メニューを開く
アスタリフト;

幸せ顔はチークで演出!自分に似合うチークの選び方

shutterstock_451097701

「お店や雑誌で一目ぼれして買ったチーク。いざつけてみると、なんとなく肌に馴染まない・・」そんな経験はありませんか?

チークは、自分の肌色に合っていないものを選んでしまうと、肌浮きしやすくなったり、くすんだ印象を与えてしまう事もあります。

今回は、肌色に合うチークの選び方とシーン別のおすすめチークをご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.自分に似合うチークの選び方

チーク

自分に似合うチークを選ぶ際、意識すべきポイントのひとつが肌色です。

まず初めに、自分の肌のベース色を確認していきましょう。

1-1. 「イエローベース」と「ブルーベース」の見分け方

肌色は大きく分けて2つの種類があります。

それぞれの特徴に、より当てはまる方があなたのベースカラーといわれています。チェックしてみましょう。
ブルーベース・イエローベース
■イエローベースの特徴■
イエローベースは、黄色みを帯びた温かみのあるイメージの色です。

・どちらかというと色黒で肌が黄み寄り
・唇の色がサーモンやピーチ色寄り
・手の色は黄色~オレンジのような色味
・日焼けをすると小麦色になりやすい
・真っ白な色よりもクリーム色の方が似合う
・シルバーよりゴールドの方が肌のなじみが良い

■ブルーベースの特徴■
ブルーベースは、青色みを帯びた涼しげで爽やかなイメージの色です。

・どちらかというと色白で肌が青み寄り
・唇の色が桜色やローズ色寄り
・手の色は青色~赤紫のような色味
・日焼けをすると肌が赤くなりやすい
・クリーム色よりも真っ白な色の方が似合う
・ゴールドよりシルバーの方が肌なじみが良い

1-2.【ベースカラー別】相性のよい色

自分自身のベースカラーが分かったら、次は似合う色を確認しましょう。

Pocket
LINEで送る