メニューを開く
アスタリフト;

ワックスの選び方!あなたの髪の毛に合うワックスはどれ?

ワックス 選び方自分の髪に合うワックスってどれ?選び方ってあるの?とお探しではないでしょうか?

人によって髪質や髪型は異なりますので、ワックス選びも変わってきます。

自分に合うワックスが見つかりますように、「髪質」「毛量」「ヘアスタイル」それぞれに合ったワックスの選び方や、ワックスの特徴などをご紹介していきたいと思います。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

GERAID(ジェレイド) デザインワックスNA
GERAID(ジェレイド) デザインワックスNA販売会社:資生堂ジャパン株式会社

髪の流れや微妙なニュアンスを自由自在に創り出すヘアワックスです。固まらないので、気になる時にその都度手ぐしで簡単に髪を整えることができます。

タバコなど嫌なニオイを抑えるスモーキーカット香料入りも嬉しいですね。

GERAID(ジェレイド) デザインワックスNA


1.ワックスの選び方 3つのポイント

ワックスを選ぶときは以下の3つのポイントに注目して選ぶようにしましょう。

・髪質(剛毛・軟毛・くせ毛)
・毛量(多い・少ない・普通)
・ヘアスタイル

では順番に、それぞれの髪に合うワックスをご紹介していきたいと思います。

1-1.髪質に合ったワックスの選び方

ここでは、
・剛毛
・軟毛
・くせ毛
の髪質それぞれに合ったワックスをご紹介していきたいと思います。

●剛毛

ファイバー・クリーム
剛毛は髪にしなやかさがなく、ごわつき、広がりが起きやすいです。
そんな剛毛の方におすすめのファイバーワックスやクリームワックスは、油分が多く重ためなので、ボリュームのある髪でもしっとりとまとまり、ボリュームを抑えられます。

またツヤも出るので、乾燥している毛先などに付けると良いです。

●軟毛

ドライ
軟毛の方は髪が細く柔らかいのが特徴です。
そんな軟毛の方におすすめのドライタイプは、油分が少ないので柔らかい髪でもふわっとした自然な仕上がりのスタイルになります。

また、セット力の強いハード系を使うことで、長くスタイルを維持できます。
軟毛の方がファイバータイプを使った場合、ワックスの重さで髪がペタッとしてしまうのでおすすめできません。

●くせ毛

くせ毛で髪が広がる方→ジェル・ファイバー
ジェルやファイバーは髪の広がりを抑えてツヤを出してくれます。

くせ毛で髪がぺちゃんこの方→ドライ
ボリュームのない髪の毛は1本1本が細いため、水分や油分が多いワックスだと重くなってしまい上手にセットすることが難しくなります。
油分が少ないドライ系のワックスを選んで、くせ毛を活かしてボリュームを出しましょう。

1-2.毛量に合ったワックスの選び方

ここでは、
・毛量が少なめ
・毛量が大目
・普通の量
の毛量それぞれに合ったワックスをご紹介していきたいと思います。

●毛量が少なめ

ドライ・クリーム
ドライ系のワックスは油分が少ないので、毛量の少ない髪や柔らかい髪など、ボリュームの欲しい髪をふわっとした自然な仕上がりにします。

また強いセット力のあるハード系のタイプですと、スタイルを長くキープすることができます。

●毛量が多め

ジェル・ファイバー・グリース
髪にツヤが出ることで落ち着いてみえて、髪が普段よりも少なくみえます。
髪が濡れている時に少なく見えるのと同じ原理です。
油分が多く重みのあるワックスその重みで毛量が多い髪の毛のボリュームを抑えて落ち着かせます。

●普通の量

クリームワックス
毛量が多くもなく少なくもない方は、クリームタイプがおすすめです。
ツヤがほしい時はヘアオイルを混ぜてみたり、マットな質感にみせたいときはドライ系のワックスを混ぜてみたりと、みせたい髪質によって併用して使うこともおすすめです。

1-3.ヘアスタイルに合ったワックスの選び方

ここでは、ヘアスタイルにそれぞれに合ったワックスをご紹介していきます。

~~男性~~
無造作スタイル
ヘアスタイル 無造作スタイルクリームワックス・スプレー

パーマスタイル
ヘアスタイル パーマスタイルファイバー・ムース

ウェットスタイル
ヘアスタイル ウェットスタイルグリース・ジェル

立ち上がりスタイル
ヘアスタイル 立ち上がりスタイルドライ・ジェル

~~女性~~
カールスタイル
ヘアスタイル カールスプレー・ファイバー・クリーム(ソフト系)

パーマスタイル
ヘアスタイル パーマ
ムース・ファイバー

ヘアアレンジ
ヘアスタイル アレンジクリーム・クレイ

ツヤのあるスタイル
ヘアスタイル ツヤグリース

前髪流しスタイル
ヘアスタイル 前髪流しドライ

2.10種類のヘアワックスをご紹介!

ワックスには、以下の10種類のタイプがあります。

・ファイバーワックス
・ドライワックス(マット・クレイ)
・クリームワックス
・ジェルワックス
・グリースワックス
・スプレーワックス
・ムースワックス
・ウォーターワックス
・パウダーワックス
・カラーワックス

では、ひとつずつ特徴をみていきたいと思います。

2-1.ファイバーワックス

・毛束感をつくる
・伸びが良く扱いやすい
・ワックスに重さがある
・軟毛の人はぺたっとしやすい

2-2.ドライワックス(マット・クレイ)

クレイワックス

・ツヤなしでマットな質感をつくる
・傷んだ髪はバサバサになるので×
・スタイリング力が非常に高い
・質感が固い
・伸びが悪い
・長い髪に適さない
・しっかり伸ばして薄くつけることがポイント

2-3.クリームワックス

クリームワックス

・質感はファイバーとドライの中間
・伸ばしやすく扱いやすい
・初心者の方にもおすすめ
・毛束感はそこまで出ない
・毛の立ち上がりなどはそこそこ出る

クリームタイプは、セット力が強いものから無造作スタイルにセットするものまで幅広く種類があります。

2-4.ジェルワックス

ジェルワックス

・スタイリング力が強い
・仕上がりはパリっと固まる
・毛量が多い人に適している
・タオルドライした濡れた状態の髪に使うことができる

2-5.グリースワックス

・髪にツヤが出る
・ウエットな質感
・ジェルワックスが使いづらい人に向いている
・セット力はジェルワックスに比べて低い
・タイトな仕上がりになる
・パサつきを抑える

2-6.スプレーワックス

ヘアスプレー 使い方

・重みで髪がつぶれることが少ない
・軽めのスタイルに向いている
・薄くまんべんなく付けることがポイント

2-7.ムースワックス

ムースワックス

・パーマやウェーブのあるスタイルに適している
・水分量が多く泡状なので使いやすい
・軟毛に向いている
・くせ毛を活かすときに適している

2-8.ウォーターワックス

ウォーターワックス

・髪の毛になじみやすい
・べたつきが少ない
・シャンプーで簡単に落とすことができる

2-9.パウダーワックス

パウダーワックス

・ほとんどがノンオイルなのでべたつきが少ない
・ふんわりとボリュームを出すスタイルに適している
・髪が細い人におすすめ
・毛量が少ない人におすすめ
・ドライな仕上がりになる

2-10.カラーワックス

カラーワックス

・単発的にヘアカラーすることができる
・整髪とカラーの両方を一度にできる
・シャンプーで簡単にカラーを落とすことができる

3.ヘアワックスをしっかり落とす方法

ワックスは油性のものがほとんどですので、べとべとしやすく、ほこりやちりが髪の毛に付きやすいです。
また、洗い落ちが悪い場合がありますので、しっかり洗髪するようにしましょう。

ワックスを使用したときのヘアケア

1.たっぷりお湯で髪の毛をすすぐ
2.リンスやトリートメントを髪全体になじませる
3.しっかり洗い流す
4.シャンプーをよく泡立て洗髪する

ポイントは、シャンプー前にリンスやトリートメントを付けることです。
これらには油脂が含まれているのでワックスとなじむ為、シャンプーした時にワックスが落ちやすくなります。

ワックスを付けるときは、つける量に注意することも、洗髪するときのポイントになります。
量の調節が慣れないうちは一度に多くの量を手にとらずに、少しずつ量を足していきながらスタイリングするようにしましょう。

4.まとめ

「髪質」「毛量」「ヘアスタイル」に合ったワックスを選ぶことで、今までよりも上手にヘアセットができるかも知れません。
自分の髪に合うワックスがどれか分からなかった方にとってもご参考になればと思います。

※この記事は2016年11月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る