2017年8月22日 更新

ヘアカラースプレーを使って簡単カラーアレンジ!おすすめ9選&使い方!

ヘアカラースプレー「ヘアカラースプレーってどう使うの?」「通常のヘアカラーとの違いは何?」と、ヘアカラースプレーに対して興味をお持ちの方はいませんか?

ヘアカラースプレーとは、髪の色を1日だけ希望の色に染めることができる、とても便利なアイテムです!

今回は、ヘアカラースプレーを使ってみたい!と思っている方に向け、ヘアカラースプレーの魅力や特徴、種類、基本的な使い方、そして肌らぶ編集部おすすめのヘアカラースプレーをご紹介します!




1.ヘアカラースプレーとは?

カテゴリーヘアカラーまずは、ヘアカラースプレーの基本的な情報と共に魅力、主な種類などをご紹介します。

1-1.ヘアカラースプレーのしくみ

ヘアカラー 長持ちヘアカラースプレーは、その日一日だけお気に入りのヘアカラーを楽しむことができる便利なアイテムです。

通常のカラー料とは異なり、ヘアカラースプレーはスプレーすることで髪の表面にのみ、色素を付着させます。
そのため髪が本当に染まるわけではないので、シャンプーをするだけで髪の色を元に戻すことができるのです。

校則や職場環境によりヘアカラーを禁じられている方が、休日だけヘアカラーを楽しみたいときに重宝しますね。

1-2.ヘアカラースプレーの使用用途

白髪ヘアカラースプレーの使用用途には、大きく分けて3つのタイプがあります。

①一日だけのオシャレ染め

前髪 はげ 髪型 対策 男 女 ハゲ普段ヘアカラーを楽しむことができない方が、休日だけ金や赤、青などといったヘアカラーを楽しむために使用する場合です。

ヘアカラーをカラフルに遊びたい!という方向けのアイテムには、「ヘアカラースプレー」や「オシャレ染め」といった名前がついていることが一般的です。

②一日だけの黒染め

口角 上げる普段ブリーチやヘアマニキュアで明るい髪色を楽しんでいる方が、就活やお葬式など、改まった場に赴く際に一日だけ髪を黒くするために使用する場合です。

一日だけ髪を黒く見せたい!という方向けのアイテムには「黒染めスプレー」や「黒髪もどしスプレー」といった名前がついていることが一般的です。

③一日だけの白髪染め

白髪白髪が気になる方が、次にサロンに行くまでのつなぎとして白髪が気になる部分をスプレーで黒く染める場合です。

普通の白髪染めとは異なりシャンプーをすると落ちてしまうので、「白髪染めをしたい」というよりはお出かけ前に鏡を見たら、「あら!白髪!」そんな時の緊急お役立ちアイテムです。

白髪染めとして使用したい方向けのアイテムには、「白髪隠しスプレー」や「白髪染めスプレー」といった名前がついていることが一般的です。

ノンシリコンシャンプー おすすめ TOPヘアカラースプレーを使用する目的は、三者三様に異なります。

ヘアカラースプレーの中には、よりニーズに寄り添う形で「黒髪戻し」や「白髪隠し」といった名前で市販されているものも多くありますが、ヘアカラースプレー自体にはあまり違いはありません。

白髪染めの中には稀に、オシャレ染め用よりも髪への配慮が行き届いており、保湿成分などが多めに配合されているものもあります。
しかし、仕上がりや使用方法に関しては、オシャレ染め用のヘアカラースプレーと比べ大きく異なる点はありません。

また、メーカーやブランドによっては「メンズ用」「レディース用」が用意されていることもありますが、仕上がりや使用方法にはあまり違いがありません。
必ずしも男性は「メンズ用」、女性は「レディース用」と分けて使用しなければならないという訳ではないので、ご夫婦で同じものを使っても問題はありません。

1-3.ヘアカラースプレーのメリット&デメリット

白髪染め シャンプーこの章では、ヘアカラースプレーのメリットとデメリットをご紹介します。

どんなアイテムにもメリットがあればデメリットがあるもの。大切なことは、デメリットも理解した上で使用することです。
どんなデメリットがあるのかをあらかじめ理解しておくことで、極力デメリットを感じない使い方を心がけることができるはずです。

①ヘアカラースプレーのメリット

恋愛 対象○一日だけヘアカラーを楽しむことができる。
○ブリーチやサロンで行うヘアカラーに比べ、髪が傷みにくい。

☆ヘアカラースプレーのメリットはなんといっても「その日一日だけ」ヘアカラーを楽しむことができる点ですね。
髪を染めることはできない、または髪を極力傷めたくないという方が、気軽にヘアカラーを楽しむ際におすすめです。

②ヘアカラースプレーのデメリット

ヘアカラー トリートメント○髪が固まりやすい。
○色落ちしやすい。
○髪にやや負担がかかる。

☆ヘアカラースプレーのデメリットで特に困るのは、色落ちしやすいという点ではないでしょうか。
せっかくヘアカラースプレーをしてヘアカラーを楽しんでいるのなら、服装もオシャレをしたいものですよね。
しかし、ヘアカラースプレーを使用する際は、色落ちしたカラー料が襟周りに付着してしまっても良い服装を選ぶのが無難でしょう。

2.肌らぶ編集部おすすめヘアカラースプレー

ヘアカラー 長持ちこの章では、肌らぶ編集部おすすめのヘアカラースプレーを、ヘアカラースプレーの使用目的毎にご紹介します。
今回は、気になったものを気軽に購入できるように、ドラッグストアや生活用品店での購入はもちろん、通信販売も用意されているヘアカラースプレーをご紹介します。

「オシャレ染め」「黒染め」「白髪染め」の3つの項目でご紹介するので、より自分の使用目的に合ったものを試してみてくださいね。

■「オシャレ染め」タイプ

ヘアカラー 種類 ブリーチ ヘアマニキュアまずは、オシャレ染めタイプの肌らぶ編集部おすすめヘアカラースプレーのご紹介です。

オシャレ染めタイプは、仕事や学校など染髪に厳しい環境の方が、一時的にヘアカラーでオシャレを楽しみたい時におすすめのヘアカラースプレーです。
今回は、様々なヘアカラーをお試しいただきやすいように、カラー展開が3色以上あるものに絞ってご紹介します。

また、男女共に使用することができ、薬局や生活用品店の化粧品売り場、バラエティ雑貨売り場などでも取り扱いがあるものに絞ってご紹介するので、気になるものがあったらぜひ、試してみてくださいね。

HAIR COLOR SPRAY

スプレー1販売会社:株式会社ルービーズ・ジャパン
容量:160ml
価格:650円(税抜)

ビビッドなカラーリングを楽しむことができる、パーティなどにおすすめのヘアカラースプレーです。

なんといっても全12色と、抱負なカラーバリエーションが魅力!1色でのカラーリングはもちろん、多色使いでカラフルなヘアカラーを楽しむこともおすすめです。

少し独特なにおいがあるので、使用するときは換気をしながら使いましょう。使用した日は、雨や汗に備えて、タオルの持参を忘れずに!

公式HPはこちら

エブリ ヘアカラースプレー

エブリスプレーのコピー販売会社:株式会社ダリアアンナドンナ事業部
容量:40g
価格:1,200円(税抜)

明るい髪色はもちろん、暗い髪色に使用しても鮮やかに発色するヘアカラースプレーです。シャンプーで洗い落とせるけれど、雨に濡れても色落ちしづらいタイプです。

「レッド」「イエロー」「ピンク」「ブルー」の4色展開で、お気に入りのカラーを見つけやすくなっています。

絵柄が切り抜かれたステンシルプレートがセットになっているので、お絵かき感覚で髪に模様を描き、個性的なヘアカラーを楽しむこともできます。

公式HPはこちら

パルティ ヘアカラーフォーム

パルティカラフルスプレー販売会社:株式会社ダリヤ
容量:40g
価格:オープン価格

鮮やかな発色で、好きな髪色を一日だけ思い切り楽しむことができるヘアカラースプレーです。

フォームタイプなので髪に馴染ませやすく、初めての方でもムラなくきれいに仕上げやすいタイプです。ごわつきにくく、さらっとした仕上がりを楽しむことができます。

ブラック、ブラウンは自然な髪色を楽しみたい方向け、ゴールド、レッドはイベントなど特別な日のとっておきのオシャレにおすすめです。

公式HPはこちら

「黒染め」タイプ

エラ張り 似合う髪形 髪型 四角 輪郭 ヘアスタイル ショート ボブ ロング アップスタイル 似合う 似合わせ 前髪 パーマ ヘアカラー次に、黒染めタイプのヘアカラースプレーをご紹介します。

黒染めタイプは普段、髪を明るく染めている方が一時的に黒髪にしたいときにおすすめのヘアカラースプレーです。

日常使いすることを前提に作られているものが多いので、明るい髪でもしっかりと黒く染めてくれるタイプや、髪全体にスプレーしても固まりにくいタイプなどが多くあります。

今回は、日常使いすることを前提として作られているため、髪が固まりにく、汗や雨にも強いタイプのものをご紹介します。

ギャツビー ターンカラースプレー

ギャツビー黒髪戻し販売会社:株式会社マンダム
容量:60g
価格:オープン価格

色移りしにくく、明るい髪もしっかりと黒く染める、黒髪もどし用ヘアカラースプレーです。

速乾タイプなので忙しい朝でも手軽に使用できます。汗や雨に濡れても色落ちしにくいタイプなので、日常使いにも。

男性用整髪剤などのブランド「ギャツビー」のヘアカラースプレーなので、男性でも人目を気にせず気兼ねなく購入することができますね。

公式HPはこちら

パルティ ターンカラースプレー

パルティ黒販売会社:株式会社ダリヤ
容量:80g
価格:オープン価格

ツンとした香りを抑えた、ジューシーで爽やかな果実の香りです。明るい髪に使用しても、しっかりとした深みのある色合いの黒髪に仕上がります。

保湿成分として椿オイルが配合されており、スプレー後もサラサラとした指通りの良い仕上がりを楽しむことができます。固まらず、色落ちしにくいタイプ。

使用後は髪にカラー料が残らないよう、しっかり丁寧にシャンプーすることをおすすめします。

公式HPはこちら

フレッシュライト 黒紙もどしスプレー

パルティ黒紙戻し販売会社:ヘンケルジャパン株式会社
容量:85g
価格:オープン価格

一日だけ黒く染めたい!そんなときの緊急対策におすすめのヘアカラースプレーです。

艶の抑えられた自然な黒色に仕上がるので、日常使いしやすいタイプです。長い髪でもサラサラに仕上がりますが、衣服への色移りに備え、髪はまとめることをおすすめします。

保湿成分としてゆずセラミドを配合。シャンプー後の髪もきしみにくく、髪への負担を極力抑えられているのがうれしい点ですね。

公式HPはこちら

「白髪染め」タイプ

ヘアカラー トリートメント おすすめ ランキング 2016 白髪 使い方 効果的 ポイント最後は白髪染めタイプのヘアカラースプレーです。

白髪染めタイプは、お出かけ前にふと鏡をみたら白髪を見つけてしまった!そんなときにおすすめです。

とはいえヘアカラースプレーは一時的に白髪を隠すためのアイテムなので、白髪が目立つと感じたら美容院で白髪染めをするか、自分で白髪染めを行うことをおすすめします。

今回は、白髪が目立ちがちな根元部分など、細かい部分にも使用しやすいように、スプレー噴射口がやや小さめに作られているもの。さらに、スプレーをしてもふんわりと仕上がりやすいものをご紹介します。

染っ女 カラースプレー ブラック

スプレー7販売会社:ハラ株式会社
容量:100g
価格:1000円(税抜)

お出かけ前にさっとひと吹きすることで、白髪をツヤのある若々しい黒髪に見せてくれる、白髪用ヘアカラースプレーです。

ブラウンとダークブラウンの2色展開ですが、主張のない自然な色味なのでどんな髪色の方にも似合わせやすく、自然に仕上がります。

ごわつかずソフトな仕上がりが魅力。ふんわりとした立ち上がりのある大人髪を演出してくれますよ。

公式HPはこちら

サロンドプロ カラーオンスプレー

サロンドプロ白髪スプレー販売会社:株式会社ダリヤ
容量:82g
価格:オープン価格

広範囲の白髪もシュッとひと拭きでカバーすることができる、白髪用ヘアカラースプレーです。

「ナチュラルブラック」「ナチュラルブラウン」「ダークブラウン」の3色展開で、自分の髪色に合った色味を探しやすくなっています。

なめらかなツヤのある仕上がりで、若々しくすこやかな髪を演出してくれます。無香料タイプで、白髪染め特有のつんとした匂いが抑えられています。

公式HPはこちら

ビゲン カラースプレー

ビゲン白髪スプレー販売会社:ホーユー株式会社
容量:82g
価格:オープン価格

白髪を自然にカバーすることを第一に考え作られた、白髪用ヘアカラースプレーです。

細やかな霧状になっているため、ムラになりにくく髪が固くごわつきにくいタイプです。雨や汗に濡れても色落ちしにくく、髪にしっかりと定着します。

適度にツヤを抑えられた仕上がりで、白髪染めスプレーをしたことが周囲にばれにくいのもうれしいポイントです。

公式HPはこちら

3.ヘアカラースプレーの基本的な使い方

市販ヘアカラー④この章では、ヘアカラースプレーの基本的な使い方をご紹介します。

ヘアカラースプレーの使い方はとても簡単ですが、細かい部分に注意して使用することで、仕上がりをより美しくすることができるのです。

ヘアカラースプレーを初めて使用するという方はもちろん、ヘアカラースプレーを既に使用したことがある、愛用している!という方も、自分の使い方と照らし合わせながら見てみてください。

※今回は、ダウンスタイルの髪全体にヘアカラースプレーを使用する前提で、手順をご説明します。

3-1.道具の準備

クマ コンシーラーまずはヘアカラースプレーを使う上で必要な道具を準備しましょう。

■ヘアカラースプレー本体
■ケープまたは汚れても良い服
■汚れても良いタオル
■ビニール手袋
■綿棒(肌に付着してしまったとき用)
■ドライヤー

ヘアカラースプレーは、噴射口からカラー料が噴射されます。
そのため、カラー料が髪以外の部分にも飛んでしまうことがあります。
カラー料の飛び散りを防ぐために、肩にケープまたは汚れても良いタオルをかけましょう。

ヘアカラースプレーを使用する際は、カラー料による手指の汚れを防ぐために、手袋を着用しましょう。

また、顔にヘアカラースプレーがついてしまったときに備え、綿棒を用意しておくこともおすすめです。

3-2.髪の準備

蒸しタオル 目ヘアカラースプレーの使用は、カラー料が飛び散ったときに洗い流しやすい洗面台、またはお風呂場が良いでしょう。

ヘアカラースプレーは基本的に、乾いた髪に使用します。
ヘアワックスなどは何もつけず、クシで梳かしてサラサラの状態にしておきましょう。

3-3.髪をブロッキングする

ブロッキング 6分割 コテ 太さ 横ブロッキングとは、髪を部分ごとに分け取ることを指します。

ブロッキングをすることで、髪の内側までしっかりとヘアカラースプレーで色づけることができ、ムラになることを防ぎます。
基本は後頭部を上・中・下の3つに分け、左右の顔周り(耳より前の髪)と前髪の計6パートに分け取ります。

3-4.スプレーをかける

スプレーブロックごとにスプレーをかけていきます。
順番は後頭部の下⇒後頭部の真ん中⇒後頭部の上⇒左右の顔周り⇒前髪の順番が良いでしょう。

色を付けたい部分に、髪から15cmほどスプレーを離して直接スプレーをします。
スプレーを髪に近づけすぎると、頭皮や毛穴にカラー料が付いてしまうことがあるので、15cm以上近づけないようにしましょう。

髪 プリン1か所だけに重点的にスプレーをするのではなく、スプレーを上から下に移動させながらかけると、ムラなく仕上がりやすくなります。

カラー料はすぐに乾きますが、噴射量が多すぎた場合、重力に従い下に向かって垂れてしまうことがあります。
毛先からスプレーをしてしまうと、毛先部分にカラー料が溜まってしまうことがあるので、髪の上部分からかけ始めるようにしましょう。

※顔周りにスプレーする際は、顔をタオルで隠すようにしましょう。

3-5.乾くのを待つ

ヘアケア ランキングヘアカラースプレーが乾くのを待ちます。
髪に付着したカラー料はすぐに乾くので長時間待つ必要はありませんが、乾き切る前にスプレーを重ねてしまうと、髪がカチカチに固まってしまうことがあります。

ヘアカラースプレーの毛先部分に指先で触れてみて、付着しなければ乾いた状態です。次のセクションにヘアカラースプレーをしましょう。

つけた量や室温などにより異なりますが、目安は30秒です。ヘアカラースプレーをした髪には、30秒程度放置してから触れるようにしましょう。

または、急いでいる場合はドライヤーの冷風を当てると良いでしょう。

3-6.ムラ、染め残し部分に再度スプレーする

ヘアスプレー 使い方ヘアカラースプレーに不慣れなうちは、ムラになったりスプレーが行き届かない部分があったりします。

髪を持ち上げたり分け目を変えたりして、ムラや塗り残しがないか確認しましょう。
もし塗り残しがあった場合は、スプレーの重ねづけをします。

重ねづけする際は、カラー料をつけ過ぎないように少量ずつ噴射するようにしましょう。

4.ヘアカラースプレーの洗い落とし方

頭皮 臭い シャンプーこの章では、ヘアカラースプレーの洗い落とし方をご紹介します。

ヘアカラースプレーはシャンプーで洗い落とすことができます。
しかし、普段通りのシャンプー方法だとヘアカラースプレーが落ち切らず、髪に残ってしまうことがあります。

ヘアカラースプレーの落とし残しは、髪のダメージに繋がってしまうこともあります。
カラー料を全てきれいに洗い流すために、今回ご紹介するシャンプー方法を是非、試してみてください。

4-1.十分に濡らす

剛毛 シャンプーヘアカラースプレーは水に濡れると色落ちしやすくなるという特徴があります。
まずはぬるま湯で髪全体をしっかりと濡らし、カラー料を洗い落としやすくしましょう。

ヘアカラースプレーの付着した髪は、ゴワゴワと硬くなりがちです。
手ぐしなどを無理に通そうとすると、髪のダメージに繋がることもあります。

手ぐしでぬるま湯を馴染ませるのではなく、髪を手のひらに取り、揉み込むようにしてぬるま湯を馴染ませましょう。

4-2.髪自体にシャンプーの泡を馴染ませる

オイルシャンプー ランキング髪全体に十分にぬるま湯が行き渡ったら、よく泡立てたシャンプーを髪に馴染ませていきます。

普段のシャンプーでは頭皮を洗うことを意識している方が多いと思いますが、ここでは髪自体を洗うことを意識しましょう。

しっかりと泡立った泡は、髪に付着したヘアカラースプレーを浮きあがらせ、洗い流しやすくしてくれます。

髪全体にシャンプーの泡を馴染ませましょう。

4-3.洗い流す

抜け毛 脱毛 薄毛 原因 対策 ヘアケア髪全体にシャンプーの泡を馴染ませたら、ぬるま湯で洗い流します。

洗い流す際は、カラー料が目に入らないように気を付けましょう。

シャンプーを洗い流すことはもちろんですが、シャンプーと共にヘアカラースプレーのカラー料を洗い落とすことを意識して、髪を指で揉むようにしながら、しっかりと洗い流しましょう。

4-4.通常のシャンプー

全身シャンプー おすすめ1度目のシャンプーを洗い流し終わったら、もう一度シャンプーをします。

今度のシャンプーは通常通り、頭皮の汚れを洗い流す感覚で行いましょう。

5.ヘアカラースプレーを使用する際の注意

シャンプー 抜け毛この章では、ヘアカラースプレーを使用する際の注意点をご紹介します。

ヘアカラースプレーは手軽に髪色を変えることができる便利なアイテムですが、使用方法によっては、色ムラになったり衣服に色移りしたりしてしまうこともあります。

ヘアカラースプレーを使用する際は、ここでご紹介する注意点に気を付けてみましょう。

5-1.髪だけにかけるようにする

女子ホルモン 増やす方法ヘアカラースプレーはその名の通り噴射して使用します。

その為、うっかり頭皮にかけてしまうと、ヘアカラー料が毛穴に詰まってしまうことがあります。
ヘアカラースプレーは、極力髪のみに使用するようにしましょう。

どうしても、頭皮付近の髪の根元から染めたい!という場合は、スプレーを噴射するのではなく、クシの先または手袋をした指先にカラー料を付けて、根元部分に少しずつ塗るようにしましょう。

5-2.色落ちに備える

コスメパーマとは 美容 デジタル ヘア カラー 化粧 スタイリング ダメージ 還元 コスメ スタイル ヘアスタイル ウェーブ ウエーブ ストレート 薬剤 成分 シャンプー 施術 部外 医薬 前髪 ケア 矯正 髪形 失敗 髪の毛 メリット トリートメント オススメヘアカラースプレーは、水に弱いという特徴を持っています。

そのため、雨や汗に濡れることで色落ちし、衣服や肌に色移りしてしまうことがあります。
雨の日や汗をかきやすい夏場、または運動をする予定があるときは極力使用を控えましょう。

雨の日や夏にどうしても使用したい場合は、カラー料で汚れても良い服を着用したり、汚れても良いタオルを持参するなど、色移りに備えましょう。

5-3.その日のうちに必ず洗い流す

頭皮 皮脂ヘアカラースプレーは、使用したその日のうちに洗い流し、ヘアカラースプレーが付いたままの髪で寝ることは避けましょう。

ヘアカラースプレーをかけた髪はごわつくため、そのまま枕に頭を預けると、普段以上に髪に摩擦が生じてしまうことがあります。
摩擦は髪を傷めてしまう原因となることもあるので、ヘアカラースプレーを使用したら、必ずその日のうちに丁寧に洗い流しましょう。

5-4.使った日はトリートメントをする

頭皮 クレンジング先にもお話しましたが、ヘアカラースプレーは髪にあまり良い影響を与えません。
そのため、ヘアカラースプレーを使用した日は、シャンプーの後にトリートメントで髪のお手入れをしてあげましょう。

6.まとめ

ヘアカラースプレーについて、そのメリット・デメリットや種類、使い方と共に肌らぶ編集部おすすめのヘアアカラースプレーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

「いつもと違うお洒落を楽しみたい!」「急な用事で黒染めをしたい!」「お出かけなのに、白髪が気になる!」そんな様々なシチュエーションで活躍するヘアカラースプレー。

あなたもヘアカラースプレーを取り入れて、髪のオシャレの幅を広げてみませんか?