シミはなぜできるの?効果的なスキンケアのポイント

お悩み別ケア

2020.07.09 Thu

シミはなぜできるの?効果的なスキンケアのポイント

#しみ #ディセンシア #敏感肌 #美容液 #美白

お肌の印象を大きく変えるシミ。

頑張ってスキンケアをしているつもりでも効果実感が得られにくく、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はシミができるメカニズムや原因を解説しながら、効果的な対策方法についてご紹介していきます。

そもそもシミって何?原因とメカニズム

シミって何?

肌の内部にメラニンが過剰に蓄積することによって、地肌よりも濃い茶色に見える部分のことです。

肌がくすんでみえたり、老けた印象を与えたりしてしまうことがあるため、多くの人が抱える肌悩みの1つです。

シミができるメカニズム

通常、肌が紫外線を浴びると以下のような仕組みで細胞内にメラニンが作られ、肌色が濃く見えるようになります。

①肌が紫外線を浴びるなどして刺激を受ける
②表皮内にあるメラノサイト(メラニン工場)が反応する
③メラノサイト内でメラニンが生成される
④肌細胞にメラニンが受け渡される
⑤メラニンを含む細胞が肌表面に上がる

メラニンには悪い印象を持ってしまいがちですが、本来メラニンは肌の細胞を守る非常に大事な役割を果たしています

肌細胞が無防備に紫外線ダメージを受けることを防ぎ、肌ダメージや病気(皮膚がんなど)から守っているのです。

そして、本来メラニンは役割を終えるとターンオーバーとともに肌表面から剥がれ落ち、肌色は元の色に戻ります。

しかし何らかの原因で過剰にメラニンが生成されすぎてしまうと、ターンオーバーでうまくメラニンを排出することができなくなり、シミやそばかすとなって肌表面にあらわれてしまいます。

シミの原因

紫外線が最大の原因と言われています。

紫外線を大量に長年に浴び続けていると、そのダメージの蓄積によってメラニンが過剰に作られ続けるようになり、ターンオーバーの乱れにも繋がります。
女性ホルモンの変化もメラニン生成を増やすことがあるとされています。また、肌をこするなどの物理的な刺激もメラノサイトを刺激します。

その他には、体内で発生する活性酸素による影響も近年着目されています。
紫外線をはじめ、ストレスや喫煙、大気汚染などによって発生した活性酸素がメラノサイトを刺激し、メラニンの過剰生成に繋がると考えられています。

効果的なシミ対策について

紫外線対策

シミの最大の原因は紫外線なので、まずは紫外線対策を徹底することが重要です。

日常的に日焼け止めを塗ることは勿論、日傘や帽子も上手に利用しましょう。

抗酸化作用のある食品やサプリメント

紫外線やストレス、大気汚染などによって体内に発生した活性酸素がメラニンの過剰生成の原因の1つとされています。

抗酸化作用のある食品やサプリメントを摂取することで体内に発生した活性酸素の抑制に繋がるので、積極的に摂取することをおすすめします。

抗酸化作用があると言われている栄養素はビタミンC、ビタミンE、といったビタミン類や、ポリフェノール、ミネラルなどです。食品でいうと、いちごなどのフルーツや緑黄色野菜、ワイン、紅茶、海藻類などに含まれています。

肌への摩擦を防ぐ

お肌をこすることも、メラニンが活性化する原因の1つとされています。

摩擦刺激が肌に加わることでメラノサイトが活性化し、メラニンの生成が促されてしまうのです。

普段のスキンケアやメークの際、肌にやさしく触れるように気を付けてこすらないようにしましょう。

美白※化粧品を使用する

美白※化粧品には、メラノサイトの活性化やメラニンの生成を抑制したり、ターンオーバーを正常化したりする働きがあります。

美白※化粧品を積極的に使用したスキンケアで、透明感のあるお肌を目指しましょう。

美白※化粧品の効果的な使い方

美白※の効果実感をより高めるために、以下の点に気を付けましょう。

①使用量を守る
使用量が少ないと、期待する効果が発揮できない恐れがあります。勿体ないと思わずに、ムラなく適量を使用することが大切です。
②こすらない
こすることによる摩擦刺激は、メラノサイトの活性化に繋がる恐れがあります。すりこむように塗るのではなく、やさしくなじませましょう。
③継続する

美白※ケアは根気よく継続して使用することが大切です。

肌内部のメラニン生成は毎日行われますし、原因となる紫外線も年中降り注いでいます。
忘れてしまったりサボったりすることなく、継続して使用することで効果が期待できます。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと
引用:decencia公式サイト

最先端のシミ研究に基づいたディセンシアの美白美容液

最先端のシミ研究に基づいたディセンシアの美白美容液
今回ご紹介するおすすめスキンケアアイテムは「ディセンシア サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート EX」

敏感肌専門ブランド「ディセンシア」ならではのサイエンスが詰め込まれた美白※1美容液です。
MAQUIA美白・UVグランプリ2020 美白テクノロジー部門賞3位(引用:decencia公式サイト)を受賞している実力派アイテムです。

敏感肌でも使える美白※美容液

敏感肌の方は、美白※1アイテムを使うと刺激が強くてピリピリしてしまったり、肌荒れに繋がってしまったりすることがあって不安ですよね。

ディセンシアは敏感肌専門ブランドですので、敏感肌の方でも使用することができるやさしいスキンケア品が揃っています

浸透※2しにくいシミ※3部分の角層にもしっかり美白※1成分を届けるサイエンス

美白※1ケアを一生懸命頑張っていてもなかなか効果実感ができない・・・とお悩みの方、必見です。

実は、ディセンシアの最先端の研究で「シミ※3部分は角層が硬くなり、成分が浸透※2しにくい」(引用:decencia公式サイト)
ことが発見されました。スキンケアでなかなか効果が実感できないのには、こういったメカニズムが関係していたんですね。

「ディセンシア サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート EX」は、独自の処方で角層を柔らかくしてシミ※3部分にも美白※1成分の浸透※2を促し、メラニンの生成を抑制してくれます。

実際の使用感やスキンケア法

実際の使用感やスキンケア法
乳液のような柔らかいテクスチャーです。

ディセンシアの美容液のテクスチャ
とても伸びがよく、すーっとなじんでいきます。

ディセンシア美容液をなじませた
指でなじませると、素早く浸透※2します。非常に浸透※2力が高く、ディセンシアの処方へのこだわりが感じられます。肌は、みずみずしくうるおいが感じられて心地よいです。

お顔へ使用する際は、2から3プッシュを目安に使います。しっかり浸透※2させることが大事なので、以下の手順で付けることが推奨されています。

顔の肌にのせる量の目安
まず1プッシュ分を手にとり、両手のひら全体で温めます。この一手間で、お肌への浸透※2力がぐっと高まります。

美容液を顔に伸ばすやり方
その後、お顔の内から外に向かってやさしくなじませていきます。

1プッシュ分をさらに顔になじませる
さらに1プッシュ分を顔全体になじませます。シミができやすい部分(頬の高い部分など)には軽くおさえながらなじませます。

美容液の仕上げはハンドプレス
最後に、頬を引き上げるように手のひら全体でやさしくハンドプレス。

乳液のようなテクスチャーの美容液が、やさしくお肌に浸透※2するのを実感できます。

後肌は、みずみずしくてしっとり柔らか。肌への刺激も少なく、非常に気持ち良く使える質感です。

スキンケアの効果実感を高めるためにしっかりお肌に成分を浸透※2させることが大事ですが、シミ※3部分の角層は固くごわついていて浸透※2しにくくなってしまっています。

なかなか美白※1ケアの効果が実感できないとお悩みの方は、シミ※3部分の浸透※2にこだわった「ディセンシア サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート EX」を試してみてはいかがでしょうか。

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと
※2 角質層まで
※3 日やけによるもの
引用:decencia公式サイト

まとめ

スキンケアで元々の肌色を変えることはできませんが、シミをケアすることで肌の色ムラやくすみが目立たなくなるとお肌が明るく見えます。

シミの原因や対策方法をきちんと知って正しいスキンケアをして、透明感のある美しい美肌を手に入れましょう。

この記事をシェア

あわせて読みたい記事

お悩み別ケアの人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター