2017年6月28日 更新

【保存版】おすすめチークブラシ特集!メイクに合わせた選び方もご紹介

チーク ブラシ 1「おすすめのチークブラシが知りたい!」「チークブラシのクチコミや特徴が気になる」と思ってはいませんか?

メイクコスメの魅力を引き出すには、チークブラシなどのメイク道具選びも大切だということをご存じでしょうか。コスメ用品と使用する道具の相性が、メイクの仕上がりを左右する場合もあるんです!

今回は、そんなメイクの時には欠かせない、チークブラシの選び方やおすすめのチークブラシをご紹介します。チークブラシのお手入れ方法もお伝えしていきますので、併せてご覧ください。

お気に入りのチークブラシをみつけて、毎日のメイクタイムをより充実させましょう!



1.チークブラシの選び方

肌らぶ編集部おすすめのチークブラシをご紹介する前に、チークブラシの選び方を紹介します。
自分の用途に適したチークブラシが選べるようにまずは、こちらをご覧ください。

①素材で選ぶ

フェイスパウダーお好みの素材でできたチークブラシを選んでみましょう。

チークブラシには、馬毛や山羊毛などの獣毛のもの、ナイロンなどからできている人口毛のものなどがあります。

それぞれメリットとデメリットがあるので天然素材と人口毛両方の特徴を見ていきましょう。

■天然素材のチークブラシ

ミネラルパウダー山羊毛や馬毛、灰リスの毛などの天然素材でできたチークブラシは、チークのパウダーを含ませやすく、発色がよくなりやすいというメリットがあると言われています。

ただ、毛のタイプによっては体質的に肌に合わない場合があるので、獣毛のチークブラシを使用する際は自分の肌に合うものを選ぶことが大切です。

肌に合うチークブラシを選ぶために、サンプルで実際に肌触りを確かめるなどしてみましょう。

また、天然素材のチークブラシは、水や洗剤を使って洗うことに適さないものがあります。
自分が購入した獣毛のチークブラシのお手入れ方法は、パッケージや説明書などでしっかりと確認しておきましょう。

■人口毛のチークブラシ

肌断食 ファンデーションナイロンなどから作られた人口毛のチークブラシは、比較的お手頃価格で手に入れやすい点が嬉しいポイントです。

人口毛のチークブラシには、水洗い可能な商品が多いのでお手入れしやすいというメリットがあります。

しかし、毛質的にチークなどの粉を含ませにくいということもあるようです。もちろん使用するチークのタイプにもよりますが、使用するチークとブラシの相性は大切だと言われています。

同ブランドのコスメとメイクブラシであれば、併せて使用することを前提に作られている場合が多いので、セットで購入してみてもよいでしょう。

②作りたい印象に合わせて選ぶ

作りたい印象によってチークブラシを使い分けることもおすすめです。

■ふんわりとした印象に⇒やわらかい毛のチークブラシ

チークブラシ 丸平
ふんわりとした印象の頬に仕上げたい場合は、やわらかめのチークブラシを選んでみましょう。

さらに、密度があって、丸く平らなチークブラシを使用するとグラデーションが入りやすく、よりナチュラルな印象に仕上げることができるとされています。

いちばんベーシックな形のチークブラシだと言ってもよいでしょう。

■メリハリのある印象に⇒固い毛のチークブラシ

チークブラシ 丸チークカラーをしっかりと乗せてメリハリのある印象に仕上げたいときは、固めのチークブラシを選んでみましょう。

チークの粉が飛び散りにくい形状なので発色がよく、鮮やかな頬に仕上げたいときにおすすめです。

■ツヤ感のある印象に⇒平たい形のチークブラシ

チークブラシ 練り(クリーム)チークツヤ感のある頬を演出したいときは、練りチークやクリームチークを使いますよね。このような場合には、平たい形のチークブラシがおすすめです。

チークの付けすぎを防ぎやすい形状なので、テクスチャーがしっかりとしたチークも付けやすいでしょう。

クリームファンデーションやリキッドファンデーション用のブラシとしても使える、フェイスブラシを使用してもよいですね!

③使用するシーンで選ぶ

手汗使用するシーンによって、チークブラシを使い分けてみましょう。

例えば、出掛け先に家で使用するような立派な(大きめの)チークブラシを持っていくのは、かさばるので大変ですよね。

最近では、ミニサイズのチークブラシやブラシ部分が収納できるチークブラシなど、さまざまな携帯用ブラシが販売されています。シーンに合わせたサイズ・形状のチークブラシを選んでみましょう。

2.おすすめチークブラシ【10選+プチプラチークブラシ】

チーク ブラシ 人気 女性
自分の求めるチークブラシはイメージできたでしょうか?

それでは、おまちかね!肌らぶ編集部おすすめのチークブラシを10点ご紹介します。
今回は、天然毛または天然毛と合成毛の混合のチークブラシをピックアップしました。

番外編として、肌らぶ編集部おすすめのプチプラチークブラシもご紹介しますので、併せてご覧ください。

□おすすめチークブラシ10選□

白鳳堂 K020 チーク 丸平

白鳳堂 K020 チーク 丸平価格:5,400円(税抜)

ソフトな肌触りが特徴のチークブラシです。初めての方からプロの方まで幅広く支持されています。
ベーシックな形状で、チークをふんわりと発色させたいときにおすすめです。

公式HPはこちら(推奨)

竹宝堂 G-1 パウダー/チーク

竹宝堂 G-1 パウダー/チーク価格:5,200円(税抜)

熊野筆の中でも話題のブランド「竹宝堂」のチークブラシです。粗光峰(山羊毛)ならではの弾力と粉含みのよさを楽しめます。化粧筆のプレゼントの際にも喜ばれるシリーズで、ツヤ感や立体感を演出したい方におすすめです。

公式HPはこちら(推奨)

晃祐堂 【H015】ハートのチーク ~Hシリーズ~

晃祐堂 【H015】ハートのチーク ~Hシリーズ~価格:2,500円(税抜)

ハート型が可愛らしい、晃祐堂の中でも話題のHシリーズのチークブラシです。
やわらかくて触り心地のよい山羊毛を使用。見た目がかわいいだけではなく使い勝手もよいので、毎日使うのが楽しみになりそうですね♡

公式HPはこちら(推奨)

資生堂 シュエトゥールズ フェースカラーブラシ(M)

資生堂 シュエトゥールズ フェースカラーブラシ(M)価格:3,000円(税抜)

肌触りがよく、パウダーチークをナチュラルになじませやすいチークブラシです。ブラシの汚れが気になるときには、ぬるま湯に中性洗剤をうすくとかして軽く振り洗いができます。しっかりとすすいで水気をとり、日陰で乾かすだけでお手入れ完了です。

公式HPはこちら(推奨)

RMK(アールエムケー) チークブラシ

RMK チークブラシ価格:4,000円(税抜)

適度にパウダーチークを含み、量も調節しやすいチークブラシです。
灰リス毛を使用。やわらかいブラシ部分でナチュラルなグラデーションが作りやすい点も魅力的です!

公式HPはこちら(推奨)

M・A・C(マック) #128 スプリット ファイバー チーク ブラシ

M・A・C #128 スプリット ファイバー チーク ブラシ価格:5,800円(税抜)

天然毛と合成毛のデュアルサイドのチークブラシです。
チークをなじませやすく輪郭を際立たせるのにぴったり★天然毛はソフトな輝き、合成毛は磨かれたようなシアー感、2つのユニークな仕上がりを実現します。

公式HPはこちら(推奨)

CHANEL(シャネル) プティ パンソー

CHANEL プティ パンソー
価格:5,200円(税抜)※肌らぶ編集部調べ

さまざまなタイプのチークやパウダーに使用できるパウダー/チークブラシです。
持ち歩きやすいサイズ感で、日中のメイク直しに活躍しそうな多目的ブラシでもあります。

公式HPはこちら(推奨)

LUNASOL(ルナソル) チークブラシN

LUNASOL チークブラシN価格:5,000円(税抜)

適度に粉を含む、灰リスと山羊の混合毛が特徴的なチークブラシです。
ふわっとやわらかい印象の頬に仕上げたい方におすすめ。LUNASOLには携帯に便利なキャップ付きのチークブラシもあります。場面によって使い分けられますね!

公式HPはこちら(推奨)

竹田ブラシ製作所 チークブラシ

竹田ブラシ製作所 チークブラシ価格:9,500円(税抜)

灰リス毛を100%使用したパウダーチーク専用のチークブラシです。
薄付きで自然な発色、チークを重ねても重さを感じさせない印象に仕上がります。頬をなでるようなイメージでチークをなじませましょう。

公式HPはこちら(推奨)

瑞穂 [PM-2]チークブラシ

熊野筆 瑞穂[PM-2]チークブラシ価格:3,800円(税抜)

熊野筆ブランドのひとつ、瑞穂が制作しているチークブラシです。
粗光峰(山羊毛)を使用した、適度なコシのあるブラシ部分にはチークをたっぷりと含ませることができます。

公式HPはこちら(推奨)

■おすすめプチプラチークブラシ5選■

番外編として、ここからは肌らぶ編集部おすすめのプチプラチークブラシを5点ご紹介します。

今回は、税抜き2,000円以下のチークブラシをプチプラと定義し、ソフトな肌触りのアイテムをピックアップしました。

ダイソー 春姫 チークブラシ

チークブラシ ダイソー 100円
価格:100円(税抜)

ダイソーに数多くあるメイクアップアクセサリーの中でも話題なのが、こちらのチークブラシ。ふんわりとやわらかいブラシ部分が、肌にほどよくフィット。初めてチークブラシを使う方でも試しに使ってみやすいお手頃価格です♪

公式HPはこちら(推奨)

CANMAKE(キャンメイク) ソフトチークブラシ

CANMAKE ソフトチークブラシ価格:700円(税抜)

ナチュラルな印象のほっぺたを作る、ラウンド型のソフトなチークブラシです。横長で広めの形が作りやすく、ひと刷けでチークをまんべんなく広げられます。手の甲で余分な粉を落として、なりたい印象に合わせてくるくるとブラシを動かすだけ★

公式HPはこちら(推奨)

ハウスオブローゼ チークブラシ

ハウスオブローゼ チークブラシ価格:900円(税抜)

毛量が多く、毛丈も十分なためムラなくチークを入れやすいチークブラシです。コシがありながらもやわらかいタッチ、触り心地がやわらかい馬毛(ポニー毛)を使用しています。ブラシが汚れたときは中性洗剤を使用して洗いましょう。

公式HPはこちら(推奨)

無印良品 ポリエステル・携帯用チークブラシ

無印 ポリエステル・携帯用チークブラシ価格:1,300円(税抜)

ブラシ部分に肌あたりがやわらかく、くせの付きにくい植物由来のポリエステル繊維を使用した携帯用チークブラシです。持ち運びに便利な全長約153mmのサイズ。無印良品には、繰り出し式の携帯用チークブラシもあります。

公式HPはこちら(推奨)

ETVOS(エトヴォス) パウダーブラシ

エトヴォス パウダーブラシ価格:2,000円(税抜)

毛先を斜めにカットしている、チークやハイライトにおすすめのメイクブラシです。適度な毛質・毛量で筆が肌にフィット、するすると頬をすべらせるようにチークを広げられます。なめらかに広がったチークが頬を鮮やかに彩ってくれるでしょう。

公式HPはこちら(推奨)

3.チークブラシのお手入れ方法

チーク ブラシ 人気ここでは、チークブラシのお手入れ方法をご紹介します。

せっかくお気に入りのチークブラシを購入しても、大切に使わなければすぐに傷んでしまうこともあるでしょう。
汚れているチークブラシを使い続けることは、美容を考えるうえでもよくありません。

5ステップでチークブラシのお手入れ方法をご紹介していきましょう。

ステップ1【ブラッシングする】

チークブラシ 洗い方 1
チークブラシは洗い始める前に、ブラシやコームでとかしておきましょう。

少しずつほぐしていくようなイメージで、無理に引っ張らないようにやさしくとかすことがポイントです。

ステップ2【容器に水と中性洗剤を入れる】

チークブラシ 洗い方 2ぬるま湯を入れた容器に、数滴中性洗剤を入れます。

ステップ3【ブラシの毛先から根元部分までをぬるま湯に入れる】

チークブラシ 洗い方 3
ブラシの毛先から根元部分までを、中性洗剤入りのぬるま湯に入れ、軽く振りながら洗います。

このとき、ブラシの金属部分に中性洗剤入りのぬるま湯がつかないように注意しましょう。

ステップ4【しっかりとすすぐ】

ブラシに中性洗剤が残らないようにしっかりとすすぎましょう。

洗剤の泡が立たなくなるまですすぐことが、大切です。

ステップ5【水気を取り、日陰で干す】

チークブラシ 洗い方 4最後にタオルなどにはさんで水気を取り、日陰で干して終了です。

おまけ【毎日のお手入れも大切】

チークブラシ 5チークブラシを使用した後は、ティッシュにブラシを軽く押し付けましょう。

定期的にチークブラシを洗うこともおすすめですが、毎日使用した後に行う簡単なお手入れも大切なのです。

少しでもチークブラシにたまっていくチークや汚れを少なくしましょう。

4.まとめ

チーク ブラシ 人気チークブラシの選び方や肌らぶ編集部おすすめのチークブラシ特集などをご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか?

「新しいチークブラシを購入してみようかな」とお考えの方の、ショッピングの際の参考になれば幸いです。

自分が思い描く頬の彩りを実現するべく、とっておきのチークブラシを手に入れましょう!
お気に入りのチークブラシが見つかった方は、ぜひ日々のお手入れにも気を使ってみてくださいね♪