メニューを開く

幸せ顔はチークで演出!自分に似合うチークの選び方


Pocket
LINEで送る

チーク
「お店や雑誌で一目ぼれして買ったチーク。いざつけてみると、なんとなく肌に馴染まない・・」そんな経験はありませんか?

チークは、自分の肌色に合っていないものを選んでしまうと、肌浮きしやすくなったり、くすんだ印象を与えてしまう事もあります。

今回は、肌色に合うチークの選び方とシーン別のおすすめチークをご紹介します。



1.自分に似合うチークの選び方

自分に似合うチークを選ぶ際、意識すべきポイントのひとつが肌色です。

まず初めに、自分の肌のベース色を確認していきましょう。

 

1-1. 「イエローベース」と「ブルーベース」の見分け方

肌色は大きく分けて2つの種類があります。

それぞれの特徴に、より当てはまる方があなたのベースカラーといわれています。チェックしてみましょう。

肌
covermark

■イエローベースの特徴■
イエローベースは、黄色みを帯びた温かみのあるイメージの色です。

・どちらかというと色黒で肌が黄み寄り
・唇の色がサーモンやピーチ色寄り
・手の色は黄色~オレンジのような色味
・日焼けをすると小麦色になりやすい
・真っ白な色よりもクリーム色の方が似合う
・シルバーよりゴールドの方が肌のなじみが良い

■ブルーベースの特徴■
ブルーベースは、青色みを帯びた涼しげで爽やかなイメージの色です。

・どちらかというと色白で肌が青み寄り
・唇の色が桜色やローズ色寄り
・手の色は青色~赤紫のような色味
・日焼けをすると肌が赤くなりやすい
・クリーム色よりも真っ白な色の方が似合う
・ゴールドよりシルバーの方が肌なじみが良い

1-2.【ベースカラー別】相性のよい色

自分自身のベースカラーが分かったら、次は似合う色を確認しましょう。

【イエローベース】と相性の良い色
チーク口紅01
イエローベースにおすすめ色は肌に馴染みやすい黄み寄りのカラーです。

チーク_選び方01

【ブルーベース】と相性の良い色
チーク口紅02
ブルーベースにおすすめ色は、透明感の出る青み寄りのカラーです。
チーク_選び方02

2.チークの種類と特徴

チークには、大きく分けて3つの種類があります。それぞれ特徴が異なるので、好みの質感や雰囲気に合わせて選びましょう。

2-1.パウダーチーク(固形)

パウダーチークは一般的なプレスドパウダー状のチークです。

ブラシを使用することで、ふんわりとした仕上がりになります。

chi-ku

POLA ミュゼル ノクターナル フェイスカラー

2-2.クリームチーク(練り状)

クリーム状のチークは内側からにじみ出るような仕上がりが魅力的です。しっかりと発色させたい時におすすめです。

ウィセ

Visee(ヴィセ)

2-3.リキッドチーク(液体状)

リキッドタイプのチークは液体状なので、肌色を生かしながら色味をだします。

肌の奥からにじみ出るような柔らかな発色で、透明感のある肌を演出します。

アディクション
ADDICTION(アディクション)

3.シーンに合わせたチークの選び方

チークの色は、シーンに合わせて使い分けると、洋服の雰囲気や魅力をより引き出すことが出来ます。

■元気で健康的なイメージ(フレッシュ)
⇒明るめのオレンジ・ピンク・レッド

<イエローベース>
OR05
DHC フェースカラーパレットEX OR05

 

<ブルーベース>
RD04
DHC フェースカラーパレットEX RD04

 

■可愛くてガーリーなイメージ(キュート)
⇒柔らかいピンク系(コーラルピンク・ベビーピンク)

<イエローベース>
PE02
DHC フェースカラーパレットEX PE02

<ブルーベース>
PK01
DHC フェースカラーパレットEX PK01

■大人っぽく知的なイメージ(クール・エレガント)
⇒落ち着いて見えるベージュ系・ローズ系

<イエローベース>
BR06

DHC フェースカラーパレットEX BR06

<ブルーベース>
RS03
DHC フェースカラーパレットEX RS03

4.肌質や仕上がりに合わせたチークの選び方

チークの種類は、肌質や仕上がりの好みで選ぶことも可能です。ここでは、チークの種類ごとに合う肌質と仕上がりをご紹介します。

4-1.パウダーチーク

パウダーチークは「粉」で出来ているので、さらっとした仕上がりでテカリにくい特徴があります。

そのためオイリー肌や混合肌の方など、テカリや化粧が崩れやすい方におすすめです。

4-2.クリームチーク&リキッドチーク

クリームやリキッドなどの液体チークは、やや濡れたようなツヤ感のある仕上がりが特徴です。

肌をしっとりと仕上げたい乾燥肌の方や混合肌の方におすすめです。

 

5.年代に合わせたチークの選び方

ここでは、年代に合わせた、チークのおすすめカラーをご紹介します。

 

5-1.20代におすすめの色

20代の方は可愛らしくピュアな印象を与える雰囲気のレッドやピンク色のチークがおすすめです。

PI01
ミュゼル ノクターナル フェイスカラー PI01

5-2.30代におすすめの色

30代からのチークは、可愛らしさと上品さを演出できる肌色に近いピーチやローズ色がおすすめです。

RO01
ミュゼル ノクターナル フェイスカラー RO01

5-3.40代におすすめの色

40代からのチークは、肌に自然な血色感を与える柔らかいピンクやオレンジなどの色味がおすすめです。

CO01
ミュゼル ノクターナル フェイスカラー CO01

6.チークの濃淡バランスについて

チークの濃淡は、「メイクの全体バランス」+「なりたいイメージ」によって決めましょう。

【可愛らしい雰囲気にしたい時】・【甘い仕上がりにしたい時】はチークを主役にして、【大人っぽく仕上げたい時】・【ナチュラルに仕上げたい時】は、チークを主役にせず、抑えめにしてあげることをおすすめします。

チークが主役のメイク

ち
heather

 

■チークを抑えめにしたメイク

567
GLAM

7.チークを綺麗につけるポイント

ここでは、チークを綺麗につけるポイントをご紹介します。

7-1パウダーチークの場合

<チーク用のブラシを使用する>
パウダーチークを使用する際は、チーク専用のブラシを使用することをおすすめします。

チーク専用のブラシを使用することで、色も綺麗に発色しやすく、ムラなく仕上がりやすくなります。

POLA

POLA ミュゼル ノクターナル フェイスカラーブラシ

<パウダーチークをつける際は余分な粉を落とす>
チークブラシは、しっかりとチークを含ませてから使用しないと乗せたときに付けすぎてしまったり、ムラになってしまいます。

必ず手の甲などで余分な粉を落とし、ブラシに含ませましょう。

7-2 .練りチーク・液体チーク

<きちんと肌に馴染ませる>

練りチーク・液体チークは、指先やスポンジを使って馴染ませながら使用するのですが、馴染ませ方が甘いとムラになってしまうので鏡で横顔も意識しながら叩き込むことがポイントです。

ただ、力を入れ過ぎると下に乗せたファンデーションがよれてしまうので優しく馴染ませましょう。

<つける範囲を意識する>
練りチーク・液体チークは、適当に広げてしまうと広がりすぎて赤ら顔のようになってしまいます。

1度チークのつける幅を広げ過ぎてしまうと、修正が大変なので、付ける範囲は理想よりもやや小さめから始めることをおすすめします。

8.まとめ

チークは、顔全体の印象を決める重要なアイテムです。

自分の肌色や、なりたいイメージに合わせて、自分至上NO1のお気に入りチークを見つけましょう!

この記事は2016年5月4日時点での情報になります。

また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。

 


Pocket
LINEで送る