メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社ポーラ

30代必見!おすすめファンデーションランキング

ファンデ30代 

「30代にはどんなファンデーションがおすすめ?」「周りの30代のみんなは、どんなファンデーションを使ってるの?」と、お考えではないでしょうか?

20代と同じファンデーションでは良くない気もする…でも選ぶとなると、種類が多くて悩んでしまいますよね。

今回は30代の方におすすめしたいファンデーションを、ランキングでご紹介していきます。

選び方や付け方のポイントもお伝えしますので、ぜひご覧ください。

30代の肌にぴったりなファンデーションを見つけて、より美しい肌をつくりましょう!

パウダーなのにしっとりツヤ肌『B.A ザ パウダリーファンデーション』はこちら>>>






ルジェBBCCバナー

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

RED B.A モイスチャースターターセット
RED B.A モイスチャースターターセット

上品な赤色が印象的な「RED B.A モイスチャースターターセット」は、エイジングケア*したい方にとってもおすすめのスキンケアです。*年齢に応じた保湿のお手入れのこと

ハリ・ツヤのある若々しい肌印象を目指すなら、まずは基本のスキンケアを見直してみましょう。

まずは一ヶ月、スターターセットで「RED B.A」のローションとミルクを試してみてください。
きっと、毎日鏡を見るのが楽しみになりますよ。

公式HPはこちら(オレンジ)

1. 30代のファンデーション選び|ポイントは2つ!

30代の方がファンデーションを選ぶときのポイントは「ナチュラルに仕上がるものを選ぶ」こと、「しっかりうるおう保湿成分が入ったものを選ぶ」ことの2点です。

1-1. ナチュラルに仕上がるものを選ぶ

オーガニック ファンデーション
30代の方には、肌悩みをさりげなくカバーしつつナチュラルに仕上げてくれるファンデーションがおすすめです。

30代はカバーしたい部分も多く出てくる年代かと思いますが、隠そうとして何度も重ねたり多すぎる量を使ってしまったりすると、化粧崩れの原因や不自然な仕上がりにつながってしまいます。

そのため自然に仕上げつつ、程よいカバー力のあるファンデーションがおすすめです。

また、ナチュラルに仕上げるためには、ファンデーションの色選びも重要です!

いくらカバー力が程よくあり、自然に仕上がるものでも、自分の肌に合った色でなければ不自然に見えてしまいます。

ファンデーションを選ぶ際は、自分の肌に近い色を2~3色、フェイスラインに試し塗りをしてみましょう。

顔と首の中間の色を選ぶと、自然に肌になじみ、ファンデーションが浮いて見えることがなくなるのでおすすめです。

1-2. 肌がうるおう保湿成分が入ったものを選ぶ

学校メイク 水滴
30代の方には、かさつきがちな肌にうるおいを補う保湿成分が入ったファンデーションがおすすめです。

生活環境の変化なども多い30代は、乾燥による肌悩みが増えやすい傾向にあります。

そのため、とにかく肌にうるおいを補ってあげることが大切です。

基礎化粧品による保湿を大切にしている30代の方は多いかと思いますが、ファンデーションでもうるおいを重視してみましょう。

保湿成分が配合されているかはもちろん、ファンデーションを付けたときにしっとり感があるかどうかもポイントです。

2. 30代におすすめ!ファンデーションランキング

女性 薄毛 シャンプー1
先の項目でお伝えした基準をもとに、30代におすすめのファンデーションを「リキッドタイプ」「パウダータイプ」に分け、それぞれランキング形式でご紹介します。

【判断基準】
①ナチュラルに仕上がるものを選ぶ
②しっかりうるおう保湿成分が入ったものを選ぶ

2-1. 【肌への密着度重視】30代リキッド・クリームファンデーションランキング

まずは、30代の肌悩みをきれいにカバーしつつ自然に仕上がる、美容通にも人気のおすすめリキッド・クリームファンデーションを、ランキングでご紹介します。

リキッド・クリームファンデーションの魅力は、肌への密着力、カバー力、うるおいです。

リキッドタイプはより自然に仕上がり、クリームタイプはよりしっかりとカバーすることが期待できます。

商品にもよりますが、比較的油分が多く含まれているため、肌に自然なツヤを与えて華やかな印象を演出します。

★第1位★
B.A ザ クリーミィファンデーション

pola クリーミィファンデーション
販売会社:株式会社POLA(ポーラ)

まるでスキンケアクリームのような感触で、みずみずしくうるおった肌に仕上げるクリームファンデーションです。

濃密なコクがあるのに肌に溶け込むようになじんで、均一にカバーします。
自然なツヤ感を演出してくれるため、かさつきやすい30代の肌にもおすすめです。

保湿成分として、ポーラ独自の「モイストアップポリマー」を配合しています。
乾燥が気になる方や、エイジングケア*に興味がある方にもぴったりの一品です。(*年齢に応じた保湿のお手入れ)

自社研究による色設計で、6色の展開カラーがどれも日本人の肌になじみやすいのも魅力のひとつです。

公式HP

★第2位★
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)

マキアレイベル薬用クリアエステヴェール
販売会社:株式会社JIMOS

ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワランなどの保湿成分を配合したリキッドファンデーションです。
軽い付け心地で、気になりだしたシミやくすみ、毛穴などを自然にカバーします。

合成香料・石油系鉱物油・タール系色素不使用。
下地の役割も兼ねているため、手軽にメイクを仕上げたい30代の肌にもうれしいですね。

しっかりとカバーできて、乾燥しにくいファンデーションを探している方は、ぜひ一度試してみてください。

 

★第3位★
VIRCHE(ヴァーチェ)ミネラルリキッドファンデーション

2ヴァーチェ リキッドファンデーション
販売会社:株式会社エトヴォス

厚塗りにならずにサッと塗るだけで、30代の肌が気になりやすい毛穴やシミ・色むらなどをカバーするリキッドファンデーションです。

セラミド1・3・6Ⅱ、ヒアルロン酸、マルラオイル、植物エキス(アロエベラ、クロレラ、クズ根など)などの保湿成分を配合しています。
かさつきやすい30代の肌に、うるおいを与えます。

シリコーン油・石油由来の界面活性剤・紫外線吸収剤・合成香料は配合されていません。
カバー力はあるのに軽やかな使用感で、公私ともに忙しい30代の肌をいたわるようなファンデーションです。

公式HP

2-2. 【軽いつけ心地重視】30代パウダーファンデーションランキング

続いて、使用感は軽いのに、30代の肌悩みをきれいにカバーできて、しっとり感の続く、人気のパウダーファンデーションをご紹介します。

パウダーファンデーションの魅力は、手軽さと軽い付け心地、やわらかな仕上がりです。

パウダーファンデーションは、一般的にはスポンジで塗ることが多いですが、仕上がりの好みによってブラシやパフを使用することもあります。

★第1位★
B.A ザ パウダリィファンデーション

POLA パウダーファンデーション
販売会社:株式会社POLA(ポーラ)

軽やかに広がるきめ細やかな粉が、なめらかに肌にフィットするパウダーファンデーション。

ひと塗りで、肌全体をしっとりつややかに仕上げます。

ポーラ独自の保湿成分「モイストアップポリマー」を配合しており、乾燥が気になる方や、エイジングケア*したい方におすすめです。(*年齢に応じた保湿のお手入れ)

自社研究による色設計で、6色の展開カラーがどれも日本人の肌になじみやすいのも魅力のひとつです。

公式HP

★第2位★
マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ
販売会社:株式会社資生堂

資生堂独自の製法によって、ふわふわのムースからつくられたパウダリーファンデーションです。

保湿成分としてスーパーヒアルロン酸(アセチルヒアロルン酸Na)、グリセリン、ケイ酸(Na/Mg)などを配合しているので、かさつきやすい肌にもうるおいを与えます。

ふんわり肌に溶け込むようにフィットし、気になる肌悩みをカバーしながら自然なツヤを演出します。

公式HP

★第3位★
VINTORTE(ヴァントルテ)ミネラルシルクプレストファンデーション

ヴァントルテ
販売会社:株式会社soar

やさしい付け心地が特徴の、プレストタイプのミネラルファンデーションです。

付属のパフでさっとつけるだけで、気になる肌悩みもきれいにカバーできます。

保湿成分としてヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、スクワランなどをたっぷり含んでおり、うるおい感が続きます。

界面活性剤、タルク、シリコン、防腐剤、紫外線吸収剤などは配合されていません。

軽い付け心地としっとり感を両立した、30代におすすめのパウダーファンデーションです。

公式HP

3. 正しい使い方をおさらい!30代のファンデーション

30代の肌にぴったりなファンデーションを選んだら、使い方まで意識するのが理想的です。

ここでは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーション、それぞれの基本的な使い方をご紹介します。

これを機に、ご自分のファンデーションの使い方を見直してみましょう。

3-1. リキッドファンデーションの使い方

リキッドファンデーションを付ける方法はいくつかありますが、ここでは基本的な塗り方(指での塗り方)をご紹介します。

【使用量】

1下地
顔全体に使用する目安量はパール1粒大です。

手の甲に出し、少量ずつ中指に取りながら使います。

①両頬→額→顎の順に塗る

ファンデ 順番1
どの箇所も、顔の中心から外側に伸ばしていきます。

力の入りやすい人差し指は使用せず、中指や薬指でやさしく伸ばしましょう。

全体に伸ばした後、しっかりカバーしたいところは軽くたたき込むようにポンポンと重ねるのがおすすめです。

②鼻を塗る

鼻は皮脂が出やすい部分なので、リキッドファンデーションは薄めに塗りましょう。

指に残っているファンデーションを、鼻筋に沿ってのばします。

小鼻は指先を使って、丁寧に密着させます。

③目まわり・口まわりを塗る

6下地
目や口のまわりは、皮膚が薄い上に良く動く部分です。

ファンデーションをたくさん付けてしまうとヨレやすいので、ここでも指に残ったものを軽く押さえる程度で構いません。

下まぶたのキワは塗り忘れやすい部分です。目の下ぎりぎりまで、しっかり付けるように意識しましょう。

④スポンジでなじませる

7下地
ファンデーションをなじませるのには、何もついていない大きめのスポンジを使います。顔全体を、軽く押さえましょう。

最後に、フェイスラインと首の境目がなくなるようになじませて完成です。

3-2. パウダーファンデーションの使い方

パウダーファンデーションを付ける方法はいくつかありますが、ここでもリキッドファンデーションと同様、基本的な塗り方(スポンジでの塗り方)をご紹介します。

【使用量】

パウダーファンデーション パフ3分の1
スポンジの3分の1くらいの量を目安に取り、その都度スポンジに取って使います。

①両頬→額→顎の順に塗る

ファンデ 順番1
どの箇所も、顔の中心から外側に伸ばしていきます。

スポンジは力を入れずに持ち、すべらせるようにやさしく付けましょう。

②鼻を塗る

ファンデーション 塗り方 小鼻
鼻は皮脂が多く、化粧崩れしやすい部分なので、ファンデーションは薄めに塗ります。

ファンデーションは足さずに、スポンジに余ったものを鼻筋にのばしましょう。

小鼻などの細かい部分は、スポンジを半分に折ると、付けやすいです。

③目まわり・口まわりを塗る

ファンデーション 目元
目まわり・口まわりは、皮膚が薄い上に良く動く部分です。

この部分にファンデーションをたくさん付けると、ヨレやすくなります。ここでも、スポンジに残ったファンデーションを軽く押さえる程度で大丈夫です。

下まぶたのキワなど、塗り忘れに気をつけましょう。

⑤フェイスラインをぼかしてなじませる

ファンデーション 塗り方 首なじませ
①で塗ったファンデーションの境目がなくなるように、フェイスラインに向かってなじませます。

鏡を見ながら、顔と首の色に境目ができないよう、自然にぼかして完成です。

4.30代に起こりやすい肌の変化について

アラフォー スキンケア
最後に、30代の肌にはどのような変化が起こりやすいのかをお伝えします。

30代になると、20代の頃に比べて、肌の乾燥が目立つようになります。

肌内部(角質層)にうるおいを与える「水分」と、肌表面で水分の蒸発を防いだり外部の刺激から肌を守っている「皮脂」が減少することで、うるおいが不足しやすくなるのです。

うるおいが不足することで、外部の刺激から肌を保護する力が低下してしまうため、さまざまな肌悩みが出やすくなっていきます。

そのため、肌に必要な水分と油分をバランスよく補い、保湿を心がけることが大切です。

また、30代になると、肌だけでなく体調にも影響を与える、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が徐々に減少していきます。

女性ホルモン グラフ

女性ホルモンの量の変化

エストロゲンは若さを保つホルモンのため、減少することで、肌のハリやツヤが失われていき、「しわ」「たるみ」等の年齢サインが出やすくなると言われています。

ホルモンのバランスは、自分で調節できるものではありませんが、普段から十分な睡眠や栄養たっぷりの食事を意識し、ストレスを溜めない規則正しい生活を送ることでからだの内側からすこやかな状態を目指しましょう。

5. まとめ

シミ隠し ファンデーション①
30代の方におすすめのファンデーションを、ランキングでご紹介しました。

30代の方がファンデーションを選ぶときは、「ナチュラルに仕上がるものを選ぶ」こと、「肌がうるおう保湿成分が入ったものを選ぶ」ことの2つが大切です。

ご自身の肌に合ったファンデーションを見つけたら、付け方のポイントまで意識できると良いですね。

ファンデーションを味方につけて、30代の肌を美しく魅せるベースメイクを仕上げましょう!

※この記事は2017年1月1日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

パウダーなのにしっとりツヤ肌『B.A ザ パウダリーファンデーション』はこちら>>>



~関連商品~
RUJE ナチュラルCC&BBクリーム
ccbb_cream

CCクリームの“うるおう素肌っぽい仕上がり”とBBクリームの“時短で肌悩みをしっかりカバー”という両方の良い点を合体させたCC&BBクリームです。

保湿成分として「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などを配合。
伸びの良いテクスチャーで軽いつけ心地なのに、気になる肌悩みもしっかりカバーしながら、肌にうるおいを与えてくれます。

重ねたポイントメイクも石鹸でスルンと洗い落とせるのも嬉しいポイントです!
SPF50+・PA++++、香料・鉱物油・有機色素・パラベン・アルコール不使用。

公式HP

ファンデーション 関連記事

もしかして間違ってる!?ファンデーション色の選び方

◆[PR]理想肌を作れるファンデーションの塗り方|道具・順番・コツ

ルジェBBCCバナー


Pocket
LINEで送る