メニューを開く
アスタリフト;

男だって日焼け止め!メンズ用日焼け止めのおすすめ8選

日焼け止め メンズ

メンズ用の日焼け止めってどう選べばいいのかな?おすすめはどれ?とお探しではありませんか?

性別関係なく紫外線対策が重要視されている今、メンズ用の日焼け止め商品もたくさん販売されています。

本日は、「普段使い向け」の日焼け止めと、「レジャー向け」の日焼け止めの両方をご紹介します。

また、正しい塗り方や日焼け止めの必要性など、メンズに向けた日焼け止めのお話をします。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.メンズ日焼け止めを選ぶポイント

メンズが日焼け止めを選ぶ際には、「SPF/PA」と「つけ心地」の2点をチェックしてみましょう!

①SPF・PAをチェックする
SPF PA 選び方

日焼け止めのSPF・PAは、どちらも高いほど紫外線から肌を守ることができますが、ただ指数が高いものを選ぶのではなく、自分の使用目的に合ったものを選ぶことがおすすめです。

【紫外線カット指数】

■SPF
SPF値は、肌を赤くしてしまう「UV-B」を防ぐ力の大きさを表します。
SPF1=約20分、UV-Bから肌を守るといわれていますので、例えばSPF25の日焼け止めの場合、20×25=500分=8時間20分、肌が赤くなることを防げると言われています。

■PA
PA値は、肌をすぐに黒くしてしまう紫外線の一種「UV-A」を防ぐ力の大きさを表します。
PA+~PA++++までの4段階で、+が多いほどUV-Aを防げると言われています。

外に出ることが多い方、通勤くらいであまり外に出ない方、それぞれ適した日焼け止めは異なりますので、上のグラフを参考にしてみて下さい!

②つけ心地のよいものを選ぶ

日焼け止め 手の甲に出す

日焼け止めは、のびが良く、つけ心地のよいものを選ぶようにしましょう。
せっかく日焼け止めを購入しても、つけ心地が合わなかったなどで使わなくなってしまうのはもったいないですよね。

自分が不器用だと思う方は、伸ばしやすいテクスチャーであるかどうかも重要です。

2.おすすめメンズ日焼け止め8選

ここでは、「普段使い向け」の日焼け止めと、「レジャー向け」の日焼け止めの両方をご紹介します。

2-1.メンズ日焼け止め|普段使い向け

ニベアサン プロテクトウォータージェル【使いやすさとコスパにこだわりたい方へ】

ニベアサン◆SPF35
◆PA++
◆容量:140g
◆価格:オープン価格(約600円~800円程)

ポンプ式なので、手早く使うことができます。とてものびの良いジェルタイプで、肌へのなじみも早いので、ベタつきが苦手という方にもおすすめです。
顔にも体にも使え、通常の洗顔料やボディソープで落とすことができます。

>>ニベア 公式HPはこちら

マージェンス スキンプロテクター【香りと高級感にこだわりたい方におすすめ】

マージェンススキンプロテクター◆SPF20
◆PA++
◆容量:60g
◆価格:3,500円+税

化粧品メーカー「POLA」が販売する、スマートな男性におすすめしたい、シンプルかつ男性的なデザインのパッケージのメンズ用日焼け止めです。
のびが良くて塗りやすいテクスチャーで、顔だけでなくボディにも使えます。ひんやりとしたつけ心地で、特に夏は心地よくお使いいただけます。
この「マージェンス」のシリーズは、男性の「ニオイ」や「肌」に着目してつくられており、“女性が身近な男性につけてほしい”と感じる爽やかな香りになっています。

>>マージェンス 公式HPはこちら

DHC MEN オールインワン UVプロテクションジェル【肌のお手入れと日焼け止めが一緒になっていたら嬉しい方へ】

DHCメンズUV◆SPF27
◆PA++
◆容量:80g
◆価格:1,200円+税

日焼け対策として使える、オールインワンタイプのメンズ用保湿ジェルです。

「アフターシェーブ」「化粧水」「美容液」「乳液」「ボディクリーム」がひとつにまとまっています。
顔にも体にも使えるので、それぞれ購入する手間が省けますね!ジェル状なので肌になじみやすく、さらっとした使用感です。

>>DHC 公式HPはこちら
>> オールインワン UVプロテクションジェルの詳細はこちら

UL・OS(ウル オス)日焼け止め25【塗った後に白くなりたくないという方へ】

ウルオス25◆SPF25
◆PA++
◆容量:25ml
◆価格:1,000円+税

日焼け止めが白くなってしまうと不自然に見えてしまう・・そんな方におすすめです。
ハーバルミントの爽やかな香りが、朝から気分をスッキリさせてくれそうです。

こちらも顔・全身に使うことができ、肌にうるおいを与えることもできますよ!

>>UL・OS 公式HPはこちら

4-2.メンズ日焼け止め|スポーツ・レジャー向け

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター【汗っかきの方へ】

日焼け止め_アネッサ◆SPF50
◆PA++++
◆容量:60ml
◆価格:3,000円+税

日焼け止めが落ちる原因で、日焼け止めの天敵とも言える「汗」に着目した「アクアブースター技術」を搭載しています。

せっけんでもするっと落とせます。使用の際はよく振ってから使うようにしましょう!

>>アネッサ 公式HPはこちら

ゼロホール No.1 UVクリーム しっかりクール【外でのスポーツがお好きな方へ】

ゴルフ用日焼け止め◆SPF50
◆PA++++
◆容量:30g
◆価格:1,500円+税

プレー中はずっと屋外で日差しにさらされるゴルフ時の日焼けに着目した日焼け止めです。

もちろんゴルフ以外のスポーツ時やアウトドアにも使えます!しっかり密着するタイプですので、市販のクレンジングを使って落とすことをおすすめします!

>>ゼロホール 公式HPはこちら

UL・OS(ウル オス) 日焼け止め50【しっかり日焼け対策したいけどクレンジングが面倒という方へ】

ウルオス50◆SPF50
◆PA+++
◆容量:25ml
◆価格:1,200円+税

さっぱり、すーっとした使用感です。
白くならず、べたつかない点は男性におすすめしたいポイントです。

クレンジングなどでなく、普通の洗顔料で落とすことができます!

>>UL・OS 公式HPはこちら

ギャツビーパーフェクトUVスプレー【手軽にシュシュッとスプレータイプが欲しい方へ】

ギャツビースプレー◆SPF50
◆PA++++
◆容量:60g
◆価格:オープン価格(約500円~800円程)

スプレータイプの日焼け止めなので、手の届きにくい背中にも塗りやすいのが魅力です。また、手も汚れにくいです。

さわやかなレモンライムの香りと、ひんやりとした使用感で、スッキリと使用できます。落とす際は、通常の洗顔料などで落とせます。

>>ギャツビー 公式HPはこちら

3.日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めにも、正しい塗り方があります!

せっかく日焼け止めを使うのであれば、ポイントを押さえて塗りましょう!

①最初に肌のお手入れをしておく

メンズ

日焼け止めを塗る前に、化粧水や乳液などでお手入れをし、肌にうるおいを与えておきましょう。

日焼け止めは、日焼け対策としてぜひ使ってほしいアイテムではありますが、少なからず肌の負担になるからです。

まずはしっかり保湿しましょう。

②量は大体500円玉くらい

500円玉

日焼け止めには日焼けによるシミ・そばかすを防ぐために適切な量があります。顔全体だと約0.8gが日焼け止めの適量と言われており、これは大きさでみると500円玉と同じくらいです。

使用量が少なすぎるとムラになりやすいので、必ず適量を顔全体に広げるようにしましょう。

③ムラにならないように少しずつ塗る

日焼け止めに塗りムラがあると、部分的に赤くなったり黒くなったりする可能性が出てきます。

通常状態

日焼け ムラ

とくに顔は、ムラになった日焼けをしても隠しづらいと思いますので、均等になるよう心がけましょう。

日焼け止め画像

1)手に500円玉ほどの日焼け止めを取ります
2)上図のの場所に、指で日焼け止めを乗せます。
3)顔中に均等に広がるように伸ばしましょう。小鼻の横や目のキワなど、細かいところまでしっかり塗りましょう。

④外に出ているところは全部塗る

顔はしっかり日焼け止めを塗っても、その他の部分をおろそかにしがちな方もいます。

外に出ている部分・外に出る可能性のある部分はしっかり日焼け止めを塗り、うっかり焼けを防ぎましょう。

耳や首の後ろ、胸元や指などは忘れがちなので意識するようおすすめします。

⑤定期的に塗り直す

日焼け止めは、2~3時間毎に塗り直すことが大切です。

汗や皮脂で流れ落ちる可能性があるためです。特に汗をかきやすい夏や、海で泳いだときなどは、必ずこまめに塗り直しましょう。

また、塗り直す際は一度水気を拭き取ってから塗るようにしましょう。

4.日焼けをした後のアフターケア

気を付けていたつもりでも、うっかり日焼け対策を忘れていたり、一日中外にいたりで日焼けをしてしまった場合は、その後のアフターケアが大切です!

①まずは冷やす

シャワー日焼けをしたら、冷たいシャワーを浴びたり、水風呂に入るなどして冷やしましょう。

日焼けはやけどの一種と言われているので、冷やすことがとても重要です。そして体を冷やした後は、日焼けした箇所全てに濡れタオルを巻いたり、保冷剤をくるんだ濡れタオルや氷水を入れたビニール袋を使ったりして、しっかりと冷やしてあげましょう。(※体が冷えすぎないよう気を付けて下さい!)

②保湿する

肌を冷やしたら、必ず保湿のお手入れをして、肌を保護するようにしましょう。

顔や全身に化粧水をたっぷりつけて水分を補ったら、乳液(またはクリーム)を塗ります。

ポイント1.化粧水は手でたっぷりつける

男 化粧水日焼け後、化粧水をつける時は、手のひらでつけるようにしましょう。

通常、化粧水をつける際は、手もしくはコットンの好きな方でお手入れを行ってよいのですが、日焼けした肌は普段よりもデリケートな状態なので、摩擦が起きないように手でやさしくなじませていくのがおすすめです。

ポイント2.日焼けしそうな日は化粧水を冷蔵庫で冷やしておく

1日中外出したり海に行く予定がある場合は、あらかじめ化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくことをおすすめします。

肌への水分補給と同時に再度冷やすケアをすることができます。

ポイント3.化粧水がしみた場合は無理につけない

化粧水を使用してヒリヒリと感じたら、化粧水を無理に使用しないようにしましょう。

肌のヒリヒリとした感じがおさまらなかったり、体調が優れないなど何か違和感を感じることがあったら、病院(皮膚科)をを受診するようにしましょう。

5.メンズにも日焼け止めをおすすめする理由

5-1.日焼けって?

日焼け止め 選び方

日焼けとは、日光に含まれている「紫外線」を浴びることにより、皮膚のメラニン色素が過剰に生成されて、肌の色が変化したりする肌状態のことです。

一口に日焼けと言っても、厳密に言うと、肌を黒くする現象を「サンタン」、肌を赤くする現象のことを「サンバーン」と呼んでいます。違いは、原因となる紫外線の種類です。

5-2.紫外線について

紫外線は、「UV-A(紫外線A波)」「UV-B(紫外線B波)」「UV-C(紫外線C波)」の3つに分けられます。

この3つの紫外線は、波長の長さがそれぞれ異なり、肌への影響や肌への透過度が違います。
紫外線の波長が短くなるほど肌に与える影響が大きくなり、波長が長くなるほど肌への透過度が高いと一般的に言われています。

UV-Aとは

UV-Aは、波長が長い紫外線です。

波長が長いため、肌の内部まで到達し、日常生活の中で知らず知らずのうちに長く浴び続けることで肌を黒くします。

それだけでなく、しわ・たるみの原因にもなるといわれています。

この、肌を黒くする現象を「サンタン」(suntan)といいます。

UV-Bとは

UV-Bは、波長がやや長めの紫外線と言われています。

波長がUV-Aほど長くないことから、肌表面に作用するため肌表面を赤くしたり、日焼けによるシミ・そばかすの原因になるといわれています。

この、肌を赤くする現象を「サンバーン」(sunburn)といいます。

UV-Cとは

UV-Cは、短波長紫外線と呼ばれる波長が短い紫外線です。

波長が短いため、オゾン層によって吸収され地上まで届くことがないと考えられています。

しかし、近年のオゾン層破壊によって、今後地上まで届くかもしれない懸念があり、今後は肌への影響が現れる可能性もあるかもしれません。

5-3.男性に心がけてほしいこと

日焼け止めを男性におすすめしたい理由は、紫外線対策を心がけてほしいからです。

女性が一生懸命日焼け止めを塗ったり、帽子やアームカバー、日傘などで日焼けから必死に肌を守っている姿は、よく見かける光景だと思います。

「なんであんな必死に日焼け対策してるんだろう?」と疑問をもつ男性もいると思いますが、それには理由があります。単純に肌の白さを保ちたいだけではなく、女性の多くは紫外線パワーを知っているのです。

紫外線は、真夏の海や山だけに降り注いでいるものではなく、どんなに寒い冬でも、雨が降っていても、紫外線は私たちの暮らす地上に一年中届いています。

そしてこの紫外線は、様々な肌悩みの原因のひとつと言われています。(肌悩みの例:シミ・ソバカス、シワ、たるみ、ニキビ 等)

一年を通した紫外線対策を心がけることが、肌悩みを防ぐために重要になってきます。

黒い肌が男性的で良い、という方もいるかもしれません。

しかし、無防備のまま紫外線を浴び続けると、黒いだけではない肌になる可能性も考えられます。

しっかりお手入れをし、清潔感のある「デキる男」「イケてるメンズ」を、外見からも演出していきましょう。

6.メンズ日焼け止め|まとめ

メンズ日焼け止めのお話はいかがでしたか?

顔は、外に出ていることが多く、その人の印象を決める大きなポイントになると思いますが、
その肌を健康的に保つためには、日頃の日焼け止めによる日焼け対策や化粧品による保湿が重要になってきます。

繰り返しになりますが、紫外線は肌にとって負担となるものであり、肌に負担を与えることはあらゆる肌悩みの原因にも繋がるのです。

シミやシワ

人は必ず年を取り、体とともに肌も衰えていきますが、できる対策はしておきたいですよね。

10年後、20年後のことを考え、メンズ日焼け止め、試してみませんか?

※この記事は2016年8月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る