メニューを開く
2017年4月21日 更新

【ノンシリコントリートメント】自然にナチュラルに仕上げるヘアケア♡

ノンシリコン トリートメントノンシリコンシャンプーはたくさんありますが、ノンシリコントリートメントって意外と見つけにくいですよね。
でもせっかくですから、仕上げのトリートメントまでノンシリコンでこだわりたいのが本当の気持ちではありませんか?

今回は、肌らぶ編集部員がおすすめしたいオーガニックのノンシリコントリートメントをご紹介します。
洗い流すタイプのノンシリコントリートメントと、洗い流さないタイプとして使えるノンシリコンのヘアオイルをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

また、あわせて「もっとノンシリコントリートメントを上手く使いたい」という方向けの使い方のポイントや、そもそも「シリコンって何?」という基本的なお話まで、まとめてご紹介します。

ノンシリコンの魅力と使い方のコツを知って、ノンシリコントリートメントを使いこなし、ナチュラルなハリ・コシのあるすこやかな髪を目指しましょう。



1. ノンシリコントリートメントを選ぶポイント

ノンシリコン トリートメント おすすめ オーガニックノンシリコントリートメントをお探しの際は、自分好みのノンシリコントリートメントに出会うために、ぜひ以下のようなポイントを意識してみてください。

・原料にこだわりたい?
・オーガニックが好き?
・シャンプーとライン使いしたい?
・洗い流すタイプがよい?
・洗い流さないタイプがよい?
・価格も気になる?
・髪のパサつきやツヤをケアできる?

あらかじめ自分のライフスタイルや好みを意識したうえで選ぶことが、愛用のノンシリコントリートメントに出会うまでの距離を縮めるヒントになるのではないでしょうか。
ぜひ、じっくり吟味して選んでみてくださいね。

2. 自然派ノンシリコントリートメントおすすめ

ノンシリコン トリートメント おすすめナチュラル志向、自然派のトリートメントを選びたいとお考えの方に、肌らぶ編集部からぜひおすすめしたいノンシリコントリートメントをご紹介します。

オーガニックの素材にこだわっていることはもちろんですが、サステナビリティや体・心・精神のバランスがとれた自然な美しさも大切に考えている魅力的なブランド「ヴェレダ」から出ているトリートメントです。
フェアトレードにも取り組んでいる企業の姿勢もぜひ紹介したい理由のひとつ。

同ブランドからのオーガニックノンシリコンシャンプーもあるので、ライン使いしたい方にもおすすめです!

洗い流すタイプと洗い流さないタイプでそれぞれご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

肌らぶ編集部おすすめ
自然派ノンシリコントリートメント|洗い流すタイプ

ヴェレダ オーガニック ヘアトリートメント

150mL ¥2,200(+税)
株式会社ヴェレダ・ジャパン

ヴェレダのノンシリコンヘアトリートメント。ミモザのフローラルな香り。

週に1~2回の使用で、髪を集中保湿したい方におすすめ。乾燥の気になる髪もしっとり潤し、包みこむように補修してくれます。

有機ホホバ種子油、有機ココナッツオイル、有機シア、有機オーツ麦エキスなどのオーガニックな自然由来の保湿成分配合です!

傷みの気になる髪の表面をなめらかに整え、潤いを与えてツヤ、ハリ・コシのある髪に仕上げます。

>>ヴェレダ オーガニック ヘアトリートメント公式ページはこちら

肌らぶ編集部おすすめ
自然派ノンシリコントリートメント|洗い流さないタイプ

ヴェレダ オーガニック ヘアオイル

50mL ¥2,000(+税)
株式会社ヴェレダ・ジャパン

ヴェレダの「髪の美容液」として使えるノンシリコンのシンプルなヘアオイル。

手のひらで少し温めてから、毛先を中心になじませるようにして使うと、パサつきの気になる髪にもツヤを与えて潤いを保ちます。

髪のハリ・コシが気になる方は、シャンプー前のヘアパックがおすすめ。気になる方はぜひ公式ページをチェックしてみてください!

公式ページに記載の成分表示内容:ピーナッツ油、アカツメクサ花エキス、香料、ゴボウ根エキス

>>ヴェレダ オーガニック ヘアオイル公式ページはこちら

3. ノンシリコントリートメントの使い方のコツ

ノンシリコン トリートメント
ノンシリコントリートメントの使い方は、基本的には、その他のトリートメントと同じですが、実は2点、コツがあります。
ノンシリコントリートメントを使う際は、この2点を覚えておきましょう。

①使用量

ノンシリコン トリートメント 使い方 コツ ポイントノンシリコントリートメントはつけすぎに注意しましょう。
商品に記載の適量か、もしくはやや少ないかな?という量から使いはじめて、徐々に自分の髪の状態にあわせて調節していくのが上手にノンシリコントリートメントを使うためのコツです。

ノンシリコントリートメントは、油分で髪の毛の表面をコーティングしているタイプのものが多いからです。
つけすぎるとベタついた感じになってしまうことがあります。

洗い流すタイプの場合は丁寧に洗い流すなどで対処できますが、洗い流さないタイプのトリートメントの場合は、特につけすぎに注意して使いましょう。

②なじませ時間に注意

ノンシリコン トリートメント 使い方 コツ ポイント洗い流すタイプのノンシリコントリートメントは、なじませるための放置時間を長くしすぎないようにするのが、上手に使うためのコツです。

先ほどもご紹介したように、ノンシリコントリートメントは油分が豊富に含まれていることがあります。
あまり長い時間放置すると、ベタつきの原因になることがあります。

商品に記載の使用方法を参考に、髪に浸透させるための時間を適度においたら、あまり長時間放置せず、洗い流すようにしましょう。

4. そもそもシリコンとは?

ノンシリコン トリートメント おすすめ シリコンとは?シリコン(シリコーン)とは、髪の毛のキューティクルをコーティングする人工の高分子ポリマーのことです。

髪の毛のくし通りをよくしてくれたり、ツヤを与えてくれたりします。
また、コーティングすることで、外からの刺激から髪の毛を保護する役割もあるといわれています。

コーティングすることで、髪の毛の1本1本がわずかに重くなるため、髪質によっては髪の毛がペタンとしてしまいやすいという声もあるようです。

5. ノンシリコントリートメントの魅力

ノンシリコン トリートメント 魅力 効果ノンシリコンのヘアケアアイテムを使うことの魅力は、なんといっても、「毛髪や頭皮をすこやかに保ってくれる」ことにあります。

また、ノンシリコンのヘアケアアイテムは髪の毛が細い方や薄めの方に、おすすめです。
長く使い続けることで、「毛髪にハリやコシが期待できる」といわれているからです。

ノンシリコンは、シリコンによって膜をつくらないで、さっぱりと洗い上げることで毛髪も頭皮もありのままに近い状態になるとされていて、ありのままのスッピン状態になることで、ヘアケア成分がなじみやすくなると考えられています。

頭皮を清浄にし、かつ、潤いなどの成分をしっかり与えることができるので、髪をすこやかに保つことや、髪の毛にハリ・コシを与えることにつながるのです。
ノンシリコン トリートメント シャンプー 魅力 効果ノンシリコンシャンプーをアピールしながらも、コンディショナーにはシリコンが入っているということも意外と多いノンシリコンの世界。

ノンシリコンの魅力を存分にとりいれたい時は、シャンプーだけをノンシリコンに変えるのではなく、シャンプーからトリートメントまで一貫してノンシリコンのものを試したいですね。

6. ノンシリコントリートメント まとめ

ノンシリコン トリートメント おすすめ 使い方 まとめノンシリコンでのヘアケアにこだわりたい方にむけて、ノンシリコントリートメントのおすすめと使い方のコツなどをご紹介しました。

お気に入りの一品を見つけて、ノンシリコントリートメントを使いこなし、ナチュラルなハリ・コシ・ツヤのあるすこやかな髪を目指してくださいね。

この記事は2017年4月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る