メニューを開く
提供:株式会社アテニア

イエローベース肌を魅力的に見せる!メイクのポイントとは?


イエローベース メイク1
「イエローベースの肌の人は、どんなメイクをしたらいいのかな…?」「肌色がイエローベースだと言われたけれど、自分に合った色のメイクってどんな感じなのかな?」と気になってはいませんか?

イエローベースの肌の方は、ヘルシーで元気な印象があり、日本人にも多いとされる肌色です。

今回は、イエローベースの方をより魅力的に見せるメイクのポイントをお伝えします!!

>>>どんな肌色にも馴染みやすい!上品なナチュラルカラーが揃う『プライムルージュ』はこちら







◆肌らぶ セレクション◆

アテニア プライムルージュ

アテニア

ひと塗りで潤ったようなツヤ感と、大人の色気あふれるようなリップメイクを演出。

さらに乾燥を防いで、ふっくらとしたなめらかな唇に整える『プライムルージュ』は、どんな肌色にも馴染みやすい、上品でナチュラルなカラーが勢揃い!

1色1,500円(+税)とお手ごろな価格なので、たくさんのカラーを集めたくなりますね♡
アテニアが初めての方には、「チアーベージュ」「スイートローズ」「サクラベージュ」の使いやすい3色がセットになった『印象美人3色セット』が、3,980円(+税)で販売中です。

さらに今なら、『スキンクリアクレンズオイル(クレンジングオイル)』のサンプル付き!

ぜひこの機会に『アテニア プライムルージュ』をチェックしてみてくださいね。

(2017年3月時点での情報です。)

公式HPはこちら(オレンジ)

1.あなたの肌はイエローベース?ブルーベース?

ここでは、肌のタイプの一種である「イエローベース」について、お伝えします。

1-1.イエローベースとブルーベースの違い

ブルーベース・イエローベース肌のタイプは、見た目の色によって「イエローベース」と「ブルーベース」の2つに分けられるとされています。

自分の肌や髪、瞳、唇の色などから、自分のタイプを確認することができます。

自分ではわからない…という方は、次のリストでチェックしてみましょう。

より多くチェックの入った方が、自分のベースカラーに近いと考えられます。

※こちらは目安として参考にしていただき、きちんとパーソナルカラー診断を受けたいときは、カラーセラピーを行っているサロンや教室に行くことをおすすめします。

【イエローベースの特徴】

□肌の色は、黄みがかっている
□髪の毛の色(地毛の場合)は、こげ茶か、茶色がかっている
□瞳の色は、茶色・こげ茶である
□唇の色は、肌色に近い
□日焼けしたときに肌が小麦色になることが多い
□アクセサリーはゴールドが似合う
□手首の血管の色が、緑っぽく見える

【ブルーベースの特徴】

□肌の色は、青みがかっているか、ピンクみがある
□髪の毛の色(地毛の場合)は、黒色に近い
□瞳の色は、黒・ダークグレイ・こげ茶などの落ち着いた色である
□唇の色は、赤みがある
□日焼けしたときに肌が赤くなり、比較的すぐに色が戻る
□アクセサリーはシルバーが似合う
□手首の血管の色が、青っぽく見える

1-2.イエローベースにおすすめのカラー

イエローベース

イエローベースの方には、「暖色系」「アースカラー」がおすすめです。

①暖色系

イエローベースの方は、暖色系の色がよく似合います。

黄色やオレンジ、朱色、アプリコット、トマトレッドなどの色は、イエローベースの肌をより引き立ててきれいに見せてくれます!元気な印象を与えることができるでしょう。

また、コーラルピンク、サーモンピンク、ピーチピンクなど、黄みの入ったピンクも、肌を明るい印象に見せることができる色です。

他にも、ゴールドも肌色によくなじむため、ゴールドのパールやラメの入ったメイクやネイル、アクセサリーが似合うでしょう。

②アースカラー

イエローベースの方には、アースカラーと呼ばれる、自然を連想させるような色がよく似合います。

ブラウン、ベージュ、グリーン、オリーブ、カーキなどの色は、イエローベースの肌になじみやすいとされています。

深みのある落ち着いた色なので、知的な印象を与え、大人っぽい雰囲気を演出することができるでしょう。

2.イエローベースの方注目!!キレイに見えるメイクのポイント

ここでは実際に、イエローベースの方におすすめのメイクポイントをお伝えします。

2-1.ベースメイク

イエローベースの方のベースメイクには、オークル系、ベージュオークル系の化粧下地・ファンデーションがおすすめです。

黄みがかったイエローベースの肌には、自然なベージュ色が肌になじんで首との差が出にくく、自然に見えやすくなるとされています。

2-2.アイメイク

イエローベース アイカラー イエローベースの方のアイメイクは、瞳の色に近いこげ茶・茶色に近い色を使用すると、目元になじみ、自然な陰影を演出することができます。

また、茶色となじみやすいアースカラーを使用することもおすすめです。

そのため、ブラウンのマスカラやアイライナーをおすすめしますが、目元をより強調させたい場合は、はっきりとした印象を強める黒を使用すると良いでしょう。

アイカラーは、よりナチュラルな印象を与えたい場合はベージュ系、落ち着きのある印象はブラウン系、ゴージャスな印象はゴールド系など、色の使い方次第で、なりたいイメージを演出してみるのもおすすめです。

2-3.チーク

イエローベース チークイエローベースの方のチークには、黄みよりのピンクやオレンジ系の色を使用するのがおすすめです。

チークに使用する色味も、少し黄みがかった色にすることで、チークだけが浮いて見えるようなことが少なくなり、肌の内側からでる自然な血色感を演出することができます。

2-3.リップ

イエローベース リップイエローベースの方のリップは、チークと同様、黄みよりのピンクやベージュピンク、オレンジ系の色を使用すると、肌なじみが良く、明るく見えやすくなります。

また、朱色のような赤も肌の血色を良く見せることができるため、唇をポイントにしたメイクをしたい場合は、朱色系の赤リップを使ってみることをおすすめします。

3.イエローベースの肌をより魅力的に見せるポイント

イエローベースの肌の魅力をより引き出すためには、メイクだけでなくファッションにも、イエローベースに似合う「暖色系」や「アースカラー」を取り入れることがおすすめです。

イエローベースの肌に似合う色を、洋服にも取り入れることで、自分が本来持っている魅力を表現することができるとされているからです。

一方で、イエローベースの方は、ローズ系やベリーピンクなどの青みの強い色をメイクやファッションで取り入れると、肌が暗く見えてしまう可能性があります。

もしもこれらの色を取り入れたい場合は、小物などにポイント使いとして入れてみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

イエローベースの方におすすめのメイクや色をご紹介しましたが、いかがでしたか?

イエローベースの方の肌の特徴である、ヘルシーさを生かしたメイクができるように自分に合った色を選び、いきいきとした印象を演出するメイクをしてみましょう!!

※この記事は2017年3月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

>>>どんな肌色にも馴染みやすい!上品なナチュラルカラーが揃う『プライムルージュ』はこちら







【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る