2017年4月19日 更新

“混合肌”は結局どの化粧下地を選べばいいの!?おすすめ&メイクポイント

混合肌 下地おでこや鼻はべたべたテカっているのに、頬はカサカサ…!
オイリーがちな肌や乾燥しやすい肌向けの下地はたくさんあるけれど、私は一体なにを選べばいいの!?

そんな悩みを抱えているあなたは、「混合肌」かもしれません。

「混合肌」は日本人に最も多いとされているにも関わらず、肌の状態がパーツによって変化しやすく、化粧下地がとても選びづらいですよね。

今回は迷える「混合肌」の方に、肌らぶ編集部からおすすめの化粧下地とメイク術をご紹介します!



◆肌らぶ セレクション◆

ホワイティシモ デイセラム
ホワイティシモ デイセラム販売会社:株式会社 ポーラ

1本で化粧下地、メイクアップ、日焼け止め、スキンケアの4つの役割が期待できる化粧下地です。

独自の複合保湿成分トリプルブライトカプセル※配合、メイクしながら肌にうるおいを与え、透明感あるツヤ肌を演出します。

軽やかな仕上がりで、メイクが崩れやすく乾きやすい夏場にもおすすめです。

※水添レシチン、ダイズステロール、マヨラナ葉エキス、クララ根エキス、カニナバラ果実エキス、ワイルドタイムエキス、ルイボスエキス(すべて保湿成分)

公式HPはこちら(オレンジ)

1.肌タイプが混合している肌の化粧下地の選び方

shutterstock_212598751一般的な「混合肌」とは、パーツによって肌状態が異なる肌のことを指します。

皮脂が過剰でテカり、べたつくパーツがあるのに、肌の水分量(保湿成分)は減り、乾燥しているパーツもあるという状態です。実は日本人の約7割が肌タイプが混合している肌だと言われています。

肌タイプが混合している肌は、皮脂過多・乾燥などと、オイリーがちな肌と乾燥しやすい肌どちらの肌タイプの特徴も出ている状態なので、選ぶ化粧下地は“皮脂過多対策”か“乾燥対策”かと迷いがちですが、皮脂過多・乾燥の原因はともに肌の水分量の減少という共通点があります。

肌タイプが混合しやすい肌は、肌の状態が異なるパーツすべてにおいて、保湿成分配合でうるおう化粧下地を選ぶことをおすすめします。

【肌らぶ編集部参考化粧下地】
今回は、保湿成分を2種類以上配合且つUV対策付きの化粧下地の中から、肌らぶ編集部参考商品として選んでいます。

CAMERON&GABRIEL(キャメロン&ガブリエル)Heaven Veil(ヘヴンヴェール)
CAMERON&GABRIEL(キャメロン&ガブリエル) Heaven Veil(ヘヴンヴェール)販売会社:株式会社キャメロン&ガブリエル
販売価格:3,200円(税抜)/30g
SPF45・PA++++ 紫外線吸収剤フリー

【肌らぶ編集部コメント】
なめらかに密着し、皮脂や汗で崩れにくい、内側から輝くような肌を演出する日焼け止め化粧下地です。

肌に伸ばすと同時に、クリーム状のテクスチャーが乳液状、さらには化粧水状へと変化して、みずみずしくうるおい感のある肌を演出します。

メイクしながら美容液を使用しているようなハリ・ツヤを与えます。

公式HPはこちら(オレンジ)

2.肌タイプが混合している肌メイクの3つのポイント

眉毛 生やす肌タイプが混合している肌のメイクは、肌の状態が異なるパーツ毎にひと手間加えることで仕上がりが変わってきます。

ここでは肌タイプが混合している肌の、崩れず美しいメイクを作るポイントを3つお伝えします。

①余分な皮脂をきちんと取る

ファンデーション 毛穴

肌タイプが混合している肌が最も皮脂過多になりやすいのは、Tゾーン(額,鼻,あご先をつないだ T 字の部分)だと言われています。

化粧水などで保湿を行った後は、必ずメイク前にTゾーンの余分な油分をティッシュで軽く押さえるようにして取りましょう。下地やファンデーションの持ちが良くなり、化粧崩れしにくくなります。

②パーツによって化粧下地の量を変える

クリームファンデーション プチプラ

ベースとなる化粧下地は、乾燥が気になるパーツにはたっぷりと、皮脂過多でテカリやべたつきが気になるパーツには薄めに塗るようにしましょう。

上に重ねるファンデーションも同様に、気になるパーツ毎に量を調節しましょう。

③パウダーファンデーションを活用する

ミネラルファンデーション

皮脂過多でテカリやべたつきが気になるパーツには、余分な皮脂の吸着も期待できるパウダータイプのファンデーションを重ねましょう。

ふんわり軽く粒子が細かいので、しっかり肌に密着し化粧崩れを抑えてくれます。

メイク道具は肌に摩擦による負担を与えにくく、付ける量も調整しやすいブラシがおすすめです。

☆パウダーファンデーションについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!

3.まとめ

ファンデーション 割れた

いかがでしたでしょうか。
「混合肌」と聞くと、スキンケア・メイクアイテムの選択をどうしても迷いがちですが、基本は肌をすこやかに整える「保湿」です。

うるおいたっぷりの化粧下地で、魅力的に輝く毎日を送りましょう!

この記事は2017年4月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。