メニューを開く
アスタリフト;

リップティントのおすすめメイク! 人気のリップティントと使い方紹介

リップティント

リップティントをご存知ですか?
リップティントとは、落ちにくいリップメイクができる人気のアイテムです。
今回は、リップティントの魅力と使い方のポイントをご紹介します。
これを覚えれば、色落ち知らずのリップメイクを楽しむことができますよ。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.リップティントの特徴

まずはリップティントの特徴を説明します。
リップティントの特徴は、大きく2つに分けることができます。

①体温により発色が変化する
リップティントは体温に反応して発色が変化します。
そのため、同じものを使っていても発色には個人差があり、さらにいうと体調や唇の状態によっても発色が変わるのです。

②唇自体を色づける
リップティントは唇自体を色づけます。
唇の表面に色をのせているのではなく、唇自体をリップティントの色素で色づけているので、色落ちがしにくくなっているのです。

リップティントの色素は、塗った直後は唇にしっかりと密着しています。
けれど時間が経つにつれ密着力は弱まり、大体メイクから10時間ほどで色落ちが始まります。
そのため、普通のメイクと同じように、クレンジングで落とすことができます。

2.リップティント人気アイテム紹介

肌らぶ編集部が調査した、リップティントの人気アイテムをご紹介します。
リップティントを選ぶ際の参考にしてみてください。

2-1 リップティント

普通のリップやグロスのように塗って使うタイプのリップティントです。
体温に反応して発色するため、塗ってから発色するまでに数分かかるのが、リップティントの特徴です。

キャンメイク リップティントシロップ
キャンメイク価格:650円(税抜)
色数:3色展開
その名の通り、シロップのような軽いとろみのあるテクスチャーで、つけた瞬間に唇にじんわりと広がるリップティントです。
つけてから10分程度で発色が始まり、長時間続きます。

カラー展開は3色。サクラのようにほんのりとしたピンク、イチゴジャムのように鮮やかな赤、はっきりとした発色のビビットピンクがあります。

>>公式HPはコチラ

ボンボン ティントグロス
ボンボン_01価格:900円(税抜)
色数:6色展開
保湿成分ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキスなどが配合されたリップティントです。
べたつきを抑えたさらっとした付け心地ですが、唇にはしっとりとした、確かなうるおいを感じることができます。
唇に置いて5分程すると発色し始め、ほんのりとした色が楽しめます。

カラー展開はピンク系で3色、レッド系で2色、オレンジ系が1色の計6色展開です。

>>公式HPはコチラ

too cool for school Dinoplatz Lost Identity
too-cool-for-school-03価格:1,458円(税抜)
色数:3色展開
くり出し式のスティックタイプのリップティントです。
唇の温度に反応して溶けるという特徴を持っているため、するすると簡単に塗ることができます。ややマットな発色です。
ティントには珍しく、塗った瞬間から鮮やかな発色が始まるタイプです。

カラー展開は明るいピンクと、ビビッドなピンクの2色です。ビビッドなピンクは、塗る前は緑色をしていますが、唇に置くと、体温に反応し、徐々にピンク色に代わっていきます。

>>公式HPはコチラ

ヴィセ アヴァン オイルイン リップティント

リップティント

価格:1,300円(税抜)
色数:4色展開
ベタつきがなく、つけたときにサラサラと唇の上で軽くのびるリップティントです。
唇にのせると、じんわりと唇が染まったかのような、自然な発色が長続きします。
保湿成分としてヒアルロン酸を配合しています。

>>公式HPはコチラ

2-2 リップティントパック

リップティントパックとは、パックのように剥がして使うタイプのリップティントです。
乾いたリップティントを剥がすと唇に色がついている! という他にないおもしろい使い方が人気のポイントです。

ベリサム リップティントパック
ベリサム_価格:1,200円(税抜)
色数:8色展開
パックのように塗って剥がすだけで、唇に色が付く不思議なリップティントです。
唇につけて10分~20分放置後、乾いたリップティントを剥がします。
完全に乾いてから剥がすこと、が発色を長持ちさせる秘訣です。

ビビッドな発色のピンク、オレンジ、赤、淡い発色のオレンジ、ピンクなどの計8色展開。薄づき発色とビビッド発色に分かれていて、好みの色が見つけやすいラインナップとなっています。

>>公式HPはコチラ

3.リップティントを塗るときのポイント

リップティントを塗るときに、押さえておきたいポイントをご紹介します。
このポイントを押さえておけば、リップティントメイクをより一層楽しめますよ。

①唇をしっかり保湿する
リップティントを塗る前準備として、リップクリームなどで唇をしっかり保湿しておきましょう。
リップティントは色素が唇に密着するので、唇が乾燥しやすくなりがちです。
最近では保湿成分の配合されたリップティントもありますが、事前に唇をしっかりと保湿しておくと、きれいな発色をより長持ちさせることができます。

おすすめ唇美容液

メコゾーム酵素リップバーム
メコゾーム酵素リップバーム

販売会社:TKS株式会社

価格:1,200円(+税)

リップクリームの感触とは異なる、さらっとした、まさに「美容液」というテクスチャーです。なじみが良く、メイク前につけてもすぐになじんでうるおいを与えてくれます。

見た目はグロスのようにも見えるので、そのさらさらな感触に驚いてしまうかも。保湿成分「ヒアルロン酸」配合です。

メコゾーム公式HPはこちら

②唇をマッサージして温める
リップティントを塗る前に、唇をマッサージして温めておくこともおすすめです。
リップティントは体温に反応して発色をします。
事前に唇全体を指の腹で優しくマッサージして温めておくと、より鮮やかな発色を楽しむことができますよ。

③塗る量はやや少なめにする
リップティントはやや少な目に塗るようにしましょう。
大体のリップティントは、唇に塗って数分後に発色が始まります。
初めからたっぷりと塗るのではなく、初めはやや少な目に塗り、発色を確かめてから重ね付けをすると、好みの発色に近づけることができます。

4.リップティントのおすすめメイク法

リップティントは発色が自然なので、そのまま使用するだけでもナチュラルなメイクを楽しむことができますが、塗るときにひと手間加えると、また違う印象を作ることもできるのです。
ここではリップティントを使用した、おすすめのメイク法をご紹介します。

①ラフな色気のある唇をつくる
リップティント①1 リップティントを塗る前に唇用のコンシーラーで唇の色を消します。
2 上下の唇の中央にリップティントで横に広い楕円形を描きます。
3 ティントの発色(定着)が始まったら、少しオーバーリップ気味に透明のグロスを重ね塗りします。

唇中央部分のみしっかり発色させることで、ラフさの中に色っぽさも感じられる、ヘルシーな色気を作ることができますよ。
グロスは、自然なツヤのタイプが向いています。

②ボリューム感のある唇をつくる
リップティント②1 リップティントを唇の輪郭よりやや大きめに、ラフに塗ります。
2 リップティントの発色(定着)が始まったら、唇の中央部分に縦長に透明のリップグロスを重ねます。
3 グロスを馴染ませるように唇の上下を、3回こすり合わせます。

ぽってりとした唇で、女性的な魅力をアップさせましょう。
リップグロスは中央部分、一番ボリュームのある部分にのみのせることがポイントです。

③立体感のある唇をつくる
リップティント④1 リップティントを上下の唇の中央部分に丸く塗ります。
2 発色(定着)したらもう一度、今度は1で塗った部分よりやや大きめに塗り重ね、グラデーションの2層目にします。
3 発色(定着)したら、今度は唇全体にリップティントをやや薄く塗り、グラデーションの3層目を作ります。
4 3層目のリップティントがやや色づいたら、軽くティッシュオフします。
5 上下の唇を軽くこすり合わせ、リップティントのグラデーションを馴染ませます。仕上げに、好みによってリップグロスを重ねます。

リップティントの徐々に色づく特徴を活かしたグラデーションで、立体感を作る塗り方です。
中央の発色を濃くしても、グラデーションで薄くなっていくので、リップメイクの印象が和らぎ、顔全体を優しく見せることができます。

リップティントは少しずつ塗り重ねることで発色の濃さを調整できるので、簡単にグラデーションを作ることができます。

5.まとめ

色落ちしない、発色が良いという点が人気のリップメイクアイテム、リップティントですが、実は自分の唇でしか表現できない、オリジナルの発色を楽しむことのできるアイテムでもあるのです。
あなたもお気に入りのリップティントを見つけて、あなたの唇だけで表現できる、リップティントメイクを楽しんで下さい。

※この記事は2016年2月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る