2017年8月18日 更新
【PR】

女性にうれしい豆乳の魅力!豆乳の種類・摂取量・飲み方

豆乳の効果
スーパーやコンビニなどでよく見かける豆乳。豆乳ってどんな魅力があるの?体に良いの?と疑問に思っていませんか?

大豆の成分を含む豆乳には、すこやか肌のサポートなどの美容面、体内環境サポート、ダイエットサポートなどの健康面で、うれしい魅力があるんです!

豆乳の魅力と、豆乳の選び方・飲み方のいろいろをご紹介しますので、豆乳を飲んでいる方もこれから飲もうと思っている方も、ぜひ参考にしてみてください!

1週間分のトライアルセットが1,500円(税抜)!
お豆腐屋さんの豆乳化粧品『自然生活シリーズ』はこちら>>>





◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
豆腐の盛田屋 自然生活シリーズ
自然生活シリーズ

豆乳は化粧品の原料にも使用されているとご存知ですか?
こちらは、2種類の国産大豆からとれた豆乳と、天然の湧水を原料として作られた、お豆腐屋さんが販売する豆乳化粧品です。
豆乳を乳酸菌で発酵させた「豆乳発酵液」を保湿成分として配合し、うるおいや美容成分を肌の角質層の隅々にまでたっぷりと届けます。
お手入れ後の肌は、まるで絹ごし豆腐のようにふっくらとつややかな、なめらか肌に整っていることでしょう!
約1週間分の洗顔石鹸、化粧水、乳液、クリームに、泡立てネットがセットになったトライアルセットが、1,500円(税抜)で販売中!まずは1度、試してみませんか?

公式HPはこちら(大)

1.女性にうれしい豆乳の魅力とは!?

大豆を原料とする豆乳には、以下のような栄養素が含まれています。

大豆イソフラボン、大豆たんぱく、カルシウム、カリウム、ビタミンB群、食物繊維、マグネシウム、レシチン、サポニン、オリゴ糖 など

豆乳の効果この豊富な栄養を含む豆乳の魅力には、主に以下の4つがあります!

・お通じをサポート
・ダイエットサポート
・イライラ対策
・女性ホルモンサポート など

①お通じをサポート

お通じをサポートしてくれる成分として、食物繊維や乳酸菌などはご存じの方も多いかもしれませんが、実は豆乳に含まれている「オリゴ糖」も体内環境を良好に保つために、不足したくない栄養素のひとつです。

②ダイエットサポート

ダイエットには適度な運動とバランスのよい食生活が必須です。食生活では、さまざまな栄養素をまんべんなく不足しないように心がけなければなりません。
豆乳に含まれるサポニンという成分は、食事で摂った脂肪を対策したい方にとって不足させたくない成分のひとつといわれています。ダイエットサポートとして、不足しないように補いたい成分ということができるでしょう。

豆乳 効果

③イライラ対策

ビタミンB群が不足すると、イライラや集中力低下につながることがあるといわれています。

豆乳にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などが含まれていますので、ビタミンB群の不足を補いたい方におすすめです。

また、ビタミンB群は肌をすこやかに保つためにも欠かせない栄養素といわれていますので、食生活のバランスを補う飲み物として豆乳はおすすめです。

④女性ホルモンサポート

生理中の不調や、女性の更年期の不調は、女性ホルモンのバランスの乱れが主な原因と考えられます。
女性ホルモンの乱れは、体の不調だけでなく肌荒れなどになって表れることもあります。

豆乳に含まれる大豆由来のイソフラボンは、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と似た働きをするといわれています。

女性ホルモンの乱れが気になる方に、イソフラボンを含む豆乳はおすすめの飲み物ということができるでしょう。

豆乳 効果

2.豆乳の種類&おすすめ豆乳

豆乳は無調整・調整・豆乳飲料と種類が分かれていてカロリーも異なります。

その違いと、おすすめの豆乳についてお伝えします。

2-1.豆乳の種類

現在、私たちが購入できる豆乳は大きく分けて以下の3種類です。

(無調整)豆乳…大豆のみが原料の、味を調整されていない豆乳

調整豆乳…砂糖などを加えて、味を調整した豆乳

豆乳飲料…調整豆乳にフレイバー(紅茶やバナナなど)を足して飲みやすくした豆乳

イソフラボンなどの大豆由来の栄養素は、無調整豆乳⇒調整豆乳⇒豆乳飲料の順に含有率が少なくなると考えられています。他の成分が加えられるためです。

無調整豆乳は比較的カロリーが低いのでダイエットサポートに向いているといえるでしょう。
一方で、無調整豆乳は、大豆特有のクセがあるため、一般的には調整豆乳や豆乳飲料のほうが飲みやすいといわれています。

自分に合った豆乳はどれか、飲み比べてみると良いでしょう。

豆乳 効果

2-2.肌らぶ編集部おすすめの豆乳飲料

豆乳にはいろいろな商品があります。
ここでは肌らぶ編集部がおすすめしたい、低カロリーでかつコラーゲンや食物繊維、ヘスペリジ、アスタキサンチンなどの成分が含まれている豆乳飲料をご紹介します。

しみ込む豆乳飲料
豆乳の効果 しみこむ豆乳飲料
容量:125g×12本
価格:1,806円(税抜)~

1本83kcalと低カロリーの豆乳です。
豆乳のイソフラボンだけでなく、コラーゲンや食物繊維など、美容健康のサポートのために不足したくない成分も配合されています。
毎日続けやすいように、飲みやすさも大事に考えられていて、ほのかに甘く自然なおいしさに作られています。
初回限定のお試しセットもあるので、試しに味わってみませんか?
【公式ページに記載の栄養成分表示】
1本(125g)当たり:
エネルギー 83kcal、たんぱく質 4.9g、脂質 2.5g、糖質 8.6g、食物繊維 4.1g、ナトリウム 78mg、カリウム 160mg、カルシウム 117mg、マグネシウム 20mg、鉄 0.5mg、亜鉛 0.3mg、コレステロール 0mg、オリゴ糖 0.9g、アスタキサンチン 288μg、ヘスペリジン 68mg、コラーゲン 1,000mg、イソフラボン 56mg

公式HPはこちら(大)

3.豆乳の摂取量について

健康面・美容面で魅力の高い豆乳ですが、豆乳などの大豆製品に含まれるイソフラボンの摂取は、1日70~75mg程度が推奨されています。

ここでは豆乳の摂取量の目安と、大豆製品に含まれるイソフラボンについてお伝えしていきます。

3-1.豆乳の摂取量目安

食べ物(豆乳・大豆製品など)からのイソフラボン摂取目安量の上限値は、1日70~75mg*とされています。
*サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまで

豆乳に含まれているイソフラボンの含有量はメーカーや種類によって多少異なります。
サプリや特定保健食品などで摂る際は、パッケージなどでよく確認し、過剰摂取にならないように気をつけましょう。

豆乳の効果 イソフラボン摂取量

3-2.豆乳に含まれるイソフラボンの過剰摂取による影響

イソフラボンの過剰摂取が続くと、人によっては健康への影響が生じる場合があるといわれています。

また、妊婦・胎児・乳幼児・小児については、特定健康保健用食品などによる上乗せ摂取は推奨できないといわれていますので、通常の食品以外からのイソフラボン補給は控えるとよいでしょう。

また、どうしても気になる方は一度医師へご相談することをおすすめします。

3-3.豆乳&大豆製品に含まれるイソフラボン量の目安

イソフラボンの含有量は、基本的に製品によって異なります。購入の際にパッケージなどで確認することをおおすすめします。

ここでは参考として、豆乳や大豆食品に含まれるイソフラボン量の例をご紹介します。

【大豆製品】

食べ物 イソフラボン量
豆乳 100gあたり7.6~59.4mg
納豆 100gあたり65.6~81.3mg
豆腐 100gあたり17.1~24.3mg
味噌 100gあたり12.8~81.4mg
油揚げ類 100gあたり28.8~53.4mg

4.豆乳の飲み方の例

豆乳の効果豆乳は基本的にいつ飲んでもよいですが、食事のときに一緒に飲む以外で、肌らぶ編集部がおすすめしたい豆乳の飲み方の例をご紹介します。

■朝に飲む
朝起きて飲みものを飲むと、体内の働きが活発になるといわれているため、お通じサポートとして飲みたい方などにおすすめです。

■空腹時に飲む
栄養を吸収しやすいといわれる空腹時に豆乳を飲むのもおすすめです。

5.まとめ

豆乳 効果大豆の成分を含む豆乳には、すこやか肌のサポートなどの美容面、体内環境サポート、ダイエットサポートなどの健康面で、うれしい魅力がたくさん期待できます。

ただし、食生活の基本はバランスよくさまざまな栄養素をとることにあります。

豆乳だけ飲んでいればよいということではないので、食事の偏り・過剰な飲み過ぎに気をつけつつ、上手に豆乳の魅力を取り入れていきましょう!

1週間分のトライアルセットが1,500円(税抜)!
お豆腐屋さんの豆乳化粧品『自然生活シリーズ』はこちら>>>