メニューを開く
アスタリフト;

唇の色を自然なピンク色にしたい!唇の色をきれいに見せる方法とは?

唇の色

なんだか唇の色がパッとしなくて顔の印象が暗い…、口紅を塗らなくても自然なピンク色の唇になりたい!!とお悩みではありませんか?

唇は顔の印象に大きな影響を与えるパーツなので、いつでもキレイな唇でありたいですよね。

そこで今回は、唇の色を良く見せる方法と、冴えない色の唇にさせないポイントについてご紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.自分でできる!唇の色をきれいに見せる方法

唇の色が暗い・薄いなど、唇の色が悪くなる原因の多くは、以下の2点です。

・唇の血のめぐりが滞ってる
・唇の皮膚(角質層)の色素沈着

この2点をふまえて、唇の色をきれいに見せるために、自分でできる方法をご紹介します。

1-1.唇の血行をよくする

まず、唇の血行をよくするためにおすすめな、「マッサージ」と「パック」の方法をお伝えします。

■唇マッサージ

血行をよくすることが期待できる3つの唇マッサージです。
優しい力で行うことで、唇のめぐりがよくなり、自然なピンク色が保てるようになります。

①唇くるくるマッサージ
唇の色 唇マッサージ①

手順1:ワセリンや保湿用リップを唇に塗ります。
手順2:唇の中心→口角に向かって、薬指の腹でクルクルと円を描きながらマッサージします。
手順3:中心から右の口角まできたら、次に中心から左の口角まで。同じように上下行いましょう。これを上下5回程度繰り返します。

唇の皮膚は薄く、少しの力でも負担になりやすいので、あまり力を入れず優しくすべらせるようにします。

②唇ぽんぽんマッサージ
唇の色 唇マッサージ②

手順1:ワセリンや保湿用リップを唇に塗ります。
手順2:唇の端から端まで、弱い力で薬指の腹をポンポンポンと当てていきます。
手順3:これを上下各10回程繰り返します。

③唇ぶるぶるマッサージ

アヒル口

手順1:あひる口のように、上下の唇を前に突き出した状態にします。
手順2:上下の唇をぶるぶると振動させます。
手順3:1日10分程度行います。

■唇パック

ハチミツと蒸しタオルのパックで、唇のめぐりをよくしていきます。

蒸しタオルで唇を温めることで、血行が促され、唇本来の色を保てます。
さらにハチミツが唇を保湿してくれるので、乾燥による唇の荒れ防止も期待できます。

準備する物:蒸しタオル、市販のハチミツ、ワセリン、ラップ

唇の色 ハチミツパック
手順1:蒸しタオルを唇に優しくあてて、数分唇を温めます。
手順2:ハチミツとワセリンを1:1の割合で混ぜて、唇に乗せるように優しく塗ります。
※唇に塗るだけなので、指先に乗る程度の量でよいでしょう。
手順3:唇に塗り広げたらラップで覆い5~10分おきます。
手順4:時間が経ったらラップを取って、優しく拭き取ります。

ラップで覆った時に、その上から蒸しタオルで軽くおさえると「ホットパック」にもなります。

香りも良く、リフレッシュ感がありますので、ぜひお試しください。

Pocket
LINEで送る