メニューを開く
提供:株式会社ポーラ

【50代】おすすめファンデーションはこう選ぶ!使い方も再確認

50代 ファンデーション
「50代におすすめのファンデーションって、どんなものがあるのかな?人気のあるものは?」「50代になったら、今までと同じファンデーションじゃだめなの?」と、お悩みではないでしょうか?

肌悩みが増えがちな50代は、ファンデーション選びも迷ってしまいますよね。

今回は50代の方に肌らぶ編集部がおすすめしたいファンデーションをご紹介していきます。

選び方や付け方のポイントもご紹介していきますので、ぜひファンデーション選びの参考にしてくださいね。

パウダーなのにしっとりツヤ肌『B.A ザ パウダリーファンデーション』はこちら>>>





◆肌らぶ セレクション◆

RED B.A モイスチャースターターセット
RED B.A モイスチャースターターセット 50代 ファンデーション

ポーラブランドでから出ている「RED B.A 」は化粧品でエイジングケア*を始めたい方におすすめのスキンケアシリーズです。

濃厚なとろみで、角層の隅々までうるおいを届けるローション。
美容液のように濃密なエマルジョンが、肌をやわらげてなめらかに整えるミルク。
果実や花々の上品な香りが、毎日のスキンケアタイムを彩ります。

まずは1ヶ月、ポーラ公式HP限定販売のスターターセットで「RED B.A」のローションとミルクを試してはいかがでしょうか。
きっと毎日、鏡を見るのが楽しみになりますよ。(2017年5月時点)

*年齢に応じた保湿のお手入れ
公式HPはこちら(オレンジ) 50代 ファンデーション

1. 50代のファンデーション|選び方のポイントは2つ

50代の方がファンデーションを選ぶときのポイントは「薄付きで肌悩みをカバーできるものを選ぶ」こと、「肌にうるおいを与えられるものを選ぶ」ことの2つです。

1-1. 薄付きで肌悩みをカバーできるものを選ぶ

50代 ファンデーション
50代の方は、厚塗りになりにくくカバーは丁寧にしてくれるファンデーションを選びましょう。

50代の肌にはカバーしたい部分も多くあるかもしれませんが、隠そうとして何度も重ねたり多すぎる量を使ってしまうと、化粧崩れや不自然な仕上がりにつながってしまいます。

そのためナチュラルに仕上げつつ、肌悩みはカバーできるファンデーションがおすすめです。

1-2. 肌にうるおいを与えられるものを選ぶ

50代 ファンデーション
50代の方は、肌にうるおいを与えられるファンデーションがおすすめです。

50代の肌は、かさつきや乾燥による小じわなどの悩みが出やすいの方も多いでしょう。
そのような肌悩みは、肌にうるおいを与えて乾燥を防ぐファンデーションでカバーしましょう。

2. 【50代のみなさまへ】肌らぶ編集部おすすめファンデーション

こちらでは、50代の方へ肌らぶ編集部がおすすめしたい、肌にうるおいを与えて乾燥を防ぐファンデーションをご紹介します。

ファンデーション選びの参考にしてくださいね。

POLA(ポーラ)B.A ザ クリーミィファンデーション

pola クリーミィファンデーション 50代 ファンデーション

まるでスキンケアクリームのような感触で、うるおいで満ちたツヤ肌に仕上げるクリームファンデーションです。

コクのあるテクスチャーながら、肌にすっとなじみ、肌悩みを丁寧にカバーして、50代の肌も、自然なつやで若々しい印象の肌へ導きます。

保湿成分として「モイストアップポリマー」を配合。乾燥が気になる方や、エイジングケア*したい方にもおすすめです。
日本人の肌になじみやすい、6色のカラー展開も魅力のひとつ。自分にぴったりのファンデーションを見つけられるでしょう。

*年齢に応じた保湿のお手入れ
公式HPはこちら(オレンジ) 50代 ファンデーション

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)

マキアレイベル薬用クリアエステヴェール 50代 ファンデーション

【肌らぶ編集部コメント】
ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分配合のリキッドファンデーションです。

光のヴェールでハリと透明感に満ちた肌を演出しながら、エイジングケア*までできる優れもの!
軽い付け心地で、50代の方が気になりやすいシミやくすみなどを自然にカバーします。

1本で日焼け止め・ファンデーション・美容液など5つもの役割を持っていて、忙しい朝のメイクも簡単に完了。肌にうるおいを与えてくれるので、しっとりとした肌触りを感じられるでしょう。
しっかりとカバーできて、乾燥しにくいファンデーションを探している方は、ぜひ一度試してみてください。

*年齢に応じた保湿のお手入れ
公式HPはこちら(オレンジ) 50代 ファンデーション

POLA(ポーラ)B.A ザ パウダリィファンデーション

POLA パウダーファンデーション 50代 ファンデーション

【肌らぶ編集部コメント】
肌に軽やかに広がるきめ細やかな粉が、肌にふんわりとフィットするパウダーファンデーションです。

スピーディなひと塗りで、肌にムラなくなじみ、シミやくすみをカバー。
人肌で解けるオイルでコーティングされたパウダーが、乾燥によるかさつきが気になりやすい50代の肌も、しっとりと仕上げます。
さらに肌の上で光を反射し、輝くようなツヤを肌に与えます。

POLAによる「日本人の肌色研究」に基づいた、全6色の色展開もポイント。
どんな肌色にも自然になじむカラーが揃っています。

公式HPはこちら(オレンジ) 50代 ファンデーション

資生堂マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ 50代 ファンデーション

【肌らぶ編集部コメント】
ふわふわのムースからつくられた、軽やかな付け心地が魅力的なパウダリーファンデーションです。

保湿成分としてスーパーヒアルロン酸(アセチルヒアロルン酸Na)、グリセリン、ケイ酸(Na/Mg)などを配合。
毛穴や色ムラ、かさつきが気になる肌もしっとりとなめらかに仕上げます。

パウダーなのに粉っぽさは感じられず、薄い膜で肌にフィット。
気になる50代の肌悩みをカバーしながら、まるでやわらかな光に包まれているような自然なツヤを、肌に演出します。

公式HPはこちら(オレンジ) 50代 ファンデーション

3. 50代の今こそおさらい!ファンデーションの使い方

50代の今だからこそ、改めてファンデーションの上手な使い方・塗り方を意識しましょう。
ファンデーションは、使い方ひとつで仕上がりに大きな差が生まれるとされています。

ここでは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーション、それぞれの上手な使い方をご紹介します。

3-1. リキッドファンデーションの使い方

リキッドファンデーションを付ける方法はいくつかありますが、今回は基本的な塗り方をご紹介します。

【使用量】

50代 ファンデーション
一般的に顔全体に使用する目安量は、パール1粒大とされています。
ファンデーションを手の甲に出して、少しずつ中指で取りながら使用します。

①ほお→ひたい→あごの順に塗る

50代 ファンデーション
どの箇所も、顔の中心から外側に伸ばしていきます。指の腹を使って、やさしい力で伸ばしましょう。

全体に伸ばした後、さらにカバーしたいところは軽くたたき込むようにポンポンと重ねるのがポイントです。

②鼻を塗る

鼻は皮脂が出やすい部分なので、化粧崩れを防ぐために、リキッドファンデーションは薄めに塗りましょう。
指に残っているファンデーションで鼻筋に沿ってのばし、小鼻は指先を使ってなじませます。

③目まわり・口まわりを塗る

50代 ファンデーション
目まわり・口まわりは、皮膚が薄い上に良く動く部分なので、指に残ったファンデーションをつけていく程度で薄く仕上げます。
たくさんつけ過ぎてしまうと、ヨレの原因になります。

下まぶたのキワなどは塗り忘れやすい部分なので、ぎりぎりまで丁寧に付けましょう。

④スポンジでなじませる

50代 ファンデーション
顔全体を何もついていない大きめのスポンジを使って、軽く押さえるようにし、ファンデーションを肌に密着させます。
最後に、フェイスラインと首の境目がなくなるようになじませて完成です。

3-2. パウダーファンデーションの使い方

パウダーファンデーションを付ける方法はいくつかありますが、今回は基本的な塗り方をご紹介します。

【使用量】

50代 ファンデーション
スポンジの3分の1くらいの量を目安に、その都度スポンジに取って使います。

①ほお→ひたい→あごの順に塗る

50代 ファンデーション
どの箇所も、顔の中心から外側に伸ばしていきます。
スポンジを持つ手には力を入れず、すべらせるようにやさしい力で付けましょう。

②鼻を塗る

50代 ファンデーション
特に鼻は皮脂が出やすい部分なので、ファンデーションを薄めにつけることを意識しましょう。
スポンジに余ったファンデーションを使用し、鼻筋になじませていきます。
小鼻などの細かな部分は、スポンジを半分に折るようにして使用して肌にフィットさせます。

③目まわり・口まわりを塗る

50代 ファンデーション
目まわり・口まわりは、皮膚が薄い上に良く動く部分です。
つける量が多いとヨレの原因にもなりますので、ここでもスポンジに残ったファンデーションで軽く押さえる程度にしましょう。

下まぶたのキワなどは塗り忘れやすい部分なので、ぎりぎりまでしっかり付けましょう。

④フェイスラインをぼかしてなじませる

50代 ファンデーション
①で塗ったファンデーションの境目がないように、フェイスラインに向かってなじませていきます。
鏡を見ながら、顔と首の色に差がでないようにぼかして完成です。

4. 【50代】その他ベースメイクの選び方&使い方

50代の方がファンデーションを使う際には、化粧下地とフェイスパウダーも併せて使用することをおすすめします。

どちらもファンデーションをきれいに仕上げるための、大切なベースメイクアイテムです。
その2アイテムの役割と、それぞれの選び方・使い方の簡単なポイントをご紹介します。

4-1. 化粧下地を使う

50代 ファンデーション
化粧下地はファンデーションの乗りを良くして密着度を高め、化粧崩れを防ぎます。

50代の肌におすすめなのはファンデーションと同様に、自然に肌悩みをカバーして、肌にうるおいを与えるものがおすすめです。

ムラ付きや厚塗りを防ぎながら、顔のすみずみまで伸ばすように塗布しましょう。

4-2. フェイスパウダー(おしろい)を使う

50代 ファンデーション
フェイスパウダーは肌の余分な皮脂を吸着して、ファンデーションを崩れにくくします。
またフェイスパウダーの細かい粉が光を反射し、気になりやすい肌の乾燥による小じわや凹凸もぼかすことができます。

50代の方には、微細なパールが配合されたフェイスパウダーがおすすめです。
若々しい印象のツヤ肌を演出し、ファンデーションの仕上がりをサポートします。

パウダーをしっかり含ませたパフをそっと顔に当てながら付けましょう。
最後の仕上げに何も付いていないブラシで余計な粉を払うときれいに仕上がります。

ファンデーション以外の50代のメイクポイントは、こちらの記事でもご紹介しています♪気になる方は、ぜひご覧になってください。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。
50代の方に肌らぶ編集部がおすすめするファンデーションをご紹介しました。

50代の方がファンデーションを選ぶときは、「薄付きで肌悩みをカバーできるものを選ぶ」こと、「肌にうるおいを与えてくれるものを選ぶ」ことが大切です。

選び方や付け方のポイント、ファンデーション以外のベースメイクにも気を付けて、美しい若見え肌を目指しましょう!

※この記事は2017年5月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

パウダーなのにしっとりツヤ肌『B.A ザ パウダリーファンデーション』はこちら>>>





【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る