2017年7月18日 更新
【PR】

【2017】洗顔料のおすすめはこれ!選び方使い方も!

洗顔石鹸 ランキング「今後の人気が期待されている洗顔料が欲しいけれど、種類が多すぎてどれを選んだらいいのか分からない…」
「固形石鹸やフォーム、ジェルと色々あるけれど、自分にはどんなタイプが合うのかな?洗顔石鹸と洗顔フォームの違いって?」

など、洗顔料選びにお悩みではありませんか?

現在、「洗顔料」として販売されているものは多数存在し、洗顔石鹸のような固形から、フォーム、リキッド、ムース、粉末まで種類もさまざまです。

そこで今回は、洗顔料選びでお悩みの方のために、今後の人気が期待される洗顔料の中から肌らぶ編集部のおすすめをご紹介します。

併せて、洗顔料の選び方や「洗顔石鹸」と「洗顔フォーム」の違い、普段心がけたいスキンケアポイントなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

もっちり濃密メレンゲ泡で、しっとりつややかな肌へ。
『ランリッチしっとりソープ』はこちら


正_ミッドサンプル確定バナー (1)



◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
ランリッチ しっとりソープ
ランリッチ しっとりソープ

メレンゲのようにもっちりと濃厚な泡が肌を包み込み、乾燥を防ぎながらすっきりと洗い上げる洗顔石鹸です。
保湿成分として「卵殻膜エキス」「卵白エキス」を配合。肌にみずみずしいうるおいを与えてやわらげ、ふっくらとハリのあるつややかな肌に導きます。
乾燥による肌のカサつきやごわつき、つっぱりが気になる方におすすめ♡

公式HPから注文すると、泡立てネット付き&送料無料でお届け!毎日使い続けたい方のために、お得な定期コースも用意されています。

公式HPはこちら(大)

1.今後人気の予感!洗顔料の選び方

肌らぶ編集部がおすすめとして選んだ洗顔料をご紹介する前に、まずは洗顔料の選び方と、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いをお伝えします。

日々の洗顔でその魅力をより実感するためには、何よりも自分に合った洗顔料を選ぶことが大切です。

1-1.洗顔料は肌タイプに合わせて選ぶ

【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
今後人気が予想される洗顔料の選び方はさまざまに語られますが、特に意識すべきポイントは、あなたの「肌タイプ」であると言えるでしょう。

たとえば、乾燥しがちな肌の方は皮脂の量が少ない傾向にあるため、しっかりとした洗い上がりの洗顔料だと、肌のつっぱりを感じやすかったり、皮脂を過剰に洗い落とすことで乾燥しやすくなってしまう可能性があると言われます。

そのため、洗い上がりが比較的マイルドだとされる、保湿成分に着目した洗顔料を選ぶことをおすすめします。

一方で、皮脂量が多いとされるオイリーがちな肌や混合肌の方は、過剰な皮脂をしっかりと取り除いてくれる、ある程度しっかりとした洗い上がりの洗顔料を選ぶとよいでしょう。

また、洗顔料を選ぶ際に、よく話題にあがるのが「洗顔石鹸」か「洗顔フォーム」どちらがいいかという話です。
【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
固形タイプの洗顔石鹸は、一般的にしっかりとした洗い上がりで余分な皮脂や汚れを洗い落としやすいと言われます。そのため、ニキビができやすい方や毛穴汚れが気になる方など、皮脂が過剰に出やすい方にもおすすめだとされています。

洗顔フォームタイプは、洗顔石鹸よりも水分が多く含まれているものが多いため、やわらかな洗い上がりだとされています。

しかしながら、最近では保湿成分がしっかりと配合された「洗顔石鹸」や、洗い上がりがさっぱりとするタイプの「洗顔フォーム」も多く販売されています。

一概に、「洗顔石鹸だからこう」「洗顔フォームだからこう」と決め付けずに、自分自身の肌状態と相談しながら、自分の肌に合いそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

試したことのない洗顔料は、お試しセットやトライアルセットなどから試すと、「泡立ち」や「洗い上がり」など、自分の肌状態との相性を確認することができるのでおすすめです。

1-2.洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も

次に、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについてですが、「洗顔石鹸が固形状のもの、洗顔フォームが液体・ペースト状のもの」と、単純に形状の違いを思い浮かべる方が多いかと思います。しかし、この2つの違いは形状によるものではありません。

洗顔フォームと洗顔石鹸の大きな違いは、一般的に「界面活性剤」の種類の違いだと言われています。

「界面活性剤」とは、通常は分離してしまう「水」と「油」をなじませることができる成分です。
化粧品は、水に溶けやすいもの、油に溶けやすいものなど、性質の異なる成分を混ぜてつくられるため、界面活性剤が多く使用されているとされます。

界面活性剤は、水と油になじむ性質を利用して、汚れを落とす役割を持つものがあるため、洗顔料にも配合されていることが多いのです。

「界面活性剤は肌によくない」と言われることも多いようですが、実際は洗浄料としての「界面活性剤」は肌の汚れを落とすために必要となるものであり、一概に悪いものとは言えません。

そのため、界面活性剤をただ避けるのではなく、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

2.肌らぶ編集部おすすめ洗顔料 洗顔石鹸&洗顔フォーム

【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方もそれでは、肌らぶ編集部がおすすめとして選んだ、「通信販売」とドラッグストアで購入可能な「市販プチプラ」洗顔料を比較してご紹介します。さらに、「洗顔石鹸」と「洗顔フォーム」それぞれに分けてお伝えします。

また、洗顔での日々のお手入れも大切だとされる、「ニキビ」などの気になるお手入れに肌らぶ編集部がおすすめとして選んだ洗顔料もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

2-1.肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 通信販売編

まずは、思い立ったときにネットですぐに購入できる、通信販売で購入可能な洗顔石鹸をご紹介します。

今回は、通信販売ならではの嬉しい初回購入特典やお得な定期コース、トライアルセットがあるものの中から肌らぶ編集部おすすめとして選んでいます。さらに、

内容量
販売価格
1gあたり価格
(1gあたりの価格は小数点第1位で切り上げています。)

上記の4点にも注目してみました。

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 通信販売編
POLA Dソープ

Dソープ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
内容量:100g
販売価格:2,500円(税抜)
【1gあたり約25円(税抜)】

クリームのようなねっとりとした泡で、心地よく洗い上げてくれる洗顔石鹸です。糸を引くほどの粘り気のある泡に、最初は洗顔のたびに驚いてしまいそう。独自の保湿成分ゴールデンニームを配合、洗い上がりがしっとりするので、洗顔後肌のつっぱりが気になる方にもおすすめです。

また、100gで約100日分なので実質1ヶ月800円ほど。コストパフォーマンスの面でも魅力的です。さらに期間限定で送料無料なので、気軽に試しやすいのが嬉しいですね。

華やかなブーケフローラル調の香りが、お手入れごとにやわらかに広がります。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 通信販売編
VCOマイルドソープ

VCOマイルドソープ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も 内容量:85g
販売価格:
2,847円(税抜)
【1gあたり約33円(税抜)】

まるで生クリームのようなきめ細かい泡で、不要な皮脂・汚れを洗い落とすことができる洗顔石鹸です。ヒアルロン酸やヴァージンココナッツオイルなどの保湿成分を配合しています。
よりスッキリと洗い上げたいときには、スペシャルケアとして“泡パック“もおすすめです。

購入時に「泡立てネット」も付いてくるので、泡立てるのが苦手という方でもモコモコの泡を作ることが可能です。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 通信販売編
ディセンシア つつむジェントルウォッシュ

ディセンシア つつむジェントルウォッシュ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:80g
販売価格:
1,800円(税抜)
【1gあたり約23円(税抜)】

独自技術“ヴァイタサイクルヴェール®を活かしたスキンケアシリーズ「ディセンシア」の固形洗顔石鹸です。ホイップクリームのような泡がやわらかに肌をつつみこみ、洗い上げます。

保湿成分としてレシチンなどを配合、しっとりとなめらかな洗い心地で洗顔後のつっぱりも気になりにくいです。

クレンジングからクリームまで同シリーズのスキンケアアイテムを揃って試せる、14日間のトライアルセットが嬉しいですね。

肌らぶ編集部で実際に使用してみました!
ディセンシア つつむジェントルウォッシュの感想はこちら

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 通信販売編
プリオール オールクリア石鹸

プリオール オールクリア石鹸 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
内容量:100g
販売価格:1,800円(税抜)
【1gあたり約17円(税抜)】

洗顔とメーク落とし、2つの役割を果たしてくれる洗顔石鹸です。お化粧した日も簡単にお手入れできます。もちもちとみずみずしい泡で洗い上げ、肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。

Web特典で、「プリオール化粧水&乳液サンプル(2日分)」と「オンラインショップクーポン500円分」が付いてくるのも嬉しいところです。

スキンケアやベースメーキャップなど、同ブランドを併せて使用することもおすすめです。(お一人様1回限り。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 通信販売編
ETVOS クリアソープバー

エトヴォス クリアソープバー
内容量:
80g
販売価格:2,000円(税抜)
【1gあたり約25円(税抜)】

90日間熟成し、ひとつひとつ手作業で作られた、温かみを感じる透明の枠練り石鹸です。
保湿成分としてヒト型セラミドやリピジュアなどを配合し、不要な皮脂や汚れをすっきりと洗い落とします。

同スキンケアシリーズをライン使いで試せる、洗顔石鹸入りのトライアルセットも販売されています。
肌の乾燥が気になる方におすすめのシリーズです。

インテリアに馴染むシンプルでおしゃれなパッケージデザインも、嬉しいですね。

公式HPはこちら(大)

2-2.肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 通信販売編

次に、肌らぶ編集部がおすすめとして選んだ洗顔フォームをご紹介します。今回も、通信販売ならではの嬉しい初回購入特典やお得な定期コース、トライアルセットがあるものの中から選んでいます。さらに、

内容量
販売価格
1gあたり価格
使用目安期間

(1gあたりの価格は小数点第1位で切り上げています。)

上記の5点にも注目しています。

【PR】
肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 通信販売編
HANAオーガニック ピュアリクレイ

HANAクレイ洗顔
内容量:
150g(1.5~2か月分)
販売価格:3,334円(税抜)
【1gあたり約22円(税抜)】

国産オーガニックブランド「HANAオーガニック」のクレイ洗顔料です。
洗浄成分として2種類のクレイを使用。不要な皮脂や毛穴に残った汚れを吸着し、スッキリと洗い落とします。

また保湿成分として、ハチミツやローヤルゼリーエキスを配合。
肌を清浄にしながらも肌のうるおいを保ち、しっとりと整えてくれます。

こちらの洗顔料を含む「HANA」のスキンケアラインをたっぷり7日間試せるトライアルセットも、初回特別価格1,371円(税抜)で販売中です!ぜひお試しを!

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 通信販売編
POLA モイスティシモ ウォッシュ

POLA モイスティシモ ウォッシュ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
内容量:
120g(朝晩使用で約100日分)
販売価格:3,000円(税抜)
【1gあたり約25円(税抜)】

きめ細かくふっくらとした泡が、肌をやわらかに包み込むように洗い上げる洗顔フォームです。
サクラエキスやオウレンエキスなどの保湿成分を配合、肌の不要な汚れを洗い落としてくれます。

モイスティシモは、「うるおいに満ちたすこやかな肌にととのえる」ことをブランドコンセプトに誕生した、スキンケアシリーズです。

お手入れ中にふんわりと広がる、ジェントルフローラルの香りも魅力的です。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 通信販売編
ファンケル エイジングケア 洗顔クリーム

ファンケル エイジングケア 洗顔クリーム 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
内容量:90g(約30日分)
販売価格:
1,400円(税抜)
【1gあたり約16円(税抜)】

ファンケル独自の製法で作られた、水とよくなじんで泡立てやすいクリームタイプの洗顔フォームです。肌にうるおいを残しながら、古い角質や気になる毛穴汚れなどをなめらかに洗い落とします。

洗顔クリームとともにクレンジングオイルを試すことのできる、約15日分のお試しセットも販売されています。初回のみの限定価格で試すことができるのが嬉しいですね。

防腐剤・殺菌剤・石油系界面活性剤・香料・鉱物油・紫外線吸収剤・合成色素不使用。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 通信販売編
ハリーヴィーナス プラチナウォッシュ

ハリーヴィーナス プラチナウォッシュ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
内容量:100g(朝晩使用で約1ヶ月半~2ヶ月分)
販売価格:2,980円(税抜)
【1gあたり約30円(税抜)】

きめ細やかでたっぷりとした泡が余分な角質や汚れを洗い落とす、練りこみ釜炊き製法で作られた洗顔フォームです。保湿成分として3種類のヒアルロン酸*を配合、やわらかに洗い上げることで肌を清浄にします。

肌のうるおいを保ちながら洗い上げ、つっぱりを感じにくいのも嬉しいですね。

朝晩使用で約2~3週間分の初回限定トライアルセットを、980円(税抜)で試すことができるのが嬉しいですね。(1人1セット限り、先着300名限定。)
*高分子ヒアルロン酸、低分子ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 通信販売編
資生堂 dプログラム コンディショニングウォッシュ

資生堂 dプログラム コンディショニングウォッシュ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:150g(約2ヶ月分)
販売価格:2,500円(税抜)
【1gあたり約16円(税抜)】

ふんわりとしたやわらかな泡が特徴的な、肌を清浄に洗い上げる洗顔フォームです。ミツロウ、グリセリンなどの保湿成分を配合、汚れを洗い落としながら洗顔後もつっぱりにくいです。

「dプログラム」は、季節や生活の変わり目で状態が変化しやすい肌のことを考えて作られたシリーズです。

web限定で購入できる、肌タイプ別で選べる7日間のトライアルセットには、可愛らしい巾着と500円相当のwebクーポンが付いてきます。

肌らぶ編集部で実際に使用してみました!
資生堂 dプログラム コンディショニングウォッシュの感想はこちら

公式HPはこちら(大)

2-3.肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 市販プチプラ編(ドラッグストアで購入可能)

この章からは、気軽にドラッグストアで購入できる、600円(税抜)以下のプチプラ市販洗顔石鹸をご紹介します。

今回は、洗顔石鹸らしいしっかりとした洗い上がりが期待できる洗顔石鹸の中から選びました。
さらに、無添加*で石けん素地のみで作られているものの中から肌らぶ編集部のおすすめとして選んでいます。

*法的に定められた『表示指定成分』が添加されていない化粧品。表示指定成分すべてが添加されていないかは化粧品によって異なります。

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 市販プチプラ編
無添加 白いせっけん 3P(1パック)

無添加 白いせっけん 3P(1パック) 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:108g×3個
販売価格:419円(税抜)1個あたり140円(税抜)
【1gあたり約1.3円(税抜)】
★香料・着色料・防腐剤無添加

伝統の本釜焚き製法を用いて石ケン素地のみで作り上げられた、長く親しまれる石鹸製造企業の「無添加石鹸」です。
5日間じっくり熟成させ、油脂が本来もっている自然なうるおいを生かした製品づくりをしています。

シンプルで温かみのあるディティールと、やわらかなせっけんの香りがお手入れ時間を充実させてくれます。

毎日の使用には、便利な3個セットがおすすめです。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 市販プチプラ編
シャボン玉浴用 100g

シャボン玉浴用 100g 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:100g
販売価格:130円(税抜)
【1gあたり約1.3円(税抜)】
★香料・着色料・酸化防止剤・合成界面活性剤無添加

釜焚き製法により石ケン素地のみで作られた、キメ細かな泡立ちでしっとりと洗い上がる「無添加石鹸」です。
手のひらに収まる30gから3、6、12個入り、大きなバスサイズまで好みに合わせて選べるのも嬉しいですね。

体をやわらかに包み込む、もこもこボリューミィな泡が特徴的です。

健康と環境に着目した企業理念のもとに、売り上げの一部で人と環境に関わる活動を支援しています。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 市販プチプラ編
カウブランド 無添加せっけん

カウブランド 無添加せっけん 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:100g
販売価格:150円(税抜)
【1gあたり約1.5円(税抜)】
★着色料・香料・防腐剤・品質安定剤無添加

家族みんなで毎日使いたくなる心地よさを考え、石けん素地のみで作り上げられた釜焚き製法の「無添加石鹸」です。やわらかな洗い上がりで余分な皮脂と汚れを洗い落とし、肌を清浄にします。

定期的なグループインタビューやモニターテストで品質チェックを行い、商品の改良・研究を続けています。

同シリーズスキンケアアイテムをラインで試せる無料サンプルセット*で、使用感を確認することもおすすめです。
(*公式ホームページからひと家族につき1セット限り。)

公式HPはこちら(大)

2-4.肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 市販プチプラ編(ドラッグストアで購入可能)

続いて、同じく気軽にドラッグストアで購入できる、600円(税抜)以下のプチプラ市販洗顔フォームをご紹介します。

今回は、気軽にドラッグストアで購入可能かつ、便利なチューブタイプの洗顔フォームの中から肌らぶ編集部おすすめとして選んでいます。

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 市販プチプラ編
ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー

ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
内容量:130g
販売価格:375円(税抜)肌らぶ編集部調べ
【1gあたり価格:2.9円】

35年余り肌と洗顔を研究し続けてきたビオレの、しっとりなめらかな洗い上がりの市販プチプラ洗顔フォームです。肌の汚れや皮脂をすっきりと洗い落とすことで、肌を清浄にし、整えます。

さわやかなフローラルの香りに包まれながら泡がスムーズに肌に広がり、しっとりなめらかに洗い上げます。

肌の状態に合わせて選べる全5種類*のラインナップで、肌状態が変化しやすい方は日によって使い分けることもおすすめです。
*薬用アクネケア、オイルコントロール、モイスチャー、スクラブin、リッチモイスチャー

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 市販プチプラ編
専科 パーフェクトホイップn

専科 パーフェクトホイップn 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
内容量:120g
販売価格:480円(税抜)
【1gあたり価格:4円】

自分の肌と向き合う時間を大切にして欲しいという想いから生まれた、白まゆのようにふんわりとした泡立ちの市販プチプラ洗顔フォームです。
保湿成分としてヒアルロン酸などを配合、汚れを洗い落とし、しっとりなめらかな肌に整えます。

みずみずしいフローラルの香りが広がって、スキンケアタイムも心地よく過ごすことができます。

1本で2か月分なので、毎日の継続的な使用にも嬉しいですね。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 市販プチプラ編
カウブランド 無添加うるおい洗顔

カウブランド 無添加うるおい洗顔 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
内容量:110 g
販売価格:550円(税抜)
【1gあたり価格:5円】

デリケートに傾きがちな肌のお手入れのことを考えて作られた、市販プチプラ洗顔フォームです。やわらかな泡で肌を包み、皮脂などの汚れをすっきりと洗い落として、肌を清浄にします。

「カウブランド無添加シリーズ」 を開発・販売してきた経験を活かし、世の女性の想いに応えて誕生した洗顔フォームです。

ふんわりとしたデザインのピンクのパッケージも、目に入るごとになんだか嬉しくなりますね。

公式HPはこちら(大)

2-5.肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 洗浄によりニキビを防ぐお手入れ編

この章では、洗浄によりニキビを防ぐために肌らぶ編集部がおすすめとして選んだ洗顔石鹸をご紹介します。

今回は、通信販売で購入可能かつ、洗浄によりニキビを防ぐお手入れのことを考えて作られた洗顔石鹸の中から選びました。

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 洗浄によりニキビを防ぐお手入れ編
【医薬部外品】薬用石鹸 For U zone

【医薬部外品】薬用石鹸 For U zone 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:100g
販売価格:680円(税抜)
【1gあたり約7円(税抜)】

パッケージのUゾーンのイラストが印象的な、洗浄によりニキビを防ぐ洗顔石鹸です。保湿成分としてベントナイト(泥)、グリセリンなどを配合、肌の汚れを洗い落として整えます。

保管に便利なチャック付きスタンドパウチ入り、泡立てネット付きで、購入したその日からスムーズに使い始められます。

フレッシュハーバルの香りで、さわやかなスキンケアタイムが過ごせます。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 洗浄によりニキビを防ぐお手入れ編
【医薬部外品】ATP デリケアソープ

【医薬部外品】ATP デリケアソープ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:30g/100g(ケースなし)
販売価格:30g/900円(税抜) 100g(ケースなし)/2,800円(税抜) 専用ケース 300円(税抜)
【1gあたり約30円(税抜) / 約28円(税抜)】

つるんとクリアなボディが印象的な、洗浄によってニキビ・肌荒れを防ぐ薬用石鹸です。
保湿成分としてスクワランやセラミドなどを配合、ふんわりとした泡でなめらかに洗い上げます。

全身に使用することができるので、気になる体のニキビにもおすすめです。

同シリーズスキンケアアイテムのラインナップも充実しているので、併せて使用してもよいですね。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸 洗浄によりニキビを防ぐお手入れ編
【医薬部外品】Non.A(ノンエー)ソープ

【医薬部外品】Non.A(ノンエー)ソープ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:100g
販売価格:2,800円(税抜)
【1gあたり約28円(税抜)】

洗浄によりニキビを防ぐお手入れのことを考えて作られた、肌の汚れを洗い落としてニキビを防ぐ薬用洗顔石鹸です。

保湿成分としてヒアルロン酸やローヤルゼリー、リピジュアなどを配合、きめ細かな泡で洗い上げ、肌のキメを整えます。

過剰な皮脂をしっかり洗い落としたい、男性にもおすすめです。

初回限定特典として、同シリーズのローションとジェルもついてきます。毎日使い続けていくなら、リピートにお得な3個セット販売を利用してもいいですね。

肌らぶ編集部で実際に使用してみました!
【医薬部外品】Non.A(ノンエー)ソープの感想はこちら

公式HPはこちら(大)

2-6.肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 洗浄によりニキビを防ぐお手入れ編

続いてこの章でも同様に、洗浄によりニキビを防ぐお手入れに肌らぶ編集部からおすすめしたい洗顔フォームを比較し、お伝えします。

今回は、洗浄によりニキビを防ぐお手入れのことを考えて作られ、肌をうるおし整える保湿成分も配合された洗顔フォームの中から肌らぶ編集部おすすめを選んでいます。

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 洗浄によりニキビを防ぐお手入れ編
【医薬部外品】ロゼット洗顔パスタ アクネクリア

【医薬部外品】ロゼット洗顔パスタ アクネクリア 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:120g
販売価格:431円(税抜)
【1mlあたり約3.6円(税抜)】

洗浄によりニキビを防ぐお手入れのことを考えて作られた、キメ細かいクレイパウダーを含むなめらかな泡の薬用洗顔フォームです。皮脂や毛穴の汚れをしっかり洗い落とし、ニキビを防ぎます。

清々しいグリーンハーブの香りに包まれながら、お手入れできます。

なんだか懐かしいレトロでロマンティックなパッケージは、昭和から現在まで、親子3代で愛用しているファンも多いとされるこのブランドの特徴です。

同ブランドの他アイテムも、つい集めたくなってしまうような魅力があります。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 洗浄によりニキビを防ぐお手入れ編
【医薬部外品】クレアラシル 薬用洗顔フォーム10x

【医薬部外品】クレアラシル 薬用洗顔フォーム10x 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:120g
販売価格:477円(税抜)
【1mlあたり約4円(税抜)】

65年の歴史を持ち、世界20ヶ国で愛され続けるクレアラシルの、洗浄によりニキビを防ぐお手入れを考えて作られた薬用洗顔フォームです。保湿成分としてヒアルロン酸縮合液などを配合、毛穴につまった汚れや余分な皮脂を洗い落とし、肌を清浄にします。

肌のタイプごとに併せた3種類の洗顔フォームシリーズがあるので、肌状態によって使い分けてもいいですね。

さわやかなフレッシュフルーティの香りがやわらかに広がります。

公式HPはこちら(大)

肌らぶ編集部おすすめ洗顔フォーム 洗浄によりニキビを防ぐお手入れ編
【医薬部外品】Dr.AI アクネスラボ 薬用ウォッシングフォーム

Dr.AI アクネスラボ 薬用ウォッシングフォーム 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も内容量:100ml
販売価格:1,400円(税抜)
【1mlあたり約14円(税抜)】

洗浄によりニキビを防ぐお手入れを考えて製品を作り続けるドクターズコスメから誕生した、キメの細かい泡が特徴の薬用洗顔フォームです。
皮脂や汚れを洗い落とし、清浄にすることでニキビを防ぎます。

利便・衛生面でも嬉しいポンプタイプで、毎日のお手入れをスムーズに行えます。

洗顔フォームとローション、スポッツクリームの3点が試せる4回分のトライアルセットを利用して、まずは使用感を試してみてもいいですね。

インテリアのようにおしゃれなデザインもポイントです。

公式HPはこちら(大)

3.洗顔料の基本の使い方と手順

洗顔の役割は一般的に、肌の不要な汚れや古い角質を取り除くことだと言われます。どんなに自分の肌に合う洗顔料を選ぶことができても、洗顔料の使い方や洗顔方法が異なればその魅力を実感しにくくなってしまいます。

ここでは、洗顔料をさらに意識して使用し、洗顔を効率的に行うためのポイントをお伝えします。

3-1.洗顔料の基本的な使い方

まずはじめに、肌らぶ編集部からおすすめしたい洗顔料の基本的な使い方を、3つのポイントに分けてお伝えします。
洗顔料を使用するときには、ぜひ意識してみてください。

①よく泡立てて丁寧に洗う

泡洗顔 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も洗顔料はよく泡立てて、顔のすみずみまで丁寧に洗うことを心がけましょう。

洗顔料の泡立てが足りないと、肌と手の間で摩擦が生じやすくなり、余計な負担を与える原因にもなります。

洗顔料は、手でも十分な泡を作ることが可能ですが、面倒に感じる方は「泡立てネット」が便利です。

また、肌を必要以上にゴシゴシと洗うことでも摩擦が起こり、乾燥や肌荒れなどの肌悩みを招いてしまうことがあると言われています。

洗顔料を意識して使用すれば、力を入れなくても汚れを落とすことができます。 肌に触れる際は、常に「丁寧に」を意識しましょう。

②ぬるま湯でよくすすぐ

洗顔  女性 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も洗顔は、人肌と同じくらいに感じる32~34℃程度のぬるま湯で、すすぎ残しがないよう、十分に洗いましょう。 熱すぎるお湯では肌に刺激を与えてしまう可能性があり、逆に冷水だと皮脂などの汚れが落ちにくい場合があると言われています。

また、洗顔料がすすぎ切れずに肌に残ってしまうと、肌荒れの原因のひとつとなることがあります。

特に、こめかみや額の生え際、フェイスラインなどは、洗顔料のすすぎ残しの多い部分です。 すすぎ残しがないように、細部までしっかりと洗い流すようにしましょう。

③洗顔石鹸は風通しのよい場所で保管する

発泡ウレタン石鹸置き 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も(肌らぶ編集部参考商品:株式会社良品計画)

洗顔石鹸を保管する際は、石鹸の水気をよく切り、湿度が低く、風通しのよい場所に置くようにしましょう。

洗顔石鹸をお風呂場のような湿度の高い場所で保管すると、湿気で雑菌が繁殖しやすくなるだけでなく、石鹸が溶けやすくなる原因にもなります。

また、石鹸の保管は、石鹸がヌルヌルしたり溶けやすくなることを防ぐために、水気がしっかり切れる石鹸置きを使用することをおすすめします。

最近では、スポンジでできた石鹸置きも市販されているようです。石鹸に残った水分がスポンジに吸収されて乾きやすくなり、清潔な状態を保ちやすくなるため、こうしたアイテムを活用することもおすすめです。

3-2.洗顔料の使い方手順

続いて、洗顔料で洗顔を行う場合の手順をご紹介します。

①十分に手洗いを行う

スキンケア 基本 手順 手洗い 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方もまずは、しっかりと手洗いをして手を清潔な状態にしてから洗顔を始めましょう。
手のひらと手のひらをすり合わせて、両手首までもみ込むように入念に洗いましょう。

②ぬるま湯のみで顔を素洗いする

スキンケア 基本 手順 洗顔 素洗い 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も洗顔料で顔を洗う前に32~34℃程度のぬるま湯のみで顔を素洗いしましょう。先に肌の上のほこりなどの軽い汚れを落とし、毛穴を開くことでその後の洗顔をよりスムーズに行うことができます。

③洗顔料をしっかりと泡立てる

スキンケア 基本 手順 洗顔 泡立て 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方もレモン1個分ほどを目安に、洗顔石鹸を十分に泡立て、片手にこんもりとのるようなたっぷりとした泡を作りましょう。

少しずつぬるま湯を加えながら、空気を含ませるように両手で丁寧に泡を作っていきましょう。

④皮脂の多い部分から洗う

スキンケア 基本 手順 洗顔 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も皮脂の多いとされる「Tゾーン」にまず泡をのせてから、肌の上を転がすようになめらかにこめかみ部分まで広げ、頬まで洗っていきましょう。

皮脂が比較的少ないパーツには泡を軽くのせるようにして、Tゾーン以上に摩擦に気をつけましょう。

⑤ぬるま湯で十分にすすぐ

スキンケア 基本 手順 洗顔 すすぎ 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も32~34℃程度のぬるま湯で、30回を目安にしっかりとすすぎを繰り返しましょう。
手のひらで“付ける”ように、力を入れすぎずに行うことを意識しましょう。

⑥清潔なタオルで水気を拭き取る

スキンケア 基本 手順 洗顔 ふき取り 【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も清潔なタオルをふんわりとあてて、水気を拭き取ります。
ゴシゴシとこすって、肌に余計な負担をかけないように気をつけましょう。

4.【2017】洗顔料の肌らぶ編集部おすすめはこれ!選び方使い方も まとめ

【2017】人気洗顔料おすすめランキング!比較・選び方使い方も
肌らぶ編集部がさまざまな視点で選んだ洗顔料のおすすめをご紹介しましたが、いかがでしたか?

試してみたい洗顔料は見つかりましたでしょうか?洗顔料はスキンケアの中でも、肌の汚れを落とすという大切な役割を担っています。

周囲が憧れるすこやかな肌を維持するためにも、洗顔料は自分の肌に合うものを選び、意識して使用することを心がけましょう。

この記事が、自信溢れるうるおい美肌への第1歩になれば幸いです。

もっちり濃密メレンゲ泡で、しっとりつややかな肌へ。
『ランリッチしっとりソープ』はこちら

【2017】洗顔料のおすすめはこれ!選び方使い方も! 関連記事

◆【PR】洗顔石鹸ならどれでもいい訳ではない!自分に合う洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸 肌らぶ編集部おすすめ【保存版】

◆【PR】基本が大切!敏感になりやすい肌におすすめの洗顔方法とNG洗顔

洗顔方法保存版!8つの間違い洗顔とおすすめの洗顔方法

誤解しないで!洗顔しない美容法の本当の意味

正_ミッドサンプル確定バナー (1)