メニューを開く

肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸8選!石鹸のいい香りに包まれたい

洗顔石鹸 おすすめ
「洗顔石鹸のおすすめが知りたい!」
「洗顔石鹸って何を重視して選んだらいいの?」
そんな疑問をお持ちではありませんか?

今回はそんな疑問をお持ちの方に肌らぶ編集部からおすすめしたい洗顔石鹸8選と、洗顔石鹸を選ぶときのポイントをご紹介します。

洗顔石鹸は泡切れが良いものが多く、洗い上がりがさっぱりしているものが多いといわれており、さっぱり感を実感したい方におすすめの洗顔料です。

近年ではさまざまな洗顔石鹸が発売されており、入っている成分や価格もさまざまです。
是非、2章の洗顔石鹸の選び方を参考にしてみてください。

あなたにぴったりの洗顔石鹸が見つかりますように…!



1.肌らぶ編集部おすすめ洗顔石鹸8選

洗顔石鹸 おすすめまずは、肌らぶ編集部のおすすめとして、オーガニック洗顔石鹸4選と、プチプラ洗顔石鹸4選をご紹介します。
是非、洗顔石鹸選びの参考にしてみて下さい。

肌らぶ編集部おすすめオーガニック洗顔石鹸4選

ここでは、肌らぶ編集部おすすめのオーガニック洗顔石鹸4選をご紹介します。
今回は、海外のオーガニック認証機関が認定しているもの、もしくは無添加化粧品*である洗顔石鹸の中から選びました。
無添加化粧品*とは法的に定められた『表示指定成分』が添加されていない化粧品のこと。
※表示指定成分の「すべて」が無添加であるかは化粧品によって異なります。

john masters organics (ジョンマスターオーガニック)LRG&YYソープ(ラベンダーローズゼラニウム&イランイラン)

john masters organics (ジョンマスターオーガニック)LRG&YYソープ(ラベンダーローズゼラニウム&イランイラン)

販売会社:株式会社ジョンマスターオーガニックグループ
販売価格:1,900円(税抜)
内容量 :128g

【肌らぶ編集部コメント】
オーガニックオリーブ果実油を原料としている、ボディにも使用可能な洗顔石鹸です。
肌にしっとりとうるおいを与え、柔軟性を保ちます。
ラベンダー、イランイランの香りが、華やかな空間を演出してくれるので、プレゼントとしても最適です。米国OTCO認定のオーガニックソープです。

【公式HP記載の全成分表示】
パーム脂肪酸Na**、ヤシ脂肪酸Na**、水、グリセリン**、オリーブ果実油*、クエン酸Na、ラバンデュラハイブリダ油*、イランイラン花油、ニオイテンジクアオイ花油*、テオブロマグランジフロルム種子脂*、リナロール、シトロネロール、ゲラニオール、シトラール
**はオーガニック認証成分由来、*はオーガニック認証成分です。

reMio Argan Mud(Clay) Soapアルガン クレイ石鹸

reMio  Argan Mud(Clay) Soapアルガン クレイ石鹸

販売会社:レミオ・ジャパン株式会社
販売価格:1,600円(税抜)
内容量 :100g

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分として「アルガンオイル」「ガスール(クレイ)」が配合された洗顔石鹸です。
昔ながらのコールドプロセス製法*で今も手作りされており、フェイスだけでなく、ボディ、ヘアにも使うことができます。
肌の水分、油分を補い保ち、みずみずしいうるおいを与えます。

コールドプロセス製法*とは、自然の穏やかな熱を使用して固める製法のことです。

【公式HP記載の全成分表示】
ヘクトライト(ガスール)、アルガニアスピノサ核油、パーム核油、(レッド)パーム油、ダイズ油、オーガニック香料(ローズマリー、ユーカリ、ネロリ)、水

Gamila Secret(ガミラシークレット )オリジナルソープ

Gamila Secret(ガミラシークレット )オリジナル

販売会社:株式会社シービック
販売価格:2,300円(税抜)
内容量 :115g

【肌らぶ編集部コメント】
ガミラシークレットのソープは、「肌の調子を整える」ということに着目して作られた洗顔石鹸です。特別感が感じられるパッケージも魅力のひとつでしょう。
15種類の植物素材を原料としており、現在もすべて手作りで作られています。
肌にうるおいを与え、すこやかに整えます。

【公式HP記載の全成分表示】
水、オリーブ油、ローレル油、ヤシ油、水酸化Na、ヒマシ油、シア脂油、ブドウ種子油、アーモンド油、セイヨウイラクサエキス、ラベンダー油、カミツレ花エキス、ローズマリー油、クマツヅラエキス、ヘンルーダエキス、セージ葉エキス、ピスタシオ種子油

ARGITAL(アルジタル)ヴェジタルソープ(プロポリス&ピュアハニー)

ARGITAL ヴェジタルソープ(プロポリス&ピュアハニー)

販売会社:株式会社マッシュビューティーラボ
販売価格:1,800円(税抜)
内容量 :100g

【肌らぶ編集部コメント】
海泥(グリーンクレイ)とプロポリス、ハチミツを原料としており、「ねっとり」とした泡で洗い流すことによって、肌の柔軟性を保ち、すこやかに整えます。
アルジタル社は化粧品製造会社としてイタリアで初めてオーガニック認証機関demeter(デメター)の認証を取得したブランドです。

【公式HP記載の全成分表示】
パーム脂肪酸Na、ヤシ脂肪酸Na、水、グリセリン、塩化Na、クエン酸、アンソッコウエキス、パチョリ油、ラバンデュラハイブリダ油、オリーブ油、フラー土、ハチミツ、プロポリスエキス、ビターオレンジ果皮油、アニス油

肌らぶ編集部おすすめプチプラ洗顔石鹸4選

次に、肌らぶ編集部おすすめのプチプラ洗顔石鹸4選をご紹介します。
今回は、通信販売購入可能且つ、1,500円(税抜)以下のコストパフォーマンスの良い洗顔石鹸の中から選びました。

ROSE DE MARRAKECH(ローズドマラケシュ) サボン オ ガスール

サボン オ ガスール

販売会社:株式会社ジェイ・シー・ビー・ジャポン
販売価格:1,500円(税抜)
内容量 :110g

【肌らぶ編集部コメント】
ミネラル豊富なモロッコ産ガスールクレイ(粘土)を原料とした洗顔石鹸です。
洗い上がりはさっぱり爽やかで、肌を洗い上げることでキメを整えます。
フェイスにもボディにも使用することができ、ローズマリーと柑橘系のリモネンの香りがさわやかなお手入れタイムを演出します。

【公式HP記載の全成分表示】
ヤシ油、水酸化Na、ヒマワリ油、オリーブ油、モロッコ溶岩クレイ、ローズマリー油、リモネン

LEAF&BOTANICS (リーフアンドボタニクス) マザーソープ ローズマリー

LEAF&BOTANICS (リーフアンドボタニクス) マザーソープ ローズマリー

販売会社:松山油脂株式会社
販売価格:400円(税抜)
内容量 :90g

【肌らぶ編集部コメント】
シンプルなつくりが特徴の洗顔石鹸です。
泡立ちはクリーミィで、この泡で洗い流すことによって、肌をやわらげすこやかに保ちます。ナチュラルな草花のいい香りが、ふんわり心地よく漂います。
ゼラニウムやラベンダーなど、その他の香りもぜひ試してみてください。

【公式HP記載の全成分表示】
石ケン素地、カリ石ケン素地、パーム核油、ローズマリー葉油、ローズマリー葉、紅茶エキス、モロッコ溶岩クレイ、カラメル、グリセリン、ラウリン酸、水、BG、トコフェロール、エチドロン酸4Na

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ) ハンドメイドボタニカルソープオリーブ/スクワラン

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ) ハンドメイドボタニカルソープオリーブ/スクワラン

販売会社:株式会社マークスアンドウェブ
販売価格:436円(税抜)
内容量 :100g

【肌らぶ編集部コメント】
2000年に東京で誕生したデイリープロダクトブランドMARKS&WEB(マークスアンドウェブ)の洗顔石鹸です。
なめらかな泡立ちで、洗顔後のつっぱりが気になりにくいしっとりとした洗いあがりです。肌に必要なうるおいを残しながら、すこやかに保ちます。

【公式HP記載の全成分表示】
石ケン素地、水、スクロース、グリセリン、ソルビトール、エタノール、オリーブ油、スクワラン、トコフェロール、エチドロン酸4Na

F organics(エッフェオーガニック)クリアモイスチャーソープ

F organics(エッフェオーガニック)クリアモイスチャーソープ

販売会社:株式会社マッシュビューティーラボ
販売価格:650円(税抜)
内容量 :25g

【肌らぶ編集部コメント】
オーガニックオイルを原料とし、さっぱり洗い上げることができる植物性の洗顔石鹸です。
ボリュームのある泡立ちで肌にうるおいを与えながら洗い上げ、キメを整えます。
イランイラン花油とダマスクバラ花油の素敵な香りが、ドレッシングルームを素敵な空間に演出します。

【全成分表示】
石ケン素地、ダマスクバラ花水、スクロース、グリセリン、エタノール、ラウロイルグルタミン酸Na、カオリン、水、オオヒレアザミ花、葉、茎エキス、ザクロ果実エキス、キュウリ果実エキス、チャ葉エキス、レモングラスエキス、ローズマリーエキス、オレンジ果実エキス、サトウカエデエキス、サトウキビエキス、ビルベリーエキス、レモン果実エキス、ダマスクバラ花油、ニュウコウジュ油、ビャクダン油、イランイラン花油、オレンジ油、カニナバラ果実油、クエン酸、グルコン酸Na

2.洗顔石鹸の豆知識~製法について~

洗顔石鹸 おすすめ

ここでは洗顔石鹸の豆知識をご説明します。
洗顔石鹸の製法はいくつかありますが、そのなかでも代表的な2つの製法についてお伝えします。

釜焚き製法

一般的に釜炊き製法とは、油脂を釜の中で脂肪酸とグリセリンに分解し、脂肪酸とナトリウムを結合させ精製する方法のことを指します。

枠練り製法

枠に石鹸素地と共に香料や色素などを入れ、固める昔ながらの製法のことをいいます。
固めるのに時間はかかりますが、シンプルな製法であるため、保湿成分を配合しやすいというメリットがあります。

枠練り製法の中にコールドプロセス製法という製法がありますが、枠練り製法との違いは乾燥させる際に熱を使わないことです。
しっとりした洗い上がりで、保湿成分を配合する石鹸に多く使われる製法です。

3.洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸 おすすめ肌が敏感に傾きがちの方は、シンプルな配合の洗顔石鹸を選ぶことをおすすめします。

配合されているすべての成分が、自分の肌に合う成分とは限りませんよね。
シンプルな配合の石鹸であればあるほど、自分の肌に合わない成分が入っている確率は低くなります。

シンプルな配合の石鹸の選択肢の一つとして、無添加石鹸が挙げられます。

1章でもお伝えしましたが、無添加石鹸とは法的に定められた『表示指定成分』が添加されていない化粧品のことです。
公式HPまたは商品パッケージで全成分表示を確認し、できるだけシンプルな配合のものを選ぶといいでしょう。

また、マイルドな洗い上がりを好む方には、保湿成分が配合された石鹸などもおすすめです。
保湿成分配合の洗顔石鹸で洗い上げることによって、肌をすこやかに保ちます。

4.洗顔石鹸まとめ

洗顔石鹸 おすすめ

今回は肌らぶ編集部からおすすめしたいオーガニック洗顔石鹸4選と、プチプラ洗顔石鹸4選をご紹介しました。
また、洗顔石鹸の選び方もご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

近年では保湿成分が配合された洗い上がりはしっとりするタイプの洗顔石鹸も発売されており、洗い上がりは石鹸によってさまざまです。

またバスルームに置いておくだけでも、とてもいい香りがします。
まずはお気に入りの香りの石鹸から試してみてはいかがでしょうか。

この記事は2017年5月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る