メニューを開く
提供:株式会社LIT INNOVATION

理想的な眉毛に近づける!眉毛の基本の整え方

Pocket
LINEで送る

眉毛 整える
眉毛を上手に整えるのって難しいですよね。

しかし、眉毛は基本の整え方さえマスターすれば、失敗することなくキレイに仕上げることができます。

そこで今回は、理想の「眉毛」に近づける、正しい眉毛の整え方についてご紹介します。

◆肌らぶ セレクション◆

まゆ毛専用美容液 マユライズ
マユライズ
眉毛に悩みを抱える方のことを考えて開発されたまゆ毛専用美容液「マユライズ」

保湿成分として「ビワ葉エキス」「加水分解卵殻膜」を配合。1日2回、朝晩と使用することで、ハリとうるおいを与えすこやかに保ちます。

また、まゆ毛専用美容液ですがまつ毛美容液としてもお使いいただけるので、まゆ毛とまつ毛のお手入れを1本で済ませたい方にもおすすめです。

モニタートクトクコース(定期コース)なら、初回限定で980円(税抜)で購入することができます。

さらに、クレジットカード決済なら980円(税抜)が500円(税抜)になるので、まゆ毛にお悩みの方はお得に試してみてはいかがでしょうか?
(2016年9月時点の情報です)



1.「眉毛」を整える前に知っておくべきポイント

バランスの良いキレイな「眉毛」は、約50%が「眉の整え方」で完成するといってもよいでしょう。

理想の「眉毛」を叶えるためにも、まずは以下のポイントを理解していきましょう。

1-1.自分の眉毛の「黄金バランス」を確認する

眉毛の長さと形には、顔の骨格に合わせた「黄金バランス」が存在し、この「黄金バランス」より長い眉は老けて見えやすく、短いと幼い印象を与えると言われています。

基本的な眉の長さと形の「黄金バランス」は男性も女性も共通なので、現在の自分の眉毛の「黄金バランス」を確認してみましょう。
【眉毛の黄金バランス】
mmm
参考:Aura Beauty

<眉頭>
眉頭のスタートポイントは、小鼻のキワから目頭の延長上です。眉頭の位置は、自然に仕上げるために重要なポイントです。

<眉山>
眉山は、眉のカーブの1番高い部分のことです。黒目が正面の位置にあるとき、黒目の外側から目尻までの間にあります。

眉を上に動かしたときに上がる部分(指で触れてみて高い部分)を眉山にすると、表情に合わせて眉も動くので自然な仕上がりになります。

<眉尻>
眉尻は、眉山よりも下にある部分です。小鼻のキワと目尻の延長線上にあるとバランスが良くなります。眉頭よりも眉尻の位置を下げないのがポイントです。

1-2.眉毛の黄金バランスに合わせた形を確認する

眉毛の黄金バランスを理解したら、次は自身の眉毛のベストな形を確認していきましょう。

骨格に合わせた基本の眉毛バランスを作るポイントは次の通りです。

アイライン01

■眉毛の形を決めるポイント■

・眉頭は目頭の上に合わせる
・眉山は黒目の外側~目尻部分を目安にする
・眉尻は目尻の延長線上の長さにする
・眉尻が眉頭より下がらないようにする

1-3.眉毛を整えるために必要なアイテムを用意する

整った理想の眉毛を実現するためには、次のアイテムを使うことをおすすめします。

アイテムによって役割もそれぞれ異なるので、正しく理解して使用していきましょう。

<眉ハサミ>
眉毛を整えるために最も重要な役割があります。より細いハサミの方が細かい部分も綺麗にカットできます。
はさみ資生堂
参考:資生堂

<スクリューブラシ(アイブロウブラシ)>
眉毛の毛流れを整えるブラシです。
スクリュー
参考:資生堂

<コーム>
眉毛をカットするときに使用することで、眉毛の切り過ぎを防ぎます。
こーむ
参考:資生堂

<トゥイザー(毛抜き)>
余分な毛を抜くために使用します。眉専用のタイプや細い毛にも使えるタイプの方がピンポイントで抜くことが出来ます。
tuiza-
参考:資生堂

<眉毛用のシェーバー>
ムダな眉毛を剃る電動シェーバーです。普通のシェーバーより小さく、肌に負担をかけずにムダな眉毛を処理することができます。
シェーバー
参考:Panasonic

2.眉毛の整え方

基本的な眉毛の整え方は男性も女性も変わりません。自分の思い描く眉毛に近づくためにも基本の整え方をマスターしていきましょう。

1.まず初めに、自分の眉を見て明らかに不要な毛を確認します。(眉の形を大きく変えようとはせず、本来の眉のラインを活かしていきましょう。)
眉毛_整える

2.スクリューブラシ(アイブロウブラシ)で毛流れを整えます。
2眉毛

3.眉上と眉間の不要な産毛を剃り、眉からはみ出す長い毛も眉ハサミでカットします。
8眉毛

4.眉毛の毛量が多い方は、量を整えます。(毛量が多いと感じる部分は、その部分の毛流れに合わせてコームを当て、コームからはみ出した毛をタテにハサミを入れて1本づつカットします。毛流れに合わせないと眉毛を切りすぎてしまうことがあるので気をつけましょう。)
9眉

5.眉下の不要な毛をトゥイザー(毛抜き)で抜きます。(特に眉下の毛は目立ちやすいので明らかに不必要な毛は抜き、抜きづらい毛は無理に抜かず、シェーバーで処理しましょう。)
1眉毛

■眉毛を上手に整えるためのポイント
眉を整えると、全体的に輪郭もすっきりとしてクリアに見えることがありますが、「やりすぎ」は禁物です。

あくまでも「不要な毛」を取り除くことが目的なので、眉の形全体を細くしすぎたり毛を切り過ぎたりしないように気をつけましょう。

特に女性は「お風呂に入る前」や「クレンジンングをする前」のメイクをした状態のときに眉毛を整えることをおすすめします。

全体のバランスを見ながら処理できるので、眉毛カットのやりすぎを防ぐこともできるでしょう。

3.眉毛の染め方

眉毛の色は、髪色やアイブロウアイテム(眉毛を書き足すアイテム)に合わせることで自眉と良く馴染み、より自然に見せることが期待できます。

眉毛の色は、一般的に、眉毛用のマスカラを使って変えることができますが、髪と同様に染めることも可能です。

眉を染めたい方は、眉毛専門のサロンや眉カラーを行っている美容院で染めてもらうことをおすすめします。

4.眉毛の書き方

shutterstock_256290232
「眉毛」を綺麗に整えることが出来たら、足りない部分は書き足していきましょう。

「基本眉」の書き方は、①ペンシルで軽く輪郭を整えて②パウダーで全体を補正し③眉マスカラで整えます。

書き方にもいくつかポイントがあるので、詳しくはこちらの記事をご参照ください。

【おすすめアイテム】
POLA  ミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシル
アイブロウペンシル
軽やかなタッチでふんわりとした眉を描くことができる、繰り出し式のアイブロウペンシルです。(ホルダー・リフィル別売り)
ブラック・ブラウンの2色展開。

POLA 公式HPはこちら

資生堂 インテグレート マイクロスリムアイブロー
インテグレート
1.39mmの極細芯で、眉毛の1本1本を再現するように描くことができる、繰り出し式のアイブロウペンシルです。(カートリッジ販売あり)
ライトブラウン・ダークブラウン・グレーブラウンの3色展開。

資生堂 公式HPはこちら

POLA ミュゼル ノクターナル アイブロー パウダー
aiburo-
髪色となじみやすい3色がセットになった、自然な立体感をデザインするアイブロウパウダーです。

POLA 公式HPはこちら

資生堂 インテグレート ビューティートリックアイブロー
インテグレート 
ノーズシャドー・ハイライトカラーがセットになったアイブロウパウダーです。
光と影を操り、立体感のある眉を演出します。2色展開。

資生堂 公式HPはこちら

5.眉毛を整えるのが苦手な方はプロに相談しよう

眉毛の形がどうしても自分のイメージ通りにできなかったり、左右のバランスが取れなかったりという悩みがある方は、一度プロの手を借りてみることをおすすめします。

現在は、眉毛を整えてくれる美容院や、眉毛のお手入れから自分の骨格に合った書き方の提案をしてくれる専門のサロン、眉が数年間消えない「アートメイク」を行うサロンもあります。

5-1.眉毛専用サロンの魅力

眉毛専用サロンの最大の魅力は、プロに相談して、自分の骨格に合った眉毛の整え方から書き方までをしっかりとレクチャーしてもらえるところです。

余分な毛はワックスで除去してくれることが多いので、個人差はありますが、約3週間は自分でお手入れをしなくても、綺麗な眉の状態を維持することが期待できます。

眉毛専用のサロンは、女性用だけでなく男性用もあります。眉毛のお手入れに自信がない方や、自分の眉の形に悩みがある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

⇒女性の眉サロン:アナスタシア

あな
http://www.anastasia-eyebrow.jp/

⇒男性の眉サロン:FIRST

ファースト
http://www.first-formen.jp/shop/shibuya.php

5-2.アートメイクについて

「落ちないアイブロウ」として、美容通の間でも注目を集めているのがアートメイクです。

アートメイクとは、皮膚の0.02ミリ~0,03ミリの部分に色素を定着させることにより、自然な色合いで数年間色を持続させるものです。

アートメイクは、毎日のアイブロウの手間が省ける点が魅力ですが、数年間は眉の色や形を変えることが難しいとも言われています。

興味のある方は、よく検討し、信頼できるサロンを選んでから行うことをおすすめします。

6.まとめ

眉毛は顔全体の印象を決める重要なパーツです。

基本の「整え方」をマスターして、自身の魅力を引き出すことのできる理想の「眉毛」に仕上げましょう。

この記事は2016年9月21日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る