メニューを開く
提供:株式会社スタイリングライフ・ホールディングス BCL カンパニー

毛穴の開きが気になる方へ!意外な原因と正しいセルフケアとは?


Pocket
LINEで送る

shutterstock_125420270

「目立ってしまう毛穴の開きをなんとかしたい・・・。」そう思う方も多いのではないでしょうか?

目立ってしまう毛穴の開きは、原因を理解したうえで、正しくセルフケアを行うことが大切です。

今回は毛穴の開きが気になる方へおすすめしたい、セルフケア方法とメイクのポイントをご紹介します。

毛穴、どこへ?美容液みたいな洗うエイジングケア※「モイストゲルクレンジング」
(※年齢に応じたお手入れ)

◆肌らぶ セレクション◆

モイストゲル クレンジング
モイストゲルクレンジング
毛穴の開きに悩む方へ。プルプルとしたこんにゃくスクラブを配合したクレンジングゲルです。

毎日のクレンジングで、洗うことにより、穏やかに古い角質や毛穴汚れを吸着し洗い流します。

また、アミノ酸やヒアルロン酸、セラミドなど、多くの保湿成分を配合。

大人の肌悩みのひとつである「乾燥」を予防します。

洗い上がりの、すっきり落ちているのに、まるで温泉に入ったあとのようなすべすべ感も魅力です。
初めて購入の方には、今だけもう1本無料でプレゼント中!※2016年6月時点での情報です
モイストゲルクレンジング


1. あなたの毛穴は開いてる?

毛穴の悩みは大きく3つに分かれます。

毛穴の種類によってお手入れ方法や注意点は異なるのですが、特に毛穴の「開き」と「たるみ」は見た目が似ていて間違いやすいとされています。

自分の毛穴はどのタイプに当てはまるのか確認してみましょう。

8毛穴 詰まり

■毛穴の詰まり(黒ずみ)タイプ

・毛穴の黒ずみが気になる
・毛穴が膨らんでいる

※毛穴の詰まりが気になるタイプの方は、こちらをご覧ください。

■毛穴のたるみタイプ

・特に頬の毛穴が目立つ
・毛穴が滴のように細長く見える
・30代から急に目立つようになった
・顔を少し上に引っ張ると毛穴が目立たなくなる

毛穴と毛穴が繋がっているような細長い毛穴が「毛穴のたるみ」の特徴です。

加齢による影響が大きく、主に30代頃から目立ちやすくなると言われています。

※毛穴のたるみが気になるタイプの方は、こちらをご覧ください。

■毛穴の開きタイプ

・特に鼻の周りが目立ちやすい
・皮脂が過剰に出る

毛穴が過剰な皮脂によって押し開かれ、目立っている状態です。

2.毛穴が開く主な原因=皮脂?

毛穴

毛穴の開きは、過剰な皮脂が主な原因だといわれています。

皮脂が過剰に増えてしまうと、皮脂腺が発達してしまうため、皮脂の出口も大きくなり毛穴が丸く開いて目立ちやすくなるのです。

一般的に、オイリー肌に傾きやすい方や混合肌に傾きやすい方は、毛穴が開きやすい傾向にあるといわれています。

 

 

3.毛穴の開きを自宅でお手入れする4つの方法

毛穴の開きは季節を問わず起こりやすいので、地道なケアが必要です。次の4つのセルフケアを実践していきましょう。

3-1.ビタミンC誘導体(肌にハリを与える)配合の化粧品を使う

ビタミンC誘導体は、肌を保湿することでハリを与えて、キメを整えます。毛穴を含む、肌のお手入れに積極的に取り入れましょう。

ビタミンC誘導体は、化粧品成分表示に「ビタミンC誘導体」と書かれていません。

下記の例をご参考ください。中でもリン酸型のタイプは、肌になじみやすいと言われています。

【ビタミンC誘導体の一例】

・リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS、またはアプレシエ)
・リン酸アスコルビン酸Na(APS)
・リン酸アスコルビルMg(APM)
・テトラへキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

【おすすめのビタミンC誘導体配合化粧水】

POLA(ポーラ) ホワイティシモ薬用ローションホワイト
POLA

 

3-2.定期的にピーリング洗顔を行う

ピーリング洗顔とは、肌表面の古くなった角質を、洗うことによって取り除く角質ケアのひとつです。

ピーリング洗顔にも様々な種類がありますが、使用方法は各メーカーによって異なりますので、まずは様子を見ながら週に1度から始めましょう。

【おすすめのピーリング洗顔料】

セラ AHA クリアウォッシングフォーム

sera

皮脂汚れや古い角質を、洗顔によって洗い流すフォームタイプのピーリング洗顔料です。

ピーリング洗顔が始めての方でも取り入れやすいのが魅力です。

>>>セラ AHA クリアウォッシングフォーム

 

3-3.丁寧に洗顔する

4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s

皮脂は、肌を乾燥や雑菌から守るために毎日出ています。

つまり、皮脂による毛穴の開きには毎日のお手入れが欠かせないのです。

毎日のお手入れの中でも、余分な皮脂を取り除く「洗顔」は特に大切です。

洗顔の元の目的は「皮脂やほこり、汗などの汚れを洗い流すこと」なので、毛穴が開きやすい方は、毎日の洗顔を丁寧に行うよう、心がけましょう。

【おすすめ洗顔石鹸】
プリオール

泡立てネット要らずのもっちもちの泡で、肌を包み込み、洗うことによって古い角質や汚れを取り除きます。

また、石鹸だけで洗顔+メイク落としが可能なので、メイクをした日も楽ちんにお手入れができます!

現在、Web特典で「プリオール化粧水&乳液サンプル(2日分)」と「オンラインショップクーポン500円分」が付いてきます!(※お一人さま1回限りとなっています。)

※2016年6月9日時点の情報です。

☞お試しページはこちら

3-4.セラミド(保湿成分)美容液を使う

毛穴の開きは、肌にハリを与えるのと同時に、潤いを与える保湿のお手入れを行うことも大切です。

毛穴の開きは過剰な皮脂が主な原因ですが、過剰な皮脂を出さないためには、保湿をして肌の水分量を上げることがポイントです。

保湿成分には、さまざまな種類がありますが、おすすめはセラミドです。

セラミドは脂質であり水にはほとんど溶けないと言われており、取り入れる際は美容液が良いでしょう。

「おすすめのセラミド配合美容液」

ブルークレール

ぶるー

4.毛穴の開きを隠したい方へ!メイクのポイント

毛穴の開きはメイクによって目立たなくさせることが可能です。メイクのお手入れポイントは次の3つです。

4-1.ベースメイクは、シリコン配合のものを選ぶ

シリコン系(ジメチコン、ポリマー等)の下地、ファンデーションは、メイクによって毛穴の凹凸部分を綺麗に埋めて目立たなく見せます。

毛穴の開きは肌の表面が凹凸になり、メイクをしても目立ちやすいので、シリコン系の化粧下地や部分用ファンデーションを取り入れましょう。

IPSA
イプサ スーパーマットコンシーラー
(部分用ファンデーション)

4-2.フェイスパウダーは、ややマットなものを選ぶ

ファンデーションで毛穴をカバーするには、ややマットなフェイスパウダーがおすすめです。
粒子が細かく、ややマットなフェイスパウダーは、肌をふんわりと見せて、毛穴をメイクによって上手にカバーします。
フェイスパウダーを顔全体にしっかりと塗ってしまうと、メイク崩れの原因になることがあるので、大きめのブラシに含ませ、広い部分にさっと塗りましょう。

4-3.メイク直しでは過剰な皮脂を抑える

日中のメイク直しはティッシュやあぶら取り紙で軽く皮脂を押さえて、過剰な皮脂を取り除きましょう。

過剰な皮脂は時間が経つと、雑菌と悪い皮脂に変化をして肌の負担となる可能性があります。

また、あぶら取り紙の使い過ぎは「必要な皮脂まで奪ってしまうから良くない」という説もありますが、1日に1.2回程度の使用であれば、皮脂を摂り過ぎるということはないといわれています。

5.日常の生活での注意点

毛穴の開きには生活習慣も関係します。
毛穴の開きを深刻化させないよう意識しましょう。

■睡眠
睡眠時間が不足すると、代謝も免疫力も低下しやすくなります。睡眠はできるだけ意識してとりましょう。6時間以上が理想です。

■食事
甘いものや油っこいものは皮脂を増やしてしまう原因にもなります。できるだけ控えて、毛穴の開きを防ぐ緑黄色野菜・大豆などを積極的に摂取することをおすすめします。

■たばこ
たばこは代謝を悪くしてしまう可能性があります。できるだけ控えましょう。

 

6.まとめ

毛穴の開きを防ぐは、正しいお手入れを行うことが大切です。

毎日のセルフケアで、なめらかなつるんとした肌を目指しましょう。

この記事は2016年6月9日時点(最終更新日)での情報になります。
また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。

毛穴、どこへ?美容液みたいな洗うエイジングケア※「モイストゲルクレンジング」
(※年齢に応じたお手入れ)



 

Pocket
LINEで送る


【永久保存版】クレンジング完全攻略マニュアル