2017年11月1日 更新
【PR】

50代はツヤ感とハリ感がカギ!簡単にできる錯覚若見えメイクの方法

50代 メイク「50代のメイクって、どうすればきれいに仕上がるんだろう?」「どんなメイク品を使えばいいの?」などと、お悩みではないでしょうか。

肌悩みが増えがちな50代は、メイク方法やメイク品選びで悩むことも多くなりやすいですよね。

今回は、50代の方に肌らぶ編集部がおすすめしたいメイクの方法やメイク品などを、「ベースメイク編」「ポイントメイク編」に分けてお伝えしていきます。

ちょっとしたポイントを押さえて、もっと簡単にキレイな若見え肌を演出しましょう!

マキアレイベル バナー



◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
アスタリフトホワイト パーフェクトUVクリアソリューション
アスタリフトホワイト パーフェクトUVクリアソリューション

SPF50+・PA++++
パーフェクトUVクリアソリューションをお得に試せるトライアルセット【780円(税抜)・送料無料】販売中!

富士フイルムが展開するスキンケアブランド「アスタリフトホワイト」の、化粧下地と日焼け止めの役割を兼ねるUVクリア美容液です。

D-UVガード*成分を配合。皮膚の細部まで透過するといわれるDeep紫外線**まで独自技術でカットして「いつのまにか日焼け」を防ぎます。

保湿成分「ナノAMA(ツボクサエキス)」を配合し、肌を保護しながら乾燥を防ぎ、整えてくれます。みずみずしいテクスチャーが肌の上をやわらかく伸びる、軽やかでしっとりした使い心地。

ほんのり淡いピンクベージュが顔色を明るくみせ、透明感と輝きのある肌を演出してくれます。専用クレンジング不要、ダマスクローズの香り。

* 酸化チタン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(紫外線防御剤)
** 長波長UVA-I

公式HPはこちら(大)

1. 50代のメイク方法【ベースメイク編】

50代 メイク ここでは、50代の方向けのベースメイクの方法をお伝えします。

50代のベースメイクでは、「厚塗りを避け、ナチュラルに見せること」「ツヤ感を意識すること」が大切です。

かさつきや乾燥による小じわなどの肌悩みが出ることも多い50代の肌ですが、肌悩みをカバーしようとしてファンデーションを何度も重ねたり、適量を超えて使ってしまうと、化粧崩れを起こしやすくなり、不自然な仕上がりになってしまうこともあります。

気になる肌悩みはカバーしつつ、ナチュラルに仕上げましょう。

◆50代のベースメイク【用意するもの】

・化粧下地
・リキッドファンデーション
・フェイスパウダー
・大きめのリキッドファンデーション用スポンジ

◆50代のベースメイク【方法・手順】

【使用量】
50代 メイクメイク品の使用量は、商品ごとの説明に従いましょう。
特に量の指定がない場合は、化粧下地・リキッドファンデーションともに、パール1粒大を目安にすると良いでしょう。

【ベースメイクの手順】
手の甲に出した化粧品を、指の腹を使って肌に塗り広げていきます。

①スキンケア後、化粧下地を顔のすみずみまで伸ばすように肌に広げる

②リキッドファンデーションは頬→額→あごの順に塗っていく

50代 メイクどの箇所も、顔の中心から始めて、輪郭に向かって外側に伸ばしていきます。

人差し指は力が入りやすいと言われているので、薬指や中指を使ってやさしい力加減で伸ばしましょう。

全体的にムラがないように伸ばした後、しっかりとカバーしたいところには、ポイントで重ねます。軽くたたき込むように、ポンポンとなじませます。

③鼻を塗る

鼻は皮脂が出やすいとされる部分なので、リキッドファンデーションは薄めに塗りましょう。
少量のファンデーションを指にとり、鼻筋に沿って伸ばします。小鼻は指先を使って密着させましょう。

④目まわり・口まわりを塗る

目まわり・口まわりは、皮膚が薄い上に良く動くとされている部分です。
ファンデーションをたくさん付けてしまうとヨレやすいので、ファンデーションは付け足さず、指に残ったファンデーションを軽く押さえる程度で構いません。

ポイント
・下まぶたのキワなどは塗り忘れやすい部分なので、ぎりぎりまでしっかり付けましょう。
・口もとは、斜め上の方向に引き上げて、ほうれい線を伸ばすようにしながらなじませます。
50代 メイク

⑤スポンジでなじませる

何もついていない大きめのスポンジで、顔全体を軽く押さえるようにしてなじませます。
最後に、フェイスラインと首の境目がなくなるようになじませましょう。

⑥フェイスパウダーをパフでつける

パフにフェイスパウダーをとり、揉みこむようにしてしっかり含ませます。
50代 メイク小鼻などの細かい部分は、パフを半分に折って、ムラがないようにつけましょう。
首と顔の色に差がでないように、フェイスラインの境目をしっかりぼかします。

⑦何もついていないブラシで余計なパウダーをはらう

ブラシで余分についたパウダーをはらいます。顔全体をブラシでさっとなでることで、ナチュラル感を演出できます。

2. 50代のベースメイクに!肌らぶ編集部おすすめのメイクアイテム

50代の方に向けて、肌らぶ編集部おすすめの化粧下地・リキッドファンデーション・フェイスパウダーをご紹介します。

2-1. 【50代メイク】肌らぶ編集部おすすめの化粧下地

化粧下地を使うことで、メイクのりをよくしてファンデーションを密着しやすくし、化粧崩れを防ぎます。
さまざまな肌悩みが出やすい50代の肌には、適度なツヤとうるおいがあるものを選んでみましょう。

b.glen(ビーグレン)ヌーディーヴェール
b.glenビーグレンヌーディベール
SPF36/PA++

かさつきやすい肌を、うるおしながら化粧崩れを防ぎ、肌を自然に美しく見せる化粧下地です。

保湿成分として「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」を配合。さらに、顔に当たる光をコントロールして肌をナチュラルにカバーする「シャイニングパール」と、ぴったりフィットして化粧崩れを防ぐ「ストレッチヴェール」を採用することで、凹凸のないなめらかな肌を演出します。

まるで空気をまとったかのようなふんわりと軽い使い心地。なめらかに伸びてムラになりにくいので、いきいきとした肌が長続きします。メイクが崩れにくいのも嬉しいポイント。

公式HPはこちら(大)

2-2.【50代メイク】肌らぶ編集部おすすめのリキッドファンデーション

リキッドファンデーションはぴったりと肌に密着し、ツヤ感を演出しやすいという特徴があります。
肌の乾燥が気になりやすい50代の方には、肌の上でよく伸び、ほどよいカバー力とうるおい感があるものをおすすめします。

【PR】
マキアレイベル クリアエステヴェール(医薬部外品)
マキアレイベル全5色 SPF35/PA+++ 合成香料・石油系鉱物油・タール系色素無添加

毛穴やしわなど肌の凸凹にフィットし、ハリと透明感のあるなめらかな肌を演出する美容液ファンデーションです。肌にうるおいを与える5種類のコラーゲンと3種類のヒアルロン酸、美白*有効成分プラセンタを配合。微粒子パウダーによってメイク崩れを防ぎ、1日中美肌にみせてくれます。SPF35/PA+++。全5色。合成香料・石油系鉱物油・タール系色素無添加。

*メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら(大)

2-3.【 50代メイク】肌らぶ編集部おすすめのフェイスパウダー(おしろい)

ベースメイクの最後にフェイスパウダーを使うことで、メイク崩れを防ぎ、美しい仕上がりをキープしやすくなります。

また、パウダーの細かい粉が光を反射し、肌の凹凸をなめらかに見せることが期待できます。
50代の肌には、軽い仕上がりと程よいカバー感を兼ね備えたルースタイプのフェイスパウダーで、粒子の細かいパールを配合したものがおすすめです。

B.A ザ フィニッシングパウダー
BAザフィニッシングパウダー

ふわりと粉雪のように肌になじみ、仕上げたての美しさを持続しやすい微細なルースパウダーです。

カプセル状保湿成分「エッセンスインナノルートカプセル」を配合。さらに、肌に似た構造を持つ真珠からヒントを得て開発された「発光11層パウダー」を採用。

ファンデーションの上に重ねることで、輝きとうるおいに満ちた肌へと仕上げながら、ファンデーションとしっかりなじんで、肌の表面をサラサラ&なめらかにしてくれます。

毛穴の開きなどを目立たなくみせたい場合には、下から持ち上げるようにつけると、よりふんわりとしたきめ細かい肌を演出することができます。

公式HPはこちら(大)

3. 50代のメイク方法【ポイントメイク編】

50代 メイクベースメイクの次は、ポイントメイクのコツや肌らぶ編集部おすすめのポイントメイクアイテムをご紹介していきます。

50代の方のポイントメイクは「ナチュラル感」「血色感」がキーワードです!

同時に各アイテムを入れる“位置”を高めにして、キュッと引き上がったような表情を演出しましょう。

ここではパーツごとに、ポイントメイクの方法をご紹介していきます。

◆50代の眉メイク

眉は顔の印象を左右する重要なパーツです。
特に眉が下がっていると、疲れているように見えたり、老けて見えてしまうことがあります。

50代の眉は、アイブロウペンシルでやや上げぎみに描いたあと、アイブロウパウダーを重ねてふんわり仕上げましょう。

①アイブロウペンシルで眉山→眉尻に向かって描く
少し上げ過ぎかな?と思うくらいでOKです!

②アイブロウパウダーを含ませたチップで、眉山→眉頭に向かって、眉の薄い部分を足していく

③アイブロウペンシルで描いた部分をなぞるように、チップに残ったパウダーを眉山→眉尻に向かってなじませる

◆50代のアイメイク

目もとの印象を引き立たせると、生き生きした表情を演出することができます。

今回は、アイシャドウパレットとビューラーだけで、簡単に印象的な瞳に見せることができる方法をご紹介します。

これだけでも十分明るい目元に仕上がりますが、自分の好みやシチュエーションに合わせて、アイライナーやマスカラを使用しましょう。

①ハイライトカラー(いちばん明るい色)を、ブラシまたは指を使ってまぶた全体に広げる

50代 メイク

②メインカラーを二重幅よりも少し広めに入れる

50代 メイク

③細めのチップを使い、ダークカラーでまつげの隙間を埋めるように、アイラインを引く

50代 メイクまつ毛の隙間を埋めるように、細く入れましょう。

④ビューラーで軽くまつげを上げる

50代 メイク

◆50代のチークメイク

肌の凹凸の目立ちやハリ不足が気になりはじめることで、老けた印象になりやすい50代の肌には、チーク(ほお紅)を使うことで若々しく見せることができます!

チークを上手に活用することで、肌の血色をよく見せ、リフトアップしたような肌を演出しましょう。

【チークを入れる位置】
にこっと笑ったときに高くなる部分よりもやや高めの位置に、ふんわり楕円形に入れます。
50代 メイク「やや高めの位置」にいれることで、頬の位置を高く見せることもできます。
丸くふんわり入れることで、イキイキしたすこやかな表情を演出しましょう。

◆50代のリップメイク

唇の輪郭のぼやけや、口角の下がりが気になりはじめる50代の口もとは、リップブラシ(紅筆)を使って仕上げましょう。

リップブラシを使って口紅を塗ることで、ぼやけがちなリップラインをはっきり・ふっくら見せることができます。

①リップブラシに口紅を含ませる

②リップブラシで唇の輪郭をとる
50代 メイク元の唇の形よりもややオーバーぎみに描きます。特に上唇の口角は1~2mm上側に描きましょう。

③唇の内側を塗りつぶすように口紅をつける
50代 メイク口紅を直接つけても構いませんが、せっかく取ったラインが崩れないように注意します。
心配な方はそのままリップブラシを使うことをおすすめします。

4. 50代のポイントメイクに!肌らぶ編集部おすすめのアイテム

ここでは50代の方向けに、肌らぶ編集部おすすめのポイントメイクアイテムをご紹介します。

今回は、「ナチュラル感」「血色感」を演出できるアイテムを選びました!

4-1. 【50代メイク】肌らぶ編集部おすすめのアイブロウ(まゆずみ)

50代の眉メイクには、眉のフォルムを整えるアイブロウペンシルと、眉のボリュームを調節しやすいアイブロウパウダーが1本になっている、一体型タイプのアイブロウがおすすめです。

ハウスオブローゼ ロゼジュール アイブロー
ハウスオブローゼ ロゼジュールアイブロー

まるでパッとばらの花が咲いたような、華やかな印象に仕上げるメイクシリーズ『ロゼジュール』のくり出し式アイブロウライナーです。

ペンシル・パウダー・ブラシがひとつになっているため、1本で簡単に自然な印象の眉を描くことができます。
また、コンパクトサイズなので携帯にも便利。

保湿成分として「シルクパウダー」「ダマスクローズオイル」などを配合。ふんわりとした眉を描きたい方におすすめです。ダークブラウン、グレーの2色展開。自分の髪色に合わせて選びましょう。

無香料、無鉱物油、アルコール(エタノール)フリー、タール系色素無添加。

公式HPはこちら(大)

4-2. 【50代メイク】肌らぶ編集部おすすめのアイシャドウ

目もとの乾燥くすみやくぼみが気になりやすい50代の目もとをふっくら見せるためには、ほんのりパールが入ったピンク系やラベンダー系などのアイシャドウパレットをおすすめします。

マキアージュ トゥルーアイシャドー
マキアージュ トゥルーアイシャドー PK363

くすまず発色するのに、肌になじんで瞳をくっきりと大きく見せるアイシャドウです。

まぶたを明るく見せる左上・左下の「目もとファンデ」、透明感のある明るい彩りをプラスする右上の「メインカラー」、目もとに深みを与える下中央の「なじませブラウン」、瞳をくっきり強調する右下の「キワ埋めライン」と、順番に重ねるだけ!

プロが仕上げたような、表情まで生き生きとした美しい目もとを簡単に演出します。全7色。

つけたての美しさが長続きするのも嬉しいポイントです。目もとをふっくら明るく見せたい50代のアイメイクには、ピンクとブラウンのグラデーションが美しい、『PK363』がおすすめ。

公式HPはこちら(大)

4-3. 【50代メイク】肌らぶ編集部おすすめのチーク(ほお紅)

50代の肌には、粒子の細かいパールが配合された、しっとりとうるおいのあるチークを選びましょう。

パールが光を反射することによって、たるみ毛穴や小じわなどによる肌の凹凸を自然にカバーしてくれます。

チークの色を選ぶときは、肌なじみのよいコーラル系や、華やかな仕上がりになるローズ系がおすすめです。
さらに、チークと口紅の色味を合わせると、より統一感のあるメイクに仕上がります。

ミュゼル ノクターナル フェイスカラー
ミュゼル ノクターナル フェイスカラー

コーラル系・ピンク系・ローズ系の3色展開のチークカラーです。

チークカラーとハイライトの役割を兼ね備えた、質感の異なる3色をブレンドすれば、濁りのない自然で美しいグラデーションを演出。繊細な粒子のパールが、ツヤ感と立体的な印象に仕上げます。

ナチュラルに仕上げたい50代の方は、ふんわり自然に色づく『CO01コーラルスカイ』を、若々しくキュートな印象に仕上げたい50代の方は、艷やかなピンクがかわいい『PI01ピンクスカイ』を、エレガントな雰囲気のメリハリのある顔に仕上げたい50代の方は、上品ですっきりとした印象をつくる『RO01』を。

仕上げたいイメージに合わせて選んでみてくださいね。

公式HPはこちら(大)

4-4.【 50代メイク】肌らぶ編集部おすすめの口紅

口紅はチークと同様、表情をぱっと明るく見せるための心強いアイテムです。

50代の方には、落ち着いたローズ系やレッド系のカラーがおすすめ。
また、チークと似た色味を選ぶと、一体感が生まれより美しく仕上がります。

アテニア プライムルージュ(スイートローズ)
アテニア プライムルージュ
(画像左より、サクラベージュ・チアーベージュ・スイートローズ)

官能的なほどなめらかで艶やかな発色の、肌映えルージュです。

やわらかなピンクの光が、老けて見せがちな唇の縦じわなどの影を飛ばし、ふっくらとうるおった唇に仕上げます。

『スイートローズ』は、肌色がクリアに映え、女性らしさが際立つローズカラー。かわいらしさと上品さの両方を演出することができます。

1本でサッと仕上がって、鏡を見ずにつけてもぴたりとキマるから、ポーチに入れておくだけで心強い、お守りのようなアイテムです。
『スイートローズ』以外にも、使いやすく上品なカラーが揃っています。ぜひ、お気に入りを見つけてみてください。

公式HPはこちら(大)

5. まとめ

50代の方に向けて、メイクの方法や肌らぶ編集部おすすめのアイテムを、「ベースメイク編」「ポイントメイク編」に分けてお伝えしてきました。

少しのポイントを押さえてメイクするだけで、より美しいメイクに仕上げることができるでしょう。

50代にふさわしい、穏やかさと上品さのあるメイクを楽しんで、若々しい毎日を過ごしましょう!

マキアレイベル バナー