メニューを開く
アスタリフト;

薄毛になる4つの原因はこれ!進行させないための10の対策法を紹介

薄毛 原因

「薄毛の原因を知りたい!」「自分が薄毛になってしまった原因をつきとめて、進行を止めたい!」と、お考えではありませんか?

薄毛の原因として多くあげられるものは、4つあると言われています。

今回は、薄毛を引き起こすと考えられている4つの原因と、その特徴、対策方法などをご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.薄毛の原因

薄毛は、下記の4つの原因によって引き起こされることが多いと言われています。

①遺伝
②ホルモン
③頭皮環境の乱れ
④出産

それぞれを、詳しくご説明します。

1-1.遺伝

両親や祖父母の中に薄毛の人がいる場合、薄毛になりやすい体質が遺伝し、薄毛になることがあると言われています。

薄毛になりやすい体質は、薄毛を引き起こすと言われるさまざまな因子(生活習慣など)の影響を受けやすい体質のことです。

どんなに髪や頭皮に悪い生活を送っていても、薄毛にならない人がいたとしたら、それは家系的に薄毛になりにくい体質である可能性が高いです。

また、育った家庭環境も影響していると言われています。

一緒に生活している家族は、生活習慣が同じになり、親子で食べ物の好みが似ることが多いため、薄毛の親の元で生活した子どもは、薄毛になりやすくなることがあります。

【遺伝による薄毛の特徴】
両親や祖父母に薄毛の人がいる
はげ 遺伝

1-2.ホルモン

ホルモンが原因となって起こる薄毛は一般的に、男性は、「AGA(男性型脱毛症)」、女性は「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。

この2つの薄毛は、男性ホルモンが変異し、薄毛を引き起こす物質が発生することで起こります。

この原因物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれ、生活習慣やストレスなどで生成されると言われています。

しかし、DHTが生成されると必ず薄毛になるのではなく、その影響を受けるかどうかは、体質によって変わってきます。

ちなみに、男性ホルモンというと、女性にはあまり関係がないと思われがちですが、女性の体にも男性ホルモンは存在します。

そして、加齢により女性ホルモンの分泌が減少したとき、男性ホルモンによる影響が出ることがあるのです。

女性が男性に比べて薄毛になりにくいのは、女性ホルモンが健康な髪の成長を支えているためです。

【ホルモンが原因の薄毛の特徴(男性)】
ひたいの生え際・頭頂部・前頭部のいずれかから薄くなる

【ホルモンが原因の薄毛の特徴(女性)】

全体的に薄い

1-3.頭皮環境の乱れ

頭皮環境が乱れ、分泌される皮脂が多かったり、逆に乾燥によってフケが出ていたりすることが原因で毛根がふさがって髪が生えてこられず、薄毛になることがあります。

頭皮環境は、頭皮に合わないシャンプーを使うことや、生活習慣などによって乱れることがあると言われています。

また、紫外線や、パーマやカラーリングを繰り返すことによる、頭皮への刺激が関係しているとも考えられています。

【頭皮環境の乱れが原因の薄毛の特徴】
徐々に毛が薄くなる
頭皮がベタベタする、またはフケが出る

1-4.出産(女性)

出産が原因で、薄毛になることがあります。

産後の女性は、ホルモンのバランスの乱れ、睡眠不足、育児のストレスなどが関係して、薄毛が引き起こされると言われています。

妊娠中は、女性ホルモンの分泌がとても活発ですが、産後急激に分泌量が減ることが深くかかわっているようです。

出産後、2~3カ月後に髪が薄くなりはじめ、ホルモンバランスが整う、産後半年~1年後には薄毛の症状が治まると言われています。

しかし、まれに長引くこともあるようなので、不安な方や、薄毛の程度がひどいと感じる方は、皮膚科や心療内科などを受診することをおすすめします。

【出産が原因の薄毛の特徴】
産後2~3カ月後に始まる
頭髪が全体的に薄くなる

産後 むくみ

2.どんな原因の薄毛でも対策を諦めない

遺伝が原因の薄毛の方の中には、薄くなっても仕方がないと諦めてしまう方もいるかも知れませんが、諦めて薄毛の対策を怠ることはおすすめできません。

どの原因の薄毛の方も、対策を怠ると、防げたはずの薄毛が進行してしまうことが、ないとも限りません。

また、一時的と言われる産後の薄毛も、治まるまでに時間を要したりすることがあるようです。

例え、遺伝的に薄毛になりやすい体質だったとしても、生活習慣や日ごろのケアを見直すだけでも、薄毛の予防になると言われています。

3.薄毛の対策方法

よくある薄毛の原因は4つありますが、どの原因の薄毛も、基本的な対策は同じです。

頭皮のケア方法と、生活習慣の2つに分けてご紹介します。

3-1.薄毛の対策方法 ―頭皮のケア―

薄毛対策のための頭皮ケアの方法は4つあります。

①頭皮に優しいシャンプーを使う
②正しく髪を洗う
③髪はすぐに乾かす
④育毛剤を使う

順に詳しくお話します。

①頭皮に優しいシャンプーを使う

薄毛の対策をしたいとお考えの方は、頭皮への刺激が優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。

頭皮に優しいシャンプーは、一般的にアミノ酸系のシャンプーと言われています。アミノ酸系のシャンプーは、成分に「ココアンホ〇〇」、「ココイル〇〇」、「ラウロイル〇〇」、「〇〇ベタイン」などを含んだものです。

商品の成分表示の、はじめの方に記載されていることが多いので、購入前にご確認ください。

逆に、シャンプーに使われる洗浄成分の中には、頭皮に刺激を与える可能性のあるものが含まれていることがあるので、薄毛が気になる方は、気を付けましょう。

《肌らぶおすすめ アミノ酸系シャンプー》
商品名:100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】

薄毛予防haru

販売元:株式会社nijito
カミツレエキス、海藻、キャピキシルなどの、髪イキイキ成分を配合しています。

使われている成分は100%天然由来の成分なので、頭皮と髪を優しく洗い上げてくれます。

こちらの商品の特徴は、健康な黒髪の成長を助けるため、薄毛と同時に白髪にお悩みの方にはぴったりです。

商品名:INZEALシャンプー(INZシャンプー)

INZEAL

販売元:株式会社オプティル
頭皮と毛髪のケアを助ける、弱酸性のシャンプーです。シリコンと石油系の界面活性剤は使用していません。

キューティクルを保護する、話題の新成分「ゼイン」を配合し、毛髪にハリとツヤを与えます。髪のボリュームアップを助けます。

※どちらも、男女ともにお使いいただけます。

②正しく髪を洗う

頭皮に優しいシャンプーを使っても、髪を洗う際に頭皮を傷つけてしまってはよくありませんので、これからご紹介する5つのステップを意識して髪を洗うことをおすすめします。

ステップ1 髪が乾いた状態でブラッシングする(髪についたホコリやからまりを取ります)
ステップ2 ぬるま湯で落とせる汚れをよく流す(少量のシャンプーでも泡立ちがよくなります)
ステップ3 シャンプーを手に取り、泡立ててから頭皮につける(シャンプー液の毛穴詰まりを防ぎます)
ステップ4 指の腹を使って洗う(爪を立てると頭皮を傷つけることがあります)
ステップ5 よく洗い流す(泡などが残っていると、頭皮環境の乱れの原因になることがあります)

③髪はすぐに乾かす

髪を濡れたまま長時間放置していると、頭皮で雑菌やカビが繁殖し、頭皮の環境が乱れる可能性があります。

自然乾燥は控え、ドライヤーで乾かす際も、生乾きにならないよう、乾かしきることをおすすめします。

④育毛剤を使う

育毛剤は、健康な髪が生えるための頭皮環境を整えてくれます。普段のケアの補助として使用するのもおすすめです。

選ぶ際は、男性なら男性向け、女性は女性向けの育毛剤を選ぶと良いです。特に女性は、成分によっては刺激が強すぎることがあるので、気を付けましょう。

《肌らぶおすすめ 育毛剤》
チャップアップ(医薬部外品)
チャップアップ

販売元:ソーシャルテック
成分にこだわり、パラベン・香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・シリコン・紫外線吸収剤を使っていない、頭皮に優しい育毛剤です。

使用者アンケートでは、97%が「使ってよかった」と答えています。

こちらは、男女ともにお使いいただける、男女兼用の商品です。

 

《産後の女性におすすめの育毛剤》
マイナチュレ(医薬部外品)
マイナチュレ

販売元:株式会社レッドビジョン

産後の抜け毛に悩む女性の使用者が多い、女性向けの優しい育毛剤です。

香料、着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、合成ポリマー、タール色素、シリコンなど、授乳期には気になる化学成分は入っていません。
2014年・2015年に、モンドセレクション金賞を受賞した実績もあります。

 

3-2.薄毛の対策方法 ―生活習慣―

生活習慣も、薄毛には深くかかわっていると言われています。頭皮のケアと合わせて、生活習慣も見直すことをおすすめします。

①栄養バランスのとれた食事を心がける
②良質な睡眠をとる
③ストレスをためない
④体を動かす
⑤紫外線を防ぐ
⑥喫煙、過度の飲酒を控える

①栄養バランスのとれた食事を心がける

偏食や油っこい食べ物を控え、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

食事から摂れる栄養は、髪の栄養になります。髪を作ると言われるミネラルやたんぱく質も、不足しないように気を付けましょう。

②良質な睡眠をとる

睡眠中は、髪の成長にかかわる「成長ホルモン」が分泌されると言われています。成長ホルモンは、眠りが深くなっているタイミングで盛んに分泌されるので、睡眠の質を高めることをおすすめします。

睡眠の質を高めるには、眠る前の過ごし方や、寝室の環境などに気を配ると良いとされています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

③ストレスをためない

ストレスを受けると、血管が収縮して頭皮に必要な栄養が行きわたりにくくなると言われています。

ストレスがたまらないよう、普段からリフレッシュする習慣をつけるようにしましょう。

④体を動かす

運動不足になると、全身の血行が悪くなると言われています。全身の血行が悪くなると、頭皮に栄養が届きにくくなります。

ジムに通ったりする必要はないので、普段から多めに歩くよう心がけるだけでも良いでしょう。

体を動かすと、睡眠の質アップやストレス解消なども期待できるのでおすすめです。

⑤紫外線を防ぐ

紫外線は、髪の成長に必要な「毛母細胞」に影響を与え、健康な髪が生えにくくなることがあると言われています。

普段から、帽子や日傘を使うなどして、紫外線を防ぐようにしましょう。

⑥喫煙、過度の飲酒を控える

喫煙の習慣は薄毛を引き起こす要因の一つと言われています。

たばこには、血管を収縮させると言われるニコチンが含まれています。そのため、髪に必要な栄養が運ばれにくくなることがあります。喫煙は控えめにすることをおすすめします。

また、過度の飲酒は、薄毛を進行させると言われる物質の生成を促進すると言われています。飲む量や頻度に気をつけ、適度な量を楽しみながら飲むようにしましょう。
便秘ツボ 飲酒後

4.すぐに薄毛を隠す方法

薄毛を気にされている方は、頭皮のケアや生活習慣の改善をおすすめしますが、ヘアサイクルの関係上、今日始めて明日には薄毛の悩みがなくなるということはありません。

しかし、すぐに結果を得たいとお考えの方のために、薄毛を隠す3つの方法をご紹介します。

4-1.ウィッグ(かつら)

気になる部分だけ、頭全体的に、オーダーメイド、など種類によって料金はさまざまです。

既製品の中には、数千円のものもあるので、気軽に取り入れやすいでしょう。

4-2.増毛スプレー

髪の繊維を頭にスプレーし、ボリュームをアップして見せる商品です。

髪を洗うと落ちますが、1000円前後の商品もあるようです。少しの汗では落ちにくいものもあるようなので、気になる方は試してみても良いでしょう。

4-3.植毛

髪の毛の組織や、人口の毛を、薄くなった部分に植えます。一般的に行われる植毛は、自分の毛の組織を植えこむもので、一度植えるとメンテナンスいらずで、抜けては生えてを繰り返します。

本数や手術法により費用は変動しますので、興味のある方は、下記のぺージもご覧ください。
■植毛の費用はどれくらい?肌らぶ厳選の5つのクリニックを徹底比較

5.薄毛の専門家に相談する

早いうちから適切に対策したい、原因が分からない、という方は、毛髪専門のクリニックに相談するのをおすすめします。

毛髪専門のクリニックには、さまざまな薄毛の症例を見て、治療に当たってきた、毛髪のプロがいます。

初回のカウンセリングは無料で受けられるクリニックもあります。その場で無理に治療をすすめられることはないので、気軽に受けてみても良いかもしれません。

《初回のカウンセリング無料 おすすめのクリニック》
親和クリニック
親和クリニックバナー

治療が必要な場合、具体的な費用や流れの説明はもちろんのこと、日常生活のアドバイスなども受けられます。

 

東京ビューティークリニック
東京ビューティ

スタッフや医師も女性。患者も女性の女性専用の髪専門クリニックです。デリケートな悩みだからこその心遣いが嬉しいですよね。

また、こちらのクリニックと同じ治療を受けられる提携院が全国にあるため、地方にお住まいの方にもおすすめです。

 

6.まとめ

薄毛の原因と、薄毛の進行を予防するための対策方法などをご紹介しました。

薄毛になる原因はさまざまですが、頭皮環境が悪くなるようなことをしたり、生活習慣に乱れがあったり、思い当たることがあった方もいるかも知れません。

できることから日常に取り入れてみてください。

この記事は2016年1月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る