メニューを開く
アスタリフト;

【保存版】乳液とクリームの違いって?使い分けから塗り方まで

乳液 クリーム
乳液とクリームの違いや使い分けを知りたいと思っていませんか?
「両方使った方が良いのか」、「どのような働きをするのか」そういえばベーシックなことを知らなかったと気がつく方も多いのではないでしょうか。

今回は、今さら聞けない乳液とクリームの疑問にお答えします!肌悩み別のおすすめアイテムもご紹介するので、ぜひスキンケア選びの参考にしてみてください。


astalift
astalift

1. 乳液とクリームの違い

乳液とクリームはどちらも「化粧水で補った潤いをキープすること」と、「油分の膜をはって肌を保護すること」を第1の目的にしたスキンケアアイテムです。

同じ目的をもった乳液とクリームの違いは、「油分」だといわれています。
ここでは両者の違いをご紹介します。

■肌に水分と油分をしっかり蓄える乳液
乳液は「精製水」や「アルコール」など水溶性成分の割合がクリームより多めです。
そのため肌に水分と油分を補い、保湿しながら肌をやわらげるといわれています。

■肌の潤いをキープするクリーム
乳液よりも油性成分が多いクリームは、比較的保湿と保護の働きが強く、持続力が期待できます。

2. 乳液とクリームの使い分け

乳液 クリーム

前章でお伝えしたとおり、乳液とクリームはどちらも同じ「潤いをキープすること」「肌を保護すること」が目的のアイテムです。

一般的に、保湿力は油分の量に比例して以下のようになるといわれているので肌の状態に合わせて選びましょう。

【保湿力】
乳液<クリーム<乳液+クリーム

肌がオイリーに感じるときは、乳液のあとにクリームを重ねる必要はないといわれています。また、クリームだけで十分な肌状態であれば乳液をはさむ必要も同様にないと考えられています。

一方で、空気の乾燥した季節やエイジングサインが気になるときには、乳液を塗った後にさらにクリームを塗ることで肌が整うこともあります。
乾燥が気になる目元などにだけクリームを乳液の上に重ねるなど、季節や肌の状態をみながら臨機応変に使いましょう♡

両方使用するときは、油分の少ない順に①化粧水→②美容液→③乳液→④クリームでつけるのが一般的です。

3. 【肌悩み別】おすすめ乳液・クリーム6選

「肌のくすみ※」「乾燥」「エイジングサイン」の肌悩み別におすすめの乳液・クリームをそれぞれご紹介します。
乳液・クリームは肌の状態にあわせてお好みのものを選んだり、組み合わせてみてください♪

※乾燥によるくすみ

肌のくすみ※が気になる方におすすめの乳液・クリーム

※乾燥によるくすみ
ホワイティシモ 薬用ミルクホワイト(医薬部外品)
ホワイティシモ 薬用ミルクホワイト販売元:株式会社ポーラ
価格:5,000円(+税)
内容量:50ml
【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分「クリアモイスチャー」「ワイルドタイムエキス」「ローズヒップエキス」などをポーラオリジナル複合保湿成分「トリプルブライトカプセル」で包み、肌に潤いを与えながら整えます。するっと溶けるテクスチャーで、気持ち良く肌になじみます。

>>【ホワイティシモ(WHITISSIMO)】公式HPはこちら

ホワイティシモ 薬用クリームホワイト(医薬部外品)

ホワイティシモ 薬用クリームホワイト

販売元:株式会社ポーラ
価格:10,000円(+税)
内容量:30g
【肌らぶ編集部コメント】
ヨーグルトのような感触のクリームが肌の上でふわっと崩れ、潤いのベールになって肌を保護します。

>>【ホワイティシモ(WHITISSIMO)】公式HPはこちら

乾燥が気になる方におすすめの乳液・クリーム

ノエビア99プラス ミルクローション(リッチ)

ノエビア99プラス ミルクローション

販売元:株式会社ノエビア
価格:6,500円(+税)
内容量:110g
【肌らぶ編集部コメント】
濃密でコクのあるテクスチャーです。「ヤマヨモギ葉エキス」「モモ種子エキス」など、植物由来の保湿成分が水分と油分のバランスを整えます。

>>【ノエビア99プラス(noevir99+)】公式HPはこちら

ノエビア99プラス クリーム(リッチ)

ノエビア99プラス クリーム

販売元:株式会社ノエビア
価格:7,000円(+税)
内容量:35g
【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分「エーデルワイスエキス」「オリーブ葉エキス」などを配合したコクのある滑らかなクリームが肌を包み、乾燥を防ぎます。

>>【ノエビア99プラス(noevir99+)】公式HPはこちら

エイジングサインが気になる方におすすめの乳液・クリーム

D ミルク

D ミルク

販売元:株式会社ポーラ
価格:5,000円(+税)
内容量:60g
【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分「ローヤルゼリーエキス」「コメセラミド」などが肌をやわらげます。濃厚なミルクは肌の上でみずみずしくなじみ、べたつきません。

>>【D】公式HPはこちら

Dクリーム

Dクリーム

販売元:株式会社ポーラ
価格:6,800円(+税)
内容量:30g
【肌らぶ編集部コメント】
「ルイボスエキス」「ハスカップエキス」などの保湿成分が肌にハリを与えます。ホイップクリームのようなやわらかいクリームで肌の上でじわっとなじみます。

>>【D】公式HPはこちら

4. 乳液とクリームのつけ方の違い

水性の成分が多い乳液と、テクスチャーが固いクリームでは塗り方のポイントが少し異なります。乳液、クリームの順にポイントをご紹介します。

【乳液のポイント】
1回分の量を指にとり、おでこ・両頬・下顎・鼻の5カ所に分けてから顔全体にやさしく伸ばします。こうすることで塗りムラを防げます。

ファンデーション 塗り方 手順

【クリームのポイント】

乳液 クリーム

クリームは乳液よりも固めなので、手で伸ばすと肌の負担になることがあります。ハンドプレスで押さえるように付けましょう。

クリームが指先までつくように手のひらを合わせてのばしたら、手で顔を覆うようにしてクリームをつけます。
細かいところは指の腹を使って満遍なくつけてから、20~30秒ほどプレスしてなじませます。

5. まとめ

乳液とクリームは、「潤いをキープする」「肌を保護する」という共通の目的をもつスキンケアアイテムで、油分量に違いがあります。
季節や肌の状態に合わせてどちらかを選んだり、組み合わせて使いましょう♡

この記事は2016年7月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る