元美容部員が勧めるノンケミカルコスメ5選

JURI

その他メイク

2020.06.28 Sun

元美容部員が勧めるノンケミカルコスメ5選

#MiMC #naturaglace #rms #trilogy #VINTORTE #ノンケミカル

近年、敏感肌の方の割合は増加傾向にあると言われています。

季節やその時の体調によっても変化はしますが、読者の皆さんの中にも敏感肌でお悩みの方は多いかと思います。

そこでこの記事では、肌のお悩みを抱える方にも安心してお使いいただけるノンケミカルコスメをご紹介していきます。

私が実際に使ってよかったものを5つご紹介していくので、もし気になるものがあったらぜひ参考にしてみてください。

そもそもノンケミカルコスメってなに?

まず、ノンケミカルというワードが化粧品業界で使われだした発端は何なのかご存知でしょうか?

ワードだけ聞くと、「化学合成物質が使われてないコスメのこと?」と思う方もいらっしゃると思います。

しかし発端は
“”日焼け止めに紫外線吸収剤が含まれていないもの””
という意味合いで使われ始めました。

今現在も意味は変わりませんが、幅広い意味でノンケミカルという表現の捉え方をしている方が増えています。
そのため、意味合いを勘違いしないことが大切です。

では、それをふまえてメリット・デメリットについて考えていきましょう。

メリット

紫外線吸収剤を使用していないため肌への負担が少ない
 ・・・紫外線吸収剤とはその名の通り、一度紫外線を肌に吸収するので負担がかかりやすいとされています。
そのため特に肌が敏感である方にはよりノンケミカル処方のものがおすすめです。

デメリット

汗や水に弱いなど使用上不便な点がある
 ・・・良くも悪くも吸収剤が含まれていないことは、落ちやすいことにも繋がります。そのためこまめに塗り直す必要が出てきます。
日焼け止めが綺麗に塗れていない事は、そもそもお肌を紫外線に晒してしまうため肌の負担に繋がります。”

商品を選ぶ時の押さえるべきポイントは?

ここ数年、ノンケミカルやオーガニックなど肌に優しい製品は増え続けています。
まず最初にお伝えしておくのが、この2つは全く別物だということです。

先ほど簡単にノンケミカルとは何かについてお伝えしてあるので、こちらの意味合いはわかるかと思います。
オーガニックは自然由来成分を中心に作られている製品ですが、特に規定などは存在していません。

混同しがちになる部分なのでよく把握しておきましょう。

ノンケミカル商品について押さえておきたいポイントは3つです。

1.使い心地

意外と見落としがちなのが使い心地です。
最近では、かなりテクスチャーのいいものも増えてきてはいますが、成分にこだわる分劣ってしまっているものも中にはあります。

そのため試せるものは試して、不快感がないかを確認しましょう。

特にノンケミカル処方のものは乾燥が気になりやすいと言われているので、そこも忘れずにチェックしましょう

2.洗顔で落ちるもの

続いては洗顔で落ちるものかどうかです。
ノンケミカル処方のものは洗顔で落ちるものが多くなっていますが、なぜおすすめできるかというとクレンジングが肌の負担になってしまうという場合があるからです。

落とすという作業はどうしても肌負担がかかります。
特に肌が敏感でお悩みの方は、洗顔で落ちるものを積極的に選びましょう。

3.配合成分

続いては配合成分です。

ノンケミカルを選ぶのであれば、併せて合成界面活性剤・エタノール・防腐剤が配合されていないものを選びましょう

肌負担のかかる可能性のあるものは控えるのがおすすめです。

自分で商品を選ぶ際、以上の3つをチェックしてみてください。

おすすめ商品5選

では、ここからは私が実際に使ってよかった商品を5つご紹介します。
特にランキングではなく良かったものを順に挙げていくので、ぜひ参考にしてみてください。

1.MIMC

ミネラルクリーミーファンデーション
MiMCミネラルクリーミーファンデーション
(参考サイト:MiMC公式サイト)
Amazon 楽天

一つ目は、MIMCのファンデーションです。
カラーバリエーションは6種類あり、自分に合ったものを選ぶことができます。

おすすめポイントは以下の通りです。

(1)使い心地
こちらの商品は乾燥が気になりにくいです。
テクスチャーはやわらかくなっていますが、肌にのせるとさらっと伸びるので使いやすく不快感もありません。

また、美容成分も配合されているので肌を守り健やかに保ちながら使用することができます。

(2)カバー力
肌にいい、というとイメージからかカバー力が物足りないように思う方も多いかと思います。

しかしこのファンデーションはカバー力もあり、つるっとした肌感に仕上げてくれるのでおすすめです。

2.naturaglace

UVプロテクションベース
naturaglaceUVプロテクションベース
(参考サイト:ナチュラグラッセの公式サイト)
Amazon 楽天

二つ目は、ナチュラグラッセの下地です。
こちらはカラーバリエーションは1種類しかありませんが、どの肌の色味にも馴染みやすく使いやすいです。
おすすめポイントは以下の通りです。

(1)光ダメージをしっかりカット
まずは紫外線・ブルーライト・近赤外線の3種類の光ダメージをカットしてくれるという点です。
特に現代社会の生活ではブルーライトに当たる時間は多くなりがちなので、家にいる時にも塗っておきましょう。
保湿効果もあるため乾燥も気になりにくいです。

(2)100%天然成分
そして100%天然由来の成分で構成されているという点です。
先ほど説明したように、ノンケミカル=オーガニックではありません。

ただ、オーガニック製品を好んで使っている方も多いかと思います。
そこでノンケミカルかつオーガニックのものを選ぶのも、肌負担を軽減しながら美容成分をとりいれるという点でおすすめです。

3.VINTORTE

MSパウダーファンデーション
元美容部員が勧めるノンケミカルコスメ5選
(参考サイト:ヴァントルテの公式サイト)
Amazon 楽天

三つ目はヴァントルテのファンデーションです。
おすすめポイントは以下の通りです。

(1)石鹸で落ちる
石鹸で落ちる処方になっています。
肌でお悩みの方の中には皮膚科医からクレンジングの使用を控えるよう言われている方もいるかと思いますが、そういった方でも安心してお使いいただけます。

(2)高い保湿力
高い保湿力をもつピュアシルクが配合されているので、パウダーファンデーションで悩みがちな乾燥も気にせずに使用できます。

4.rms beauty

アンカバーアップ

rms beauty

(参考サイト、画像引用元:rmsの公式サイト)
Amazon 楽天

四つ目はrmsのコンシーラーです。

おすすめポイントは以下の通りです。

(1)豊富な使い方
こちらの商品はコンシーラーとしての役目を担っていますが、使い方によってはファンデーションやハイライトのようにも活かすことができます。

特に仕上がりがツヤっぽいので健康的な肌感に仕上がります。
赤み消しやクマ消しなど、色味によって様々な使い方ができるので便利です。

(2)厚塗り感のない仕上がり
コンシーラーというと厚塗り感が出てしまったり、乾燥しやすかったりという欠点があるものも多いですが、こちらの商品はそういった心配が軽減されます。

化粧の仕上がりを綺麗に見せたい方にはおすすめです。

5.trilogy

エブリシングバーム

trilogy

(参考サイト、画像引用元:トリロジーの公式サイト)
Amazon 楽天

そして最後はトリロジーのバームです。
おすすめポイントは以下の通りです。

(1)万能に使える
このエブリシングバームは名前の通り使い方が豊富で、メイク下地としてや日焼け後、顔そり後のケアなど様々なシーンで活躍します。

もちろん顔や身体に関係なく全身に使用できるので、1つ持っておくと便利な商品です。

(2)社会貢献度の高いブランド
これは製品自体のおすすめポイントではありませんが、このブランドは様々な社会問題への改善へ取り組んでいます。

環境保護や女性の社会進出推進など、その活動は多岐に渡ります。
製品自体も動物実験をしないなどに努め、環境と使い心地両方からしっかりとアプローチができます。

以上の5つが私自身が使ってみてよかったものになります。
どれもノンケミカル=使い心地があまり良くない、というイメージが変わる商品なのでぜひ手にとってみてください。”

まとめ

ノンケミカルコスメについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
季節や肌状態に合わせて使うのもおすすめなので、ぜひ参考にして商品を手にとっていただけたらと思います。

この記事をシェア

JURI JURI 詳細を見る

あわせて読みたい記事

肌らぶ人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター