2018年3月6日 更新
【PR】

色白の方に!ファンデーションの選び方&おすすめ15選!プチプラも必見!

色白 ファンデーション
「色白の人ってどんなファンデーションを選べば良いのかな…?」とお悩みではありませんか?

肌の色が白いと、うらやましがられることも多いですが、自分に合ったファンデーションがなかなか見つからず、探すのも一苦労ですよね。

そこで今回は、そんな色白の肌の方に肌らぶ編集部がおすすめしたい、ファンデーションの選び方とおすすめファンデーション16選をご紹介します。
あこがれのブランドコスメからプチプラコスメまで、幅広いファンデーションの中からセレクトした、必見のおすすめファンデーションです!

最後に、より自然な肌を演出するためのメイクポイントもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

※色白に“見せる”ためのメイク
色白に“見せる”ためのメイクについて知りたい方は、こちらの記事をお読みください♡
【マシュマロ肌で愛され女子に!ふんわり色白メイクの方法】




◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
マキアージュドラマティックパウダリー UV
資生堂 マキアージュドラマティックパウダリー UV カバー力 ファンデーション価格:3,000円(税抜) ※ケース別売り
★マキアージュの化粧下地とライン使いのお試しができる【まるで「キレイな素肌」体感セット 1,500円(税抜)】がおすすめ★

SPF25・PA+++。肌にすっとなじみながら、気になる毛穴の凹凸や肌の色ムラなどの悩みも自然にカバーして目立たなくしてくれるパウダーファンデーション
メイク崩れしにくく、スキンケアもできる、忙しい女性の強い味方。
繊細なパウダーが、肌に溶け込むようにフィットし、メイクしたての美しさをキープします。
ムース生まれのパウダリーファンデーションで、ふんわりと軽い使い心地が魅力です。
カサつきやすい肌にうるおいと自然なツヤを与えてくれるのもポイント。

公式HPはこちら

1.色白の肌に合ったファンデーションの選び方

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白色白の肌の方がファンデーションを選ぶ際には、色選びと仕上がりの質感選びに大事なポイントがあります。

ただ白いファンデーションを選ぶだけでは、白浮きしてしまって恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

色選びのポイントと仕上がりの質感選びのポイントについて、それぞれご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

①色選びのポイント|自分の肌色になじむものを選ぶ

ファンデーション 色 選び方ファンデーションを選ぶ際は、首と顔の境目である「フェイスライン」に2~3色をのせてみて、一番肌になじむ色を選びましょう。

色白だからといって、一番明るい色を選んでも、自分の肌に合う色とは限りません。

肌の色は、明るさだけでなく、黄みよりの色・赤みの強い色など個人差があります。

また、ファンデーションの色も各メーカーによって異なり、ピンク系・オークル系・ベージュ系など、色の系統に種類があります。

自分の肌の色と異なった系統の色を選んでしまうと、時間が経つにつれて顔色が暗く見えてしまったり、浮いて見えてしまったりすることがあります。

そのため、実際に自分の肌にのせて、本当に自分の肌に合った色のものを選ぶようにしましょう。

なお、自分では色の違いがわからない方は、百貨店やドラッグストア等の化粧品コーナーで、美容部員さんに色を選んでもらうことをおすすめします。

②仕上がりのポイント|肌を自然にカバーするものを選ぶ

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白色白の方のファンデーションは、肌を自然にカバーする、ナチュラルな仕上がりのものを選ぶことをおすすめします。

色白の肌にしっかりカバーするファンデーションを塗ると、厚塗りに見えてしまうことが多いようです。

薄づきのものを使用して、気になる部分には重ねて塗るようにしましょう。

自然なカバー力のものであれば、重ね塗りしても厚ぼったくなってしまう可能性は低くなります。

2.肌らぶ編集部おすすめファンデーション15選

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白ここでは、肌らぶ編集部が色白の肌の方におすすめしたいファンデーションをご紹介します。

ファンデーションは、各メーカーによって色展開が異なり、自分の肌に合うかは個人差があります。

色のバリエーションが豊富なファンデーションを選べば、自分に合った色を見つけやすいでしょう。

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションに分けてご紹介しますので、自分にぴったりくるファンデーション選びの参考にしてください。

最後に、プチプラのおすすめファンデーションもあわせてご紹介しますので、そちらもぜひチェックしてくださいね。