2017年6月6日 更新

30代におすすめフェイスパック☆エイジングケアは今が勝負!

フェイスパック ランキング肌の色ムラ、日焼けによるシミやそばかす、乾燥…年齢によるさまざまな肌の変化が気になり出す30代…。そんな30代に、フェイスパックは是非注目していただきたいアイテムです。

フェイスパックは巷に溢れているけれど、30代におすすめのエイジングケア※ラインのフェイスパックが知りたい!※年齢に応じたうるおいのお手入れ

そんな声にお応えして、肌らぶ編集部から30代におすすめしたいフェイスパックをご紹介します!


1.30代のフェイスパックの選び方

フェイスパック ランキング おすすめベーシックなスキンケアに+αするスペシャルケア、フェイスパックの魅力をより実感するためには、自分の肌状態に合わせて選ぶことが大切です。

30代のフェイスパックを選ぶ際には、次の2点に着目して選ぶことをおすすめします。

①ジェル・クリーム状のフェイスパックを選ぶ

肌のハリ・ツヤ感が失われがちになると言われる30代の肌には、ジェルまたはクリーム状の塗るフェイスパックを選ぶことをおすすめします。

塗るフェイスパックは一般的に、油分を多く含んでおり肌にぴったりと密着しやすいので、肌に必要な水分と油分を補うことが期待できます。

さらに摩擦による肌負担を抑えるために、洗い流さずそのまま肌になじませることのできるものがおすすめです。

②エイジングケア※ブランド・ラインを選ぶ(年齢に応じたうるおいのお手入れ)

30代の肌を整えるフェイスパックは、エイジングケア※ブランドまたはラインのものを選ぶことをおすすめします。
※年齢に応じたうるおいのお手入れ

ブランド・ラインによって配合成分は異なっているため、公式ホームページまたは商品パッケージで製品情報を事前確認し、自分自身の気になるエイジングサインに照らし合わせて選ぶと良いでしょう。

次章では、上記の2点を踏まえたうえで、肌らぶ編集部からおすすめしたいフェイスパックをご紹介します。

2.30代に肌らぶ編集部がおすすめするフェイスパック

フェイスパック ランキング おすすめこの章では、前章でお伝えした「テクスチャー・ブランドまたはライン」からの選び方に基づいて、肌らぶ編集部から、30代にぜひおすすめしたいフェイスパックをご紹介します!

今回は、通信販売で購入可能かつ、肌になめらかに広がるクリーム状のテクスチャーのフェイスパックの中から、肌らぶ編集部おすすめとして選んでいます。

B.A ザ マスク

B.A ザ マスク販売会社:株式会社 ポーラ

【肌らぶ編集部コメント】
ポーラ最高峰ブランド・エイジングケア※1ライン「B.A」の、泡の密閉浸透※2感で肌に吸い付きなじむ、洗い流し・ふき取り不要のプレスインマスクです。
※1 年齢に応じたうるおいのお手入れ ※2 角質層まで

発酵させたハス種子抽出エキス(保湿成分)をもとに独自開発した複合保湿成分「連醸化果B.Aリキッド」配合、肌をみずみずしくうるおします。

手にとった瞬間のきめ細かい濃密泡がすぐに肌になじみ、パウダースノー状のマットな状態に変化してなめらかに肌に広がります。

B.A ザ マスク

Annemarie Börlind LL クリームマスク

Annemarie Börlind LL クリームマスク販売会社:株式会社ピリカインターナショナルジャパン

【肌らぶ編集部コメント】
ドイツのスキンケアメーカー「アンネマリー・ボーリンド」による、洗い流す必要のないクリームタイプのエイジングケア※パックです。※年齢に応じたうるおいのお手入れ

独自成分「LLバイオコンプレックス」や、シアバターをはじめとした保湿成分配合、肌をうるおし整えます。

ドイツのナチュラル製品に関するガイドライン「エココントロール」に認定されている商品です。

Annemarie Börlind LL クリームマスク

L’Occitane ディヴァインクリームマスク

L’Occitane ディヴァインクリームマスク販売会社:ロクシタンジャポン株式会社

【肌らぶ編集部コメント】
植物の力を応用したロクシタン最高峰のエイジングケア※ライン「ディヴァイン」の、
こわばった肌をうるおしてやわらげる黄金色のクリームマスクです。※年齢に応じたうるおいのお手入れ

スペシャルケアとしてプラスすることで、日々のスキンケアの実感を得やすいすこやかな肌に整え、若々しい印象へと導きます。

同シリーズのラインナップも充実しているので、ライン使用もおすすめです。

L’Occitane ディヴァインクリームマスク

3.30代におすすめしたい フェイスパックの使い方

フェイスパック ランキング おすすめフェイスパックの使い方を意識することで、よりその魅力を実感しながらお手入れすることが期待できます。

肌らぶ編集部から、30代の方にぜひおすすめしたいフェイスパックの使い方をご紹介します。

①スキンケアの最後に使用する

フェイスパックは基本的に、洗顔後、化粧水や乳液で肌を整えた後に使用しましょう。

肌が十分にうるおい柔らかくほぐれることで、油分を含むクリーム状のフェイスパックの美容成分がなじみやすくなると考えられています。

②肌に一気にのばす

ファンデーションのように肌の何点かに分けて置いてからつけるのではなく、適量を手にとったら、目や口周り、髪の生え際を避けて、一気に顔全体にのばしましょう。

スーッとやさしく、無理なくのびる範囲までのばせば、適当な厚みを持って広げられるでしょう。肌が透けない程度の厚みが理想的だと言われています。

一度のばした部分に何度も触って重ねることはせず、塗り残し部分をつけたしたら、最後に全体をならす程度で厚みを調整しましょう。

③手のひらでしっかりとなじませる

推奨パック時間が過ぎたら、手のひらでフェイスパックが広がった顔全体を押さえるようにハンドプレスしてなじませましょう。

手のひらから伝わる適度な温もりで血行を良くし、毛穴を開かせることで、フェイスパックの美容成分がより肌になじみやすくなるでしょう。

④週1~2回の使用にとどめる

使用の頻度に関しては、各フェイスパックにより推奨されている日数が異なります。

肌に必要以上に美容成分を与えすぎると負担になる可能性があるため、毎日の使用は避けた方が良いという意見もあるようです。

各フェイスパックの使用方法を確認した上で、あくまで+αのスペシャルケアとして、週1~2回程度の使用にとどめることをおすすめします。

4.フェイスパックの使用と併せて行う生活改善

フェイスパック ランキング おすすめ肌の状態と密接につながっている生活習慣が乱れると、さまざまな肌悩みの原因となる可能性があります。

美しく魅力的な肌を目指すために、フェイスパックの使用とともに、規則正しい生活を心掛けましょう。

①ストレスをためこまない

過度なストレスは体内のビタミンを消費し、吸収を妨げる可能性があると言われています。

ストレスには心理的なもの、社会的なもの、生物的・化学的なもの、環境的なもの…とさまざまな原因があります。

心理的なもの…緊張、不安、怒り、悲しみなど
社会的なもの…仕事・学校・家庭での人間関係、健康喪失など
生物的・化学的なもの…空気汚染、細菌、アレルギー、食事、嗜好(しこう)品など
環境的なもの…気温、騒音、ほこりなど

まずは自分自身が何をストレスに感じているのかを考え、解消できる方法を探っていきましょう。

ヨガやジョギングなど、適度に体を動かす事もストレス解消につながります。

②バランスのよい食生活を心掛ける

すこやかで魅力的な肌づくりには、1日3食バランスの良い食事を、規則正しく食べることがなにより大切です。

日本の伝統的な「1汁3菜」という考え方を基に、主食・主菜・副菜・果物を意識することで、理想的なバランスの食生活に近づきやすくなるでしょう。

外食時もこの食事スタイルを念頭に置き、メニュー選択することをおすすめします。

〈バランスの良い食事の基本〉
・主食 ご飯・パン・めん類など(炭水化物)
・主菜 魚介類・肉類・卵・大豆製品など(良質たんぱく質)
・副菜 野菜類・海そう類など(ビタミン・ミネラル)
・その他 乳製品・果物類

③睡眠をたっぷり取る

睡眠が十分に取れていないと、肌や体調を整える成長ホルモンが不十分になる可能性があると言われています。

成長ホルモンが活発になると言われている眠り始めの3時間が、深く質のよい睡眠状態になるように、眠る前の行動を意識していきましょう。

血行が悪くなることで、脳と身体がリラックスした状態になるまでに時間がかかってしまいます。

就寝前にゆっくりと湯船につかる、足元を毛布で温めるなど、手足を冷やさないように工夫をしていくことが大切です。

就寝1~2時間前のパソコンやスマートフォンのブルーライトは、体内時計を狂わせ深い眠りを邪魔することがあると言われているので控えましょう。

④嗜好(しこう)品を控える

カフェイン飲料やタバコ、アルコールといった嗜好(しこう)品でストレス解消を行っている方も多いと思います。

しかし必要以上にとってしまうと、その代謝・分解のために美しい肌づくりに大切なビタミンCが大量に消費されてしまうと言われます。

嗜好(しこう)品は適度な量を意識してとりましょう。

5.まとめ

フェイスパック ランキング おすすめいかがでしたでしょうか。

30代の肌のお手入れには、フェイスパックがおすすめです。

エイジングケア※を意識して、日々のスキンケアにさらに力を入れて取り組んでいきたい、という方はぜひフェイスパックを試してみてください。
※年齢に応じたうるおいのお手入れ

この記事を参考に、日々のケアにフェイスパックをプラスして、自信の持てる自分を目指しましょう!

この記事は2017年5月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。