2019年6月27日 更新

ブルーベース肌の美しさを引き立てる!メイクのポイントとは?

2-1.ベースメイク

ブルーベースの方のベースメイクカラーは、ピンクオークル系の化粧下地やファンデーションがおすすめです。

ブルーベースの肌は、青みが強いので、ピンク系を使用することによって血色感が生まれ、肌になじみます。

2-2.アイメイク

ブルーベース アイカラーブルーベースの方のアイメイクは、寒色系や、落ち着いた深みのあるダークブラウン、シルバーのパールやラメが入った色がよく似合います。

また、エレガントな印象はパープル系、知的な印象はブルー系、クールな印象はグレー系など、色によってなりたいイメージを演出することもおすすめです。

さらに、ブルーベースの方は、瞳の色が黒っぽく、白目は濁りのない白色に近い方が多いので、黒のマスカラやアイライナーを使用すると、色のコントラストが生まれるので、目元の美しさを引き立てることができます。

【おすすめアイカラー】
ミュゼル アイカラー
(POLA ミュゼル ノクターナル アイカラー BL01)

2-3.チーク

ブルーベース チークブルーベースの方のチークには、ピンクやローズ系、レッド系の色を使用するのがおすすめです。

チークに使用する色味も、少し青みがかった色にすることで、チークだけが浮いて見えてしまうことが少なくなり、自然な血色感に見せることができます。

【おすすめチークカラー】
RO01
(POLA ミュゼル ノクターナル フェイスカラー RO01)

2-4.リップ

ブルーベース リップブルーベースの方のリップカラーは、チークと同様に、ピンク・ローズ系の色を使用すると、肌なじみが良く華やかに見えます。

また、肌の色が明るいブルーベースの方には赤リップも似合うため、唇をポイントにしたメイクをしたい場合には、赤リップを使用するのもおすすめです。

【おすすめリップカラー】
ミュゼル
(POLA ミュゼル ノクターナル リップスティックF RO01)

3.ブルーベースの肌をより美しく見せるポイント

ブルーベース メイク ブルベブルーベースの肌の美しさをより引き立てるためには、メイクだけでなくファッションにも、ブルーベースに似合う「寒色」「パステルカラー」「モノトーン」を取り入れてみましょう。

ブルーベースの肌に似合う色を、洋服でも取り入れることで、自分が本来持っている美しさを表現することができるからです。

一方で、ブルーベースの方が、オレンジ・サーモンピンク・コーラルピンクなどの黄みの強い色をメイクやファッションで取り入れると、肌が暗く見えてしまう可能性もあります。

こうした色を取り入れたい場合は、小物などでポイント使いしてみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

ブルーベース メイク ブルベブルーベースの方におすすめのメイクや色をご紹介しましたが、いかがでしたか?
ブルーベースの方の特徴である、美しい透明感を生かしたメイクができるように色選びを行い、品のあるメイクに仕上げましょう!

◆パーソナルカラー 肌らぶ関連記事◆

【特集】あなたに本当に似合う色は!?プロが教えるパーソナルカラー診断
【特集】ブルベ?イエベ?自分に似合う色を見つけよう!

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!