メニューを開く
2017年5月26日 更新
PR

肌なめらか!クレンジングミルクでメイクをキレイに落とす方法

クレンジングミルク プチプラ 1肌荒れや乾燥でお悩みの方は、毎日のクレンジングが原因の一つかもしれません。

そんな人におすすめしたいのが、クレンジングミルクです。

今回はクレンジングミルクの特徴・使い方、クレンジングミルクの仕組み・支持されている理由などをご説明していきます。

【通販限定】1,400円+税で試せる!
『ブライトエイジ』10日間トライアルセットはこちら>>>






ブライトエイジ バナー

◆肌らぶセレクション◆

BRIGHTAGE ブライトエイジ クリア ミルククレンジング(医薬部外品)
ブライドエイジ クリアミルククレンジング

製薬会社である第一三共ヘルスケアの技術を集結させて開発された薬用エイジングケア※1シリーズ「ブライトエイジ」のクレンジングミルクです。

なめらかに伸び、しっかりメイクもするすると浮かせて洗い流します。メイクがするんと落ちるのは、アクアゲルに包んだオイル粒子がすばやくメイクとなじむから。くすみ※2もすっきりと洗い流し、透明感のある肌に導きます。

濡れた手でもOK&ポンプタイプなので、お風呂で使いやすいのも嬉しいポイント。まずは初回限定でブライトエイジをお得に試せるトライアルセット【1,400円+税】から初めてみては?(2017年5月時点)※1 年齢に応じた保湿のお手入れのこと ※2 古い角質による汚れ

公式HPはこちら(オレンジ)

1.クレンジングミルクの特徴

女性 ミルク クレンジングミルクの特徴は、なめらかなテクスチャーです。そのため、肌の乾燥や肌荒れが気になる方にも、比較的使いやすいタイプのクレンジングと言えます。

クレンジングミルクは、メイクなどの汚れの落ち方がおだやかな傾向にあります。

軽いアイメイク(お湯で落とせるマスカラなど)やベースメイクなどであればクレンジングミルクで落とすことができますが、しっかりアイメイクをする場合は、ポイントメイクリムーバーを併用しましょう。

2.【メイクの濃さ別】クレンジングミルクで落とせるメイクの範囲

メイクの濃さ別に、一般的にクレンジングミルクが活用できるとされる範囲をご紹介します。

クレンジングで大切なことは、メイクによってクレンジングの種類や使い方を変えることです。

クレンジングミルクで落とせるメイクの範囲を超える場合は、メイクを薄くする工夫をするか、もしくは他タイプのクレンジング料と使い分けをするとよいでしょう。

■ナチュラルメイク

ナチュラル アイメイク
目元はお湯で落とせるマスカラなどの軽いアイメイク、ベースメイクはパウダーファンデーションやBBクリームなどのナチュラルメイクの方は、クレンジングミルクでメイクを落とすことができます。

■ナチュラルメイク+ポイントメイク

女性 アイメイク
目元にウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用している方は、ポイントメイクリムーバーでアイメイクを先に落としてから、クレンジングミルクを使いましょう。

■しっかりメイク

ビーチ 女性
ウォータープルーフのファンデーション・リキッドファンデーション・日焼け止めなどは、クレンジングミルクではなかなかきれいに落としにくいものです。

クレンジングミルクを使用したい場合は、洗顔で落とすことのできる日焼け止めやパウダーファンデーションを小まめに塗り直すなどの工夫をするとよいでしょう。

また、日常生活において、日焼け止めは小まめに塗り直すことが大切です。 プールや野外スポーツなどで、どうしてもウォータープルーフのベースメイクをする場合は、オイルタイプのクレンジング料でしっかり落とすことをおおすすめします。

3.クレンジングミルクの使い方

3-1.準備するもの

・ポイントメイクリムーバー ・コットン ・クレンジングミルク

3-2.使用量

クレンジングミルクの一回の目安量は、ポンプのもので4~5プッシュ、500円玉程度です。 顔全体に伸ばしたときに、指が肌の上を楽にすべるくらいの量を手に取りましょう。

3-3.手順

① ポイントメイクリムーバーで先にアイメイクを落とす

アイメイクをしている場合は、ポイントメイクリムーバーでクレンジングをしましょう。

たっぷりのリムーバーをコットンになじませ、アイメイクに被るように目元にのせます。
5秒待ってから、すべらせるようにしてメイクを拭きとってください。

アイメイクが多少残ってしまっても、こすったりせずに次のステップに移って大丈夫です。

② 乾いた手にミルクを取り、手の平で温める

クレンジングクレンジングミルクは、肌になじませる前に両手のひらで温めましょう。 なぜミルクを温めるのかは、次の「3-1.なぜ温めてから使うのか」でご説明します。

③  目元以外の顔にのせる

顔にまんべんなく行き渡るように、丁寧にミルクを広げましょう。

④ 顔全体になじませる

顔の内側から外側に向かって、クルクル円を描くようになじませていきます。
小鼻や額など、皮脂が多いところは汚れが定着しやすいのでしっかりとなじませましょう。

顔全体を2~3回繰り返しなじませます。

⑤  目元になじませる

手に残ったミルクを目元になじませます。ミルクが少ないと感じたら、追加してください。

⑥ ぬるま湯で少しずつ洗い流す

ぬるま湯を少しずつ使って、丁寧に洗い流しましょう。詳しくは、「3-2.「再乳化」させて洗い流す」でご説明します。

3-4.注意点

顔や手に水分があったり、お風呂などの湿気が多い場所でクレンジングを行うと、ミルクがメイクとなじみにくい場合があります。 なるべく乾いた状態でクレンジングをするようにしてください。

4.クレンジングミルクの仕組み

4-1.なぜ温めてから使うのか

クレンジングミルクの使い方に「②乾いた手にミルクを取り、手の平で温める」とありましたが、それは成分の仕組みに理由があります。 ロゴあり:クレンジングジェル 使い方 転相
油分が含まれたミルクは、油が水に包まれている状態です。このミルクは人肌などで温まることによって水分が蒸発し、今度は油が水を包み込んだ状態になります。
この油分が、メイクや皮脂を落としやすくしてくれます。

4-2.「再乳化」させて洗い流す

クレンジングミルクの使い方に「⑤ぬるま湯で少しずつ洗い流す」とありました。

これは「油に水が包まれた状態」のミルクを、再度「水が油を包んだ状態」に戻す「再乳化」と呼ばれる現象を起こすために行います。
再乳化することで、肌のクレンジング料や汚れを 残さず洗い流しやすくなるといわれています。

ロゴあり:クレンジング 転相 使い方

5.クレンジングミルクが支持されている理由

5-1.テクスチャーがなめらか

クレンジングミルクは、メイクとなじませるときのすべりが良く、なめらかなテクスチャーが特徴です。

伸びもよいので、なるべくこすらず肌になじませることができます。

繊細な肌のために、クレンジングでもできるだけ肌をこすらないことが必要なのです。

5-2.不要な汚れを落とせて、肌がしっとりする

洗顔しない クレンジングミルクは、メイクや不要な皮脂汚れを落としたあとの肌に、しっとり感を得やすいことが特徴です。

洗顔やクレンジングによって、肌が乾燥したりデリケートになりやすい方もいます。

そのような方はクレンジングミルクを使用したり、クレンジングミルクの中でも、洗顔が同時にできるものを活用するのも一つの手段です。

6.肌らぶ編集部おすすめクレンジングミルク

今回は、肌らぶ編集部おすすめのクレンジングミルクを、使用シーンに応じて選べるよう以下の3タイプに分けてご紹介します。

気になった方はぜひ、試してみてくださいね。

6-1.肌らぶ編集部おすすめ!W洗顔不要のクレンジングミルク

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい、W洗顔不要のクレンジングミルクをご紹介します。

今回は、初めての方でも気軽に購入しやすいよう、お試しサイズが販売されているものを選びました。時短ケア派の方や面倒くさがり屋の方は、ぜひ参考にしてみてください。

テラクオーレ ダマスクローズクレンジングミルク
テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルク
価格:3,500円(税抜) ※お試しサイズ(おひとり様1点限り)は1,500円(税抜)
容量:125ml ※お試しサイズは50ml

【肌らぶ編集部コメント】
朝摘みのオーガニックダマスクローズを使用した、まるで美容液のような使用感のクレンジングミルクです。

肌にうるおいとハリを与える「ローズエキス」などを配合。ぷるぷるとしたテクスチャーのミルクで肌を包みこみ、メイクや毛穴に詰まった汚れなどを浮かせて洗い流します。クレンジングと洗顔の役割を兼ねているので、夜のスキンケアを短縮したい方にもおすすめ。洗顔料としてもお使いいただけます。

ピュアでみずみずしい、ダマスクローズの香り。鉱物油、合成着色料、合成香料、石油系界面活性剤、パラベン、アルコール不使用。

公式HPはこちら(オレンジ)

6-2.肌らぶ編集部おすすめ!持ち運びに便利なチューブタイプのクレンジングミルク

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい、チューブタイプのクレンジングミルクをご紹介します。

今回は、片手でも開封がしやすい、ワンタッチキャップのものを選びました。旅行時や温泉、ジムなどに持ち運びしやすいクレンジングミルクをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ママバター クレンジングミルク
ママバター クレンジングミルク
価格:1,500円(税抜)/2,071円(税抜)
容量:130g/240g

【肌らぶ編集部コメント】
クレンジングと洗顔が1ステップになった、オーガニックラベンダーの香りが特徴的なクレンジングミルクです。

保湿成分として「シアバター」やエコサートオーガニック認定の「ホホバ種子油」などを配合。肌にうるおいを与えながらメイク汚れを洗い流し、透明感のあるすこやかな肌に導きます。

公式オンラインショップ限定で、ラージサイズの240gも販売されています。通常サイズよりもお得な価格なので、家族で使用する方やたっぷり使いたい方におすすめ。

シリコン、パラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料不使用。

公式HPはこちら(オレンジ)

6-3.肌らぶ編集部おすすめ!濡れた手でも使えるクレンジングミルク

ここでは、濡れた手でも使えるクレンジングミルクをご紹介します。

今回は、適量を手に取りやすいポンプタイプのものを選びました。お風呂場などで使用したい方はぜひ参考にしてみてくさだいね。

カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク 
カバーマーク クレンジングミルク
価格:3,000円(税抜)
容量:200ml

【肌らぶ編集部コメント】
ファンデーションがすっきり落とせて、化粧水を忘れるほどのうるおい感を感じられるクレンジングミルクです。

保湿成分「MCキトサン」を配合。軽くなじませるだけでメイク汚れを浮き上がらせすっきりと洗い流します。その後、水のヴェールを形成し、もっちりとしたうるおい感のある肌に整えます。水やお湯で洗い流しやすく、クレンジング料が肌に残りにくいのも嬉しいポイント。

濡れた手でも使用できるので、お風呂場での使用もおすすめです。オレンジ、アトラスシーダー、ノバラなど9種のエッセンシャルオイルの柑橘系のほのかな香り。

公式HPはこちら(オレンジ)

7.まとめ

クレンジングミルクは、なめらかでしっとりした使い心地が特徴。

やわらかいテクスチャーが肌への摩擦を少なくしてくれるので、肌が乾燥しがちなときにも便利です。

一度にすべてのメイクを落とそうとするのではなく、目元や口元のメイクを先に落とした後に、クレンジングミルクで全体のメイクを落としてください。

自分の肌に合ったクレンジングミルクを使い、肌のうるおいをキープしましょう。

この記事は2017年5月24日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

【通販限定】1,400円+税で試せる!
『ブライトエイジ』10日間トライアルセットはこちら>>>



ブライトエイジ バナー


   

Pocket
LINEで送る