におすすめ美白*美容液

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

「美白美容液でお手入れをしたいけれど、肌が敏感になりやすいのが気になる…」

ここでは、そんなお悩みをお持ちの方に肌らぶ編集部がおすすめしたい、美白美容液をご紹介します。

今回は、美白有効成分が配合された、敏感肌向けのスキンケアブランドから展開されている薬用美白美容液を選びました。

dプログラム ホワイトニングクリアエッセンスEX【医薬部外品】
dプログラム ホワイトニングクリアエッセンスEX(美白美容液 20代 30代)販売会社:資生堂ジャパン株式会社
内容量:50ml
価格:4,800円(税抜)

ときどき敏感に傾く肌のことを考えてつくられた資生堂のスキンケアブランド「dプログラム」の薬用美白*美容液です。美白有効成分「トラネキサム酸」配合。肌にうるおいを与えてすこやかに整え、シミ・そばかすを防ぎます。パラベン(防腐剤)フリー・アルコール(エチルアルコール)フリー・鉱物油フリー。無香料・無着色。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリスト【医薬部外品】
saeru ホワイトニングエッセンス クリアリスト(美白美容液 20代 30代)販売会社:株式会社DECENCIA
内容量:30ml
価格:6,500円(税抜)

敏感肌向けのスキンケアを展開する「DECENCIA」の美白*ライン「サエル」の薬用美白美容液です。美白有効成分「アルブチン」のほか、保湿成分「セラミドナノスフィア」「ヒアルロン酸」等を配合。トライアルセットも販売されているため、初めて使う方も挑戦しやすいでしょう。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

ノブ L&W ブライトニングエッセンス【医薬部外品】
ノブ L&W ブライトニングエッセンス(美白美容液 20代 30代)販売会社:常盤薬品工業株式会社
内容量:30g
価格:5,000円(税抜)

敏感になりがちな肌のことを考えてつくられた「ノブ L&W」シリーズの薬用美白*美容液です。美白有効成分「ビタミンC誘導体」、保湿成分「ヒアルロン酸」等を配合。乾燥や肌荒れを防ぎ、肌をすこやかに保ちます。無香料・無着色。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

5. 【20代・30代】おすすめプチプラ美白*美容液

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

こちらでは、比較的継続しやすい価格のプチプラ美白美容液をご紹介します。

今回は、税抜2,000円以内で購入できるものをプチプラと定義し、ドラッグストアで購入可能な医薬部外品の美白美容液を選びました。

オープン価格の商品については、インターネット販売を行っているドラッグストアで価格を調査し、参考価格を掲載しています。

ちふれ 美白美容液 W【医薬部外品】
ちふれ 美白美容液W(美白美容液 20代 30代)販売会社:株式会社ちふれ化粧品
内容量:30ml
価格:1,100円(税抜)レフィル:1,000円(税抜)

美白*有効成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」配合のプチプラ薬用美白美容液です。
保湿成分として「ヒアルロン酸」「トレハローズ」配合。なめらかで伸びのよいテクスチャーで、ぷるんとしたうるおいのある肌に整えます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

ケシミン美容液【医薬部外品】
ケシミン美容液(美白美容液 20代 30代)販売会社:小林製薬株式会社
内容量:30ml
価格:オープン価格 ※参考価格:1,158円(税抜)

美白*有効成分「ビタミンC誘導体」配合のプチプラ薬用美白美容液です。
保湿成分として「アルピニアカツマダイ種子エキス」「ヒアルロン酸」等を配合。角質層までうるおいが浸透して、しっとりとした肌に整えます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

肌ラボ® 白潤プレミアム®W美白美容液【医薬部外品】
白潤プレミアムW美白美容液(美白美容液 20代 30代)販売会社:ロート製薬株式会社
内容量:40ml
価格:オープン価格 ※参考価格:1,800円(税抜)

美白*有効成分「ビタミンC誘導体」「アルブチン」を配合した、プチプラ薬用美白美容液です。保湿成分として「ヒアルロン酸」「水溶性コラーゲン液」等を配合。
まるで化粧水のようにさらっと肌になじみ、うるおいで満たして肌を整えます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

6. 20代・30代におすすめ!美白*美容液の使い方

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
美白美容液 20代 30代 選び方 使い方美白美容液の魅力をもっと引き出すために、美白美容液の使い方について5つのポイントをご紹介します。

ポイント①:順番

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方スキンケアの順番は、基本的には油分が少なく水分が多いものから順につけます。

●クレンジング:メイクを落とす

●洗顔:肌の汚れや洗い残したクレンジング料を落とす

●化粧水:肌に水分を与え、肌を整える

●美容液:美容成分を角質層まで届ける

●乳液・クリーム:油分を補う

化粧水で水分を中心としたうるおいを与えて肌をやわらげることで、美白美容液を角質層まで浸透しやすくすることが期待できます。

ただし、商品によっては化粧水の前に使用するタイプの美容液もあるので、説明書きで使用手順を確認してから使うようにしてください。

ポイント②:化粧水をなじませてからつける

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方化粧水をつけたら、美白美容液をつける前に一度両手で包み込むようにハンドプレスをしましょう。

ハンドプレスをしてきちんと化粧水が肌になじむことで、その後つける美白美容液の肌なじみもよくなるといわれています。

また、化粧水をしっかりと肌になじませたら、乾いてしまう前に美白美容液をつけるようにしましょう。

ポイント③:適量を顔全体に伸ばす

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方もったいないからといって、美白美容液の説明書きよりも少ない量を使うことはおすすめできません。

説明書きに記載された量よりも使用量が少ないと、肌になじませる際に摩擦が起きて、負担になってしまうことも考えられます。

事前にパッケージなどを確認し、各商品に書かれたメーカーが推奨する適量を使用しましょう。

適量を手のひらで温めてから、顔に5点置きして伸ばしていきます。

先に5カ所に美容液をのせることで、顔全体に均等に美容液を伸ばしやすくなります。

ポイント④:気になる箇所に重ねてつける

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方気になる部分には、美白美容液を重ねてつけることをおすすめします。

ハンドプレスをしながら肌状態を確認し、季節や肌の調子に合わせて使用量を加減してみてください。

ポイント⑤:毎日継続して使用する

美白美容液 20代 30代 選び方 使い方美白美容液は毎日のお手入れで使用することで、より魅力を実感できるようにつくられているものが多いです。

一度使って満足するのではなく、できるだけ継続して使用することをおすすめします。

そのため、毎日続けられる価格のものを選ぶことも大切です。

7. 美白*の定義と美白美容液について

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
美白美容液 20代 30代 選び方 使い方最後に、美白化粧品の定義や役割についてお伝えします。

7-1. 美白化粧品にできること

美白化粧品に期待できる役割は、【メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと】です。

美白化粧品に含まれる美白成分は、「(日焼けによる)メラニン色素の生成を抑制すること」を目的にしています。

つまり、美白化粧品は「肌を本来の色以上に白くする」ことはできません。あくまでも予防をするものになります。

7-2. 美白美容液の役割

美白のお手入れを始めるにあたって、まず取り入れるべきおすすめアイテムが美白美容液です。

美白化粧品には化粧水・乳液・美容液・クリームと、さまざまな種類があります。

その中で美容液は、美容成分を肌の角質層に届ける目的でつくられているため、一般的に化粧水や乳液と比べて凝縮された成分が配合されています。

美白のお手入れをしたい方は、まず最初に取り入れるなら美白美容液を検討してみてください。

下記は、美白美容液に期待「できること」と、「できないこと」の一覧です。お手入れの目的に適しているか確認してみましょう!

【期待できること】
・(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
・美容成分を角質層へ浸透させる
【期待できないこと】
・元の肌色よりもさらに肌を白くする

8. まとめ

いかがでしたでしょうか。美白*のお手入れは何よりも予防が大切だといわれています。

5年後・10年後の肌のために美白美容液を上手に取り入れて、早め早めにお手入れを始めましょう!

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ