2017年11月20日 更新

ブルーベース肌の美しさを引き立てる!メイクのポイントとは?

ブルーベース メイク ブルベ1「ブルーベースの肌の人は、どんなメイクをしたらいいのかな…?」「肌色がブルーベースだと言われたけれど、自分に合った色のメイクってどんな感じだろう?」と気になってはいませんか?

ブルーベースの肌の方は、肌の色が明るい方が多く、透明感のある印象の肌の方が多いといわれています。

今回は、ブルーベースの方の美しさを引き立たせる、メイクのポイントをお伝えします!!

マキアレイベル バナー



◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
マキアレイベル クリアエステヴェール(医薬部外品)
マキアレイベル

ブルーベースさんにもぴったりのカラーが見つかる5色展開。肌悩みをしっかりカバーし、ふっくらとしたハリと透明感のある肌を演出する美容液ファンデーションです。
しっとりと肌にうるおいを与える5種類のコラーゲンと3種類のヒアルロン酸、美白*有効成分プラセンタを配合。SPF35/PA+++。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら(大)

1. あなたの肌はブルーベース?イエローベース?

ここでは、肌のタイプの一種である「ブルーベース」について、お伝えします。

1-1.ブルーベースとイエローベースの違い

ブルーベース・イエローベース一般的に、肌の色は、「ブルーベース」と「イエローベース」の2つに分けることができ、肌や髪、瞳や唇の色などから、自分の色タイプを確認することができます。

自分ではよくわからない…という方は、次のリストをチェックしてみましょう。

より多くチェックの入った方が自分のベースカラーです。

【ブルーベースの特徴】

□肌の色は、青みがかっているか、ピンクみがある
□髪の毛の色(地毛の場合)は、黒色に近い
□瞳の色は、黒・ダークグレイ・こげ茶などの落ち着いた色である
□唇の色は、赤みがある
□日焼けしたときに肌が赤くなり、比較的すぐに色が戻る
□アクセサリーはシルバーが似合う
□手首の血管の色が、青っぽく見える

【イエローベースの特徴】

□肌の色は、黄みがかっている
□髪の毛の色(地毛の場合)は、こげ茶か、茶色がかっている
□瞳の色は、茶色・こげ茶である
□唇の色は、肌色に近い
□日焼けしたときに肌が小麦色になることが多い
□アクセサリーはゴールドが似合う
□手首の血管の色が、緑っぽく見える

1-2.ブルーベースにおすすめのカラー

チーク口紅02ブルーベースの方に似合う色は、「寒色」「パステルカラー」「モノトーン」です。

これらの色は、ブルーベースの方に映えるため、肌を美しく見せることができます。

①寒色

「ブルーベース」というネーミングからもわかるように、ブルーベースの方は寒色系の青や緑、パープル、ネイビー、ロイヤルブルー、ブルーグリーンなどがよく映えます。

また、青色を基調とした赤・ピンク系の色などもよく似合います。

ワイン、ボルドー、マゼンダ、ベビーピンク、フューシャピンク、ローズピンク、チェリーピンクなどの青みがかった赤やピンクは、ブルーベースの肌の透明感を引き立てて見せます。

②パステルカラー

ブルーベースの方は、もともとの肌色が明るい方が多いため、パステルカラーも似合うといわれています。

水色やラベンダー、ミントグリーンなども、ブルーベースの方におすすめです。

パステルカラーは、上品でエレガントな印象を与えます。

③モノトーン

ブルーベースの方は、白や黒、グレーなどの「無彩色」と呼ばれる色もおすすめです。

モノトーンカラーは、シャープでクールな印象を作れます。

また、シルバーも肌によくなじむため、肌の透明感を引き立てて見せることができます。

2.ブルーベース必見!!キレイに見えるメイクのポイント

ここでは実際に、ブルーベースの方におすすめのメイクポイントをお伝えします。