メニューを開く
2016年10月19日 更新

就活の前髪ってどうすればいい?セット方法とポイント

就活 前髪
就活の前髪ってどうすればいいんだろう?どうすればいい感じに前髪がまとまるのか知りたい、と思っていませんか?

前髪が顔にかかってだらしなく見えてしまったり、表情が隠れてうまく感情が伝わらないと、就活では当然不利になってしまいます。

今回は、就活の前髪で大事なポイントと、就活向けの前髪のセット方法を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。



1 就活の前髪で大事なポイント

では、まずは就活の前髪で大事なポイントを押さえていきましょう。
そうすれば、自然とどんな前髪にすれば良いかわかるはずです。

1-1 就活では眉毛・耳・おでこを出す

企業が就活生を見るポイントの中に、清潔感、明るさ、知性などがあります。

眉毛や耳、おでこが出ていると、それらの良い印象を与えやすくなります。

そのため、就活では眉毛や耳が隠れないよう前髪をセットしましょう。
おでこは完全に出す必要はありませんが、半分以上出ていると明るい印象を与えやすくなります。

1-2 お辞儀をしても手直ししなくていい前髪にする

就活では前髪を整髪料やヘアピンを使って、お辞儀をしても手でなおす必要がないようにセットしておきましょう。

就活では、お辞儀や挨拶などで何度も頭を下げます。その都度前髪を手で直しているといくら自然な動作でおこなっても目立ちます。

人前で髪をいじるのは好ましくありません。それが会社説明会や面接のときなら尚更です。

1-3 ヘアピンやゴムは隠す

就活では目立たない黒のヘアピンやゴムを使うのが基本です。そして、それらを使っているとわからないようにするのがマナーです。

例えば、少し長めで半端な前髪をヘアピンで留めるときは、耳の後ろなど目立たず見えにくいところで留めます。

ヘアゴムは就活スタイルに溶け込む、黒や茶色、紺といった落ち着いた色合いのシンプルなバレッタやシュシュで隠しましょう。

1-4 年上の人の客観的な意見をもらう

就活における身だしなみは、年上の人の客観的な意見が重要になってきます。
同世代のチェックだと、やはり学生基準になってしまいがちだからです。
社会人の先輩や学校の就職課の職員の方から意見を聞くのがおすすめです。

採用担当者や面接官の年齢は企業によって違いますが、内定の最終決定権を持つ管理職や経営者の年齢は全体的に高くなっています。

メイクや前髪などのヘアセット、スーツの着こなしなど、全体的な身だしなみを複数人にチェックしてもらい意見を聞きましょう。
そして、アドバイスをもらったら、しっかりそれを活かしましょう。

2 就活向けの前髪セット3パターン!

就活では、眉毛・耳・おでこが見えて、お辞儀をしても手直ししなくていい前髪にするのが大事です。

では、具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。就活向けの3つの前髪パターンとそのセット方法を紹介します!

同じ髪型でも人によって印象が異なるので、全部試して確かめてみることをおすすめします。

2-1 大人っぽい印象! ななめ分け

就活 前髪 ななめわけ

定番の前髪をななめに流すセット方法です。
前髪をななめに流すと、知的な印象や大人っぽい印象を与えられると言われます。

①マジックカーラーで前髪を10~15分巻く

マジックカーラーで前髪を内巻きに巻いてからドライヤーの温風をしばらくあて、10~15分ほどおいて自然な流れをつけましょう。メイクや食事、その他の準備などをしているときに、つけておくと時短になります。
マジックカーラーは100円均一のショップにも売っているので、小さいサイズを買っておくことをおすすめします。
なお、コテやアイロンの使用に慣れている方は、そちらを使っても良いですよ。

②マジックカーラーを外し、ワックスをつける

マジックカーラーを外して、指先につけたワックスを前髪になじませます。
前髪をクシでとかし、眉毛が見えるようにななめに前髪を整えます。

もし、しっかりとまとめたいのであれば、ハードタイプを使いましょう。
手にしっかりなじませてからつければ、しっかり固まっていても見た目にはわかりません。

③前髪をキープするためスプレーをかける

最後に前髪にスプレーをかけます。これで1日がかりの就活でも、前髪が崩れにくくなります。
まとめ髪用などと書かれたスプレーを選ぶとより良いです。

2-2 優しい印象に! センター分け

就活 前髪 センター分け

先ほど紹介したななめ分けを左右につくるイメージのセンター分けです。
セットの仕方もななめ分けと似ています。
優しく誠実な印象を与えられると言われています。

①マジックカーラーで前髪を10~15分巻く

ななめ分けと同じように、前髪を内巻きに巻いてからドライヤーの温風をしばらくあて、マジックカーラーで10~15分巻いておきます。
こちらも、アイロンやコテでおこなってもかまいません。

②マジックカーラーを外し、前髪を分ける

マジックカーラーを外したら、前髪をセンターで左右に分けます。
そして、指先につけたワックスを前髪になじませます。

前髪をクシでとかし、眉毛が見えるように左右に分けた前髪を整えます。

③分け目を中心にスプレーをかける

前髪の分け目を中心にスプレーをかけて、崩れにくくします。

2-3 簡単にキリリとした印象! オールバック

就活 前髪 オールバック

前髪が短いのにオールバックなんて大丈夫?と思われるかもしれませんが、ワックスとスプレーできれいに仕上がり、華やかな印象を与えられます。

前髪の扱いに困っている方は、オールバックが救世主になるかもしれませんね。

①前髪にワックスをなじませ、しっかり押さえる

ワックスを手にしっかり広げて、前髪を後ろに流しワックスを薄くつけなじませたら、頭の上でしっかり押さえます。
こうすれば、しっかり前髪が固まりますが、「固めている」という風に見えることはありません。

ワックスはクレイタイプ、ドライワックスなどと書かれているものがおすすめです。

②髪全体にワックスをなじませる

手ぐしで髪の根元から毛先までなじませます。
ワックスをつけた後にクシでとくと、白くなって目立つので、手で整えましょう。

③スプレーを軽くふりかける

最後に、スプレーを軽くふりかけて、手で髪を軽くおさえましょう。
アホ毛が気になる場合は、ハードタイプのスプレーがおすすめです。

ハードタイプを使っても、カチカチな見た目にはならないので安心してくださいね。

3 まとめ

就活で大事な前髪のポイントと、就活向けの前髪3パターンのセット方法をみてきましたが、いかがでしたか?

顔の印象を大きく左右する前髪ですから、しっかりセットして良い印象を与えたいですよね。

ななめ分け、センター分け、オールバックはどれも眉毛・耳・おでこが出ているので、就活向きと言えます。
はじめは大変かもしれませんが、コツを覚えてしまえばすぐにできるものばかりなので、ぜひ実践してみてください!

この記事は2016年4月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。