2017年11月16日 更新

【必見】幸せホルモン・セロトニンとは?日々意識したい食べ物

セロトニン 食べ物不足しがちだとされる、幸せホルモン・セロトニンが気になってはいませんか?

セロトニンは食べ物から摂取することはできませんが、セロトニンを体内で作るのに必要な食べ物を日々の食事のなかで摂ることが大切であると言われています。

今回はセロトニンを作るのに必要な栄養素を含んだ食べ物や、セロトニン生成のために意識したい生活習慣などをご紹介します。




1.セロトニンを含む食べ物はない

「セロトニン」という物質が摂れる食べ物はありません。セロトニンは脳内や腸などの体内で作られる物質で、ビタミンCや食物繊維のような栄養成分ではありません。

体内でセロトニンの合成に必要な栄養素を食べ物から摂り、セロトニンの不足を防ぐことが大切であると言われています。

ただ、セロトニンは、単純に合成の要素となる栄養素を摂っただけでは、身体への働きが期待できないとされます。

セロトニンの合成に必要だとされる栄養素が不足しないようにするだけでなく、生活習慣まで意識することが大切だと言われています。

〈セロトニンの増え過ぎは危険?〉
セロトニンは普段の生活で増えすぎることはないと言われていますが、セロトニンの働きや生成をサポートするサプリメントや薬を摂取している場合は、まれにセロトニンが増えすぎることがあるとされます。

セロトニンが増えると「セロトニン症候群」となり、発熱や下痢、興奮などの身体の変化が現れることもあると言われています。

サプリメントや薬の服用をされている方は1日の摂取量を必ず守り、セロトニンの合成に必要とされる食べ物ばかりに偏らないようにしましょう。

2.セロトニンの合成に必要だとされる食べ物

ここからはセロトニンの合成に必要だとされる栄養素を含む食べ物と、セロトニンの働きをサポートする生活習慣についてお話しします。