夏の汗対策のメイク術

お悩み解決メイク

2020.06.25 Thu

夏でもメイク崩れなし!汗落ちやマスクの蒸れ対策のポイント

#マスク #メイク崩れ #汗対策

こんにちは、ayanaです。

気温も湿度も上がってきてムシムシ、ジメジメ…。 夏もすぐそこまで来ていますね。

そんな中マスクをすることが多い今、少しでもマスクライフを快適に過ごせるように、汗や蒸れを対策しながらメイクを楽しめる方法をご紹介していきたいと思います。

どうしてメイクが崩れるの?

そもそも、どうしてメイクが崩れるのでしょうか?
原因別に見ていきましょう。

乾燥

肌が乾燥している状態にあると、ベースメイクが綺麗にのりません

夏は紫外線や、クーラーによるダメージで気付かぬうちに肌を乾燥させていることも。

また、汗をかいた状態でクーラーが効いた部屋に入ることも多いと思いますが、これも肌への乾燥ダメージが大です。
汗が急激に冷えることで肌表面の潤いを奪ってしまいます

メイク前のスキンケアを重視し、化粧下地までがスキンケアだと考えると朝のメイクがぐっと楽になり、崩れにくいベースを整えることができると思います。

生活習慣による皮脂コントロールの乱れ

夏になると汗をかいてしまうのは仕方がないことですが、皮脂の過剰分泌は食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足が原因かもしれません。

甘い物や加工食品を控えたり、摂取する油を良質な油に変えてみたりするだけで身体から出る皮脂の質を変えることができます。

適度に体を動かして血液を循環させたり、湯船に浸かって汗を出したりすることも大切です。

しっかり睡眠もとって肌を労わってあげましょう。

これらの積み重ねで肌のターンオーバーが正常になり、根本から崩れにくい肌を作ることができますよ

また、皮脂が多いからといって洗顔料で洗いすぎていると、肌に必要な油分までも奪ってしまい、肌の皮脂コントロールが上手くいかずに結果油っぽい肌になってしまいます。
このような状態をインナードライと言います。

洗いすぎずメイクの濃さに合わせたクレンジングや洗顔料を使いましょう。

湿気、蒸気による崩れ

マスクをしていると息をすることでマスク内に蒸気が発生し、ベースメイクが浮いてしまったり、さらにマスクと擦れることで崩れやすくなってしまいます。

さらに 蒸気により、まつ毛が下がりやすくなります。
梅雨の季節に湿度が高くジメジメしていたり、汗をかいても同じように崩れやすくなります。

崩れやすくなる原因を知ることで対策がしやすくなると思います。
自分はどうして崩れやすくなっているのか考えて、少しずつ改善していきましょう。

崩れにくいベースにはスキンケアから

乾燥による崩れにはスキンケアがとても大切

特に夏は肌に負担がかかりやすく、汗や皮脂で乾燥に気付きにくくなります。

夏こそしっかり保湿して肌を労わってあげてください。

朝のスキンケアでは、油分を重ねすぎずしっかりと保湿することがポイントです。

化粧水を2、3回に分けてしっかり入れ込み、乳液やクリームでフタをします。

この後に化粧下地を重ねるので乳液やクリームは塗りすぎないようにしましょう
シンプルな工程でしっかりと保湿していくのがオススメです。

乾燥肌なのでたっぷりクリームや乳液を塗らないと不安という方もいると思いますが、乾燥肌さんは化粧下地を保湿力の高いものにしてダブルでカバーしていくのも良いと思います。

脂性肌は気になる部分だけ皮脂ブロック系の下地を仕込むのもオススメです。
いい状態の肌を作るために夜のスキンケアもしっかりと。夏の紫外線でダメージを受けた肌はそのままにしておくとより乾燥しやすくなってしまいます。

スペシャルケアとして美容液をプラスしてあげたり、シートマスクを取り入れてみたりと、自分の肌と相談しながらしっかりケアをしてあげてみてください。

目指せサラサラ涼しげフェイス

それではメイクで対策していきましょう。

ベースメイク、アイブロウ、アイメイクの順番で汗や蒸れに強いポイントをご紹介していきます。

肌への負担を抑えるために、ファンデーションは使わずに日焼け止めとトーンアップ下地、パウダーで仕上げていきます。

ファンデーションを使わないのが不安という方は、代わりにコンシーラーで気になる部分のみ薄くカバーしてみてください。

ベースメイク

①日焼け止めを全体に塗る
立体感を出すために無色のものがオススメです。

②トーンアップ下地を薄く頬下、おでこ、鼻に広げる
口周り、顎は見えないので塗らなくても大丈夫です。
夏の汗対策のベースメイク

③パウダーを丸の箇所に大きめのブラシでふんわりと肌を磨くようにのせる
夏の汗対策のベースメイクでブラシを使用している
前髪がある方はおでこの生え際、前髪の内側もパウダーをのせておくと汗での前髪の崩れも抑えられます。

【ポイント】
重ねすぎない、厚塗りにしないこと

たくさんベースメイクを重ねてしまうと汗や蒸れで崩れやすくなってしまいます。

崩れたくないからといってパウダーを多くのせるのもNG
汗で崩れた時にドロドロとした見た目になってしまいます。

崩れにくいベースメイクとはいえ、どうしても少しは崩れてしまうもの。
このように薄く綺麗に崩れるように整えておくとお直しもしやすいです。

アイブロウ

①フェイスパウダーを眉上に軽くのせる
ふわっと軽くのせてください。

②アイブロウペンシルで眉尻、毛の薄い部分を描く

③アイブロウパウダーで眉毛をふんわり描く

④アイブロウマスカラで毛流れを整えながら色をのせる
夏の汗対策の眉メイク

【ポイント】
描き始める前にフェイスパウダーを軽くのせ、より色がのりやすいようにしておきます。

またアイブロウマスカラでしっかり眉毛に色をつけておくとペンシルで描いた部分が少し落ちてしまっても目立ちにくいです。
いつもより少しハッキリめに仕上げると存在感のある目元になります。

アイメイク

①アイシャドウをアイホール全体に広げる
暗すぎないカラーがオススメです。

②アイラインは引かずにアイシャドウの締め色で細くアイラインのように目のキワに引いていく
夏の汗対策のアイメイク

③ビューラーでしっかりまつ毛を上げた後、カールキープ下地をつける
夏の汗対策のアイメイクのコツ

④マスカラを重ねる

【ポイント】
アイライナーを使わずにアイシャドウでアイラインを引きます。

リキッドやジェルタイプのアイライナーを使ってしまうと滲みやすくなり、崩れが目立つ原因に。

アイシャドウなら少し崩れてしまっても目立ちにくいです。

それでも滲みやすさが気になるようなら、目尻だけ最後にフェイスパウダーを少し上からのせると良いですよ。

また、まつ毛はしっかりとビューラー、もしくはホットビューラーでまつ毛を上げた後、マスカラ下地を塗っておくとまつ毛が下がりにくく、マスカラの汗による滲みも防いでくれます。

マスカラ下地は必ずしっかりめにティッシュオフして余分な液を取っておくようにしましょう。

夏の汗対策のメイク術
完成です。

アイブロウはしっかりとして目力をアップ。

アイシャドウを明るめのシアーなカラーにして目元に明るさをプラスしました。

シアーなカラーにすれば崩れも目立ちにくくお直しもしやすいです。
マスカラはしっかりと塗ることでアイブロウに負けない存在感のある目元になります。

汗や蒸れで崩れてしまった時のレスキューお直し

いくら対策をしていても、少しは崩れてしまうもの。
綺麗にお直しできる方法を知っておくと気になった時にサッと整えることができます。
それではポイントを押さえながらお直ししていきます。

①ティッシュで汗や皮脂をオフする
スプレータイプの化粧水を持っている場合は吹きかけてからティッシュオフするとより綺麗に仕上がります。

②明るめカラーのコンシーラーを写真のように伸ばし、目に向かってぼかす。
夏の汗対策のメイク直し方法

夏の汗で崩れたメイク直しの完成
完成

ベースメイクも、アイメイクの崩れもコンシーラー1本持っておけばカバーすることができます。
コンシーラーも付けすぎないのがコツです。薄くぼかすように目に向かって上方向に伸ばすと綺麗に仕上がりやすいです。

この上からプレストパウダーやフェイスパウダーを薄く重ねるとより綺麗に仕上がりますよ。ぜひ試してみてください。

汗に強いオススメアイテム紹介

夏の汗や蒸れにオススメのアイテム達です。

汗に強いおすすめのコスメ
●ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ

ラロッシュポゼ  UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ

Amazon 楽天

程よい血色を与えながらツヤ感を出してくれる化粧下地。 クリームのようなテクスチャで伸びがよく、保湿力抜群です。 UV効果もしっかりあるので夏でも安心です。

●イニスフリー ノーセバムミネラルカラーパウダー ピンク

イニスフリー  ノーセバムミネラルカラーパウダー ピンク

Amazon 楽天

夏の汗対策にはコレ!と言っても過言じゃないくらいサラサラをキープしてくれる皮脂コントロールパウダーです。粒子が細かく片栗粉のよう。前髪のベタつき予防にも。 私はほんのりピンクがかったカラーを使っていますが、グリーン、パープルなどのカラーもあります。定番の無色もオススメです。

●エテュセ アイエディション 02アッシュピンク

エテュセ  アイエディション 02アッシュピンク

Amazon 楽天

汗や皮脂にも負けず、ふんわり眉をキープしてくれるアイブロウマスカラ。抜け感の出るカラーがマスクメイクに映えますよ。

●キャンメイク クイックラッシュカーラー 透明タイプ

キャンメイク クイックラッシュカーラー 透明タイプ

Amazon 楽天

ウォータープルーフでまつ毛をしっかりキープ。マスカラ下地でも、トップコートとしても使えるのでマスカラ滲みを防ぐことができます。

まとめ

夏の暑い季節でも、マスクをしていても、おもいっきりメイクを楽しみたいですよね。 ポイントを押さえれば簡単なので是非試してみてくださいね。 汗をかく季節もサラサラ涼しげフェイスで過ごしましょう♡

この記事をシェア

あわせて読みたい記事

肌らぶ人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター