2017年4月17日 更新

女子の強い味方!おすすめウォータープルーフのファンデーション

ウォータープルーフ ファンデーション1

汗や皮脂が出やすい時期になると、気になるのが「メイク崩れ」ではないでしょうか。

お昼になると顔がテカテカしていたり、ファンデーションが崩れてどろどろになってしまった経験はありませんか?

そんなお悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、「ウォータープルーフのファンデーション」です!

今回はウォータープルーフのファンデーションの魅力や選び方、おすすめアイテムをご紹介します。


1.ウォータープルーフのファンデーションの魅力

ウォータープルーフ ファンデーション

ウォータープルーフのファンデーションは「汗や皮脂、水で崩れにくい」といわれています。

ウォータープルーフのファンデーションにも、パウダータイプやリキッドタイプ、クリームタイプなど、さまざまな種類があります。

自分の肌タイプや、仕上がりの質感などに合わせて選びましょう。

2.おすすめウォータープルーフファンデーション

ウォータープルーフ ファンデーション

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめする、ウォータープルーフのファンデーションをご紹介します。
パウダータイプとリキッドタイプのファンデーションを種類別にご紹介しますので、メイク崩れしたくないときのファンデーション選びの参考にしてくださいね!

暑い日差しから肌を保護する「SPF・PAの表記のあるウォータープルーフのファンデーション」を選びました。

【ウォータープルーフ】パウダーファンデーション

皮脂が出やすく、テカリやベタつきが気になる方にはパウダーファンデーションがおすすめです。
POLA ホワイティシモ パウダーファンデーション
ホワイティシモ パウダーファンデーションSPF30・PA+++

ルースパウダーのような軽いつけ心地で、厚塗り感のないふんわりとしたツヤ肌を演出する、ウォータープルーフのパウダーファンデーションです。顔の骨格を引き立たせるようにフィットし、立体感のある引き締まった印象に仕上がります。

公式HPはこちら(大)

【ウォータープルーフ】リキッドファンデーション

肌への密着感や、適度なカバー感を求める方におすすめです。
POLA ホワイティシモ リキッド ホワイト
POLA ホワイティシモ リキッドホワイトSPF20・PA++

うるおいを保ち、キメ細かくツヤやかな肌を演出するウォータープルーフのリキッドファンデーションです。べたつきにくいテクスチャーで、化粧崩れしにくいのも魅力の1つ。保湿成分アキレアエキス、クジンエキスクリアを配合しています。

公式HPはこちら(大)

3.ウォータープルーフのファンデーションをおすすめしたい人

ウォータープルーフ ファンデーションウォータープルーフのファンデーションとは、「汗や皮脂、水で崩れにくい」ファンデーションのことです。

汗をかきやすいシーズンのメイクや、海やプールなどのメイク崩れしやすいレジャーシーンのメイクにおすすめのアイテムです。

ウォータープルーフのファンデーションは、メイク崩れを防いでくれる一方で、肌の負担になることもあります。
ファンデーションは、いくつか種類を用意してその日の予定やシーンによって使い分けることをおすすめします。

4.ウォータープルーフのファンデーションを使うポイント

ウォータープルーフ ファンデーション

汗や皮脂、水で崩れにくいウォータープルーフのファンデーションは、1日の終わりにしっかりとクレンジングでオフすることが大切です。

お使いのウォータープルーフのファンデーションに、専用のクレンジング料がある場合には、そちらを使用するようにしましょう。

特に指定がない場合は、比較的濃いめのメイクに対応できるといわれるクレンジングオイルを選ぶことをおすすめします。

また、クレンジング料を使用する際には、ウォータープルーフのファンデーションだからといってゴシゴシ肌をこすらないように、やさしい力加減を意識して落とすようにしましょう。

5.ファンデーションの崩れを防ぐメイク方法

ウォータープルーフのファンデーションに加えて、メイク崩れを防ぐポイントをおさえてくことで、さらにメイクを崩れにくくすることもできます。

ここでは、簡単に実践できるメイク崩れを防ぐポイントをご紹介します。

≪全ファンデーション共通のポイント≫

■厚塗りしすぎない
ウォータープルーフ ファンデーションファンデーションは薄く、均一にムラなく適量を塗るように意識しましょう。
厚塗りしてしまうと、メイクがよれて崩れやすくなることがあります。

特に動きが多い目元や、皮脂が活発なTゾーンは崩れやすいので、使用量を控え目にすることをおすすめします。

≪リキッドファンデーション等の液体タイプのポイント≫

■スポンジで丁寧におさえる
ウォータープルーフ ファンデーションファンデーションを塗った後は、清潔なスポンジを使って丁寧におさえましょう。

余分なファンデーションを吸い取り、ムラを整えることができます。

その際には、スポンジの広い面を使い、ポンポンと肌に密着させるとスムーズです。

■フェイスパウダーをのせる
ウォータープルーフ ファンデーションファンデーションの上にはフェイスパウダーを重ねるようにしましょう。

目安は、肌を触ってみて、べたつく部分がなくなるまでのせます。

少し多めにのせて、余分なパウダーをフェイスブラシでなでるように落とします。

仕上げに、両手のひらで顔全体を包みこむように密着させると、ファンデーションとフェイスパウダーがなじみ、崩れにくくなります。

6.まとめ

ウォータープルーフ ファンデーション

ウォータープルーフのファンデーションの魅力とおすすめファンデーションをご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回の内容を参考に、ウォータープルーフのファンデーションを使用して、暑い日でもテカリやべたつきのない美しい肌を目指しましょう!

※この記事は2017年4月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。