メニューを開く
アスタリフト;

背中の黒ずみが気になる!原因とお手入れ方法

背中 黒ずみ
背中の黒ずみが気になる、どうすればいいのだろう?とお悩みではありませんか?

背中は見えにくいので、いつの間に黒ずんでしまったのだろうと、ショックを受けてしまいますよね。

今回は、背中の黒ずみの原因と、自分でできるお手入れ方法を見ていきます。どれも難しいものではないので、ぜひ実践してみてください!


astalift
astalift

1 背中の黒ずみの4つの原因

まずは、背中の黒ずみの原因からみていきましょう。
原因を知ることで、お手入れに活かすことができます。背中の黒ずみの原因は主に4つあります。

1-1 毛穴に詰まった角栓

鼻と同じように、背中の毛穴に角栓が詰まると、黒ずみの原因になることがあります。

角栓が毛穴を広げるので、目立ちやすくなってしまうのです。

黒ずんだ部分がザラザラしていたら、毛穴の角栓が原因の黒ずみの可能性が高いです。

1-2 色素沈着

メラニンが増加すると肌の黒ずみの原因になると言われています。

メラニンは、肌が刺激を受けると増加しやすいとされます。
肌にかゆみがでたときに掻きむしる、締め付けの強いインナーを身につけている、紫外線を過度に浴びるといったことが、肌の黒ずみを招く場合があるのです。

1-3 乾燥

肌から水分が失われ乾燥すると、毛穴が開いて黒ずみが目立ちやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなると言われています。

また、肌の乾燥はかゆみを招くこともあります。

1-4 産毛

背中の産毛が黒ずみに見えているケースがあります。

細い産毛でも広範囲に生えていれば、肌が黒ずんでいるように見えてしまいます。

2 背中の黒ずみのお手入れ方法

背中の黒ずみの原因がわかったところで、次はお手入れの方法を見ていきましょう!
どれも無理なく始められるものばかりです。ぜひ今日から実践してみてください!

2-1 肌を清潔にする

毛穴の角栓を落とすためには、お風呂で肌を丁寧に洗って背中を清潔に保つことが大事です。

■肌を清潔に保つバスタイムのポイント

①湯船に浸かって毛穴を開きやすくする

湯船に浸かって身体を温めることで毛穴を開きやすくし、汚れを落としやすくしましょう。

②背中を優しく洗う

背中の黒ずみが気になるときは、肌を傷めたり乾燥しやすくならないようゴシゴシと強く洗わず、泡で優しく洗うよう心がけましょう。
手で洗うか、届かなければ綿のタオルを使うのがおすすめです。

③背中のすみずみまですすぐ

泡や汚れの洗い残しは、不衛生なため背中への負担となってしまうことがあります。
ボディソープやシャンプー、トリートメントなどのすすぎ残しがないようにしましょう。

なお、シャワーの温度は熱すぎると肌が乾燥しやすくなるので、38~40度くらいがおすすめです。
また、シャワーの水圧も過度に強くしすぎないようにしましょう。

☆背中をキレイに洗いたい方におすすめの入浴剤☆
美人の泉・絹肌プレミアム【医薬部外品】

販売会社:株式会社ジャパンギャルズSC

【肌らぶ編集部コメント】
背中は自分の目で確かめながら洗うことが困難なため、手足よりも洗いにくく、どうしても洗い方が雑になってしまいがちです。
背中の古い角質などをしっかりとお手入れしたい方は、酵素が配合されたタイプの入浴剤である、「薬用入浴剤」の使用を検討してみてください。

身体が温まり毛穴が開きやすくなるのに加え、清浄成分のパパイン酵素、パンクレアチン酵素が配合されています。
そのため、浴槽から出た後は、洗い残してしまいがちな背中の汚れも、普段より比較的、簡単に洗い落としやすくなるそうです。

→美人の泉・絹肌プレミアム公式HPはこちら

■インナーや寝具も清潔なものを使う

せっかくお風呂で背中をキレイにしても、インナーや寝具が汚ければあまり意味がありません。

直接肌に触れるインナーは毎日取り替えましょう。インナーは通気性が良いコットンやシルクなど植物素材のものがおすすめです。

またシーツや枕カバーなどもこまめに洗い、取り替えて、清潔に保つようにしましょう。

2-2 肌を保湿する

健やかな肌は、油分と水分のバランスが取れています。入浴後の肌は乾燥しがちなので、背中の黒ずみのお手入れとして、しっかり水分と油分を補ってあげましょう。

背中の肌のことを考えて作られた保湿アイテムを紹介します。

■ジュエルレイン【医薬部外品】

ジュエルレイン販売会社:株式会社ピカイチ

【肌らぶ編集部コメント】
プルプルした乳白色のジェルがたっぷりと背中に潤いを与えてくれます。
水溶性プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されており、乾燥を防ぎます。

乾燥により背中にかゆみがでて掻きむしってしまうと、黒ずみの原因になることがあります。
しっかり保湿してお手入れすることで、乾燥を防ぎ健やかな肌を保ちましょう。

存分に試せて60日間の返金保証もある、お得な定期購入(税別5980円)がおすすめです。

→ジュエルレイン公式HPはこちら

■ルフィーナ【医薬部外品】

ルフィーナ
販売会社:株式会社サイバーコンサルタント

【肌らぶ編集部コメント】
背中の黒ずみやニキビに悩んでいる方のために開発されたクリームです。
保湿成分の加水分解コラーゲンとシロキクラゲ多糖体が肌をしっとりとうるおします。

朝晩2回、黒ずみの気になる背中に丁寧に塗り広げることで、肌がしっとりとうるおい、黒ずみのお手入れをすることができます。

こちらも、しっかりお試しできて、120日の返金保証がある定期コース(税別5480円)がおすすめです。

→ルフィーナ公式HPはこちら

☆背中に手が届かない方におすすめのアイテム セヌール☆
セヌール販売会社:ユースキン製薬株式会社

【肌らぶ編集部コメント】
肩に近いところはよくても、身体の硬さによってはなかなか背中全体にジェルやクリームを塗るのは難しいですよね。

そんな方の強い味方が「セヌール」です。
クリームやローションを塗り伸ばした先端のスポンジ部分で、背中の黒ずみが気になる部分に触れることで、クリームやローションを塗布することができます。

→セヌール公式HPはこちら

■メルシアン【医薬部外品】メルシアン販売会社:株式会社あいび

【肌らぶ編集部コメント】
スプレータイプなので背中の保湿にも使いやすいアイテムです。
逆さ・片手使用もOKなので、自分で無理なく背中にスプレーすることができます。

保湿成分として水溶性プラセンタエキスやコラーゲン、トレハロースが配合されており、乾燥を防ぎ肌を健やかに保ちます。

複数の定期コースがあるので、「集中してケアしたい」「背中の開いた服を着たい」などの希望に合わせて選ぶことができます。

→メルシアン公式HPはこちら

2-3 背中に摩擦や刺激を与えない

背中の黒ずみの原因の一つであるメラニンは、摩擦や刺激で増えることがあります。

摩擦や刺激から肌を守るポイントは以下になります。

①背中を掻いたり強く触らない
②サイズの合うインナーを身につける
③日焼け止めや日傘を使用する

2-4 健康的な生活を送る

「バランスのとれた食生活・充分な睡眠・ストレスを貯めこまない」こうした、基本ともいえる健康的な生活は、スキンケアを行う上でとても大切です。

食生活では、健やかな肌に必要なタンパク質やビタミン、ミネラル類をバランス良く摂るように心がけましょう。
外食が多い人は糖質・脂質の摂り過ぎに注意しましょう。

また、体中にしっかり栄養を送るため、身体を温めて血行を良くすることも意識しましょう。
肌寒いと思ったら1枚羽織ったり温かいものを飲むなど、季節を問わず身体全体を温めて、身体をいたわってあげましょう。

3 まとめ

背中の黒ずみの原因とお手入れ方法を見てきましたが、いかがでしたか?

ふと、鏡に映った自分の背中を見て、黒ずみに気づいてしまったときは、本っ当にショックですよね…!

毎日のお手入れでお肌を清浄に保って、健やかな肌を目指していきましょう!

この記事は2016年4月15日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る