2017年8月21日 更新

女子の強い味方!おすすめウォータープルーフのファンデーション

ウォータープルーフ ファンデーション1汗や皮脂が出やすい時期になると、気になるのが「メイク崩れ」ではないでしょうか。

お昼になると顔がテカテカしていたり、ファンデーションが崩れてどろどろになってしまった経験はありませんか?

そんなお悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、「ウォータープルーフのファンデーション」です!

今回はウォータープルーフのファンデーションの魅力や選び方、おすすめアイテムをご紹介します。


1.ウォータープルーフのファンデーションの魅力

ウォータープルーフ ファンデーション
ウォータープルーフのファンデーションは、汗や皮脂、水で崩れにくいのが魅力です。

ウォータープルーフのファンデーションにも、パウダータイプやリキッドタイプ、クリームタイプなど、さまざまな種類があります。

自分の肌タイプや、仕上がりの質感などに合わせて選びましょう。

2.おすすめウォータープルーフファンデーション

ウォータープルーフ ファンデーションここでは、肌らぶ編集部がおすすめする、ウォータープルーフのファンデーションをご紹介します。

今回は、パウダータイプリキッドタイプのファンデーションをご紹介しますので、メイク崩れしたくないときのファンデーション選びの参考にしてくださいね!

暑い日差しから肌を保護する「SPF・PAの表記のあるウォータープルーフのファンデーション」を選びました。

【ウォータープルーフ】パウダーファンデーション

皮脂が出やすい方、テカリやべたつきが気になる方にはパウダーファンデーションがおすすめです。

アネッサ パーフェクトUVパクト N

アネッサ パーフェクトUVパクトN(ウォータープルーフ ファンデーション)SPF33・PA+++

汗・皮脂・水に強く、紫外線をしっかり防ぐウォータープルーフのファンデーションです。
水をはじき、汗を逃がすので、美しい仕上がりが長続きします。

公式HPはこちら

ホワイティシモ パウダーファンデーション

ホワイティシモ パウダーファンデーションSPF30・PA+++

ルースパウダーのような軽いつけ心地で、厚塗り感のないふんわりとしたツヤ肌を演出する、ウォータープルーフのパウダーファンデーションです。
顔の骨格を引き立たせるようにフィットし、立体感のある引き締まった印象に仕上がります。

公式HPはこちら

【ウォータープルーフ】リキッドファンデーション

肌への密着感や、適度なカバー感を求める方には、リキッドタイプのファンデーションがおすすめです。

オルビス パーフェクトUVリキッドファンデーション

パーフェクトUVリキッドファンデーション(オルビス 日焼け止め)SPF50・PA++++

汗や皮脂と混ざりにくく、さらさらとした肌が長続きするウォータープルーフのリキッドファンデーションです。
伸びがよく軽やかなつけ心地で、肌にぴたっと密着します。

公式HPはこちら

セザンヌ UV リキッドファンデーション R

セザンヌ UVリキッド(ウォータープルーフ ファンデーション)SPF26・PA++

肌にぴたっと密着し、マットな肌を長時間キープするウォータープルーフのリキッドファンデーションです。
汗・皮脂に強くさらっと仕上がります。プチプラで手に取りやすいのも魅力です。

公式HPはこちら

3.おすすめウォータープルーフBBクリーム

より手軽にメイクできるアイテムをお探しの方や時短メイクをしたい方には、ウォータープルーフのBBクリームをおすすめします。

BBクリームは、ファンデーション・化粧下地・日焼け止めなど、複数のベースメイクアイテムの役割を兼ねているため、これひとつでベースメイクを完成させることが可能です。

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめする、ウォータープルーフのBBクリームをご紹介します。

今回は、「SPF・PAの表記のあるウォータープルーフのBBクリーム」を選びました。

アリィー エクストラUVジェル(ミネラルBB)
ウォータープルーフ ファンデーションSPF50+・PA++++

これ1本でUVカット・保湿・化粧下地・ナチュラルカバーの役割を担う、ウォータープルーフのジェル状BBクリームです。
汗をかいても崩れにくく、真夏の強い紫外線対策にもおすすめです。

公式HPはこちら

ファシオ BBクリーム ウォータープルーフ
ファシオ BBクリーム ウォータープルーフ(ウォータープルーフ ファンデーション)SPF50+・PA++++

肌にぴたっと密着し、さらさらとした肌が長続きするウォータープルーフのBBクリームです。
汗・水・皮脂に強く、崩れにくくテカリにくいので、海やプールへ行く際にもおすすめです。

公式HPはこちら

4.ウォータープルーフのファンデーションをおすすめしたい人

ウォータープルーフ ファンデーションウォータープルーフのファンデーションは、化粧崩れしにくいベースメイクアイテムを探している方におすすめのアイテムです。

特に、汗をかきやすいシーズンのメイクや、海やプールなどレジャーシーンでのメイクに向いています。

ウォータープルーフのファンデーションは、メイク崩れを防いでくれる一方で、肌の負担になることも考えられます。

ファンデーションは、いくつか種類を用意して、その日の予定やシーンによって使い分けることをおすすめします。

5.ウォータープルーフのファンデーションを使うポイント

ウォータープルーフ ファンデーション汗や皮脂、水で崩れにくいウォータープルーフのファンデーションは、1日の終わりにしっかりとクレンジングでオフすることが大切です。

お使いのウォータープルーフのファンデーションに、専用のクレンジング料がある場合には、そちらを使用するようにしましょう。

特に指定がない場合は、比較的濃いめのメイクに対応できるといわれるクレンジングオイルを選ぶことをおすすめします。

また、クレンジング料を使用する際には、ウォータープルーフのファンデーションだからといってゴシゴシ肌をこすらないように、やさしい力加減を意識して落とすようにしましょう。

【参考商品】
アテニア スキンクリア クレンズオイル
ウォータープルーフ ファンデーション

メイク汚れをしっかり落とし、なめらかな肌に洗い上げるクレンジングオイルです。
レモングラスやベルガモットの香りがする「アロマタイプ」と「無香料タイプ」があります。

公式HPはこちら

6.ファンデーションの崩れを防ぐメイク方法

ウォータープルーフのファンデーションに加えて、メイク崩れを防ぐポイントをおさえてくことで、さらにメイクを崩れにくくすることもできます。

ここでは、簡単に実践できるメイク崩れを防ぐポイントをご紹介します。

≪全ファンデーション共通のポイント≫

■厚塗りしすぎない
ウォータープルーフ ファンデーションファンデーションは薄く、均一にムラなく適量を塗るように意識しましょう。
厚塗りしてしまうと、メイクがよれて崩れやすくなることがあります。

特に動きが多い目元や、皮脂が活発に出やすいTゾーンは崩れやすいので、使用量を控えめにすることをおすすめします。

≪リキッドファンデーション等の液体タイプのポイント≫

■スポンジで丁寧におさえる
ウォータープルーフ ファンデーションファンデーションを塗った後は、清潔なスポンジを使って丁寧におさえましょう。

余分なファンデーションを吸い取り、ムラになった部分を整えることができます。

その際には、スポンジの広い面を使い、ポンポンとスタンプを押すように肌に密着させるとスムーズです。

■フェイスパウダーをのせる
ウォータープルーフ ファンデーションファンデーションの上にはフェイスパウダーを重ねるようにしましょう。

目安は、肌を触ってみて、べたつく部分がなくなるまでのせます。

少し多めにのせて、余分なパウダーをフェイスブラシでなでるように落としましょう。

仕上げに、両手のひらで顔全体を包みこむように密着させると、ファンデーションとフェイスパウダーがなじみ、崩れにくくなります。

7.まとめ

ウォータープルーフ ファンデーションウォータープルーフのファンデーションの魅力とおすすめファンデーションをご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回の内容を参考に、ウォータープルーフのファンデーションを使用して、暑い日でもテカリやべたつきのない美しい肌を目指しましょう!