メニューを開く
アスタリフト;

頬の毛穴の開きが気になる方に!自分でできる4つのお手入れ対策とは?

毛穴 開き 頬
年を重ねるたびに頬の毛穴の開きが目立つ…、そんなお悩みを抱えていませんか?
頬の毛穴の開き対策には、毎日のお手入れがとても重要です。

今回は、自分でできる毛穴対策を「スキンケア」「生活習慣」「エクササイズ」「メイク」と4つのポイントにわけてご紹介します。

ぜひ最後までお読みください!


astalift
astalift

1.目立つ頬の毛穴の種類

毛穴にはさまざまな種類があります。そのなかでも目立つ頬の2種類の毛穴をご紹介します。

①開き毛穴

開き毛穴
「開き毛穴」とは、毛穴が大きく丸く開いてぽつぽつと目立って見えてしまっている状態のことです。

開き毛穴の原因は、皮脂が過剰に出てしまうことだと言われています。

もともとオイリーな肌質の方や脂っこいものばかり食べている方は、皮脂が出やすい傾向にあります。

また、肌は乾燥することでも毛穴が開きます。
なぜなら、肌が乾燥するとこれ以上肌の水分を外部に蒸発させないために、肌を守ろうとして、過剰に皮脂が出て、毛穴に詰まったりすることがあるためです。

②たるみ毛穴

たるみ毛穴
丸く開いた「開き毛穴」に対し、「たるみ毛穴」は毛穴がたるんで細長く変形してしまっている状態のことを指します。

加齢や乾燥などによってハリが失われた肌がたるむことで、同時に毛穴もひっぱられて垂れてしまうことが原因だと考えられています。

肌にはハリを保つためのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがあります。

しかし、このコラーゲンやヒアルロン酸は加齢や紫外線、生活習慣などの要因により影響を受けるといわれています。

さらに、このたるみ毛穴を放っておくと、毛穴の変形が拡大し、毛穴同士が連結して小じわのような状態となる帯状(たいじょう)毛穴になってしまうこともあります。
帯状毛穴
たるみ毛穴は、皮膚の垂れやすい頰や口周りに目立つことが多いようです。

2. 自分でできる頬の毛穴対策(スキンケア編)

毛穴対策をするうえで、肌を清潔にすこやかに保つことはとても重要です。

すこやかな肌を保つために重要なスキンケアのポイントは「洗顔」「保湿」です。

①クレンジングと洗顔でしっかりと不要な汚れを落とす

洗顔
クレンジングと洗顔で特に大切なことは、毛穴のタイプに関わらず、不要な汚れを落とし、しっかり洗い流すことです。

クレンジング料や洗顔料の洗い残しも古い角質を溜め込む原因となるので、すすぎ洗いはぬるま湯で約30回を目安にしっかりと行いましょう。

また、必要以上に「擦らない」ことも必要なポイントです。

強い摩擦がおこると肌の負担となり、肌の乾燥や肌荒れを引き起こすことがあります。
乾燥することによって過剰に皮脂が出て、余計に毛穴が開いてしまうことがあります。

クレンジングや洗顔の際は、「優しい力加減で」「丁寧に」を意識して行いましょう!

②保湿は念入りに行う

保湿
保湿も毛穴ケアをするうえでとても重要なポイントです。

保湿が不十分だと、肌が乾燥しやすい状態になります。
乾燥は皮膚や毛穴をたるませる原因となることがあるため、保湿は念入りに行うようにしましょう。

特に、保湿成分の中でも、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などは、人の肌にも存在する成分なので、肌へのなじみが良いと言われています。

また、オイリーに傾きやすい肌質だからといって化粧水をつけなかったりすると、水分量が足りないと感じた肌が余計に皮脂を出してしまうことがあります。皮脂量の多い方は、重くなりすぎないさっぱりタイプの化粧水を使用するのがおすすめです。

美容液や乳液、クリームなどは、自身の肌状態や目的にあわせて使いましょう。

≪保湿成分の例≫
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アミノ酸

3.自分できる頬の毛穴対策(生活習慣編)

毛穴悩みのないすこやかな肌作りにかかせないのが日々の生活習慣です。

毛穴悩みと生活習慣はとても密接に関係していて普段の生活が肌に現れがちです。

普段の生活習慣を見直してみることも、とても大切です。

①バランスの良い食事をとる

バランス食事
食事は、栄養バランスを考えて摂るようにしましょう。
特に、すこやかな肌作りに良いと言われている「ビタミンC」、「ビタミンB2」、「ビタミンB6」は不足しないように積極的に摂りましょう。

また、「コラーゲン」や「エラスチン」を含んだ食品も一緒に摂ることをおすすめします。

【ビタミンCを多く含む食べ物】
いちご
・いちご
・ほうれん草
・カリフラワー
・柿
・小松菜
・ブロッコリー など
ビタミンCは、皮脂が過剰に出るのを抑えてくれると言われており、またコラーゲンの生成をサポートするため「美肌のためのビタミン」とも呼ばれています。

【ビタミンB2を多く含む食べ物】
アーモンド
・アーモンド
・牛肉(レバー)
・豚肉(レバー)
・鶏肉(レバー)
・うなぎ
・サバ など

【ビタミンB6を多く含む食べ物】
ビタミンB6
・かつお
・鮭
・牛乳
・豆腐
・バナナ など
ビタミンB2・B6は、脂質の代謝をサポートしてくれます。これらが不足すると、体内での脂質の代謝がうまく行われず、皮脂として肌に排出されてしまうと言われています。

【コラーゲンを多く含む食べ物】
コラーゲン
・豚足
・鶏手羽先
・フカヒレ
・うなぎの蒲焼き
・鮭、さんま開き(皮あり)、しらす干し
・イカ、エビ

※コラーゲンを多く含む食品を食べる時は必ずビタミンCと一緒に食べるようにしましょう。
一緒に摂る理由は、ビタミンCがコラーゲンの生成をサポートすると言われています。

【エラスチンを多く含む食べ物】
エラスチン
・牛、豚のスジ肉やハツ(心臓)
・手羽先
・鶏の軟骨
・イワシやしらす
・かつお、鮭

 ②質の良い睡眠をとる

睡眠
良い睡眠を取ることは、毛穴だけでなく肌全体のすこやかさを保つ近道になります。

睡眠時間が不足すると、代謝も免疫力も低下しやすくなりますので、睡眠はできるだけ意識してとりましょう。

目安として睡眠時間は6時間以上とるようにしましょう。

【質の良い睡眠を摂るポイント】
・自分にあった高さの枕を選ぶ
・食事は就寝の2~3時間前、入浴は1時間前には終わらせる
・寝る前にPCやスマートフォンを見ないようにする
・できるだけ部屋の明かりは暗くする
・就寝前はカフェインの摂取を控える

③ストレスをためすぎない

ストレスためない

ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こします。

ホルモンバランスの乱れによって、皮脂がさかんに出ると言われています。過剰な皮脂は、頬の毛穴が開く原因です。

ストレスを感じないようするのは難しいと思いますので、適度に発散させる時間を作るように心がけてください。

4.自分できる頬の毛穴対策(エクササイズ編)

1日中パソコンを見ている仕事など、表情を動かす事が少ないと、頬の筋力低下につながってたるみ毛穴を目立たせてしまう可能性があります。

そうならないために、頬周りを動かすエクササイズを普段の生活に取り入れることをおすすめします。

①頬の筋肉エクササイズ

頬筋(きょうきん)を意識して行いましょう。

頬筋(きょうきん)は、口の周辺にある筋肉の一つで、口角を外側に引く働きとほっぺたを歯の方向に引きつける役割を持っています。

衰えることで口角が下がったり、頬のたるみ、ほうれい線の原因になると言われています。

[頬の筋肉エクササイズの方法]

1.両頬に空気を入れて、思いきり膨らませ、5秒程キープします。
頬エク1
2.次に空気を右頬に一気に移動させ、5秒キープします。
頬エク2
同様に、空気を左に集めて5秒キープします。 左・右と順番に空気を片側に集めるように移動させます。

左右で1回として、10回程繰り返しましょう。

②ペットボトルで頬の筋肉エクササイズ

口輪筋(こうりんきん)を意識して行いましょう。

口輪筋とは、唇を一周囲んでいる筋肉のことです。日常で意識して使うことが少ないと言われている筋肉のため、放っておくと老化しやすい筋肉です。

顔全体の筋肉や関節と直接つながっているため、筋力が低下すると全体的にたるみが発生しやすくなると言われています。

[ペットボトルエクササイズの方法]

1.空のペットボトルにごく少量の水を入れて、蓋を閉めます。
ペットボトル
2.歯を使わずに、口にくわえたまま持ち上げて10秒間キープ。
ペットボトルをくわえた女性
3.これを3回繰り返します。 慣れてきたら 少しずつ水を増やしていきます。

③表情筋エクササイズ

表情筋の数は30種類以上ありますが、その中でもフェイスラインのたるみと関わりが深い「頬筋」「口角下制筋」「オトガイ筋」を意識して行いましょう。
表情筋イラスト

1.なるべく大きく口を開け、「あ」と発音するときの形の口にします。
表情筋あ

そのまま片側の頰の筋肉を上に上げ、2秒間止めます。
表情筋ひきあげ
これを左右順番に5セット行いましょう。

2.口を閉じ、笑顔をつくります。
表情筋
ゆっくりと口角を左右同時に引き上げ、ゆっくりと元に戻します。
これを5セット行いましょう。

3.顔をゆっくりと上に向け、舌をぐっと突き出します。
表情筋下
そのまま、突き出した舌を左右にゆっくり動かします。
これを5セット行いましょう。

④頭皮マッサージ

「頭皮と顔のたるみって関係あるの?」 と疑問に思うかもしれませんが、実は関係があります。

頭皮と顔の皮膚は1枚の皮でつながっているので、頭皮が硬く弾力の無い状態になってしまうと、肌のたるみにも影響していきます。

ぜひ頬周りのエクササイズと合わせて行ってみてください。

[頭皮マッサージの方法]

1. 髪の生え際、おでこにそって両手の指を置いていきます。
指の腹を使って頭皮を上下に大きくゆっくり動かします。
頭皮1

2.両手で頭皮を覆うようにして指を置き、頭皮を頭頂部に少しずつ寄せていくようなイメージでマッサージしていきます。
頭皮2

3. 頭頂部から指で円を描くようにしながら周辺をマッサージします。
頭皮3

4. 耳たぶを覆うように、人差し指から小指までを耳の後ろに置きます。親指は首の付け根あたりになるはずです。
頭皮4

5.親指は動かさず、人差し指から小指の4本の指で円を描きながら上下にマッサージします。

エクササイズは、どこの筋肉を動かしているかを意識しながら行いましょう。

5.自分できる頬の毛穴対策(メイク編)

メイク
どうしても気になる毛穴は、メイクでカバーしましょう!
メイクのポイントは次の5つです。

①日焼け止めを塗ってしっかり紫外線対策をする

紫外線を浴び続けると肌に負担がかかります。もちろん毛穴にも負担がかかります。
負担をかけないためにも、ベースメイクの段階できちんと日焼け止めを使うようにしましょう。

そして、日焼け止めは自分の目的にあったものを選ぶことをおすすめします。
日常使いならSPF20前後くらいが一般的ですが、比較的日焼けしやすい人や、日焼けですぐに赤くなってしまう人はもう少し強めのSPF30くらいを目安にしましょう。

長時間屋外にいる場合は、SPF 40やSPF 50を選ぶのもいいでしょう。
一説によると目から入ってくる紫外線も日焼けの原因と言われていますので、外出時はUVカットのサングラスやメガネをかけることをおすすめします。
サングラス

②ベースメイクにシリコン系の成分が配合されている部分用下地を使う

毛穴の凹凸が気になる部分には、シリコン系の成分が(ジメチコン・ポリマー等)配合されている部分用下地やコンシーラーを使用しましょう。
毛穴の凹凸をファンデーションだけで隠そうとすると厚塗りになってしまい、逆に凹凸が目立ってしまうことがあります。

★おすすめ部分用下地
シルキーカバー オイルブロック

セルフューチャー シルキーカバーオイルブロック

内容量:28g(約2か月分)
企業:アプロス株式会社
金額:6,476円(+税)
初回限定価格:5,180(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
気になる毛穴や小じわをなめらかにカバーしてくれる部分用化粧下地です。
ジェルでもない、クリームでもないふわふわのテクスチャーが肌の凸凹にピタッと密着します。1枚ベールをかけたかのようなすっぴん風のシルク肌を演出してくれます。

【肌らぶ編集部員が試してみました】
シルキーカバー手に取る(ロゴ)
指にとると、ムースみたいにふわふわしていてすごく柔らかいです。

下地塗る
伸びが良く、すうーっと肌に馴染みました。塗ってすぐサラサラになるので驚きました。
肌の手触りは、とてもなめらかです。
部分用下地の塗り方のポイントは、毛穴の気になる箇所を下から上に向かって薄く伸ばして塗るのがポイントです。

ファンデ塗る
その上からリキッドファンデーションを重ねてみましたが
ムラになることもなく、いつもより綺麗にファンデーションが塗れました。
※すべて個人の感想です。

部分用化粧下地について詳しく知りたい方は「毛穴の目立ちに期待大♡ポアプライマーの魅力とクチコミ検証」を参考にしてみてください。

③ファンデーションは、リキッドかクリームタイプのものがおすすめ

リキッドファンデーション
毛穴のカバーにはリキッドタイプやクリームタイプなど、液体状のファンデーションがおすすめです。
液体のファンデーションは毛穴の入り口部分に入り、肌の凸凹をなめらかに見せてくれます。

クリームなどの油分が多いものは適量を使用し、ファンデーションを伸ばした後は、しっかりと肌に馴染ませてからベースメイクを行いましょう。

パウダリーファンデーションをお使いになりたい方は、化粧下地できちんと肌を整えてムラのないベース作りができていれば、問題ありません。

また乾燥が気になる方は、保湿成分が入っているファンデーションがおすすめです。

④仕上げのフェイスパウダーは、ややマットなものがおすすめ

フェイスパウダー
毛穴をカバーする最後の仕上げとして使うフェイスパウダーは、ややマットなパールタイプがおすすめです。
パール系のフェイスパウダーは粒子が細かく、肌に当たった光を拡散させるので肌の凹凸をなめらかに見せ、毛穴を目立たなくしてくれます。

フェイスパウダーを顔全体にしっかりと塗ってしまうと、メイク崩れの原因になることがあるので、大きめのブラシに含ませ、広い部分にさっと塗りましょう。

⑤メイク直しの際にティッシュやあぶら取り紙で過剰な皮脂を抑える

ティッシュ画像
日中のメイク直しはティッシュやあぶら取り紙で軽く皮脂を押さえて、過剰な皮脂を取り除きましょう。

過剰な皮脂は時間が経つと、雑菌と悪い皮脂に変化をして肌の負担となる可能性があります。

また、あぶら取り紙の使い過ぎは「必要な皮脂まで奪ってしまうから良くない」と言われていますが、1日に1、2回程度の使用であれば、皮脂を取り過ぎるということはないと言われています。

6.今すぐ毛穴を対策したい方は美容皮膚科に相談を

美容皮膚科
毎日の洗顔やスキンケアなど、念入りにお手入れしていても防ぎきれない毛穴悩みを抱えていたり、「早く毛穴をなんとかしたい!」と結果を求めていらっしゃる方は1度、美容皮膚科で医師に相談することをおすすめします。

毛穴の悩みには、様々な原因が考えられますので、専門医に相談して自分にあった治療プランを見つけてみるのも良いでしょう。

7.まとめ

頬の毛穴対策には、毎日の地道なお手入れがとても大切です。
今回ご紹介したお手入れ方法を取り入れて、毛穴の目立たないハリのあるお肌を目指しましょう!

この記事は2016年8月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る