メニューを開く
2017年6月28日 更新
【PR】

汗に強いファンデーションとは?選び方・おすすめ・使い方を紹介!

汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめ 「汗に強いファンデーションが欲しい!」「汗に強いファンデーションってどれ?!」とお考えではないですか?

汗をかきやすい方にとって、ファンデーション崩れは大きな悩みの種となることがあります。
そこで今回は、汗に強いファンデーションの選び方や、ファンデーションを長持ちさせやすくするポイントなどをご紹介します。



◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)
マキアレイベルリキッドファンデーション・販売会社:株式会社JIMOS
・SPF35、PA+++
・容量:25mL

軽い付け心地で肌悩みをナチュラルに目立ちにくくする、汗に強い薬用リキッドファンデーションです。
肌表面はさらっとするのにヒアルロン酸、コラーゲン、スクワランなどの保湿成分を配合しているので、角層までしっかりうるおいます。
合成香料・石油系鉱物油・タール系色素は含まれていません。
お試ししやすいハーフサイズ(13mL)があるのもうれしいですね。
公式HP

1. 汗に強いファンデーションを選ぶポイント

まずは、汗に強いファンデーションを選ぶためのポイントをご紹介します。

①リキッドタイプのファンデーション

汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめリキッドファンデーションにはほどよい油分が配合されているため、肌にしっかりと密着させやすく汗をはじきやすいといわれています。
テクスチャーが重くなくみずみずしいものを選べば、汗をかきやすい方でもさっぱりと使いやすくなるでしょう。

②伸びがよく薄付きなファンデーション

汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめ伸びがよく仕上がりがナチュラルなファンデーションを使うことで、メイク崩れの防止が期待できます。
汗で崩れたくないと思うばかりに、ファンデーションを何度も重ねたり多すぎる量を使ってしまうと、汗をかいたときになおさら落ちやすくなることが考えられるからです。

2. 崩れにくい!おすすめファンデーション

ここで、肌らぶ編集部がおすすめしたいファンデーションをご紹介します。

今回はリキッドタイプかつ日焼け対策のできるファンデーションの中から選びました。ぜひ、ファンデーション選びの参考にしてみてください。

【PR】
B.A クリーミィファンデーションL

B.A クリーミィファンデーションL・販売会社:株式会社POLA
・SPF30、PA+++
・容量:25g

POLA(ポーラ)のブランド「B.A」から発売されている、崩れにくく汗にも強いファンデーションです。
みずみずしいテクスチャーが肌に溶け込むようになじみ、上品なツヤと透明感を演出します。

自社研究による色設計で、6色の展開カラーがどれも日本人の肌になじみやすいのも魅力のひとつ。付け心地の軽さ・崩れにくさ・自然なカバー力が実感できます。
汗や皮脂による化粧崩れを防ぎたい方におすすめです。
公式HP

VINTORTE(ヴァントルテ)美容液ミネラルリキッドファンデーション

VINTORTE・販売会社:株式会社soar
・SPF25、PA++
・容量:35g

配合されている微粒子パウダーが肌にしっかりフィットし、汗でも崩れにくい仕上がりが長続きします。

少量でよく伸びるので、厚塗りになることなく肌悩みをカバーします。
付け心地が軽いのもうれしいポイントです。

コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなどの保湿成分を配合。肌をなめらかに見せてくれるリキッドファンデーションです。
公式HP

VIRCHE(ヴァーチェ)ミネラルリキッドファンデーション

VIRCHE・販売会社:株式会社エトヴォス
・SPF23、PA++
・容量:30g

シリコーン油・石油由来の界面活性剤・紫外線吸収剤・合成香料不使用。

軽いテクスチャーと伸びのよさが特徴の、崩れにくいリキッドファンデーションです。
厚塗りにならずにさっと塗るだけで、肌悩みをきれいにカバーすることができます。

セラミド1・3・6Ⅱ、ヒアルロン酸、マルラオイル、植物エキス(アロエベラ、クロレラ、クズ根など)などの保湿成分が配合されているので、「汗かきなのに肌がかさつく」とお悩みの方にもおすすめです。
公式HP

アミュールシフォン リキッドファンデーション

ハウスオブローゼリキッドファンデーション・販売会社:株式会社ハウスオブローゼ
・SPF20、PA++
・容量:30ml

香料・鉱物油・紫外線吸収剤・エタノール不使用。

ボディスクラブなどでも知られる「ハウスオブローゼ」から発売されているリキッドファンデーションです。

さらさらの感触で伸びもよく、肌悩みを自然にカバーしてくれます。
軽いテクスチャーなので、使いやすいのもポイントです。
公式HP

3. 汗に強いファンデーションの使い方ポイント

納得できる汗に強いファンデーションを見つけたら、より落ちにくくするために使い方も意識してみましょう。
リキッドファンデーションを付ける方法はいくつかありますが、今回は汗に強い仕上がりにするための、基本的な塗り方をご紹介します。

【使用量】
汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめ顔全体に使用する目安量はパール1粒大。
手の甲に出したファンデーションを、中指で少量ずつ取りながら使用していきます。

①頬→額→顎の順に塗る
汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめファンデーションは、顔の内側から外側に向けて伸ばすことが大切です。
その際に人差し指を使うと力が入りやすいといわれているため、薬指を使用して伸ばしましょう。
全体に伸ばした後、特にカバーしたい部分にファンデーションを重ね塗りし、指の腹で叩き込むようにしてなじませましょう。

②鼻を塗る
汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめ鼻は崩れやすい部分なので、ファンデーションは極力薄めに仕上げることがポイントです。
新たに取ることはせず、指に残っているファンデーションを鼻筋に沿って伸ばしましょう。
また、塗りにくい小鼻部分は、指先を使ってぽんぽんと叩き込み、密着させます。

③目まわり・口まわりを塗る
汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめ目の周りや口の周りはもともと皮膚が薄いため、メイクがヨレやすい箇所です。
たくさん付けてしまうとさらにヨレやすくなってしまうため、ごく少量のファンデーションで仕上げましょう。

また、下まぶたのキワ部分は、ファンデーションを塗り忘れがちな部分です。塗り忘れのないよう、ぎりぎりのところまでしっかりと塗り広げましょう。

④スポンジでなじませる
汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめ何もついていない清潔なスポンジで顔全体をしっかりと押さえ、なじませます。
色の違いが出やすいフェイスラインと首の境目も、しっかりとなじませましょう。

4. 汗に強いファンデーションをサポートする2アイテム

化粧崩れでお悩みの方は、汗に強いファンデーションを使うだけでなく、メイク前に化粧下地を、メイクの仕上げにフェイスパウダーを使用することをおすすめします。

どちらも汗によるファンデーション崩れを防ぐための、大切なベースメイクアイテムです。
その2アイテムの役割と、それぞれの選び方・使い方の簡単なポイントをご紹介します。

4-1. 汗に強い化粧下地を使う

汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめ化粧下地はファンデーションの付きをよくして肌に密着させ、化粧崩れを防ぎます。
こちらもファンデーション同様、伸びがよく薄付きで、軽い付け心地のものを選ぶことがおすすめです。

4-2. 仕上げにフェイスパウダー(おしろい)を使う

汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめフェイスパウダーには、肌の余分な汗や皮脂を吸着して、ファンデーションを崩れにくくする役割があります。また肌表面をさらさらにしてきめを整えるので、より美しい肌を演出してくれます。

汗でファンデーションが崩れやすい方は、肌への密着度が高いプレストタイプのフェイスパウダーがおすすめです。
パフにパウダーをしっかりとなじませ、顔全体にのせていきましょう。

手の甲で触れたときにべたつきがなく、さらっとするまでしっかりつけることが大切です。
少し付けすぎかな?と思うくらいパフでしっかり付けた後に、清潔なブラシで余分な粉をはらい落としましょう。

5. まとめ

汗に強いファンデーション スポーツ 口コミ 皮脂 おすすめ今回は、汗に強いファンデーションをご紹介しました。
どうしても汗で崩れてしまいがちなファンデーションですが、使い方のポイントやその他のベースメイクアイテムにまで気を配ることで、メイク持ちを良くすることが期待できます。

汗をかいた際は、ファンデーションを擦らないようにその都度ハンカチなどで軽く押さえるようにしましょう。
汗に強いファンデーションを味方につけて、美しいメイクをキープしたいですね!