メニューを開く
提供:株式会社POLA

艶肌メイク|リキッドファンデーションとブラシ使いでツヤ肌をつくる方法

Pocket
LINEで送る

艶肌 ファンデーション
最近話題の「艶肌(ツヤ肌)メイク」。

「一度試してみたいけれど、どんなファンデーションを使えばいいんだろう?」
「艶肌を作るファンデーションの使い方は?」
などとお悩みではないでしょうか?

今回はこの艶肌メイクに注目し、おすすめのファンデーションや使い方のコツなどをご紹介します。

ワンランク上の艶肌を作るためのファンデーション以外のポイントもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

肌にピタッと密着!本格的な仕上がりのファンデーション『オーガ ザ ファインクリームファンデーション』はこちら>>>


◆肌らぶ セレクション◆

オーガ ザ ファインクリームファンデーション
オーガザファインクリームファンデーション
まろやかに伸びて、肌にピタッと密着するクリームファンデーションです。

独自の「キメ復活ブルーファイバー」技術により、肌の色ムラやキメの乱れなどの肌悩みをカバーし、明るく透明感のある肌を演出します。

肌が乾燥しやすい方や、しっかりとベースメイクを仕上げたい方におすすめです。


1. 艶肌(ツヤ肌)とは

艶肌 下地
艶(ツヤ)肌とはその名の通り、みずみずしい艶(ツヤ)のある肌質感のことを言います。
ここ近年では、やり過ぎない自然な艶感のあるメイクが好まれているようです。

【艶肌メイクのメリット】
・顔色が良く見える
・艶やかな色っぽさを演出できる
・年齢より若く見える
・健康的に見える
・乾燥肌の方でも挑戦しやすい

2. 艶肌(ツヤ)をつくる|ファンデーションの選び方

艶肌を作るファンデーションの選び方のポイントは2つあります。

「リキッドファンデーションを選ぶ」ことと、「伸びが良いものを選ぶ」ことです。

2-1. リキッドファンデーションを選ぶ

艶肌におすすめしたいのは、リキッドタイプのファンデーションです。

艶肌メイクには、みずみずしくうるおった質感が大切です。
リキッドファンデーションなら密着感も高く厚ぼったくなり過ぎないので、自然な艶肌を作ることができます。

密着感があり、うるおいを長く実感できるのも、リキッドファンデーションならではの嬉しいポイントです。

2-2. 薄付きで伸びが良いものを選ぶ

リキッドファンデーションの中でも伸びが良く、軽いテクスチャーのものがおすすめです。

伸びのよいファンデーションを使うことで、厚塗りやムラ付きを防ぎやすくなります。
艶肌の魅力である自然なツヤ感を出すために、伸びが良く薄付きなファンデーションを選びましょう。

3. 艶肌(ツヤ)に必須!おすすめリキッドファンデーション

ここでは肌らぶ編集部が選んだ、艶肌メイクにおすすめしたいリキッドファンデーションを3つご紹介します。

POLA(ポーラ)B.A ザ クリーミィファンデーション

pola クリーミィファンデーション
販売会社:株式会社POLA(ポーラ)

まるでスキンケアクリームのような感触で、みずみずしくうるおった肌に仕上げるファンデーションです。

コクのあるテクスチャーにも関わらず、肌へのなじみや伸びがとても良く、肌悩みをきれいにカバーします。
伸びがよく厚塗りになりにくいので、自然な艶肌を演出してくれます。

保湿成分として、ポーラ独自の「モイストアップポリマー」を配合しています。
「乾燥が気になるけれど、艶肌メイクしてみたい!」という方にとてもおすすめの一品です。

自社研究による色設計で、6色の展開カラーがどれも日本人の肌になじみやすいのも魅力のひとつです。

⇒POLA公式HPはこちら

VINTORTE(ヴァントルテ)美容液ミネラルリキッドファンデーション

ヴァントルテ 美容液ミネラルリキッドファンデーション
販売会社:株式会社soar

配合されている微粒子パウダーが肌にしっかりフィットして、なめらかな肌を演出します。

コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなどの保湿成分を配合しているのも特徴です。
うるおいが長続きするので、かさつきやすい肌の方も艶肌メイクに挑戦しやすくなるリキッドファンデーションです。

少量で良く伸びるので、厚塗りになることなく肌悩みを自然にカバーします。
付け心地が軽いのもうれしいポイントです。

⇒VINTORTE公式HPはこちら

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)

マキアレイベルリキッドファンデーション
販売会社:株式会社JIMOS

合成香料・石油系鉱物油・タール系色素フリーの、薬用リキッドファンデーションです。

スクワランやコラーゲンなどの保湿成分を配合しているので、メイク中はもちろん、クレンジングの後もうるおいが続きやすいのがうれしいですね。

肌悩みはしっかりカバーしながらもなめらかな肌に仕上げるので、自然な艶肌を演出できます。

⇒マキアレイベル公式HPはこちら

4. ブラシでもっと艶肌に!ファンデーションの使い方

ファンデーションブラシ

ファンデーションを付ける方法は手やスポンジ、ブラシなど様々ですが、より艶(ツヤ)肌を演出するためには、リキッドファンデーション用ブラシを使うのがおすすめです。

ファンデーションは、その使い方で大きく質感が変化するものです。
ブラシで付けることによって、肌に磨きがかかったようなツヤが生まれます。

いろいろな形状のブラシがありますが、「リキッドファンデーション用」と表記のあるものであれば問題ありません。

以下に手順やポイントをまとめていきますので、ぜひブラシ使いをお試しください。

◆艶肌メイク【用意するもの】

・リキッドファンデーション
・リキッドファンデーション用ブラシ
・フェイスパウダー
・フェイスパウダー用ブラシ

◆艶肌メイク【手順】

①手の甲にリキッドファンデーションを出し、ブラシに取る

ブラシ ファンデ
適量(小さめのパール一粒分が目安)を手の甲に出し、ブラシに取って量を調整します。

②頬、額、顎の順に、大きく伸ばすように塗布してから、ブラシを往復させてなじませる

ファンデ ブラシ
始めはざっくり広げ、そのあとムラをなくすように広く伸ばしていきましょう。

③ブラシに残ったクリームで細かい部分をつけていく

ファンデ ブラシ 小鼻
つけすぎに気を付けることで、ムラづきや化粧崩れを防ぎます。

④全体を確認し、ムラがあればブラシでなじませて均一に整えていく

ファンデ ブラシ フェイスライン
フェイスラインなどはムラになりやすいので、良く確認しましょう。

⑤フェイスパウダー(おしろい)をのせる

ファンデ ブラシ 
パフでしっかり付けた後、何もついていないパウダー用ブラシで磨くように余計な粉を払って完成です!
付け過ぎを防いで艶を出すと同時に、崩れにくくすることができます。

5. もっと艶肌を目指す|メイクとスキンケアのポイント

ファンデーションを艶肌にシフトチェンジしたら、ぜひその他のポイントにも気を配りましょう。

トータルで意識することで、よりきれいで自然な艶肌を演出できます。

5-1. スキンケアのポイント|事前にしっかりと保湿する

艶肌を演出するためには、ファンデーション前のスキンケアにも気を配り、たっぷり保湿しておくことが大切です。

特に、各アイテムの使用量を改めて見直してみましょう。
化粧水や乳液などの量は商品説明のとおりにすることが前提ですが、もし特に表示がない場合は以下の量を目安にしてみてください。

・化粧水:500円硬貨大
・乳液:10円硬貨大

化粧水と乳液で物足りなさを感じたら、肌がしっとりする美容液やクリームなどを取り入れるのもおすすめです。

5-2. メイクのポイント|ハイライトを使う

ハイライトとは、顔の部分的な箇所に明るい色をのせてツヤ感を出し、肌を立体的かつ明るく演出するメイク法です。

ハイライトを入れることで、ファンデーションでは出せない立体感や明るさ、ツヤ感を演出することができます。

最後のステップで簡単にツヤ感を足すことができるので、艶肌メイクにおすすめです。

【おすすめハイライト】
ミネラルシマーパクト

ミネラルシマーパクト
ミネラルと保湿成分が配合されたパウダータイプのハイライトパレットです。

パール感のあるピンクカラーと、パール控えめなベーシュカラーの2色入りなので、お好みで使い分けることができます。

斜めにカットされた付属のブラシが顔の凹凸や丸みにフィットして、テクニックいらずでキレイなベースメイクに仕上げることができます。

⇒ETVOS公式HPはこちら

ハイライトについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください♪

6. まとめ

艶(ツヤ)肌メイクについて、おすすめのファンデーションや使い方をご紹介してきました。

艶(ツヤ)肌メイクは自然なツヤ感やうるおい感が大きな魅力なので、リキッドファンデーションをブラシで付けることがおすすめです。

ファンデーションはもちろん、スキンケアやハイライトにも力を入れられると良いですね。

今話題の艶(ツヤ)肌メイク。
ファンデーションを味方につけてマスターしましょう!

この記事は2016年9月16日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

肌にピタッと密着!本格的な仕上がりのファンデーション『オーガ ザ ファインクリームファンデーション』はこちら>>>

艶肌メイク 関連記事

ナチュラルセクシーは艶肌下地が決め手♡おすすめ化粧下地


Pocket
LINEで送る