キャビアドットブースターのポンプ部分

鳴海 千穂

スキンケアアイテム

2020.12.19 Sat

ピンクの粒が魅了する!乾燥肌にDEWキャビアドットブースター

#DEW #カネボウ #乾燥 #導入美容液

毎日のスキンケアタイムをもっと楽しいひと時にできたら…。
コスメは効果だけでなく、見た目やテクスチャーの質感でも気分を高めたい!

そんな願いを叶えるアイテムが、2020年12月16日、カネボウ化粧品のスキンケアブランド・DEWから誕生。導入美容液の「DEW キャビアドットブースター」です。

コロンとした丸い形の容器が、とても可愛らしいデザインで目を引きますね。
でも、特徴は見た目だけではありません。最も注目すべきは、ボトルの外側から見えるピンク色のカプセル!
その肌への効果とは…。

この記事では、「DEW キャビアドットブースター」の魅力をたっぷりお伝えします。

ピンクの粒の正体は?キャビアドットブースターの特徴

DEW キャビアドットブースターのパッケージ

DEW「DEW キャビアドットブースター」40mL ノープリントプライス

「DEW キャビアドットブースター」は、洗顔後の肌に使う導入美容液です。
隙間なく角層のすみずみにまで、うるおいをもたらします。後から使う化粧水が、よりなじみやすい肌に整えるのだとか。

容器の底に沈まず、美容液全体に無数に浮かぶキラキラと輝くピンク色のカプセルは、保湿成分の“ヒアロキャビア※1”です。

キャビアドットブースターのヒアロキャビア

ヒアロキャビアが、この導入美容液の大きな特徴です。

“ヒアロキャビア※1(保湿成分)”とは?

ヒアロキャビア※1は私たちが普段から親しみのある保湿成分・ヒアルロン酸Naなど、7つの成分を、キャビアのような形のカプセルにギュッと詰め込んだ保湿成分です。
約40年にわたりヒアルロン酸を研究してきたカネボウ化粧品が、この導入美容液のために新たに開発しました。

容器の中ではカプセルとして存在するヒアロキャビアですが、ポンプを押すと同時に細かく弾けます。
これが、角層をうるおすポイント!
ヒアルロン酸Naは、成分単体では肌表面にある細かな溝に溜まりやすく、肌に塗っても隙間ができてしまいます。
カプセルに入ったヒアロキャビアをプチッと弾けさせると、美容液と一緒に肌全体に広がるため、肌表面を隙間なく保湿成分がカバー。
角層にも、たっぷりとうるおいを与えられるのです。

角層がうるおうと、後に使う化粧水がよりなじみやすくなります。

※1:ヒアルロン酸Na、カンテン、カラギーナン、シリカ、マイカ、酸化鉄、酸化チタン

角層にうるおいを行き渡らせる“ヒアロルートcp※2”(保湿成分)

「DEW キャビアドットブースター」には、角層の奥までのすみずみまでうるおいを浸透させる保湿成分、“ヒアロルートcp※2”も配合。
ヒアロルートcpもヒアロキャビア同様、カネボウ化粧品の長年にわたるヒアルロン酸研究で得た技術によって、独自に開発された成分です。

ヒアロルートcpは、ヒアルロン酸Naをさらに小さいサイズにした加水分解ヒアルロン酸をはじめとする、5つの成分からできています。
加水分解ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸Naが肌に浸透しやすい形となったものです。
この導入美容液は、ヒアロルートcpによって角層のすみずみにまでうるおいが届き、弾力があって滑らかな“ハリ蜜肌”に導きます。

※2:加水分解ヒアルロン酸、アセチルグルコサミン、メチルセリン、DPG、PEG-11メチルエーテルジメチコン”

キャビアドットブースターを体験!テクスチャーに夢中

「DEW キャビアドットブースター」のテクスチャーや使い心地、肌触り、そして、化粧水のなじみやすさをチェックしました。

丸いピンク色の容器は、手のひら収まる大きさで持ちやすい形で、可愛らしさだけでなく使いやすさも兼ね備えています。

キャビアドットブースターのポンプ部分

ポンプを押すと、とろみがあって柔らかなジェル状の美容液が出てきました。

キャビアドットブースターを手に出してみたところ

ジェルの中で、ヒアロキャビア(保湿成分)のカプセルが弾けているのがわかります。

ヒアロキャビアのアップ

カプセルが弾けたヒアロキャビアは、光に当たると、まるでパールのようにキラキラと輝きます!
この上品な輝きに胸がときめきました!

肌に伸ばすと、とろみのあるジェルはみずみずしいテクスチャーに変化。
伸びの良い化粧水のように、スルスルと広がります。とても気持ちいい塗り心地です!

カプセルが弾けたヒアロキャビア

肌に吸い込まれていくかのように美容液はスッと角層に浸透して、モチッとした肌触りに。
乾燥して硬くなったごわつきのある私の肌も、“ハリ蜜肌”を目指せるように感じられました!

更にハンドプレスすると、べたつきのないサラッとした肌に!化粧水を迎え入れる準備が整った印象を受けます。

キャビアドットブースターを塗った後の手

この上からみずみずしい化粧水と、とろみのある化粧水、それぞれ塗布してみました。
どちらもこの導入美容液を使わないときよりも、ムラなく肌に馴染みます。
「DEW キャビアドットブースター」は、どのタイプの化粧水テクスチャーでも、使いやすいのでは?と感じました。

また、爽やかで安らぎも感じられるグリーンフローラルの香りにも癒されます。
クセがなく、強さもほんのりと感じる程度。香りのあるアイテムが苦手な方でも、使いやすいですよ。

キャビアドットブースターを体験した感想

「DEW キャビアドットブースター」は、容器を手に取ってから化粧水を使うまでの一つひとつの過程で、様々な楽しみがありました。

・容器を眺めて、「なんだろう?」とカプセルに目が留まる。
・美容液を手に出すと、弾けたヒアロキャビアの輝きに「わぁー!っ」と魅了される。
・美容液を肌に伸ばすと、ジェルがみずみずしく変化して心地よい。
・うるおいを感じてハリが出た肌に、思わず笑顔になる。
・化粧水のなじみの良さに満足!

目で見て、触って…。いろいろな変化に何度もワクワクした気持ちになり、1つのアイテムによるものとは思えないほどの充実感がありました!

それだけではく、角層に浸透するまでに時間がかからないのも、この導入美容液の良いところです。
私は乾燥肌ですが、美容液を肌にのせてから1分ほどで肌がサラサラとして、化粧水をつけられる状態になりました。
肌質や洗顔料の洗浄力によって、導入美容液が浸透するスピードに差が出るかと思います。
しかし、忙しい朝でも使いやすいアイテムと感じました。

キャビアドットブースターはいつ使うのが良い?

「DEW キャビアドットブースター」は朝晩のスキンケアで使用できますが、肌質やその日のコンディションに合わせて使うシーンを決めるのも◎!

いつもよりも乾燥が気になる方

朝・夜の2回使って、化粧水がなじみやすい状態に整えましょう。

化粧ノリの悪さや日中の肌の乾燥を防ぎたい方

朝使うのがおすすめです。
角層のすみずみまでうるおって肌がしっとりすると、ファンデーションのなじみも良くなります。

特にトラブルを感じていない方

状況に応じて使いましょう。
忙しい日が続いて肌が不調になりやすいとときや、デートの予定に合わせて使うのも良いですね。

まとめ

・スキンケアは面倒だけど、肌のためにやらないといけない…。
・今のスキンケアに満足感が足りない…。

この導入美容液は、うるおいと一緒にときめきとワクワクする気持ちをプレゼントしてくれますよ。

スキンケアは毎日すること!せっかくですから、もっと楽しい時間にしませんか?
「DEW キャビアドットブースター」で、肌も心も満たすスキンケアをぜひ体感してみてください。

この記事をシェア

鳴海 千穂 鳴海 千穂 元会社員のアラサー主婦です。コスメコンシェルジュ、アロマテラピー検定1級、健康リズムカウンセラー等を取得。美容や健康に役立つ情報をお届けします。 詳細を見る

あわせて読みたい記事

スキンケアアイテムの人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター