2019年10月2日 更新

セラミド配合美容液おすすめ【2019】エトヴォスもノブもプチプラも

セラミド 美容液

【セラミド成分】が配合された美容液が欲しいけど、どんなものを選べばいいのかな?と思ってはいませんか?

美容液はもちろんのこと、さまざまなスキンケアアイテムにおいて、「セラミド」という名前を耳にすることは多いのではないでしょうか。

セラミド」が保湿成分として配合された美容液を選ぶ際、実はチェックしたポイントがあります。

そこで今回は、肌らぶ編集部がおすすめしたい「セラミド」配合の保湿美容液と「セラミド」の種類についてご紹介します。

また、あわせてセラミド美容液の選び方や使い方などもご紹介します。セラミド配合美容液をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.そもそもセラミドってどんなもの?

セラミド 美容液 おすすめセラミドとは、化粧品に保湿成分として配合されることのある人気の美容成分の中のひとつです。

もともと肌の角質層にも存在する成分ですが、セラミドは年齢を重ねていくごとに減少してしまいがち。

セラミドが減少してしまうことで肌のうるおいが保たれなくなってしまい、肌が乾燥しやすくなったり、外的な刺激からダメージを受けやすくなってしまいます。

そのため、化粧品でセラミドを補ってあげることは、肌のうるおいをキープするために有効なお手入れです。

セラミドは油溶性の成分なので、化粧品の中でも美容液や乳液に配合されている場合が多いです。

肌の乾燥が気になってきたという方は、いつものスキンケアにセラミド配合の美容液をプラスしてみてはいかがでしょうか?

2.セラミド配合美容液の選び方|しっかりと保湿するために

セラミド 美容液ここでは、セラミド配合美容液を選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

2-1.「セラミド」と「各保湿成分」が配合されたものを選ぶ

セラミド配合美容液を選ぶ際は、全成分表示をみて「セラミド○○」と記載があるもの、かつ、セラミド以外の「保湿成分」や「整肌成分」などが配合されたものを選ぶことをおすすめします。

成分名の例を参考にして、セラミドが配合された美容液を購入する前に、パッケージの全成分表示をぜひチェックしてみてください。

≪セラミドの表記例≫
・セラミド1(セラミドEOP)
・セラミド2(セラミドNSまたはセラミドNG)
・セラミド3(セラミドNP)
・セラミド4(セラミドEOH)
・セラミド5(セラミドAGまたはセラミドAS)
・セラミド6/6Ⅱ(セラミドAP)
・セラミド9(セラミドEOS)
≪保湿成分の表記例≫
ヒアルロン酸
コラーゲン
・グリセリン
・アミノ酸 等

2-2.使い続けられる価格のものを選ぶ

セラミド 美容液セラミド配合美容液は、使い続けられる価格のものを選びましょう。

一般的に他のスキンケアアイテムにも言われていることですが、美容液は一度使用すればよいというわけではなく、継続して使用することでその効果を楽しむことができるものです。

そのため、自分の肌に合ったものでも、「高価すぎて使い続けられない!」「もったいないから少しだけ使おう…」となってしまっては、元も子もありません。

美容液には、それぞれメーカーが推奨する使用量があります。少量しか使用しなければ望むような十分なうるおいが感じられないということもあるでしょう。

また、高価な美容液が肌に合うとも限りません。購入する前に予算を決めて、無理せず使い続けられるものを選ぶことも大切です。

2-3.「全成分」を確認する

セラミド 美容液化粧品成分は、配合量の厳密な記載はありませんが、全成分表示が義務付けられていて、配合量の多いものから順に記載されています(配合量が1%以下の成分は順不同)。

そのため、全成分の中でセラミドが上の方に表記されている場合は比較的多く配合されているという目安になるでしょう。

セラミドの美容液を買う際に迷ったら、美容液それぞれの全成分表示を見てセラミド表示の位置をチェックしてみてください。

3.セラミド配合美容液おすすめ11選

セラミド 美容液それではここから、肌らぶ編集部がおすすめしたいセラミド配合美容液11選をご紹介します。

セラミドが配合されている美容液は、少しお高めな値段で販売されているものも多いです。
肌に合うか分からないのにいきなり現品を購入することに躊躇してしまう方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、お得なトライアルセットで気軽に試してみることができる商品を7選集めてみました。
美容液はもちろん、化粧水や乳液など他のスキンケアアイテムもラインでお試しできるので、まずはトライアルセットで肌との相性を確かめてみてはいかがでしょうか?

またセラミド配合美容液の中でも比較的プチプラ価格で購入できる、税抜2,000円(税抜)以下の商品も4アイテムご紹介いたします。身近なお店で市販されていたりオンラインショップで気軽に購入できたりする4選です。

合わせて11種類のセラミド美容液の中から、気になる商品をチェックしてみてくださいね。

★セラミド美容液おすすめ7選【トライアルあり】

エトヴォス モイスチャライジングセラム

エトヴォス モイスチャライジングセラム容量:50ml
価格:4,000円(税抜)
詳細をチェック!配合セラミド:セラミド1・セラミド2セラミド3・セラミド5・セラミド6Ⅱ(全て保湿成分)
その他配合成分:ヒアルロン酸・スクワラン・ホホバオイル・シアバター(全て保湿成分)

とろみのあるテクスチャーで、肌になじみやすいセラミド保湿美容液です。
保湿効果で肌をしっとりとやわらげ、乾燥しやすい肌をすこやかに保ちますシリコン・パラベン・石油系界面活性剤・鉱物油・合成香料・着色料不使用。
パッチテスト済み・アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーや肌トラブルが起こらないということではありません)。

詳細をチェック!

アヤナス エッセンス コンセントレート

アヤナスエッセンス容量:30ml
価格:7,500円(税抜)
詳細をチェック!配合セラミド:セラミドナノスフィア(セラミド2)(保湿成分)
その他配合成分:CVアルギネート(整肌成分)

とろりとしたコクのある、濃密な美容液。まるで肌と一体化するように包み込み、なめらかでハリのある肌に整えます。
ふんわりと広がるゼラニウムとラベンダーの香り。
合成香料不使用・無着色。
アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)。

詳細をチェック!

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

ASTALIFT内容量:50g
価格:9,000円(税抜)
詳細をチェック!配合セラミド:セラミド1・セラミド3・セラミド6Ⅱ(全て保湿成分)
その他配合成分:水溶性コラーゲン・加水分解コラーゲン・アスタキサンチン(全て保湿成分)

肌を包み込むように広がってうるおいを与える、真っ赤なジェリー状の先行美容液です。
ぷるんと弾むようなジェルがまるで水のように肌の上でなめらかに伸び、角質層までうるおいを浸透させ、ハリを与えます。

詳細をチェック!

ノブ Ⅲ バリアコンセントレイト【医薬部外品】

ノブⅢバリアコンセントレイト容量:30g
価格:5,000円(税抜)
詳細をチェック!配合セラミド:セラミド3(保湿成分)
その他配合成分:グリチルレチン酸ステアリル(肌荒れを防ぐ有効成分)

肌荒れや乾燥を防ぎ、肌をすこやかに保つ薬用保湿美容液です。
角質層まで保湿成分が入って水分を保ち、しっかり保湿。ふっくらとしたなめらかな肌に整えます。
アルコールフリー・無香料・無着色。
アレルギーテスト・パッチテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないわけではありません)。

詳細をチェック!

ヴァントルテ ボタニカルモイストセラム

ヴァントルテ ボタニカルモイストセラム容量:30mL
価格:4,800円(税抜)
詳細をチェック!配合セラミド:セラミドEOP・セラミドNG・セラミドNP・セラミドAP(全て保湿成分)
その他配合成分:グリセリン・ヒアルロン酸Na(全て保湿成分)

とろみのあるテクスチャーがしっとりと肌の角質層まで浸透し、ハリのある肌に整える美容液。
「大人の敏感肌」に向けて作られた、ボタニカルセンシティブシリーズです。
シリコン・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・エタノール・紫外線吸収剤・タルク無添加。

詳細をチェック!

ブルークレール リペアモイストWエッセンス

ブルークレール容量:50ml
価格:8,000円(税抜)
詳細をチェック!配合セラミド:セラミド3・発酵セラミド(スフィンゴ糖脂質)(全て保湿成分)
その他配合成分:ヒアルロン酸Na・ハチミツ・ダマスクバラ水(全て保湿・整肌成分)

オーガニック原料と白神山地の湧水を使用してつくられた、国産の無添加*美容液です。
ほのかにローズの香りが広がり、肌にうるおいを与えてなめらかに整えます。
*合成保存料・合成界面活性剤・合成ポリマー・合成紫外線吸収剤・シリコンオイル・鉱物油・合成着色料・合成香料無添加。
乾燥による小じわを目立たなくします(効能評価試験済み)。

詳細をチェック!

セルピュア エッセンス

セルピュア容量:30ml
価格:8,500円(税抜)
詳細をチェック!配合セラミド:セラミドEOP・セラミドNP・セラミドAP(全て保湿成分)
その他配合成分:コラーゲン(保湿成分)・ヒアルロン酸(保湿成分)・ビタミンC誘導体(整肌成分)

まろやかなテクスチャーで、肌の上でスーッと伸びて、うるおいとハリを与える保湿美容液です。
『大人の濃密美容液』として販売される、エイジングケア*を取り入れたい方にもおすすめのアイテム。
合成香料・合成着色料・鉱物油不使用。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

詳細をチェック!

★セラミド美容液おすすめ4選【プチプラ2000円(税抜)以下】

セラミド 美容液 プチプラ ドラッグストア手に取りやすい価格帯のセラミド美容液をご紹介します。

菊正宗 日本酒の美容液

菊正宗 日本酒の美容液容量:150ml
価格:1,800円(税抜)詳細をチェック!配合セラミド:セラミドEOP・セラミドNP・セラミドAP
その他配合成分:コメ発酵液・アミノ酸(全て保湿成分)

とろみのあるジェルタイプで、うるおいを与えてしっとり感が持続し、肌を整える美容液です。
ほんのり甘くやさしい日本酒の香りに包まれます。
弱酸性、無着色、無鉱物油。

詳細をチェック!

トゥヴェール リペアエッセンス

トゥブラン リペアエッセンス容量:20mL
価格:2,000円(税抜)詳細をチェック!配合セラミド:セラミド1・セラミド3・セラミド6(肌を保護する成分)
その他配合成分:コレステロール(保湿成分)

乾燥などの外的刺激から肌を保護し、肌のうるおいを保つ保湿美容液です。
原液タイプならではの、白く粘り気のあるテクスチャー。肌のお手入れだけでなく、ヘアトリートメントとして使うのもおすすめです。

詳細をチェック!

松山油脂 肌をうるおす保湿美容液

松山油脂 肌をうるおす保湿美容液容量:30mL
価格:2,000円(税抜)詳細をチェック!配合セラミド:セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド5・セラミド6Ⅱ(全て保湿成分)
その他配合成分:グリセリン、ダイズステロール(保湿成分)

保湿成分として5種類のセラミドを配合した保湿美容液です。肌のハリ不足が気になり始めた大人の女性におすすめ。
アルコール(エタノール)・パラベン・香料・着色料・鉱物油不使用。

詳細をチェック!

BSC(ビーエスコスメ) セラミド美容液

ビーエスコスメ セラミド美容液容量:30mL
価格:800円(税抜)詳細をチェック!配合セラミド:セラミド1・セラミド3・セラミド6Ⅱ(全て保湿成分)
その他配合成分:ヒアルロン酸Na(保湿成分)

保湿成分として3種類のセラミドを配合した、さっぱりタイプの美容液です。
化粧下地としても使用できます。

詳細をチェック!

3.セラミド配合美容液|セラミドの種類について

美容液に配合される「セラミド」は、大きく分けると「ヒト型セラミド」「非ヒト型セラミド」「疑似セラミド」の3種類に分けられます。

①ヒト型セラミド

セラミド 美容液「ヒト型セラミド」は、人の肌が持つセラミドと同様の構造を持ち、酵母を利用してつくられていて、「バイオセラミド」とも呼ばれています。

成分表示は、「セラミド1」「セラミドNP」のように、セラミドの後に番号やアルファベットがついているのが特徴です。

日本では数字で表記されていることが多いですが、海外ではアルファベット表記が多いようです。

【ヒト型セラミドの例】
セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6、セラミドEOS、セラミドNS、セラミドNP、セラミドAP 等

②非ヒト型セラミド

セラミド 美容液「非ヒト型セラミド」は、馬や豚、小麦など、動植物の成分を利用してつくられたセラミドです。

動物由来のものは「天然セラミド」、植物由来のものは「植物性セラミド」と呼ばれていて、保湿成分として化粧品に配合されています。

【非ヒト型セラミドの例】
ウマスフィンゴ脂質、セレブロシド、ビオセラミド、グルコシルセラミド、コメヌカスフィンゴ糖脂質 等

③疑似セラミド

セラミド 美容液「疑似セラミド」は、セラミドと似たような構造を持つ保湿成分です。

「疑似」という言葉からもわかるように、実際はセラミドではありません。

化粧品会社が独自に「○○セラミド」と似たような言葉をつくっている場合もありますが、その場合、成分表示にはセラミドと表記されず、化学物質名で表記されます。

パッケージに「セラミド配合」と記載があるのに成分表示にないケースは、ほとんどが疑似セラミドであると言われています。

4.セラミド配合美容液を使うときのスキンケアポイント

セラミド 美容液せっかくセラミド配合の美容液を見つけたら、最適な使い方で美容液の効果をたっぷり味わいたいものですよね。

ここでは、セラミド配合美容液を使うときに意識したいお手入れポイントを3つお伝えします。

セラミド配合の美容液だけでなく、一般的な美容液にも共通して言えることなので、ぜひ意識してみてください!

4-1.メーカーの推奨する量・使用方法を守る

セラミド 美容液これは他のスキンケアアイテムにも共通していますが、セラミドを配合した美容液の効果を楽しむためには、メーカーが推奨している使用量と使用方法を守りましょう。

美容液は、製品それぞれにメーカーの推奨する最適な量や使用方法があります。

セラミド配合の美容液の魅力を余すことなく実感するためにも、メーカーの説明書に従って使うことをおすすめします。

その上で、肌がカサついたり、逆にべたついたりする場合は、量を加減して使用してみましょう。

4−2.肌に化粧水をなじませてから使用する

セラミド 美容液セラミド配合の美容液は、化粧水をつけた後にハンドプレスして、肌にしっかりなじんだことを確認してから使うことをおすすめします。

化粧水が肌になじみきっていない状態で美容液を重ねてしまうと、美容液成分が肌の角質層に浸透しにくくなる可能性があります。

セラミド配合美容液の持つ魅力を存分に味わうためにも、化粧水が肌になじんでから美容液を使ってお手入れをしましょう。

なお、セラミド配合美容液の中には、洗顔後すぐの肌に使用する先行型の美容液もあるので、使用順をよく確認してから使ってください。

4−3.なるべく継続して使用する

セラミド 美容液セラミド配合美容液の効果を楽しむためには、できるだけ継続して使用することをおすすめします。

一般的に美容液は、使用方法に従ってなるべく継続して使うことで、その魅力を味わうことができると考えられています。

使用感やテクスチャー、香りなど、自分にとって使い続けやすい美容液を見つけ、ぜひ継続して使ってみてください。

5.まとめ

セラミド 美容液 保湿は、どの肌質にも、どの年代にも必要不可欠なお手入れです。

そのため、肌のうるおいを保つことが期待できるセラミド配合の美容液は、保湿を重視したい方におすすめのアイテムです。

乾燥しやすい方、肌にしっかりとうるおいを与えたい方は、ぜひセラミド配合の美容液を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

◆セラミド美容液 肌らぶ関連記事◆

【完全版】セラミド配合化粧水の選び方とおすすめセラミド化粧水
セラミド配合乳液おすすめはこれ!しっかり保湿でうるおう肌に♡
肌らぶ編集部おすすめセラミドクリーム!肌に潤いを与えたい方必見

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!