2017年7月4日 更新
【PR】

その背中ニキビの原因は?スキンケアと対策について

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆい「背中のプツプツしたニキビ。原因は何?防ぐことはできないのかな・・・。」とお困りではありませんか?

背中ニキビができる主な原因はいくつかあると考えられていますが、背中ニキビが気になる方は、日頃からスキンケアを行い、すこやかな肌を保つことが大切です。

そこで今回は、背中ニキビの原因とすこやかな肌を保つためのスキンケア方法、対策についてご紹介します。


1.背中ニキビ|4つの主な原因

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆい背中にニキビができてしまう主な原因は、次の4つだと考えられています。

1-1.過剰な皮脂

背中は、顔に次いで皮脂腺が多いとされ、顔などに比べて皮膚そのものが厚いと言われています。

そのため、皮脂が過剰に出やすく、特に汗をかく夏場は毛穴が詰まりやすいため、ニキビが発生しやすくなるようです。

1-2.摩擦などによる肌への負担

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆい摩擦などによる肌への負担も、背中にニキビができる原因のひとつとなる可能性があるとされています。

特に、お風呂で体を洗う時にナイロンタオル等でゴシゴシと強く擦る行動などは、肌に摩擦が起こって負担がかかりやすく、ニキビができるきっかけになることもあると考えられているのです。

1-3.すすぎ残し

背中を洗った後にその他の部分を洗っている場合は、「すすぎ残し」が起きていることもあります。
シャンプーやリンス、ボディソープなどの洗浄料がしっかりすすがれないまま肌に残ってしまうと、それが肌への負担になり、ニキビにつながることも考えられるのです。

1-4.ホルモンバランスの乱れ

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆい背中のニキビは、ホルモンバランスの乱れも関係していると言われています。

ホルモンバランスは、体内のバランスを整える役割を持ち、過度のストレス・睡眠不足・生理などの影響によって乱れやすくなるようです。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に出やすくなってしまうため、背中に限らず顔やデコルテラインにもニキビが比較的できやすくなると考えられています。

2.ニキビ対策|肌を清潔に保つためのお手入れ

ニキビができやすい肌の気になる方が、自宅でお手入れするために大切なポイントは、とにかく「肌を清潔に保つこと」です。
ここでは、そのためのポイントをご紹介します。

2-1.体は柔らかいタオルで洗う

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆいナイロンタオルやボディブラシでなく、綿素材のタオルで体を洗うことをおすすめします。

背中を洗う際に過度な摩擦を与えてしまうと、ニキビを引き起こす可能性もあります。できるだけやさしい力加減で丁寧に洗いましょう。

2-2.毎日のお風呂で過剰な皮脂を洗い流す

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆい汚れや過剰な皮脂をよく落として、肌を清浄に保つことも大切です。

特に夏は汗もかきやすいので、清潔さを保つためにも毎日お風呂に入り、過剰な皮脂を洗い流しましょう。

また、背中や胸などのボディにできるニキビは、汗と衣類の摩擦によってできてしまう可能性もあると考えられています。

汗をかいたらこまめに拭くように心がけるだけでも、ニキビ対策の1つになるでしょう。

2-3.シャンプーやリンスは体を洗う前に行う

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆいシャンプーやリンスは体を行う前に済ませましょう。
シャンプーやリンスのすすぎ残しは、背中ニキビの原因となってしまうことがあると考えられています。

2-4.バランスのよい食事を心がける

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆい食生活が乱れがちな方は、バランスのよい食事を心がけることも大切です。

特に「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンE」などの不足しがちなビタミン群を意識的に摂ってみるのはいかがでしょう。

一方で、脂質や糖質の多い菓子パンやスナック菓子・ジャンクフード等は、できるだけ控えるように意識することをおすすめします。脂質と糖質を摂りすぎてしまうと、皮脂量の増加にもつながりかねません。

<ビタミンが豊富な食材>
・ビタミンB2⇒納豆、牛乳、レバー等
・ビタミンB6⇒レバー、鶏ささみ、サツマイモ等
・ビタミンE⇒アーモンド、たらこ、赤パプリカ等

3.ニキビ対策|病院での相談も1つの手

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆいニキビは悪化するとニキビ跡になってしまうこともあります。

ニキビがなかなか治らない方は、医師に相談することも検討してみてはいかがでしょうか。

4.ニキビを防ぐ!おすすめ化粧品

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆいここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい、ニキビを防ぐ化粧品をご紹介します。

ボディの中でも皮脂腺の多い部分のお手入れには、化粧水もしくは比較的油分が少なめの美容液やジェルなどをおすすめします。

今回は、保湿成分が配合されたアイテムをセレクトしました。ぜひ参考にしてみてください!

ETVOS 薬用アクネ VCローション(医薬部外品)

エトヴォス 薬用アクネVCローション(背中ニキビ)

保湿成分として「ヒアルロン酸」や「アルギニン」などを配合した薬用化粧水です。
みずみずしいテクスチャーで肌になじみやすく、ベタつきを感じにくいのが魅力的です。
肌にうるおいを与えてキメを整え、肌荒れを防ぎます。
薬用アクネVCシリーズにはローションの他にクリームジェルやクリアジェルなどもあるので、ラインで使ってみても良いですね!

エトヴォス 薬用アクネVCローション(背中ニキビ)

【PR】
Jitte+(ジッテプラス)(医薬部外品)

ジッテプラス 背中ニキビ

みずみずしくうるおう保湿アイテム「Jitte+(ジッテプラス)(医薬部外品)
複合保湿成分として「アクシア‐トリプルヒアルロン酸*」配合。
肌に水分・油分を補い保ち、すこやかに保ちます。
使い続けたい方に便利な定期コースも用意されています。
*ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸、セラミド(すべて保湿成分)

ジッテプラス 背中ニキビ

5.まとめ

背中 ニキビ 薬 治す 方法 原因 かゆい背中ニキビも他の部位にできるニキビと同じように、日頃からすこやかな肌を保つためのお手入れを行っておくことが大切です。

普段から意識をして背中の肌にもお手入れを行い、みずみずしくすこやかな肌を保ちましょう。