2017年8月31日 更新

色白の方に!ファンデーションの選び方&おすすめ16選!プチプラも必見!

色白 ファンデーション
「色白の人ってどんなファンデーションを選べば良いのかな…?」とお悩みではありませんか?

肌の色が白いと、うらやましがられることも多いですが、自分に合ったファンデーションがなかなか見つからず、探すのも一苦労ですよね。

そこで今回は、そんな色白の肌の方に肌らぶ編集部がおすすめしたい、ファンデーションの選び方とおすすめファンデーション16選をご紹介します。
あこがれのブランドコスメからプチプラコスメまで、幅広いファンデーションの中からセレクトした、必見のおすすめファンデーションです!

最後に、より自然な肌を演出するためのメイクポイントもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

※色白に“見せる”ためのメイク
色白に“見せる”ためのメイクについて知りたい方は、こちらの記事をお読みください♡
【マシュマロ肌で愛され女子に!ふんわり色白メイクの方法】




1.色白の肌に合ったファンデーションの選び方

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白色白の肌の方がファンデーションを選ぶ際には、色選びと仕上がりの質感選びに大事なポイントがあります。

ただ白いファンデーションを選ぶだけでは、白浮きしてしまって恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

色選びのポイントと仕上がりの質感選びのポイントについて、それぞれご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

①色選びのポイント|自分の肌色になじむものを選ぶ

ファンデーション 色 選び方ファンデーションを選ぶ際は、首と顔の境目である「フェイスライン」に2~3色をのせてみて、一番肌になじむ色を選びましょう。

色白だからといって、一番明るい色を選んでも、自分の肌に合う色とは限りません。

肌の色は、明るさだけでなく、黄みよりの色・赤みの強い色など個人差があります。

また、ファンデーションの色も各メーカーによって異なり、ピンク系・オークル系・ベージュ系など、色の系統に種類があります。

自分の肌の色と異なった系統の色を選んでしまうと、時間が経つにつれて顔色が暗く見えてしまったり、浮いて見えてしまったりすることがあります。

そのため、実際に自分の肌にのせて、本当に自分の肌に合った色のものを選ぶようにしましょう。

なお、自分では色の違いがわからない方は、百貨店やドラッグストア等の化粧品コーナーで、美容部員さんに色を選んでもらうことをおすすめします。

②仕上がりのポイント|肌を自然にカバーするものを選ぶ

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白色白の方のファンデーションは、肌を自然にカバーする、ナチュラルな仕上がりのものを選ぶことをおすすめします。

色白の肌にしっかりカバーするファンデーションを塗ると、厚塗りに見えてしまうことが多いようです。

薄づきのものを使用して、気になる部分には重ねて塗るようにしましょう。

自然なカバー力のものであれば、重ね塗りしても厚ぼったくなってしまう可能性は低くなります。

2.肌らぶ編集部おすすめファンデーション13選

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白ここでは、肌らぶ編集部が色白の肌の方におすすめしたいファンデーションをご紹介します。

ファンデーションは、各メーカーによって色展開が異なり、自分の肌に合うかは個人差があります。

色のバリエーションが豊富なファンデーションを選べば、自分に合った色を見つけやすいでしょう。

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションに分けてご紹介しますので、自分にぴったりくるファンデーション選びの参考にしてください。

最後に、プチプラのおすすめファンデーションもあわせてご紹介しますので、そちらもぜひチェックしてくださいね。

◆肌らぶ編集部おすすめパウダーファンデーション5選

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白サラっとした仕上がりが好みで、化粧直しもしやすいのでパウダーファンデーションが好き!という方も多いですよね。

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたいパウダーファンデーションの中から、色白の方も自分に合う色を見つけやすいよう、色展開が多いパウダーファンデーションをご紹介します。

今回は、6色以上の色のバリエーションのあるパウダーファンデーションを選びましたので、ぜひ参考にしてください。

肌らぶ編集部おすすめパウダーファンデーション
■資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

化粧直し ファンデーション

全7色  価格:3,000円(税抜) ※ケース別売り

美容液が含まれたふわふわのムースからつくられたパウダーファンデーションです。肌にふんわりと密着し、毛穴や色ムラをナチュラルにカバーします。
素肌から美しいと思わせるような、透明感のある肌を演出します。SPF25・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめパウダーファンデーション
■シャネル ル タン ウルトラ トゥニュ コンパクト

シャネル ル タン ウルトラ トゥニュ コンパクト 全6色  価格:7,200円(税抜)

ふんわりとやわらかい肌に見せてくれる、軽い仕上がりのパウダーファンデーション。
くすみや毛穴などをナチュラルにカバーしてくれます。肌のうるおいをキープしながらも、汗や皮脂によって化粧崩れしにくいのが魅力です。SPF 15。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめパウダーファンデーション
■アルビオン ホワイトシフォン ルミナス

アルビオン ホワイトシフォン ルミナス
全6色  価格:4,000円(税抜) ※ケース別売り

ふわふわと軽くのび広がる感触が心地よい、パウダーファンデーション。
肌にフィットしてキメ細かで透明感のある肌を演出します。気持ちまで清らかになれそうな白いパクト(別売り)も素敵です。SPF25・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめパウダーファンデーション
■POLA(ポーラ) B.A ザ パウダリィファンデーション

POLA(ポーラ) B.A ザ パウダリィファンデーション
全6色  価格:11,000円(税抜) ※ケース別売り

真珠の輝きにヒントを得てつくられた、ツヤ肌仕上げのパウダーファンデーション。しっとりしたつけ心地で、カバー力もほどよいので大人の女性におすすめです。日本人の肌色を研究して、肌なじみがよくなるよう色設計されています。SPF15・PA+++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめパウダーファンデーション
■IPSA(イプサ) パウダー ファウンデイション

IPSA(イプサ) パウダー ファウンデイション全6色  価格:4,000円(税抜) ※ケース別売り

軽やかなつけ心地で肌に密着して、素肌っぽい使用感のパウダーファンデーション。
化粧持ちがよく、きめ細かなムラのない肌を楽しめます。さらりとしたファンデーションが好きな方におすすめ。SPF25・PA+++。

公式HPはこちら

◆肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション5選

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白肌質を問わず使いやすく、みずみずしく肌にフィットするので、リキッドファンデーションが好き!という方も多いのではないでしょうか?

今回は、肌らぶ編集部おすすめのリキッドファンデーションの中から、色白の方におすすめしたい、色のバリエーションが5色以上あるリキッドファンデーションを選びました。

自分の肌色にナチュラルに合う、リキッドファンデーションを探す参考にしてみてくださいね。

肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション
■THREE(スリー) フローレスエシリアル フルイド ファンデーション

THREE フローレスエシリアル フルイド ファンデーション全10色  価格:5,000円(税抜)

なめらかにのび広がって肌にフィットするリキッドファンデーション。カバー力とツヤ感、素肌感のある仕上がりを求める方におすすめです。紫外線吸収剤フリー・パラベンフリー・合成香料不使用・動物由来原料不使用・鉱物油不使用。SPF36・PA+++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション
■RMK リクイドファンデーション

RMK リクイドファンデーション
全9色  価格:4,500円(税抜)

みずみずしいつけ心地で、軽やかな仕上がりのリキッドファンデーション。
薄づきのナチュラルな仕上がりが好みの方におすすめ。保湿成分シルクエッセンス・シアバター配合。SPF14・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション
■ディオール ディオールスキン スター フルイド

ディオールスキン スター フルイド
全8色  価格:6,000円(税抜)

艶やかで立体的なメイクアップを可能にする、リキッドファンデーション。
スタジオのスポットライトを浴びているかのような、上品なツヤを目指したファンデーションです。肌くすみが気になる方にもおすすめ。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション
■資生堂メーキャップ シンクロスキン ラスティング リキッドファンデーション

資生堂メーキャップ シンクロスキン ラスティング リキッドファンデーション全6色  価格:5,000円(税抜)

「シンクロスキン」という名前の通り、肌にフィットする使い心地が魅力のリキッドファンデーション。サラッとした心地よい使用感で、透明感のある肌を演出します。よれやテカリを気にせず、ナチュラルな肌で過ごしたい方におすすめ。SPF20・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション
■シャネル ル ブラン フリュイド ルミエール

シャネル ル ブラン フリュイド ルミエール全5色  価格:6,500円(税抜)

軽いつけ心地ながら、気になるシミなどをカバーして、なめらかな肌に仕上げてくれるリキッドファンデーション。
みずみずしく透明感のある肌を演出したい方におすすめ。SPF 30・PA+++。

公式HPはこちら

◆肌らぶ編集部おすすめプチプラファンデーション6選

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白肌らぶ編集部おすすめのファンデーションの中から、税抜1,500円(税抜)以下のプチプラファンデーション(パウダー&リキッド)をご紹介します。

今回は、プチプラかつ色のバリエーションが4色以上あるものを選びました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

肌らぶ編集部おすすめプチプラファンデーション
■コーセー ファシオ ミネラルファンデーション

コーセーファシオ ミネラル ファンデーション
全5色  価格:1,500円(税抜) ※ケース別売り

テカリにくく、化粧崩れしにくいパウダーファンデーション。
毛穴などを自然にカバーしつつ、ふんわりとしたやわらかな印象の肌を演出したい方におすすめ。SPF25・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめプチプラファンデーション
■無印良品 しっとりなめらかUVファンデーション

無印良品 しっとりなめらかUVファンデーション
全5色  価格:1,000円(税抜) ※ケース別売り

保湿成分としてヒアルロン酸Naを配合しているパウダーファンデ―ション。
しっとりツヤのある仕上がりが好みの方におすすめ。無香料・無鉱物油・パラベンフリー・紫外線吸収剤フリー。SPF32・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめプチプラファンデーション
■資生堂 セルフィット ピュアホワイトファンデーション

セルフィット ピュアホワイトファンデーション
全4色  価格:1,200円(税抜)

パウダーがやわらかく、ソフトなつけ心地のパウダーファンデーション。
シミ・そばかすや毛穴、くすみをカバーしながら、きめ細かい肌感に仕上げてくれます。肌の透明感を演出したい方におすすめ。SPF23・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめプチプラファンデーション
■ちふれUV リキッドファンデーション

ちふれUV リキッドファンデーション全5色  価格:800円(税抜)

シミ・そばかすをカバーしながら、さらっとした仕上がりのリキッドファンデーション。水・汗・皮脂による化粧崩れが気になる方におすすめのウォータープルーフタイプです。保湿成分としてヒアルロン酸やセージ葉エキス 配合。SPF33・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめプチプラファンデーション
■インテグレート グレイシィ ホワイトリキッドファンデーションN

インテグレート グレイシィ ホワイトリキッドファンデーションN全4色  価格:1,200円(税抜)

うるおい感のある、明るい肌を演出してくれるリキッドファンデーションです。シミ・ソバカスをカバーし、自然な色ムラのない明るい肌に仕上げたい方におすすめ。べたつかずにフィットし、みずみずしい使い心地も魅力。SPF26・PA++。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめプチプラファンデーション
■media(メディア) リキッドファンデーションUV

media(メディア) リキッドファンデーションUV全4色  価格:950円(税抜)

自然なカバー力で、厚ぼったくならないつけ心地のリキッドファンデーション。
肌のうるおいを保ってくれて、つけ心地もみずみずしいので、スキンケア感覚で使えるのが魅力です。SPF30・PA++。

公式HPはこちら

3.色白の肌のメイクポイント

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白
ここでは、色白の肌の方がより自然な肌を演出するためのメイクのポイントをお伝えします。
ベースメイクとポイントメイク、それぞれについてお伝えするので、ぜひチェックして見てください。

3-1.ベースメイク編

まずは、色白の肌の方に意識していただきたいベースメイクのポイントをお伝えします。

①肌悩みに合わせた化粧下地を使用する

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白
色白の肌の方は、自分の肌悩みに合った化粧下地を選んで使用することをおすすめします。

乾燥しやすい方は保湿成分が配合されているもの、テカリが気になる方は化粧崩れしにくいものを選ぶと良いでしょう。

また、肌の色ムラが気になる方は、化粧下地の一種である「コントロールカラー」の使用もおすすめです。

血色感が欲しい方はピンク、透明感を演出したい方はラベンダー、赤みをカバーしたい方はグリーンを、気になる部分を中心に使用してみてください。

②ファンデーションは気になる部分を中心に塗る

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白
色白の肌の方は、カバーしたい部分を中心にできるだけ薄くファンデーションを塗ることをおすすめします。

ファンデーションを全体的に塗ることで厚く見えてしまったり、膨張して見えてしまったりすることがあるからです。

顔の中心部分である、目の下から頬のあたりの肌がファンデーションによってカバーされているだけで、全体にファンデーションを塗らなくても、キレイな肌印象に魅せることが期待できます。

そのため、まずは毛穴やキメの乱れが気になりやすく、赤みが出やすい頬を中心に塗りましょう。

その他の部分はなるべく薄めにファンデーションを塗り、スポンジでぼかすようにして、境目ができないようにすることも大切です。

3-2.ポイントメイク編

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白
色白の肌の方がポイントメイクをする際は、リップとチークで血色感のある色味をプラスすることをおすすめします。

色白の肌の方は、ファンデーションのみのメイクだと青白く見えやすく、元気がない印象を与えてしまうこともあるようです。

肌の血色が良く見えるような赤やピンクを使い、頬や唇に自然な赤みをプラスしましょう。

また、リップとチークの色を同系色にすると、統一感が生まれてメイクのバランスがよく見えるのでおすすめです。

4.まとめ

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白色白の肌の方におすすめの、ファンデーションの選び方とおすすめファンデーション、あわせて、色白の方向けのメイクのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

肌を自然にカバーするファンデーションを選び、色白の肌ならではの透明感を活かした美しい肌を演出しましょう!!