2018年10月19日 更新

頬の毛穴の開きが気になる方に!毛穴を目立ちにくくするメイクをご紹介!

毛穴 開き 頬年を重ねるたびに頬の毛穴の開きが目立つようになってきた…、そんなお悩みを抱えていませんか?
今回は、気になる毛穴を目立ちにくくする「メイク」のポイントをご紹介します。

ぜひ最後までお読みください!
 



◆肌らぶ セレクション◆

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)2018詳細をチェック!価格:3,094円(税抜)

毛穴の凹凸にフィットしてなめらかに整え、毛穴が目立たないようにカバーしながら、艶やかでクリアな肌に仕上げる美容液ファンデーション。うるおいたっぷりの艶やかなヴェールで、ハリと透明感に満ちた肌を演出しながら、美白ケア*までできるのが魅力です!美白有効成分プラセンタ配合。保湿成分ヒアルロン酸やコラーゲンも配合で、エイジングケア**を気にする方にもおすすめです。SPF35/PA+++。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
**年齢に応じたうるおいのお手入れ

マキアレイベル お得なキャンペーン

1.目立つ頬の毛穴の種類

毛穴悩みにはいくつかのタイプがあります。
今回はそのなかでも、頬にある毛穴が目立ってしまって悩んでいる方に多い、2種類の毛穴タイプを取り上げます。

①開き毛穴

毛穴 開き たるみ 黒ずみ「開き毛穴」とは、毛穴が大きく丸く開いてぽつぽつと目立って見えてしまっている状態のことを指します。

開き毛穴の原因のひとつは、皮脂が過剰に出てしまうことだと言われています。

もともとオイリーな肌質の方や脂っこいものばかり食べている方は、皮脂が出やすい傾向にあります。

②たるみ毛穴

毛穴 開き たるみ 黒ずみ丸く開いた「開き毛穴」に対し、「たるみ毛穴」は毛穴がたるんで細長く変形してしまっている状態のことを指します。

加齢や乾燥などによってハリ不足になった肌がたるむことで、同時に毛穴もひっぱられて垂れてしまうことが原因だと考えられています。

たるみ毛穴を放っておくと、毛穴の変形が拡大し、毛穴同士が連結して小じわのような状態となる帯状(たいじょう)毛穴になってしまうこともあります。

たるみ毛穴は、頰や口周りに目立つことが多いです。

2.毛穴を目立ちにくくするメイクポイント

毛穴 開き 頬 メイク 隠すどうしても気になる毛穴は、メイクに一工夫を加えることで、目立ちにくくすることができます。

目立つ毛穴をカバーしながら、キレイなメイクを保つためのメイクポイントを、5つご紹介します。ぜひ、実践してみてください!

①日焼け止めを塗ってしっかり紫外線対策をする

化粧品 使用期限 日焼け止め紫外線を浴び続けると肌の負担になることがあります。

毛穴対策の土台はすこやかな肌を保つことにあるので、日々、ベースメイクの段階できちんと日焼け止めを使うようにしましょう。

日焼け止めは自分の目的にあったものを選ぶことをおすすめします。
日常使いならSPF20前後くらいが一般的ですが、比較的日焼けしやすい人や、日焼けですぐに赤くなってしまう人はもう少し強めのSPF30くらいを目安にするとよいでしょう。

長時間屋外にいる場合は、SPF 40やSPF 50を選ぶとよいでしょう。

②部分用下地を使う

毛穴の凹凸が気になる部分には、シリコン系の成分が(ジメチコン・ポリマー等)配合されている部分用下地やコンシーラーを使用するのがおすすめです。

目立つ毛穴をファンデーションだけで隠そうとすると厚塗りになってしまい、逆に凹凸が目立ってしまったりメイクが崩れやすくなったりします。
部分用下地を活用して、肌の表面をカバーしキレイに整えてから、ファンデーションを使いましょう。

肌らぶ編集部おすすめ部分用下地
シルキーカバー オイルブロック

セルフューチャー シルキーカバーオイルブロック

詳細をチェック!価格:6,476円(税抜)

気になる毛穴や小じわを手軽にカバーできる部分用化粧下地です。
ジェルでもない、クリームでもないふわふわのテクスチャーが肌の凸凹にピタッと密着します。
1枚極薄のベールをかけたかのような使い心地です。
すっぴん風のすべすべシルク肌を演出したい方におすすめ。

【肌らぶ編集部員が試してみました】
毛穴 開き 頬指にとると、ムースみたいにふわふわしていてすごく柔らかいです。

毛穴 開き 頬伸びが良く、すうーっと肌になじみました。塗ってすぐサラサラになるので驚きました。

肌の手触りは、とてもなめらかです。部分用下地の塗り方のポイントは、毛穴の気になる箇所を下から上に向かって薄く伸ばして塗るのがポイントです。

毛穴 開き 頬その上からリキッドファンデーションを重ねてみましたが、ムラになることもなく、いつもより綺麗にファンデーションが塗れました。

詳細をチェック!

③ファンデーションは、リキッドかクリームタイプのものがおすすめ

毛穴 開き 頬毛穴のカバーにはリキッドタイプやクリームタイプなど、液体状のファンデーションがおすすめです。
液体のファンデーションは毛穴など肌の凸凹をなめらかに見せてくれます。

クリームなどの油分が多いものは適量を使用し、ファンデーションを伸ばした後は、しっかりと肌に馴染ませましょう。
乾燥が気になる場合は、保湿成分が入っているファンデーションがおすすめです。

④仕上げのフェイスパウダーは、パールタイプがおすすめ

毛穴 開き 頬毛穴をカバーする最後の仕上げとして使うフェイスパウダーは、パールタイプがおすすめです。
パール系のフェイスパウダーは粒子が細かく、肌に当たった光を拡散させるので肌の凹凸をなめらかに見せ、毛穴を目立たなくしてくれます。

フェイスパウダーを顔全体にしっかりと塗ってしまうと、メイク崩れの原因になることがあるので、大きめのブラシに含ませ、広い部分にさっと塗りましょう。

⑤メイク直しの際にティッシュやあぶら取り紙で過剰な皮脂を抑える

毛穴 開き 頬日中のメイク直しはティッシュやあぶら取り紙で軽く皮脂を押さえて、過剰な皮脂を取り除きましょう。

また、あぶら取り紙の使用は1日に1、2回程度を目安にすることをおすすめします。

3. 毛穴の目立ちにくい肌を目指すポイント

クレンジング 毛穴の目立ちにくい肌を目指すためには、毛穴汚れを洗い流し、肌をすこやかに保つことが大切です。
つまり、クレンジングと洗顔がとても大切です。

特に、しっかりと肌や毛穴に密着してカバーてくれるタイプの化粧下地やファンデーションを使ったら、その分丁寧にクレンジング・洗顔を行うように心がけましょう。

毛穴の中に、メイクや皮脂、古い角質などの汚れが残っていると、角栓つまりや新たな黒ずみ毛穴を招くことになりかねません。
毛穴汚れをしっかり洗い流すクレンジング・洗顔を意識することがたいせつです。

毛穴 開き 頬洗い方のポイントとしては、必要以上に「擦らない」ことも重要です。

強い摩擦がおこると肌の負担となり、肌の乾燥や肌荒れを引き起こすことがあります。
乾燥することによって過剰に皮脂が出て、余計に毛穴が開いてしまうことも考えられます。

また、すすぎ残しのないように、すすぎ洗いはぬるま湯で約30回を目安にしっかりと行いましょう。

4.すこやかな肌のための生活習慣

すこやかな肌に欠かせないのが日々の生活習慣だといわれています。

すこやかでなめらかな肌と生活習慣はとても密接に関係していて普段の生活が肌に現れがちです。

普段の生活習慣を見直してみることも、とても大切です。

①バランスの良い食事をとる

毛穴 開き 頬食事は、栄養バランスを考えて摂るようにしましょう。
特に、すこやかな肌作りに良いと言われている「ビタミンC」、「ビタミンB2」、「ビタミンB6」は不足しないように積極的に摂りましょう。

ビタミンCは、皮脂が過剰に出るのを抑えてくれると言われており、またコラーゲンの生成をサポートするため「美肌のためのビタミン」とも呼ばれています。
また、ビタミンB2・B6は、脂質の代謝をサポートしてくれます。

【ビタミンCを多く含む食べ物】
毛穴 開き 頬 ・いちご
・ほうれん草
・カリフラワー
・柿
・小松菜
・ブロッコリー など

【ビタミンB2を多く含む食べ物】
毛穴 開き 頬 ・アーモンド
・牛肉(レバー)
・豚肉(レバー)
・鶏肉(レバー)
・うなぎ
・サバ など

【ビタミンB6を多く含む食べ物】
毛穴 開き 頬
・かつお
・鮭
・牛乳
・豆腐
・バナナ など

②質の良い睡眠をとる

毛穴 開き 頬経験からご存じの方も多いかもしれませんが、きちんと睡眠を取ることは、肌全体のすこやかさを保つためにとても大事です。

十分な長さをとることだけでなく、質のよい睡眠を心がけましょう。

質のよい睡眠のためのポイントをご紹介します。

【質の良い睡眠をとるためのポイント】
・自分にあった高さの枕を選ぶ
・寝る前にPCやスマートフォンを見ないようにする
・できるだけ部屋の明かりは暗くする
・就寝前はカフェインの摂取を控える

③ストレスをためこまない

ストレスためない

ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こすとされています。ホルモンバランスの乱れによって、皮脂がさかんに出ることもあります。

過剰な皮脂は、開き毛穴を招く原因のひとつです。

ストレスを感じないようするのは難しいと思いますので、適度に発散させる時間を作るように心がけてください。

5.まとめ

毛穴 開き 頬 メイク 隠す頬の毛穴が気になる方に、メイク方法と生スキンケア方法、生活習慣について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひ、できることから毎日の生活で実践してみてくださいね。