2020年6月16日 更新

キャンメイクのマーブルフェイスパウダー3色を比較!

キャンメイクのマーブルフェイスパウダー3色を比較!

学生から社会人まで、幅広い世代から支持されるプチプラコスメブランドのキャンメイク

キャンメイクのベースメイクアイテムの1つに、マーブル模様が魅力的なフェイスパウダー『トランスペアレントフィニッシュパウダー』があります。

カラフルで可愛らしい見た目のフェイスパウダーですが、実際に肌に塗ると色味や明るさはどのように表れるのでしょうか。

今回は、マーブル模様の3色を実際に使用し、それぞれの仕上がりをレビューします!

『トランスペアレントフィニッシュパウダー』の特徴

キャンメイク『トランスペアレントフィニッシュパウダー』は、上品なツヤを与える繊細なパールで、透明感のある肌に見せるフェイスパウダーです。

毛穴や肌の凹凸をぼかして目立たなくさせる他、美容液成分で肌の乾燥を防ぎつつ、余分な皮脂によるテカリを防ぐ効果もあります。

サラサラの肌触りになる付け心地で、ベースメイクの仕上げはもちろん、メイク直しにも活躍するアイテムです。

『トランスペアレントフィニッシュパウダー』の特徴

通常は全4色展開で、このうちシャイニーアクアマリンとシャイニーブーケの2色がマーブル模様です。
さらに、2020年5月1日、マーブル模様の限定色シャイニーシーサイドが発売されました!

シャイニーアクアマリンとシャイニーブーケの2色がマーブル模様

3色共とても可愛らしいマーブル模様のフェイスパウダーで、カラフルな見た目にメイクをする時の気分も高まりますね!”

マーブル模様の3色を使ってみた!明るさ・色味は?

『トランスペアレントフィニッシュパウダー』のマーブル模様3色、それぞれの特徴とメイクアップ効果を比較してみます。

肌を明るく見せる!シャイニーアクアマリン

シャイニーアクアマリンは、明るく淡いパステルカラーのイエロー・ブルー・ピンクのフェイスパウダーです。

マーブル模様の3色を使ってみた!明るさ・色味は?

パフに取るとやや青みがかったベージュに見えますが、うっすらと色づく程度で、実際にはほぼ白に近い発色です。

標準色のクッションファンデを塗った顔の半分に、シャイニーアクアマリンを使ってみました。

シャイニーアクアマリンを使ってみました

シャイニーアクアマリンを使用した方の肌は、色ムラがふんわりカバーされると同時にトーンアップ※しています。
※メイクアップ効果による

顔全体に使用すると、肌がパッと明るい印象になりました!

色ムラがふんわりカバーされると同時にトーンアップ

シャイニーアクアマリンはトーンアップ※効果が抜群です! 
しかし、付け過ぎると白浮きしてしまうので注意しましょう。
※メイクアップ効果による

また、シャイニーアクアマリンはほぼ白色で明るい色のフェイスパウダーなので、健康的な肌色の方にはなじみにくい可能性があると感じました。

肌色に合わない場合には、全顔に使用するのではなく、ハイライトとして部分使いをおすすめします。

血色の良い肌に見せる!シャイニーブーケ

シャイニーブーケは、血色感のある肌に見せるピンクベージュと、くすみをカバーするパープル・イエローのフェイスパウダーです。

血色の良い肌に見せる!シャイニーブーケ

パフに取った状態ではオレンジに見えるため、シャイニーブーケは特にイエベの方に似合う色味です。

また、色がパフにはっきりと付いたことから、シャイニーアクアマリンよりも高発色であるとわかります。

標準色のクッションファンデを塗った上から、顔半分にシャイニーブーケを使ってみました。

顔半分にシャイニーブーケを使ってみました

シャイニーブーケには、肌がトーンアップしたように見せる効果はさほどありませんが、白浮きさせることなく色ムラをきれいに補正し、肌色を均一に見せてくれることがわかります。

顔全体にシャイニーブーケを使用した様子がこちらです。

シャイニーブーケを使用した様子がこちらです

元々ファンデを塗っていた肌が、シャイニーブーケでよりきれいに整った印象です。

また、シャイニーブーケは粉の状態の時を見ると他の2色よりも濃い色ですが、実際に肌に乗せると発色は強過ぎず、肌色が暗く見えない仕上がりが良いと思いました。

ナチュラルメイクをしたいときには、肌色に近い色味であるシャイニーブーケをパウダーファンデの代用とするのもおすすめです。

血色感がプラスされ、健康的な印象の肌になりますよ。

メイクでブルべ肌に!限定色「シャイニーシーサイド」

限定色のシャイニーシーサイドは、明るいベージュ、パープル、ブルーといった寒色のフェイスパウダーです。

パフに取ってみると、シャイニーシーサイドという名前の通り青い海を思わせる色味で、”涼しげ肌仕上げ”が期待できそうです。

メイクでブルべ肌に!限定色「シャイニーシーサイド」

標準色のクッションファンデを塗った顔の半分に、シャイニーシーサイドを乗せてみます。

顔の半分に、シャイニーシーサイドを乗せてみます

シャイニーシーサイドを使用した方の肌は、穏やかなトーンアップ効果※とくすみカバーで、自然に透明感※が出ました。
※メイクアップ効果による

シャイニーシーサイドで顔全体に”青みベール”をまとった肌がこちらです。

シャイニーシーサイドで顔全体に”青みベール”をまとった肌がこちらです

元々塗っていた標準色のファンデが黄みのあるベージュで、ブルベの私にはややなじみにくかったのですが、シャイニーシーサイドによる青み補正でその違和感が無くなりました

また、シャイニーシーサイドは寒色のフェイスパウダーですが、優しい発色で肌になじみやすいため、ブルベの方はもちろんイエベの方にもおすすめです。

イエベの方にとってシャイニーシーサイドは、ブルべ肌メイクをしたいときや、黄ぐすみのカバーとして活躍するアイテムですね。

実際の肌色から浮いて見えてしまわないよう、塗る量は調整しましょう。

まとめ

キャンメイク『トランスペアレントフィニッシュパウダー』は、全色共通して透明感のある肌に見せられるアイテムですが、どの色を選ぶかによって透明感へのアプローチの仕方が異なります。

マーブル模様の3色を比較してみると、肌を明るく見せるシャイニーアクアマリン、肌に血色感をプラスしてくすみをカバーするシャイニーブーケ、優しい発色で肌に青みのベールをまとうシャイニーシーサイドと、仕上がりは様々です。

どの色を買おうか迷って1つに選べない!という場合には、キャンメイクはプチプラコスメなので色違いで複数購入し、その日の気分に合わせて使い分けてみても良いですね。

なりたい透明感や仕上がりを選べるトランスペアレントフィニッシュパウダーで、気軽にベースメイクの変化を楽しんでみてはどうでしょうか。