2018年12月13日 更新

軽い付け心地に感動♡ルースファンデーションのおすすめと使い方

ルースファンデーション(1)

ルースファンデーションが気になっているけど、どれを選べばいいの分からない。
そう思ったことありませんか?

またルースパウダーというアイテムもあるので、違いが分からなくて迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はルースファンデーションの特徴、おすすめのルースファンデーションとその使い方を、ご紹介します!


1.ルースファンデーションの特徴

ルースファンデーションの特徴は付け心地の軽さです!

似たようなアイテムでルースパウダーがありますが、ルースパウダーはリキッドファンデーションなどで肌を整えた後、仕上げに使うものです。

仕上げ用なので、粉が白っぽかったり薄い肌色だったりと、あまり肌に色がつかないものが多いです。

一方ルースファンデーションは、粉末状のファンデーションなので、粉に色がついていて、肌にのせた時に色ムラをカバーしたり凹凸を隠したりするファンデーションとしての役割を持っています。

ファンデーションとして肌に色をのせて色ムラをカバーしつつ、ルースパウダーのような軽い付け心地を叶えられる、それがルースファンデーションの魅力的な特徴です!

次の章では、おすすめのルースファンデーションをご紹介します。

自分に合ったタイプを選んで、お好みのルースファンデーションを探してみてください♡

2.おすすめ♡ルースファンデーション

まず、肌らぶ編集部おすすめのルースファンデーションを2つご紹介します。

・軽い付け心地は欲しいけど、気になる肌悩みをカバーできるものが良い
・ナチュラルすぎるより、少しメイクをしている感を出したい

そんな方におすすめしたい、肌を自然に整えて見せるルースファンデーションを選びました!

■コスメデコルテ ラクチュール ルースファンデーション N

コスメデコルテ ラクチュール ルースファンデーション N
価格: 本体   5,000円(税抜)
レフィル    4,200円(税抜)
フェイスブラシ 1,200円(税抜)
フェイスパフ  500円(税抜)
SPF20・PA++
全7色

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分配合。肌に潤いを与えるルースファンデーションです。

しっとりと肌になじみ、ふんわりとキメ細やかな肌を演出します。
肌の乾燥にお悩みの方にもおすすめです。

別売りのパフかブラシで付けるタイプの商品です。

詳細をチェック!

■ルナソル シアーライトルースファンデーション

ルナソル シアーライトルースファンデーション
容量:7g
価格:本体 4,000円(税抜)
全2色

パウダーファンデーションとして肌をカバーし、同時にルースパウダーのような透明感も演出する、ルースファンデーションです。

キメ細かく滑らかな肌に仕上がります。

付属のパフを使って付けるタイプの商品です。

詳細をチェック!

3.おすすめ♡ミネラルルースファンデーション

・より薄付きのものを求めている
・肌がデリケートに傾きやすい

そんな方には、ミネラルタイプのルースファンデーションを検討してみましょう。

ミネラルルースファンデーションは、配合成分がシンプルなものが多いので、配合成分が気になる方にはおすすめです。。

こちらでは肌らぶ編集部おすすめのミネラルルースファンデーションを4つご紹介します。

■資生堂インテグレート ビューティーフィルターファンデーション
資生堂インテグレート ミネラルファンデーション
容量:9g
価格:セット価格  1,600円(税抜)本体+専用パフ
別売りパフ  400円(税抜)
SPF16・PA+
全3色

まるで美肌アプリで撮影したような、ふんわり明るい肌を演出するミネラルルースファンデーションです。

しっとりと肌に吸い付くようにフィットしやすい仕上がりです。

付属のパフを使って付けるタイプの商品です。

詳細をチェック!

■オンリーミネラル プレミアムファンデーション
オンリーミネラル プレミアムファンデーション容量:7g
価格:本体  4,500円(税抜)
別売りブラシ 3,500円(税抜)~
SPF40・PA++++
全5色
くすみや毛穴をカバーしつつ、シルクのような、なめらかな肌を演出するルースファンデーションです。

日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーション・フェイスパウダーの5役を兼ねているので、時短メイクとしても使いやすいです。

ブラシを使って肌にのせるタイプの商品です。

詳細をチェック!

■ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション
ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション容量:6g
価格:初回限定セット価格 3,300円(税抜) 本体+専用パフ
詰め替え      2,100円(税抜)
別売りパフ      400円(税抜)
SPF25・PA++
全5色

クレンジングなしでも石けんで洗い流せる、ミネラルルースファンデーションです。

肌をナチュラルにカバーしつつ、透明感のある肌を演出します。

付属のパフを使って付けるタイプの商品です。

詳細をチェック!

■ベアミネラル オリジナル ファンデーション(SPF15・PA++)
ベアミネラルベアミネラルオリジナル ファンデーション容量:8g
価格:本体      2,800円(税抜)
別売りブラシ     3,500円(税抜)
SPF15・PA++
全12色

クリーミーなテクスチャーで、つややかな透明感のある肌を演出する、ルースファンデーションです。

色の展開数も豊富なので、自分の肌色にピッタリ合うものを見つけやすいです

別売りのブラシで肌にのせるタイプの商品です。

詳細をチェック!

4.ルースファンデーションの使い方

こちらでは、ブラシを使ったルースファンデーションの使い方をご紹介します。
ルースファンデーションは、ブラシでつける方法とパフでつける方法がありますが、基本的には商品に記載された使い方に従うことをおすすめします。

推奨されている方法で使うことによって、より魅力的な肌を演出しやすくなります。

特に使用方法の記載がない場合は、やりやすい方を選んで試してみてください!

スキンケアと、化粧下地までをしっかりなじませた状態で始めていきましょう!

※化粧下地不要の商品もあります。

☆ブラシの場合☆

① ルースファンデーションをケースのふたに少量とって、そこでブラシにファンデーションをしっかりなじませます。
ブラシ1

②顔の中心から外側に向かって、筆をくるくる回すようにしながらファンデーションをのせていきます。
ファンデーションが足りなくなったら途中で付け足しましょう。
ブラシ1

③フェイスラインや、目元・小鼻などの凹凸のある部分にもなじませていきましょう。

☆パフの場合☆

① パフにルースファンデーションをとって、パフを揉みこむようにして全体的になじませます。
パフ1

② 顔の中心から外側に向かって、ファンデーションを滑らせるようにのせていきます。
(ブラシの時のように、パフをくるくる回しながら付けてもなじみやすいです)
ファンデーションが足りなくなったら途中で付け足しましょう。
パフ2
③ パフを半分に折って、目の周りや小鼻などの凹凸のある部分になじませる。

パフ3
④ 顔全体をもう一度全体的にパフで押さえて、ファンデーションを密着させます。

5.ルースファンデーションを使う時に注意するポイント

ルースファンデーションを始めて使う時は、ムラ付きしてしまうなどと難しく感じてしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで、そんな方に確認してみて欲しいポイントを2つご紹介します。

5-1.ルースファンデーションを付ける前にベタつきをおさえる

スキンケアの後、ルースファンデーションを使うときに肌がベタついていると、ファンデーションがムラ付きしてしまったり、よれやすくなる原因になる可能性があります。

そのためルースファンデーションを使う前には、ベタつきをできるだけ抑えることをおすすめします。

下地不要のルースファンデーションを使う場合は、スキンケアをした後に、少し時間をあけてからファンデーションを使いましょう。

スキンケア後すぐは、まだ化粧水や乳液が肌表面に残っているので、ぬめりやベタつきが強くなります。

それらが肌の角層に浸透するまで個人差はありますが5分程度を目安に時間を置き、あせらずに待ちましょう。

スキンケアの後に時間をおいてもまだベタつきが気になる場合や時間がないときは、肌表面のベタつきをティッシュオフしましょう。

目のまわりや小鼻などはベタつきが残りやすいので、忘れずにティッシュオフしましょう。

5-2.ブラシやパフは定期的に洗う

メイクブラシ おすすめ 洗い方ファンデーションをぬるときに使うブラシやパフは、定期的にキレイに洗うようにしましょう。

普段使っているブラシやパフ、何か月も洗わずに放置したりしていませんか?
放置したままにしてしまうと、雑菌がついている可能性があります。

そのまま使い続けると、ニキビや肌荒れの原因のひとつになってしまうので、定期的に洗ってあげるようにしましょう。

⇒メイクブラシの詳しい洗い方はこちらをご覧ください。

⇒パフの詳しい洗い方はこちらをご覧ください。

6.まとめ

今回はルースファンデーションをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

何も付けていないような軽い付け心地で、肌をカバーできるなんて魅力的ですよね!

普段はしっかりメイクがお好みの人も、ちょっとそこまでのお出かけ用に、ひとつ手に入れてみてはいかがでしょうか?