メニューを開く
アスタリフト;

コラーゲンペプチドとコラーゲンの違い?コラーゲン摂取のポイント!

lgf01a201409060900
みなさんはコラーゲンを普段の美活に摂り入れていますか?
しかし、「コラーゲン」と一言に言っても食品や化粧品、サプリやドリンクと、取り入れる方法はさまざまです。
あまりにも選択肢が多すぎて、どの形でどのくらいの摂取量を摂ることが理想なのか分からなくなっていませんか?

さらには、「コラーゲン」や「コラーゲンペプチド」、「低分子コラーゲン」のように、微妙に異なる名前を目にして、余計に困惑!している方も少なくはないはず。
そこで今回は、皆さんが気になっている「コラーゲン」と「コラーゲンペプチド」の違いや「コラーゲン」の正体、コラーゲンの理想的な摂取方法・摂取量などをご紹介します。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、食生活で摂取できなかった不足分を補う食品として、目安量を参考にし、摂りすぎに気をつけましょう。



astalift
astalift

1 コラーゲン・ゼラチン・ペプチドの違い

それでは早速、「コラーゲン」と「コラーゲンペプチド」の違いについてご説明しましょう。

まず「コラーゲン」と「コラーゲンペプチド」の違いを簡単に説明すると、コラーゲンを酵素分解し、分子量を小さくすることで作られるものが「コラーゲンペプチド」だといわれています。

酵素分解により「コラーゲン」よりも分子量が小さくなっているため、「コラーゲン」よりも肌に吸収されやすいという特徴を持っているようです。

また、今回は「コラーゲン」と「コラーゲンペプチド」の違いを語る上で、外すことのできない「ゼラチン」についてもご一緒にご説明します。
「コラーゲン」と「ゼラチン」、「コラーゲンペプチド」それぞれの違い、特徴を見てみましょう。

◆コラーゲン

collagen03
タンパク質の一種であり、動物や魚の皮や骨に含まれている成分です。

約20種類のアミノ酸がつながった、「ポリペプチド鎖」が3本、左巻きのらせんを描く形で絡み合った、細長い棒状の分子構造を持っているといわれており、分子量がやや大きいそうです。

水に溶けにくく、そのため消化吸収に時間がかかるという特徴を持っているため、健康食品へ配合する際は、消化吸収しやすくなるよう加工がされているようです。

コラーゲンを多く含む代表的な食材には、鶏の手羽先や豚骨、モツ、レバー、フカヒレなどが上げられます。

魚のアラや手羽先などを煮る際、乳白色の煮こごりが出てきますよね。あれが皮や骨からにじみ出たコラーゲンです。

◆ゼラチン

collagen01
消化吸収しにくいコラーゲンを消化吸収しやすくするため、水と共に加熱し、抽出・精製したものがゼラチンです。

コラーゲンは加熱することで、絡み合っていた「ポリペプチド鎖」がバラバラになる変性が起こるといわれています。

過熱による変性で分子量が小さく分解されるため、コラーゲンよりも消化吸収しやすいといわれています。

しかし、加熱によりバラバラになったポリペプチド鎖は、冷却されることで再び、らせんを描くように絡み合うとされており、その影響により、ゼラチンは冷却することでゼリーのように固まるという特徴を持っているといわれています。

そのため健康食品、中でもドリンクのような液状への配合は不向きだといえるようです。

◆コラーゲンペプチド

collagen02
ゼラチンをさらに消化吸収しやすくするため、酵素分解することで分子量をさらに小さくしたものが、コラーゲンペプチドだといわれています。

コラーゲンペプチドは水に溶けやすく、消化吸収率が良く、冷却しても固まることはないとされています。そのため健康食品などへ配合しやすいという特徴を持っています。

一般的にサプリやドリンクなどに書かれている「コラーゲン」は、この「コラーゲンペプチド」を指していることが多いようです。

[コラーゲン・ゼラチン・コラーゲンペプチドの変化の図解]
collagen04

2 コラーゲンの1日の摂取量

collagen05
ここでは、コラーゲンの魅力を最大限に実感するため、知っておきたいコラーゲンの1日の摂取量の目安についてご説明します。

コラーゲン、またはコラーゲンペプチドの1日の摂取量には、はっきりとした目安はありません。
むしろコラーゲンは「1日あたりの摂取量」よりも「コラーゲンを毎日摂り続けること」が大切だとされています。

それは、体内のコラーゲンが分解、生成を毎日繰り返すことで、少しずつ減少していくという特徴を持っているからだといわれています。
そのため、コラーゲンの補給もまた、毎日欠かさずに行うことが大切だといえるのです。

また、「コラーゲンを1日に○㎎摂らなくちゃ」と考えるよりは、「少しづつでも良いから、コラーゲンを毎日摂るようにしよう」と考えた方が、無理なく継続してコラーゲンを摂取し続けることができますよね。

コラーゲン摂取の理想は、日々の食事の中で自然にコラーゲンを摂取することにあります。
とはいえ、日頃からコラーゲンを摂るよう意識をしていても、毎日続けていくことはなかなか難しいものがありますよね。

そういう時は、コラーゲン配合健康食品を、「サポート」として摂り入れることもできます。

「今日はコラーゲンを含む食材をあまり食べなかったな」という時や、「明日はデートだから、コラーゲンをもっと摂りたいな」という時に、食事で摂取しきれなかった分のコラーゲンを「サポートする」ために、コラーゲン配合の健康食品を取り入れてみましょう。

3 コラーゲンを摂取する際のポイント

collagen06
ここでは、コラーゲンを摂取する際に、押さえておきたいポイントをご紹介します。

コラーゲンは、理想摂取量を毎日取り続けていれば良い、という訳ではありません。
せっかく摂取するのであれば、コラーゲンの魅力を存分に引き出すことのできる、効率的な形で摂取したいですよね。

コラーゲンをより効率的に摂取するポイントは大きく分けて3つあります。

是非、コラーゲンやコラーゲンペプチドを摂取する際の参考にしてみてください。

3-1コラーゲンは吸収されやすい状態で取り入れよう

collagen07
コラーゲンを摂り入れる際は、コラーゲンを体内へ吸収しやすい状態、つまり分子量が小さく、低分子化された「ペプチド」の状態で取り入れることが良いとされています。

先にもお話したように、コラーゲンは分子量が大きいため、体内への吸収に時間がかかるという特徴があります。

そのため、コラーゲンを多く含む食材からの摂取では補いきれなかったコラーゲン摂取量は、分子量を低分子化した「コラーゲンペプチド」が配合されている健康食品で摂り入れると、効率的に補うことができると考えられています。

市販されているコラーゲンドリンクやサプリなどは、すでに分子量を低分子化した「コラーゲンペプチド」の状態でコラーゲンが配合されていることが多いようです。

とはいえ、「1日の理想摂取量をコラーゲンドリンクで摂取しているから大丈夫」という訳ではありません。

私たち人間は、身体を健やかに保つため多くのタンパク質を必要としています。
コラーゲンを多く含む食材を食事に積極的に取り入れることは、コラーゲンだけでなくタンパク質の摂取に繋がります。

コラーゲンドリンクやサプリといった健康食品はあくまで「サポート」として考え、普段の食事からコラーゲンやタンパク質を多く含んだ食材を積極的に取り入れ、バランスの取れた食事を心がけることも大切です。

3-2コラーゲンと共に、ビタミンCも摂取しよう

collagen08
コラーゲン・コラーゲンペプチドを取り入れる際は、コラーゲンと共にビタミンCを取り入れることがポイントです。
ビタミンCは、美容と繋がりの深い有名な成分ですが、体内でコラーゲンを再生成する際にも欠かすことができない、大切な成分と言われています。

そのため、ビタミンCは不足してしまわないよう、常に意識して摂取することが大切になります。

ビタミンCは、人間の身体にとってとても重要な役割を担っていますが、体内で生成することができないため、体外からの摂取により補うことしかできない成分なのです。

コラーゲンは、3本のポリペプチド鎖が絡み合うことでできる、らせん状の細長い分子構造をしており、ビタミンCは、らせん構造を強化する役割を担っているといわれています。

そのため、ビタミンCが欠乏した状態でコラーゲンを生成すると、らせん構造がとてももろい状態のコラーゲンが生成されてしまうとされているのです。

以上のことから、しっかりとした強いコラーゲンを生成するためには、コラーゲンと一緒に、ビタミンCも摂取することがポイントだといえます。

3-3コラーゲンドリンクは、自分のライフスタイルに合った飲み方をしよう

collagen09
コラーゲンドリンクは毎日欠かさず飲むことが大切であり、摂取する時間に関しては決まりがある訳ではありません。
「朝起きたタイミングで飲むのが効率的」や「夜、お風呂上りに飲むことが効率的」など、コラーゲンドリンクを飲む時間帯に関しては、さまざまな意見がありますが、健康食品はいつ飲んでも良いのです。

この章の冒頭でもお話ししたとおり、コラーゲンを摂取する際は、毎日の継続がとても大切です。
「朝に飲まなくちゃ」や「夜寝る前に飲まないと」など、決まりごとが増えると、一度でも決まりを破ってしまった時に継続する気持ちが少なくなったり、億劫になってしまったりするともありますよね。

コラーゲンを摂取する際はとてもシンプルに「毎日欠かさず飲む」ということだけを守ってみてください。

「それだけなら私にも続けられそう」と、気軽な気持ちでコラーゲンを摂り入れることができるのではないでしょうか?

4 コラーゲンって何?

肌のハリツヤを保つことに一役買う成分として人気を集めているコラーゲンですが、なぜ、コラーゲンはこんなにも注目を集めているのでしょうか?

この章では、コラーゲンを摂り入れる上で、知っておきたいコラーゲンの特徴をご紹介することで、「コラーゲンって、一体何なの?」という疑問にお答えいたします。

4-1 コラーゲンはタンパク質の一種

collagen10
そもそも、コラーゲンとは人間の身体に存在するタンパク質の一種のことです。
タンパク質は、人間の身体に存在する成分の中で、最も高い割合を占める水に次ぎ、身体全体の約2割を占める成分(水は身体全体の約7割)だといわれています。

タンパク質は結合したアミノ酸で構成された成分であり、結合したアミノ酸の種類や、結合に使われたアミノ酸の数、配列により種類が分類されるといわれています。

数百億もの分類があるとされるタンパク質の、その中の一つがコラーゲンなのだといわれているのです。

コラーゲンは人の体に存在するタンパク質の約30%を占めています。
体内に存在するコラーゲンのうち、40%は肌、20%は骨や軟骨、残りは血管や内臓という具合に、私たちの身体全体に広く分布し、健やかな身体の生成を担っているとされています。

4-2 コラーゲンは年齢と共に生成量が減っていく

collagen11
体内のコラーゲンは、20歳前後をピークとして、徐々に減少していく傾向にあるといわれており、60歳代では20歳前後の頃と比べ、75%程度まで減少してしまうとされます。
さらに、コラーゲンの質もまた、年齢とともに低下していくといわれています。

コラーゲンは質が落ちることで弾力が失われ固くなるといわれています。
硬くなったコラーゲンは正常な分解、生成が行われなくなり、変形・変質してしまうそうです。

正常な分解、生成が行われなくなることで新しいコラーゲンが生成されにくくなると、肌のハリやツヤが失われ、骨折しやすくなったり、関節の悩みが慢性化したりすることがあります。

4-3コラーゲンは体内へ吸収される際、一度分解される

collagen12
コラーゲンは分子が大きいため、そのままの形で体内の組織へと吸収することが困難だといわれています。

そのためコラーゲンは、体内に取り入れられた時点で一度、消化酵素によりアミノ酸やペプチド(アミノ酸が3~3個結合した状態)のように、小さな分子の形に分解されるとされています。

そして、アミノ酸のような小さな分子の形で組織へと吸収された後、再びタンパク質へと生成されるといわれています。

しかし、一度アミノ酸の状態まで分解されたコラーゲンは、再生成後も再び、タンパク質の中でも特にコラーゲンとして生成される保証はありません。

分解されたアミノ酸の結合順や結合数は決まっていないため、アミノ酸へと分解されたコラーゲンが、再生成後に他のタンパク質へと再生成されてしまうこともあるのです。

4-4 コラーゲンには3つの型がある

collagen13
コラーゲンは、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型という形で3つの型に分類されるといわれています。

Ⅰ型は、コラーゲンの中でも人間の体内に最も多く存在しているコラーゲンであり、骨や肌を生成、弾力を保つ役割を持っているといわれています。

Ⅱ型は主に関節や軟骨に含まれているコラーゲンであり、眼の角膜や硝子体を構成する成分でもあるといわれています。

Ⅲ型は主に臓器に含まれているコラーゲンであり、組織に柔軟性を与える役割を持っているとされています。

また、血管や子宮などに多く存在するコラーゲンであるため、女性は特に摂取することが望ましいとされています。

4-5 コラーゲンには動物由来コラーゲンと魚由来コラーゲンがある

コラーゲンは、コラーゲン抽出に使用した素材の種類により、2つの種類に分けることができるといわれています、

牛・ブタ・鶏から抽出されたコラーゲンは「動物由来コラーゲン」、魚から抽出されたコラーゲンは「魚由来コラーゲン」と呼ばれています。
動物由来と魚由来、それぞれの特徴を見てみましょう。

①魚由来コラーゲンの特徴

collagen14
魚の皮、あるいはウロコから抽出されたコラーゲンで、フィッシュコラーゲン、海洋性コラーゲン、マリンコラーゲンなどと表現される場合もあります。

低温でも分解しやすく、そのため身体への吸収が早いとされています。
魚の臭いが気になる場合がありますが、最近では製品、メーカーにより消臭への工夫がなされているため、さほど気にならなくなっているようです。

②動物由来コラーゲンの特徴

collagen15
牛やブタ、鶏から抽出されたコラーゲンです。
動物由来のコラーゲンは、アミノ酸組織が人間に近いとされています。

摂取することで皮脂の分泌を促す作用があるといわれています。
溶解温度が高く、吸収に時間がかかるとされていますが、最近では製品、メーカーにより工夫がなされており魚由来コラーゲンとの差はほとんどなくなってきているようです。

4-6コラーゲンと肌の関係

collagen16
さて、最後に気になる「肌とコラーゲン摂取の関係性」についてご説明します。

体内のコラーゲンⅠ型には、「骨や肌の生成、弾力を保つ役割」があります。
しかし現時点では、コラーゲンを摂取することと肌との間には、はっきりとした関係性が立証されていません。

それは、コラーゲンを摂取したところで、アミノ酸やペプチドとして消化吸収されてしまう以上、直接的なコラーゲンの摂取には当たらない、という見解からです。

現段階でコラーゲンについて確かに言えることは、体内に存在するコラーゲンが、肌のハリ、ツヤ、弾力を保つ役割を持つこと。
そして、私たちの体内では毎日、コラーゲンの分解、生成が繰り返されていること、私たちの身体が健やかであるために、コラーゲンが必要だということです。

つまり、コラーゲン摂取と肌の関係性が立証されていなくても、日々分解、生成により失われていくコラーゲンを補給すること自体は、私たちにとってとても重要なことだといえるのです。

健やかな肌はバランスの取れた正しい食生活と健康な身体があってこそのものです。肌、身体共に健やかにあるために、コラーゲンを多く含む食材を使用した食事でコラーゲンを摂取しながら、コラーゲン以外の栄養素にも気を配り、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

5 まとめ

コラーゲンとゼラチン、ペプチドそれぞれの違いからはじまり、コラーゲンの正体や、コラーゲンの魅力を実感するためのコラーゲンの取り入れ方などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

コラーゲンは手当たり次第に摂取するのではなく、コラーゲンの大きさや種類、そして摂取量を意識して摂ることが大切です。

また、「コラーゲンの理想摂取量を守ること」を意識し過ぎるあまり、偏った形でコラーゲンを摂取することも、身体には悪影響となることがあります。

コラーゲンを摂り入れる場合は、同時に食事にも気を配り、バランスよく栄養を摂り入れるようにしましょう。

コラーゲンはあくまで身体を作る栄養素の一つです。肌のハリやツヤを守るためには、睡眠や運動といった、日頃の生活やバランスの取れた食生活が大切であることを忘れないでくださいね。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、食生活で摂取できなかった不足分を補う食品として、目安量を参考にし、摂りすぎに気をつけましょう。

この記事は2016年8月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

コラーゲン ペプチド関連記事

27名で試飲!コラーゲンドリンク6種、徹底比較&口コミ!
巷で人気のコラーゲンドリンクランキング!毎日続けるならコレ!
【必見】アスタリフトドリンクピュアコラーゲン10000口コミ!
キレイを手に入れる!美容ドリンクランキング&選び方
人気のコラーゲンドリンク徹底比較ランキング!正しく選ぶ5つの基準


Pocket
LINEで送る