メニューを開く

中学生のスキンケア方法って?洗顔と保湿を覚えよう!

中学生 スキンケア①

「中学生って、どのくらい自宅でスキンケアをしたら良いんだろう?」と気になってはいませんか?

中学生になると、ニキビや肌荒れに悩む方もだんだんと増えてきます。

そこで今回は、中学生に向けた自宅で出来るスキンケアの基本をご紹介します。


1.中学生にスキンケアは必要?

中学生 スキンケア②

中学生の肌には、美容液やクリームを使った過度なスキンケアは不要ですが、最低限のスキンケアは必要だと言われています。

なぜなら中学生を含む10代は、皮脂が過剰に出やすくニキビもできやすいとされる年代だからです。

そのため、過剰な皮脂を取り除く洗顔と、肌に潤いを与える保湿を中心にシンプルなスキンケアを行っていきましょう。

2.中学生のスキンケア方法は、洗顔と保湿

シャボン玉

ここでは、中学生の方に向けたスキンケアの基本をご紹介します。ポイントは洗顔と保湿です。

2-1.洗顔の手順

まず始めに、中学生の方に向けた洗顔の手順をご紹介します。

手を清潔にする

中学生 毛穴_洗顔
洗顔する前には必ず手を洗いましょう。手に雑菌がついたままだと、洗顔料が泡立ちにくいうえに、雑菌が顔に付着することで、肌荒れの原因となることも考えられるためです。

泡立てる前にしっかりとすすぐ

中学生 毛穴_洗顔5
ぬるま湯ですすぐことで簡単な汚れを落とせるので、洗顔料でゴシゴシ擦って洗うことを防ぐことにも繋がるでしょう。

洗顔料はしっかりと泡立てる

中学生 毛穴_洗顔3
手に出した洗顔料に、少しずつ水を足して泡立てます。泡をちゃんと作ることで、洗顔の際に肌と手の間に泡のクッションができます。

泡をクッションにすることで、肌を優しい力加減で洗いやすいでしょう。

洗顔ネットを使うとすぐに泡立てることができます。

優しくなでるように洗顔する

洗顔2
テカリやすい「おでこ・鼻(Tゾーン)」から洗い、頬まで洗います。おでこに泡を付け、広げるように、こめかみ部分に移ります。

そして、黒ずみ・ニキビができやすいとされる小鼻は指の腹を使ってクルクルと洗いましょう。

頬はおでこや鼻ほど皮脂は出ないとされているため、泡を乗せるイメージで洗います。

すすぎ残しのないようにすすぐ

洗顔 
ぬるま湯をすくった手の平を顔に近づけて、顔に”付ける”という感覚でよくすすぎましょう。

特に、「あご」「こめかみ」「おでこ(生え際)」は泡が残りやすいので、しっかりとすすいでください。

タオルで優しく水分を取り除く

洗顔 顔を拭く
清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるように顔の水気を取っていきます。

タオルで力を入れてゴシゴシと拭いてしまうと、肌の負担になりやすいため、控えるようにしましょう。

【ポイント:洗顔料を使うかは肌の状態をみて決める!】

洗顔は顔の汚れや余分な皮脂を洗い流し、顔を清潔に保つためのものです。

毎回かならず洗顔料を使わなければいけない、というわけではありませんが、ニキビができやすい人、皮脂が気になる人は洗顔料を毎回使うことをおすすめします。

2-2.保湿の手順

次に中学生の方に向けた保湿の方法(化粧水のつけ方、乳液のつけ方)をご紹介します。

洗顔後は、皮脂を洗い流して肌が乾燥しやすくなっている状態なので、肌にしっかりと潤いを与えるためにも、必ず保湿のお手入れを行いましょう。

①化粧水の付け方

1:化粧水をなじませる
化粧水を顔全体になじませます。フェイスラインやおでこなどにも、しっかりと馴染ませましょう。

2:手の平で包み込む
化粧水を肌に押し込むように、顔を手の平で包み込みましょう。

②乳液のつけ方

1:顔全体に乳液をなじませる
乳液を顔全体に広げます。皮脂が出やすいおでこや鼻には、やや少なめに付けましょう。

2:手の平で包み込む
乳液を肌に押し込むように、顔を手の平で包み込みましょう。

【参考商品】

オルビス クリアシリーズ

オルビスクリアトライアルセット

販売会社 オルビス株式会社

オルビスのスキンケアアイテムはオイルカットなので、皮脂が多く出やすい中学生の肌にも使いやすいでしょう。

保湿成分「エリスリトール」「グリセリン」配合。肌にたっぷりと潤いを与えます。

「洗顔料」「化粧水」「保湿液」の3ステップのスキンケアをお試しできるトライアルセットもあるので、試してみるのもおすすめです。

公式HPはこちら(オレンジ)

3.肌荒れを防ぐために気を付けておきたいこと

中学生 スキンケア④

ここでは、肌荒れの原因になりやすいとされる、中学生がやってしまいがちな行為についてお伝えします。
クセになっていることもあるかもしれないので、気を付けてみましょう。

汚い手で顔を触らない
顔にはなるべく汚い手で触らないようにしましょう。

頬杖をしている手は、清潔ですか?汚れた手で顔に触れることで、雑菌が顔に付着し、ニキビの原因になる可能性もあります。

肌を髪で隠さない
肌荒れを防ぐために、できるだけ肌を隠さないようにしましょう。

肌荒れしやすい部分をつい髪の毛で隠したくなりますが、髪の毛についた汚れや整髪料が、肌荒れを引き起こしてしまうことも考えられます。

洗顔は1日2回行う
洗顔は朝と夜に、それぞれ1回ずつ行いましょう。

肌荒れしやすい方や、テカりが気になる方は、つい何度も洗顔をしたり、丁寧に長時間かけて洗顔をしてしまいがちだと言われています。

しかし、何度も洗顔をすると肌が乾燥してしまい、余計に皮脂が出やすくなってしまうこともあると考えられます。

シャンプーやリンスは、しっかりすすぐ
シャンプーやリンスを、しっかりすすぐよう心がけましょう。

おでこやこめかみは、シャンプーやリンスのすすぎ残しによって、肌荒れを引き起こすこともあると言われているためです。

4.まとめ

中学生 スキンケア⑤

中学生のスキンケアは、とてもシンプルです。

中学生は、洗顔の方法も自己流になりがちなので、まずは洗顔方法と保湿方法を見直してみてはいかがでしょうか。

恋に、部活に、勉強に!潤いのあるすこやかな肌を保ちながら、青春を謳歌しましょう!

この記事は2017年3月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る