メニューを開く

ヘアスプレーの使い方のコツをご紹介!

Pocket
LINEで送る

ヘアスプレー 使い方

ヘアスプレーを使って髪形をきめたい!というそこのあなた、上手にヘアセットができるヘアスプレーの使い方のコツをご紹介します!
今回はヘアスプレーを使って髪を「固めたいとき」「自然なカール感を出したいとき」「ツヤを出したいとき」の自由自在となる使い方のコツをご紹介したいと思います。

まずヘアスプレーを使う時のポイントは2つです。
①頭皮から20㎝ほど離してスプレーしましょう。
ヘアスプレーはつけすぎてしまうと粉が吹いてしまう場合がありますので、同じところに何回もつけすぎないよう注意してください。また、薄く付けるためにも20㎝ほど離し、まんべんなく吹きかけるようにしましょう。

②〈ヘアアイロン〉や〈コテ〉はヘアスプレーする前に済ませましょう。
ヘアスプレーをした後に熱を加えることで、髪がカリカリになってしまう場合があります。〈ヘアアイロンやコテは済ませてから、ヘアスプレーを最後の仕上げとして使用するようにしましょう。



1.固めるときの使い方

これらの髪のセットには「ハードタイプ」のヘアスプレーを使うことをオススメします。
1本持っているだけでスタイルの幅が広がり髪形を楽しむことができます。

1-1.髪のトップの空気感を出す

ショートスタイルで髪のトップに空気感を出したいときは、髪のトップの根元を指でつまんで引き上げ、ヘアスプレーを離して軽く吹きかけましょう。
ヘアスプレーを吹きかけたあとにボリュームの調整をして全体のバランスを整えましょう。
トップを浮かせて固めることで、空気感のあるヘアスタイルをつくることができます。
トップ空気感

arimino styling park

1-2.変化をつける

髪のトップや襟足などのアウトラインに変化をつけたいときは、毛束を持ち上げながら狙った場所からヘアスプレーを離して軽く均等に1吹きしましょう。
変化をだす

arimino styling park

1-3.全体にパーマ感を出す

ヘアスプレーを手に付けて、両手になじませ、くしゃっと髪を握るように髪全体につけます。
また襟足、後頭部の順に全体に付けることで、前髪に対してヘアスプレーの付けすぎ防止になります。
全体にパーマ感

arimino styling park

1-4.くせ毛や髪のふくらみを抑える

髪のクセやボリュームを抑えたい部分をコームでキレイにとかして伸ばし、髪を伸ばしたま外側と内側に均等な感じでヘアスプレーを均等に吹きかけます。
またはヘアスプレーをして、すぐにブラッシングをして毛髪を整えましょう。
アイロンやブローで伸ばしてから、ヘアスプレーすると、よりクセやボリュームを抑えることができます。
ふくらみ抑える

arimino styling park

1-5.三つ編みなど毛先を固める

三つ編みなど編み込みを使ったヘアアレンジで、毛先にスプレーをかけることでピンやゴムを使わずに済む裏ワザです。
三つ編みの毛先にヘアスプレーを吹きかけたら、コームで逆毛を立たせることでより安定して固定されます。
三つ編み

1-6.ヘアアレンジ全体の形をキープさせる

アレンジした髪形が崩れないようにヘアスプレーをかけるときも、かけすぎないようにスプレーを離してまんべんなく吹きかけるようにしましょう。
ヘアアレンジ

instagram.com

1-7.前髪にクセを付ける

マジックカーラーや指やピンなどで、前髪をクセつけしたい形に固定します。
クセをつけたい部分にヘアスプレーをして、少し時間を置いてからマジックカーラーを外すと狙ったクセを付けることができます。置き時間を調節すると思いのままの前髪のカールをつくることができます。
前髪

JOSEISHI.NET
前髪2

motto cutte

1-8. カチューシャやヘアリボンなどを滑らないように固定する

ヘアアクセサリーが滑ってずれてしまわないように、ヘアスプレーをさっと髪に吹きかけてからヘアアクセサリーを装着すると固定されて滑りづらくなります。
固定

blush diary2☆結project☆

2.自然なカール感を出すときの使い方

ふんわりと自然なカール感をだしたい時には「アレンジタイプ」のスプレーを使うことをまずはオススメします。

アレンジタイプのヘアスプレーはふんわりとした仕上がりを演出したい時に活躍し、一度セットしても再セットすることができるので手軽に使えておすすめです。

2-1.ランダムなカールを維持させる

コテで巻いた髪に、内部からスプレーを下から上(髪の真ん中から毛先)に吹きかけることで、自然なカール感を維持させることができます。
ランダムカール

arimino styling park

2-2.内巻きカールを持続させる
髪のサイドの内側にヘアスプレーを吹きかけることによって、ブローで内巻きにしたスタイルやボブスタイルなどに、広がりが出てふんわりと仕上がり、自然な内巻きカールを維持させることができます。
内巻きカール

内巻きカール2

arimino styling park

3.ツヤを出すときの使い方

髪にツヤを出したいときは「グロスタイプ」のヘアスプレーがオススメです。

ヘアスプレーは髪の表面に全体的に吹きかけるようにしましょう。
特に毛先はツヤ感が失われがちなので、毛先を気持ち多め覆うような感じで吹きかけるようにしましょう。

また、一カ所だけ多く付けすぎないように20センチほど頭皮から離してヘアスプレーを使用するようにしてください。

よりツヤ感やさらさら感を出したい場合は、完全にドライの状態の髪をドライヤーとロールブラシでブローしたり、アイロンなどで熱を加えてキューティクルを整えてからスプレーをすると良いでしょう。
ツヤ

all about beauty

グロススプレーは、ハードスプレーやアレンジスプレーほどのセットのキープ力はありませんが、髪をコーティングすることによって艶を出し、指通りをよくします。
髪自体に油分が多い人の場合は、時間がたつとベタついてきてしまう場合もあるので注意しましょう。

4.ヘアスプレーを付けた日は必ずシャンプーで髪・頭皮を洗う

気を付けていたとしても地肌にヘアスプレーが付いている場合もあるので、ヘアスプレーを使った日は必ずシャンプーをするようにしましょう。

【正しい洗髪の仕方・手順】
①髪全体をお湯で流し、髪の固まりや、からまりを優しくほぐしましょう。
②十分にお湯ですすぎ洗いをしたらシャンプー剤をよく泡立てて洗います。
③洗ってもヘアスプレーの残りやベトベトが取れない場合は2度洗いするようにしましょう。
もしくは、シャンプーをする前にトリートメントやリンスやコンディショナーを付けると落ちやすくなります。

頭皮の毛穴に汚れが残っていることによって、毛穴がふさがれ、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になってしまう場合もあります。

頭皮に付いてしまったヘアスプレーによってかゆみや湿疹が出た場合は、使用を控えるようにしてください。
しばらく使用を控えていても頭皮の異常が続いてしまった場合は、まずは皮膚科を受診するようにしてください。

※ヘアスプレーは、火気の近くでの使用や、40℃以上の高温の場所に保管しないようにしてください。

5.まとめ

ヘアスプレーを使う目的は主に3つあり「髪を固める」「髪をふんわりさせる」「髪にツヤを出す」と目的によって使い方も異なります。
髪型のセットが決まると、その日の気持ちもよくなります。ヘアスプレーの使い方のポイントを抑え、どんなシーンでも自由自在に楽しめるようになります。

「巻き髪」についてはこちらでもご紹介していますので、参考にしてください。→「巻き髪をキープする為に意識したい5つのポイント!」

※この記事は2016年5月7日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る