メニューを開く

敏感肌の方におすすめしたい!ファンデーションの選び方とおすすめ3選

Pocket
LINEで送る

敏感肌_ファンデ01
「最近肌が敏感になっている気がする‥・。こんな時、ファンデーションはどうしたらいいのかな?」と疑問に感じてはいないでしょうか。

肌が敏感に傾きがちな時は、できれば何もつけたくないけど、肌悩みはカバーしたいですよね。

そこで本日は、敏感な肌でお悩みの方がファンデーションを選ぶときのポイントとおすすめファンデーション、そして肌が敏感になりがちなのときに気をつけたいことをご紹介します。



1.敏感肌の方がファンデーションを選ぶときのポイント

フェイスパウダーorパウダーファンデーション肌が敏感な状態のときは、つけ心地の軽いシンプルなファンデーションを選びましょう。

基本的にパウダータイプをおすすめしますが、その中でも特に、日常使いはフェイスパウダーまたはミネラルファンデーション、しっかりメイクの際はパウダーファンデーションで使い分けることをおすすめします。

1.日常使いにはフェイスパウダーまたはミネラルファンデーションがおすすめ

ミネラルファンデーション

通勤、通学やちょっとした買い物などは、比較的肌ストレスの少ないフェイスパウダーまたはミネラルファンデーションがおすすめです。

フェイスパウダーは、基本的にはファンデーションの上に重ねるための粉なのですが、単体で使用するととても軽いつけ心地で、ナチュラルに肌悩みをカバーしてくれます。

さらに、油分が入っていないため洗顔料だけで落とすことが可能なので、クレンジングをするときのこすりすぎを減らすこともできます。

同様にミネラルファンデーションもおすすめですが、商品によってはクレンジングが必要なものもあるので必ず確認しましょう。

2.しっかりメイクの日はパウダーファンデーションがおすすめ

仕事やイベントなどで、パウダーだけでは物足りないという日は、固形タイプのパウダーファンデーションがおすすめです。

パウダーファンデーションは、使う道具によって仕上がりイメージを変えることができます。

■ナチュラルメイク・・・ブラシでつける
■しっかりメイク・・・パフでつける

パフの場合、多めの量をつけることができるのでしっかりメイクに適していますが、よりナチュラルに見せたいときはブラシを使った方が薄付きになりますし、化粧崩れもしにくいです。

2.敏感な肌の方におすすめしたい|ファンデーション3選

ここでは、肌が敏感なときにおすすめしたいファンデーションを3つご紹介します。

肌に負担がかかりにくく、洗顔料だけで落とすことのできるパウダータイプのファンデーションから選びました。

1.レイチェルワイン

レイチェルワイン 販売会社:株式会社ウィンフィールド・ライフリサーチ
価格:3,000円(税抜)、ブラシ4,200円(税抜)
SPF27.5 PA+++

★初回のみの「トライアルセット」:1,834円(税抜)※30日間返金保証付き
レイチェルワイン トライアルセットお試しサイズのファンデーション2色、過剰な皮脂を抑えるアクセントパウダー、ブラシのセットです。

【肌らぶ編集部 口コミ】
ブラシがとても柔らかく肌触りが良いので、付ける時のチクチク感もなく、できるだけ肌への接触をおさえたという方におすすめです。色展開が豊富でカラーが11色もあるので、混ぜて自分だけのカラーを作ることも可能です。いつも自分に合う色が見つからなくて・‥。とお困りの方も、満足のいく仕上がりに。

>> レイチェルワインの詳細はこちら

2.マットスムースミネラルファンデーション

マットスムースミネラルファンデーション販売会社:株式会社エトヴォス
価格:3,000円(税抜)、ブラシ2,000円(税抜)
SPA30 PA++

★初回のみの「スターターキット」:55%OFF 1,800円(税抜)
スターターキットMファンデーション2週間分と、ブラシ(本商品)、さらに下地・仕上げ両方に使えるパウダーもついてくるので、より理想の肌に仕上げることができます。

【肌らぶ編集部 口コミ】
ミネラルファンデーションの中でも比較的しっかりカバーしてくれるのが特徴です。粒子がとても細かいので、毛穴の凸凹を埋めてなめらかな肌に見せてくれます。また、エトヴォスの独自技術によりパウダーを保湿コーティングしているため、メイクしながら肌を保湿してくれるのも嬉しいポイントです。

>>エトヴォスの詳細はこちら

3.トゥヴェール・ミネラルパウダリーファンデーション

販売会社:株式会社トゥベール
価格:2,649円(税抜)
SPA30 PA++

【肌らぶ編集部 口コミ】
セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合。肌がカサカサしやすい乾燥肌の方におすすめです。粉タイプは苦手という方でも使いやすく、コンパクトタイプなので持ち運びも便利ですね。

>>トゥヴェールの詳細はこちら

3.敏感な肌の方が意識すべきメイク・スキンケアのポイント

化粧品・メイク道具

①外出する際は日焼け止めやファンデーションをつける

肌が敏感な状態のときも、外出するときは、できるだけファンデーションはつけるようにしましょう。肌は紫外線を浴びることで、より刺激を受けてしまうこともあります。

一般的なファンデーションのパウダーに使用されている酸化チタンや酸化亜鉛は、紫外線を肌表面で散乱させて反射する役割を持っています。

プリント

②化粧下地はなるべくつけないようにする

化粧下地せっかく石鹸で落ちるファンデーションを選んでも、石鹸で落ちない化粧下地を使ってしまうとクレンジングが必要となります。石鹸で落ちるファンデーションなどを使用する際は下地を控えましょう。

下地がないと不安だという方は、化粧下地を使わない代わりに、ファンデーションをつける前には保湿美容液をつけましょう。そして、いつも以上にハンドプレスを意識して肌になじませておくと、日焼け止めやファンデーションともしっかり密着します。

化粧崩れの原因はほとんどが肌の乾燥なので、最初に保湿をしてあげれば、化粧崩れもしにくくなりま す。

③固めのパフやブラシを避ける

ファンデーション、パウダーをつけるときは、肌触りの心地よいパフや、柔らかいブラシを使うようにしましょう。

何度も使ってごわごわしたパフや、チクチクするブラシは肌を傷つけることがあります。

【参考商品】
資生堂 スポンジパフ (角・ソフトタッチ)100
資生堂 スポンジパフ (角・ソフトタッチ)100販売会社:資生堂ジャパン株式会社

【肌らぶ編集部 口コミ】
パウダリーファンデーション用の、きめ細かく柔らかな肌あたりの角型スポンジです。水あり・水なしの両用対応で、凹凸の目立ちにくいなめらかな肌に仕上げます。

④パフ・ブラシは定期的に洗う

パフ_before_after一度使ったパフは、雑菌が繁殖するため衛生上もよくありません。特に肌が敏感になっているときは、使い捨てを使用するか、できるだけこまめに洗うようにして、常にきれいな面が肌にあたるようにしてください。予備のパフがあると便利ですね。

●パフの洗い方についてはこちらの記事をご参照ください。
●ブラシの洗い方についてはこちらの記事をご参照ください。

⑤保湿を念入りに行う

肌の土台作りともいえるスキンケアは、いつもより念入りに行うように意識しましょう。肌は乾燥すると、敏感に傾きがちになるので、しっかりと保湿をして乾燥対策をすることが大切です。

今お使いのアイテムが肌になじんでいない気がする、保湿が物足りなく感じるという方は、肌に合っていない可能性もあるので、一度アイテムを変えてみることをおすすめします。

保湿に期待がもてるヒト型セラミドを配合したおすすめシリーズを2つご紹介します。トライアルセットがあるので、まずはこちらをお試ししてみてはいかがでしょうか。

エトヴォス モイスチャライジングライン

ETVOS販売会社:株式会社エトヴォス
価格:トライアルセット1,900円(税抜)

◆肌らぶ編集部 コメント◆
ヒト型セラミドである「セラミド1・2・3・5・6」に加えて、アミノ酸やヒアルロン酸などの保湿成分も配合された贅沢な保湿ケアシリーズです。また、ライン共通の植物由来成分として、ラベンダー花エキス・アロエベラ葉エキス・クズ根エキスなどの保湿成分もたっぷり配合しています。かさつきの気になる肌にうれしい、やさしい使い心地です。トライアルにクレンジングはついていませんが、今回ご紹介したファンデーションであれば、クリアソープバー(洗顔石けん)で落とすことができます。

>>「エトヴォス モイスチャーライン」トライアルセットはこちら

ヒフミド

ヒフミド

販売会社:小林製薬株式会社
価格:トライアルセット908円(税抜)

◆肌らぶ編集部 コメント◆
製薬会社視点により作られた、潤いに着目した保湿化粧品シリーズです。年齢を重ねる毎に減っていくセラミドを補うために、ヒト型セラミドである「セラミド1・2・3」(保湿成分)を配合しているのが特徴です。

クレンジングミルク、ソープ、エッセンスローション、エッセンスクリーム、日焼け止めのセットが1,000円以下でお試し可能です。

>>「ヒフミド」トライアルセットはこちら

4.肌が敏感に傾く要因

乾燥肌_敏感肌敏感肌とは「水分」と「油分」の両方が少なくなってしまい、乾燥することによって刺激を受けやすくなったり、敏感に感じてしまう場合がほとんどです。

肌が乾燥しやすくなるのは、主に下記の5つの要因が考えられます。

4-1.間違ったスキンケア

日頃より、肌に負担をかけるスキンケアを行っていると、肌が傷ついたり、皮膚が薄くなって乾燥しやすくなることがあります。

(間違ったスキンケアの例)・ゴシゴシこすってメイクを落とす
・一日に何度も洗顔をする
・洗顔後にタオルでゴシゴシ拭いている
・自分に合っていない化粧品を使っている

まずは丁寧なスキンケアをすることを心がけることからはじめましょう。

4-2.紫外線

紫外線紫外線を浴びすぎると、日焼けによるシミだけではなく、肌の乾燥を引き起こす要因にもなります。

肌は紫外線を浴びることで、肌にダメージが蓄積され、水分を保持する力が低下してしまうといわれています。

日焼け止めは、SPFやPAの数値が高いからといって安心するのではなく、外にいる場合は2~3時間起きの塗り直しが必要不可欠です。

また、日焼け止めに加えて、日傘やツバの広い帽子を使うなど、できるだけ日光を直接浴びなくてすむように対策しましょう。

●敏感な状態の方が日焼け止めを選ぶときのポイントはこちらの記事をご参照ください。

4-3.生活習慣の乱れ

・過度なストレス
・睡眠不足
・食事の偏り
・運動不足

などの生活習慣の乱れは、肌サイクルを乱す要因になることがあります。

一度に全てを正そうとすると逆にストレスがたまってしまいますので、1番できていないと思うところを、徐々に改善していくことからはじめてみましょう。

4-4.季節・環境

雪季節の変化によって、お肌は敏感に傾きやすくなります。特に秋・冬は空気が乾燥しやすいので乾燥しやすくなります。

また、空気の乾燥だけではなく、夏場の冷房や冬場の暖房なども、お肌を乾燥させてしまう要因となります。加湿器を置く、スキンケアにクリームをプラスするなどの対策が必要です。

4-5.加齢

肌の皮脂量・水分量の年齢推移肌の水分量・油分量は、生まれたときをピークに減り始めるため、加齢とともに肌は自然と敏感に傾きやすくなります。

仕方のないことではありますが、美しく年齢を重ねていくためにも、諦めずに年齢に応じたケアをしっかりと行うことが必要です。

5.最後に

肌が敏感な状態でファンデーションの扱いに悩まれていた方、この記事を読んで解決できましたでしょうか?

肌を大事にしながら自分に自信を持つためにも、ファンデーション選びに合わせて、保湿ケアもしっかり行ってくださいね。

また、健康的な生活を送ることもとても大事ですので、ぜひこの機会に自分の生活スタイルを見直してみてください。

※この記事は2016年9月13日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

関連記事

綺麗&崩れにくい!ミネラルファンデーション使い方完全ガイド

◆[PR]本当に肌のことを考えたミネラルファンデーションランキング

こだわりを追求!人気のミネラルファンデーションを徹底比較!


Pocket
LINEで送る