2017年7月13日 更新

ぷるんとなめらかなお尻を目指す!7つのお手入れポイント

お尻 お手入れ 黒ずみ「お尻がざらざらしている」「お尻にハリがない」「お尻がなんだかくすんでみえる…」
お尻にコンプレックスがあって、お尻のお手入れ方法を知りたいと思っていませんか?

普段はなかなか見られない部位ですが、温泉やプールなど、いざというときのためにキレイなお尻にしておきたいですよね!
そこで今回は、お尻のお手入れ方法についてご紹介していきます。



1.お尻にお手入れが必要なわけ

お尻 お手入れ 黒ずみ

じつはお尻は、生活の中でさまざまな負担がかかっている部分の1つです。
ここでは、お尻に負担をかけてしまう原因を3つご紹介します。デスクワークが中心で、椅子に座っていることが多いという方には特にお尻をきちんとお手入れすることをおすすめします!

【お尻にかかる負担】
・摩擦などの負担
・体重による負荷

■摩擦などの負担

お尻 お手入れ 黒ずみ

肌は、摩擦などの負担を受けることによってゴワついたり、黒ずみのようにくすんでみえてしまうことがあるといわれています。

具体的には、以下のようなことが、お尻の負担になる可能性があります。

・下着や衣類などの擦れ
・お尻をゴシゴシ洗う
・イスなどに座るときの圧力 など

下着などの擦れや、お尻を洗うときなどの直接的な摩擦や負担だけではなく、イスに座ったときの圧力や衝撃などもお尻の負担になると考えられています。
また摩擦によって、お尻にできたニキビが潰れてしまうと、ニキビ跡になってしまうこともあります。

■体重による負荷

お尻 お手入れ 黒ずみ

座る時間が長い方は特に、体重がかかることでお尻に負担をかけてしまうことがあります。
体重の負荷によってお尻の血行が悪くなると、古い角質が落ちずに肌がごわついたり、肌がくすんでみえてしまう原因になることがあります。

2.お尻のお手入れ|7つのポイント

お尻 お手入れ 黒ずみ日常生活で負担のかかりがちなお尻をお手入れするには、できるだけ負担を避けることと、お尻の肌を整えてすこやかに保つためのスキンケアが大切です、
ここでは、ぷるんと整った、なめらかなお尻を目指すお手入れのポイントを7つご紹介します。毎日の生活に、ぜひ取り入れてみてください。

■摩擦・負担を与えない

お尻 お手入れ 黒ずみ

ぷるんとなめらかなお尻を目指すために、できるだけ摩擦や負担は避けましょう。

日常の中では、特に以下のことに気を付けてみて下さい。

・触らない、掻かない
・通気性の良い、綿・シルクなどの素材の下着を選ぶ
・イスに長時間座るときは、クッションなどで負担を減らす
・体を洗うときは、手で泡を良く立てて洗う
・お風呂上りは、柔らかいタオルで拭く  など

■お尻を清潔に保つ

お尻 お手入れ 黒ずみ

お尻はいつも下着に包まれていて汗をかきやすく、蒸れやすい部分だといわれています。
蒸れてお尻の環境が悪くなるとニキビやあせも、痒みの原因になることもあります。
以下のことを意識して、できるだけ清潔に保ちましょう。

・座っているときは、こまめに立ち上がって蒸れを逃がす
・汗をかいたら、トイレのときなどに拭く
・お尻を洗った後はしっかりすすぐ など

■保湿

お尻も他の部分と同様に、肌にうるおいを与えてすこやかに保つことが大切です。
お風呂上りや朝のお手入れ時間には、お尻までしっかり保湿をしましょう。

ここでは、肌らぶ編集部おすすめの保湿アイテムをご紹介します。お尻用としてつくられた、肌にしっとりと潤いを与えてくれる保湿アイテムを選びました。

~おすすめの保湿アイテム~
Peach Rose【医薬部外品】
お尻 黒ずみ ピーチローズ

お尻用としてつくられた保湿ジェルです。ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなどの保湿成分が含まれています。肌にすっと馴染むジェルタイプなので、お手入れ後に下着を身に着けてもベタつきがなく使いやすいのがポイントです。

公式HPはこちら(大)

■ピーリング

お尻がごわつく場合や古い角質によってくすんでみえる場合には、ピーリングによって汚れや古い角質を洗い流すお手入れもおすすめです。

ただし、ピーリングはあまり頻繁にすると肌の負担になることもあるといわれています。週1回程度を目安に、お使いのピーリング料の説明書きを守って使いましょう。
また、ピーリングの後は、必ず保湿をするようにしてください。

ここでは、肌らぶ編集部おすすめのピーリングアイテムをご紹介します。
お尻用としてつくられた、保湿成分が配合されたピーリングアイテムを選びました。

~おすすめのピーリングアイテム~

シアクル スベリージュ
お尻 黒ずみ シアクルスベリージュ

すべすべのなめらかなお尻を目指したい方におすすめの、お尻の角質ケア用ジェルです。ジェルタイプで肌触りがやわらかく、古い角質を取り除きます。ヒアルロン酸・カモミラエキスなどの保湿成分配合です。

公式HPはこちら(大)

■お尻のマッサージ

お尻 お手入れ 黒ずみ

やさしくお尻をマッサージすることで、お尻の血行をよくすることが期待できます。
ぷるぷるのキレイなお尻を目指してマッサージしましょう!

手順1:手を洗い、清潔な状態にする
手順2:摩擦を抑えるため、保湿ジェルなどを塗る
手順3:お尻全体を、指の腹や手の平で優しくもほぐす

このとき、お尻の肉が下がらないよう、下から上へ揉んでいきましょう。
お尻が柔らかく、温かくなってきたと感じる程度まで繰り返します。

※ニキビや吹き出物などがあるときは、潰さないよう、その部分をのぞいてマッサージしましょう。

■湯船に浸かる

お尻 お手入れ 黒ずみ湯船で体を温めると、血行がよくなることが期待できます。
ポイントは、少しぬるめのお湯にすることです。お湯が熱すぎると、必要な皮脂まで落として肌を乾燥させてしまうことがあるためです。

ぬるめのお湯にのんびり浸かって、リラックスしましょう。

■質の良い睡眠を取る

お尻 お手入れ 黒ずみ質の良い睡眠を取ることも肌を整えるためには大切なポイントです。
質の良い睡眠によってからだのリズムも整いやすくなるといわれています。

質の良い睡眠を取るためのポイントを3つご紹介します。

・夕方以降は仮眠しない
・眠る環境を整える(照明を暗くする・枕元に携帯などを置かないなど)
・就寝1時間前には体をリラックスさせる(ストレッチ・ぬるま湯に浸かるなど)

3.まとめ

お尻 お手入れ 黒ずみなめらかで整った、キレイなお尻を目指すために取り入れたいお手入れ方法をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

キレイなお尻を保つためには、毎日の積み重ねがとても大切です。
今日からでもできることから始めて、むきたての桃のようにぷるんとなめらかな、お尻美人を目指しましょう!