メニューを開く

理想の眉毛をつくる!基本「眉毛」の整え方


Pocket
LINEで送る

眉毛 整える
眉毛を上手に整えるのって難しいですよね。

しかし、眉毛は基本の整え方さえマスターすれば、失敗することなく綺麗に仕上げることができます。

そこで今回は、理想の「眉毛」が叶う!正しい眉毛の整え方についてご紹介します。



1.「眉毛」を整える前に知っておくべき3つのポイント

バランスの良い綺麗な「眉毛」は、約50%が「眉の整え方」で完成します。

理想の「眉毛」を叶えるためにも、まずは2つのポイントを理解していきましょう。

1-1.自分の眉毛の「黄金バランス」を確認する

眉毛の長さと形には、顔の骨格に合わせた「黄金バランス」が存在し、この「黄金バランス」より長い眉は老けて見えやすく、短いと幼い印象を与えます。

基本的な眉の長さと形の「黄金バランス」は男性も女性も共通なので、現在の自分の眉毛の「黄金バランス」を確認してみましょう。
【眉毛の黄金バランス】

mmm
参考:Aura Beauty

<眉頭>
眉頭のスタートポイントは、小鼻のキワから目頭の延長上です。眉頭は自然に仕上げるために最も重要なポイントです。

<眉山>
眉山は、眉のカーブの1番高い部分です。黒目が正面の位置で、黒目の外側から目尻までの位置にあります。

眉を上に動かしたときに上がる部分(指で触れてみて高い部分)を眉山にすると表情に合わせて眉も動くので自然な仕上がりになります。

<眉尻>
眉尻は、眉山の下にある部分です。小鼻のキワと目尻の延長線上の長さがベストで、眉頭よりも眉の位置を下げないのがポイントです。

1-2.眉毛の黄金バランスに合わせた形を確認する

眉毛の黄金バランスを理解したら次は自身の眉毛のベストな形を確認していきましょう。骨格に合わせた基本の眉毛バランスを作るポイントは次の通りです。

アイライン01

■眉毛の形を決めるポイント■

・眉頭は目頭の上に合わせる
・眉山は黒目の外側~目尻部分を目安にする
・眉尻は目尻の延長戦上の長さにする
・眉尻が眉頭より下がらないようにする

1-3.眉毛を整えるために必要なアイテムを用意する

整った理想の眉毛を実現するためには次のアイテムが欠かせません。アイテムによって役割もそれぞれ異なるので、正しく理解していきましょう。

<眉ハサミ>
眉毛を整えるために最も重要な役割があります。より細いハサミの方が細かい部分も綺麗にカットできます。
はさみ資生堂
資生堂

<スクリューブラシ(アイブロウブラシ)>
眉毛の毛流れを整えるブラシです。
スクリュー
資生堂

<コーム>
眉毛をカットする時に切り過ぎを防ぎます。
こーむ
資生堂

<トゥイザー(毛抜き)>
余分な毛を抜くために使用します。眉専用のタイプや細い毛にも使えるタイプの方がピンポイントで抜くことが出来ます。
tuiza-
資生堂

<眉毛用のシェーバー>
ムダな眉毛を剃る電動シェーバーです。普通のシェーバーより小さく、肌に負担をかけずにムダな眉毛を処理することができます。
シェーバー
Panasonic

2.眉毛の整え方

基本的な眉毛の整え方は男性も女性も変わりません。自分の思い描く眉毛に整えるためにも基本をマスターしていきましょう。

1.まず初めに、自分の眉を見て明らかに不要な毛を確認します。(眉の形を大きく変えようとはせず、本来の眉のラインを活かしていきましょう。)
眉毛_整える

2.スクリューブラシ(アイブロウブラシ)で毛流れを整えます。
2眉毛

3.眉上と眉間の不要な産毛を剃り、眉からはみ出す長い毛も眉はさみでカットします。
8眉毛

4.眉毛の毛量が多い方は、量を整えます。(毛量が多いなと感じる部分は、その部分の毛流れに合わせてコームを当ててコームからはみ出した毛をタテにハサミを入れて1本づつカットします。毛流れに合わせないと眉毛を切りすぎてしまうので気を付けましょう。)
9眉

5.眉下の不要な毛をトゥイザー(毛抜き)で抜きます。(特に眉下の毛は目立ちやすいので明らかに不必要な毛は抜き、抜きづらい毛は無理に抜かず、シェーバーで処理しましょう。)
1眉毛

■眉毛を上手に整えるためのポイント
眉を整えると全体的に輪郭が整いクリアに見えますが、「やりすぎ」は禁物です。

あくまでも「不要な毛」を取り除くことが目的なので、細くしすぎたり毛を切り過ぎないように気を付けましょう。

特に女性は「お風呂に入る前」や「クレンジンングをする前」のメイクをした状態の時に眉毛を整える事をおすすめします。

全体のバランスを見ながら処理できるので、眉毛カットのやりすぎを防ぐ事も出来ます。

3.眉毛の染め方

眉毛の色は、髪色やアイブロウ(眉毛を書き足すアイテム)に合わせることで自眉と良く馴染み、メイクの仕上がりが格段に良くなります。

眉毛の色は、一般的に眉毛専用のマスカラを使って変えますが、髪と同様に染めることも可能です。

中には自宅で脱色剤を使用して眉のカラーリングを行っている方もいますが、脱色剤は基本的に刺激が強く顔に使うことが出来ません。

肌荒れの原因にもなりますので、眉を染めたい方は専門のサロンや眉カラーを行っている美容院で染めてもらいましょう。

4.眉毛の書き方

shutterstock_256290232
「眉毛」を綺麗に整えることが出来たら、足りない部分は書き足していきましょう。

「基本眉」の書き方は、①ペンシルで軽く輪郭を整えて②パウダーで全体を補正し③眉マスカラで整えます。

書き方にもいくつかポイントがあるので詳しくは「女っぷり急上昇!失敗しない「美人眉毛」の書き方&整え方」をご参照ください。

【おすすめアイテム】

POLA   ミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシル

 

アイブロウペンシル

 

POLA  ミュゼルノクターナルアイブローパウダー

aiburo-

5.眉毛を整えるのが苦手な方はプロに相談しよう

眉毛の形がどうしても自分のイメージ通りにできなかったり、左右のバランスが取れないなどの悩みがある方は、1度プロの手を借りてみおすすめします。

現在は眉毛を整えてくれる美容院や、眉毛のケアから自分の骨格に合った書き方の提案をしてくれる専門のサロン、眉が数年間消えない「アートメイク」を行うサロンもあります。

5-1.眉毛専用サロンの魅力

眉毛専用サロンの最大の魅力は、プロに相談して自分の骨格に合った眉毛の整え方から書き方までしっかりとレクチャーしてくれるところです。

余分な毛はサロン専用のワックスで除去してくれるので、最大3週間自分でケアをしなくても綺麗な眉の状態を維持することができます。

眉毛専用のサロンは男性用や女性用などもあるので、お手入れに自信がない方や自分の眉の形に悩みがある方は1度行ってみてはいかがでしょうか。

⇒女性におすすめサロン:アナスタシア

あな
http://www.anastasia-eyebrow.jp/

・アイブロウトリートメント4800円

⇒男性におすすめのサロン:FIRST

ファースト
http://www.first-formen.jp/shop/shibuya.php

・パーフェクトアイブロウ5500円

5-2.アートメイクのメリットとデメリット

「落ちないアイブロウ」として近年注目を集めているのがアートメイクです。

アートメイクとは、皮膚の0.02ミリ~0,03ミリの部分に色素を定着させることにより、自然な色合いで数年間色を持続させるものです。

アートメイクは、毎日のアイブロウの手間が省けるという最大のメリットがありますが、技術者によって仕上がりには大きな差があるため満足する仕上がりにならない可能性があったり、数年間は気分で眉の色や形を変えることが難しいというデメリットもあります。

6.まとめ

眉毛は顔全体の印象を決める重要なパーツです。

基本の「整え方」をマスターして、自身の魅力を最大限に引出すことのできる理想の「眉毛」を仕上げましょう。

この記事は2015年6月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

==================================
あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! 2016年全部の恋愛運も占えます!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の 運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?
あなたの生年月日から運命の人をズバリ教えてくれる占い『あなたの幸運』が大好評です!

もしかしたら、別れた彼かもしれないし いま付き合ってる人かもしれませんし いつ・どこで運命の人と会えるのかも教えてくれます。

2016年の恋愛運が気になる人は是非やってみてください
==================================

==================================
《たった3分で恋と幸せを引き寄せる方法》

『美』を追求している女性陣から圧倒的な信頼!!

わずかな時間で自分を好きになって、恋と幸せを引き寄せる方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』で
あなたの本質を理解すれば、現在の悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今回はプロ鑑定師が、アナタだけの為に「魅力が開花する鑑定結果」を無料でプレゼント。

いつも頑張っている貴女に、是非『全員0円』鑑定をお試しください!
==================================


Pocket
LINEで送る